にほんブログ村 競馬ブログへ

2010年05月30日

ダービーの予想は簡単だ[東京優駿]

当るかどうかはおいといて、ここまでの競馬を振り返って、強いと思った馬を買えばいいのがダービーだろうと。

◎コスモファントム
▲ペルーサ
▲ヒルノダムール
------------------
△エイシンフラッシュ
△ヴィクトワールピサ
△アリゼオ
△ローズキングダム
△リルダヴァル

◎はコスモファントム。
この馬を強いと感じたのは、野路菊Sのラップ。つまり萩Sの予想をしていた時。その後、萩S〜ラジオNIKKEIで春の主役の一頭を張れると確信していた。
前走も軸で購入。間に合ったからには、ココでも買う。
前走は休み明けで終い甘くなったが、もとよりヴィクトワールピサ、ダノンシャンティ、ヒルノダムールと互角に走った馬が、いまだ11人気。
人気がなさすぎる。
ラジニケの1〜4着から、ダノンシャンティが取り消したが、基本はこの線から。

▲ペルーサ
別路線ではやはりペルーサ。
青葉賞よりも、やはり衝撃は若葉S。
だいたい◎の理由を見れば察しがつくだろうが、ヒルノダムールは負けないだろうと思っていたらぶっちぎられた。
実は1点勝負をしたのが若葉Sと若駒Sの2レース。
いずれもヒルノダムールとペルーサ、ヒルノダムールとルーラーシップと、この2頭でどこまでいっても、との判断。
なかで勝ちきられたのがペルーサで、逆に妥当な順で決まったのがルーラーシップ。
結局この差が印の差。

▲ヒルノダムール
ホクトベガを覚えているか?
2着2着続きの馬とて、本番で勝ってもおかしくない。
鍵は今年の皐月賞。
ラップの並びはかなり真ん中緩く、皐月というより京成杯の焼き直しのようなラップになった。
12.1-10.9-12.4-12.1-12.6-12.5-12.3-12.1-11.8-12.0
35.4-60.1-35.9          0.2 0.4
稍重のなか、終い4Fは12.3-12.1-11.8-12.0。
馬場的に前は最後止まるが、並び的には、まだ残れる並びで、先行馬に極端に不利ではなかったというのが見解。
流れ自体厳しくかつ稍重なら、終い1Fはあと0.5は落ちる。
また、流れとしては、スピード上位よりも2択でいえば中距離的なギアチェンジの効く脚が求められたのは明白。
結論としては、スピードタイプの皐月2着ではなく、可能性は一線。
内をつけたヴィクトワールピサに皐月は譲ったが、ヒルノダムールの強さは信用できる。

同様に、△には皐月の上位で前で競馬できる組を。
posted by たま at 08:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

さくらさくら[桜花賞]

まーねー。G1はみなさん喧々諤々。
土曜に勝ったのと、最近Apolloさんとこのコメントで済ますていたらく。ここにUPすると当らんので、なんか気合が入らないのですがせっかくのG1初戦。
なんか書いとけ。
混戦模様の桜を考えるうえで、馬場いじりがどうもひっかかる。
ここまでやたら中山・阪神と重い馬場できて、揃ったのがキンカメにゼンノロブロイ。
ここにきて軽めにつくって内外馬場差も修正。
阪神牝馬当ててるので、もう今週無理に3単で勝つ必要もないし、手堅く当てにいきたい。
--------------
◎ワイルドラズベリー
▲シンメイフジ
▲ラナンキュラス
△アパパネ
△サウンドバリアー
△ギンザボナンザ
△アニメイトバイオ
△プリンセスメモリー
--------------
軸はワイルドラズベリー。
注目はやはり紅梅S。ここを勝って後に崩れた馬はとにかく穴をあける一つのパターン。
アプリコットフィズ、オウケンサクラはオークスで狙えばいい。何もココで買う必要なし。関東は事前にしっかり栗東で調整しているギンザボナンザとアパパネ、あとは西がホームの意地で。
阪神JFでも同じ買い方で固まったが、今回もまたしつこく同じスタンスで。

昨年の阪神JFは、あのレースにしては緩い。
今年はとかく緩めのペースに重い馬場と、昨年暮れと春の傾向が違うなか、切れ味面とG1のスピード面で考えると中心にみるべきはちょうどよさそうなところに収まっているフィリーズRと紅梅S。
あまりに緩いチューリップ、あまりにパワーの中山勢、なんだこりゃ?のフラワーカップなんぞ買ってどうする。

フィリーズレビュー
12.2-11.0-11.8-12.1-11.8-12.0-11.9
35.0-58.9-35.7 0.3

紅梅ステークス
12.4-11.2-11.8-12.0-11.7-11.8-11.6
35.4-59.1-35.1 0.3

いずれも条件の割りにはペースが落ち着いており、短距離のスピードだけでは勝ちきれたかというと疑問で、距離延長はこなしそう。
フィリーズのほうはやや終いパワーのいるぶん、上位は着順どおりに入るとは限らない。1-3着はいずれもチャンスアリとみて差をつけない。
アグネスワルツが戦線離脱で目立たぬ結果になっているが、白菊賞でグリューネワルトを一蹴。
紅梅Sではレディアルバローザをねじ伏せているのだから、この人気はないだろう。
ラナンキュラスは父休み明け一つ叩いて、馬場変化がプラスに向く可能性高い。
内が伸びる外が伸びると言われても、直線向いて問題は坂でなく下りの速さでドンと伸びれなければ阪神マイル外は駄目。
ならば逆転の可能性は高いし、外が良いのは馬場うんぬんより牝馬の場合内より外のがスムーズに動ける場合も多い。
枠はさほど気にする必要ないと思うが?
KBSファンタジーS
12.2-10.7-11.6-12.0-11.9-11.3-11.5
34.5-58.4-34.7     0.6
はかなり厳しい流れを目標になる競馬。終い2F目も合格。
阪神JFでは切れ負けているが、差はわずか。
FRの勝ち馬は結構強い。ただし、サウンドバリアーは渡辺が重賞、G1と頭、頭があるとも思えず、あって2着が精一杯となれば、2着のこっちをやや重く買う。
アネモネ組みは、アネモネSそのものというより、その前走でそれなりの競馬をしているのが気持悪い。
プリンセスメモリーは単に前美味しい思いをさせてもらったお礼で紐には。実際クイーンCの内容は悪くない。ガサのない馬だけに、下手に揉まれる枠よりは、大外も悪くはない。

どこが手堅いのかというと、買い方が手堅い。うん。
posted by たま at 07:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。