にほんブログ村 競馬ブログへ

2010年05月30日

ダービーの予想は簡単だ[東京優駿]

当るかどうかはおいといて、ここまでの競馬を振り返って、強いと思った馬を買えばいいのがダービーだろうと。

◎コスモファントム
▲ペルーサ
▲ヒルノダムール
------------------
△エイシンフラッシュ
△ヴィクトワールピサ
△アリゼオ
△ローズキングダム
△リルダヴァル

◎はコスモファントム。
この馬を強いと感じたのは、野路菊Sのラップ。つまり萩Sの予想をしていた時。その後、萩S〜ラジオNIKKEIで春の主役の一頭を張れると確信していた。
前走も軸で購入。間に合ったからには、ココでも買う。
前走は休み明けで終い甘くなったが、もとよりヴィクトワールピサ、ダノンシャンティ、ヒルノダムールと互角に走った馬が、いまだ11人気。
人気がなさすぎる。
ラジニケの1〜4着から、ダノンシャンティが取り消したが、基本はこの線から。

▲ペルーサ
別路線ではやはりペルーサ。
青葉賞よりも、やはり衝撃は若葉S。
だいたい◎の理由を見れば察しがつくだろうが、ヒルノダムールは負けないだろうと思っていたらぶっちぎられた。
実は1点勝負をしたのが若葉Sと若駒Sの2レース。
いずれもヒルノダムールとペルーサ、ヒルノダムールとルーラーシップと、この2頭でどこまでいっても、との判断。
なかで勝ちきられたのがペルーサで、逆に妥当な順で決まったのがルーラーシップ。
結局この差が印の差。

▲ヒルノダムール
ホクトベガを覚えているか?
2着2着続きの馬とて、本番で勝ってもおかしくない。
鍵は今年の皐月賞。
ラップの並びはかなり真ん中緩く、皐月というより京成杯の焼き直しのようなラップになった。
12.1-10.9-12.4-12.1-12.6-12.5-12.3-12.1-11.8-12.0
35.4-60.1-35.9          0.2 0.4
稍重のなか、終い4Fは12.3-12.1-11.8-12.0。
馬場的に前は最後止まるが、並び的には、まだ残れる並びで、先行馬に極端に不利ではなかったというのが見解。
流れ自体厳しくかつ稍重なら、終い1Fはあと0.5は落ちる。
また、流れとしては、スピード上位よりも2択でいえば中距離的なギアチェンジの効く脚が求められたのは明白。
結論としては、スピードタイプの皐月2着ではなく、可能性は一線。
内をつけたヴィクトワールピサに皐月は譲ったが、ヒルノダムールの強さは信用できる。

同様に、△には皐月の上位で前で競馬できる組を。
posted by たま at 08:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。