にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年10月26日

畝2本、追加[菊花賞A]

おっと。2頭残ってら^^;
[本栖湖特別 ]ダイシンプラン
13.5-11.9-11.1-11.2-11.8-11.6-11.8-11.5-12.1-12.9
36.5-59.5-36.5
5-4-4 34.7
テン緩いが、中盤緩み無く、終いが苦しくなった底力戦。
佐渡特別新潟芝2200
12.2-11.8-12.6-13.1-13.6-13.1-12.8-12.5-11.7-10.9-11.4
36.6-63.3-34.0            0.7 0.8
10-11-11-9 33.4
緩みまくったドスローで、3ハロン競馬。
前が33秒台であがっては、33.4でも届かない。

2000mでの勝利は結局鶴橋特別、本栖湖特別ともにイーブンラップのレース。
終いの脚にかける岩田の手があわず、主戦岩田でありながら勝ち鞍は安藤勝と川田というのが、
この馬をよく現していると思う。
2000mをこなすのは父からいえば驚異的な距離適性で、規格外な点も感じさせる。
一方、そのレースっぷりは、やはりマイラーくささを感じる側面もある。

[野分特別]芝1800阪神 スマートギア
12.6-10.8-11.5-12.2-12.0-11.9-12.0-10.7-11.9
34.9-59.1-34.6          1.3
7-6 33.6
スロー必至の阪神1800で、テンからかなりスピードに乗って、中間もまったく緩めずにいったレース。
あえていえば、全体のタイムの速いなか、2ハロン目のどっかん加速で、瞬発力を問われている。
加速のポイントが遅いのは少し気になる。
非常にバランスはよい印象だが、生粋の持続戦となったNIKKEI賞と、玄海特別で取りこぼしているのはやや印象悪い。
本質的には瞬発力で勝負するタイプか。
3勝はいずれも1800m。2000で勝ちきれないのもそれを裏付ける。
底力戦になる3000京都より、長いところだと2400阪神とかが向きそう。
posted by たま at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<2500-3600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108621064

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。