にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年02月15日

どーも面白くないが…[きさらぎ賞]

◎リクエストソング。
名門レースだけに、先を感じる馬に印を打ちたい。

福寿草特別
12.3-10.8-12.7-11.9-12.8-13.6-12.6-12.3-11.2-11.4
35.8-60.5-34.9 1.0 0.3 1.2
6-6-6-6 34.2
前半2000で60.5なら十分のペース。山の部分で大きく緩んで13.6。
1秒の急加速が4ハロン目、そこからさらに最後までグイグイ伸びて、1.2加速で終いまで。下りに入ってからの加速はスゴイ。
阪神1800の未勝利
12.7-11.5-11.8-12.8-12.6-12.8-12.3-10.8-11.8
36.0-61.4-34.9       0.5 1.5
を見ても、終い2ハロンの下りで3ハロン目からスピードアップ。
瞬間で1.5の加速をこなすなら、終いは確実。
きっちり脚を使ってきそうなうえ、山を越えてからの下りでどこまでスピードに乗って差せるかが鍵の京都1800なら、更によい印象で。
距離の壁もまずないだろうし、やや速めに流れても対応できる実績もあり。
調教気配も絶好で、ここはきっちり路線に乗ってくる印象ありで。

一方でベストメンバー。
流れ不問で伸びてくるが、こちらはやや切れ味に不満のある実績。
2歳新馬 阪神1800
13.9-12-12.5-13.2-13.6-12.9-11.8-11.3-11.3
38.4-65.2-34.4   0.7  0.9 0.5
ドスローから3ハロンで脚を使う競馬で、そこでの34.0はやや物足りないか?
勿論、寒竹賞での実績は文句なく、地力を感じる馬の一頭だが、ここで頭というにはやや疑問。

逆に明らかにスロー目でよさが出ているのがダノンカモン。
前走さざんかSは、まったく力を出していない。
テンの速い流れからの末不発。ゆったり流れれば33秒台の脚。
12.5-10.7-11.7-11.9-11.4-11.8-12.8
34.9-58.2-36.0
4-3 36.7
テンから前半58.7なら、1400としてはさほど速いともいえない。
前も残れない流れではないのだが…
とはいえ、明らかにココを想定すればペースは速い。
追走に苦労しながら崩れない馬だけに、この経験が活きるようならむしろ吉か。ここは無茶ぶりかもしれないが、期待したい。

どうもリーチザクラウンがどう出るか読みづらいが、ややスロー目で、マイペースでくるようなら、同程度のスピード域に棲む馬が何頭かいそうな印象あり。
終い紐まで。スローでくるようならカモンのエサ。勝ちきるには意外と壁がありそう。
千両賞がスローからで、どうしてもひっかかる。
12.9-11.1-12.0-12.1-12.0-11.9-10.7-12
36.0-60.1-34.6      1.2
1-1 34.6
前半遅く終い2ハロンで1.2加速。スロー競馬に持ち込んでの圧勝。
芝1800京都
12.7-11.3-11.7-12.1-12.6-12.1-11.3-11.6-12.0
35.7-60.4-34.9
ただやはり未勝利の内容はよい、ラジニケの結果を見ても、さほど実力の抜けた存在ではないものの、力としては上位とみて問題ないだろう。


------------------------
◎リクエストソング
▲ベストメンバー
▲ダノンカモン
------------------------
△リーチザクラウン
△ハイローラー
△トモロポケット
------------------------
3-6-6で。
キタサンガイセンは前走微妙、どうもSWのいいところも悪いところも受け継いだような印象ありで、ちょっと避けたい。
posted by たま at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。