にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年03月14日

そもそもナニが違うのか?[中京記念]

人気はヤマニンキングリー。自分の土俵じゃあ崩れたことがないだけに、ここも大崩は考えづらいが…
違和感を感じるのは前走の小倉大賞典。
物凄く速い馬場になっているが、結果的に前が止まらず、後方待機の馬に出番は全くなし。
今回も開幕週で小回り中京。またも前々で決まる前提で、ヴィクトリーやマンハッタンスカイの京都からの組が参戦しているが、この図式は昔からの秋の天皇賞と全く同じ。
結局は、スピードの違いが出ての毎日王冠組優位というはるか昔の法則が、どうも頭をよぎる。
ましてこの雨。
前々で決まるはずが、ひらたい平坦ラップで過重負荷となれば、あるのは一気のいれかわり。
狙いは小倉で後方から脚を使って届かなかった組にもっていきたい。
-------------------
◎ホッコーソレソレ
▲バトルバニアン
▲ノットアローン
-------------------
△ヤマニンキングリー
△トウショウウェイヴ
△ドリームサンデー
-------------------
△サクラオリオン
△レッツゴーキリシマ
△ヴィクトリー
-------------------
3-6-9で105点。
狙ってみたいのがホッコーソレソレ。前々走から復調気配。
前走は後方から突っ込んであがり最速と、脚の爆弾がどこまで持つかは不明だが、前が崩れるようなら末は切れる。
また、前走は異様な位置取りからとなったバトルバニアン。
10-9-10-7 33.8は、どうみても本来のこの馬の競馬ではない。
これでは負けて当然のパターンで、過去同じパターンできっちり次に勝ちきってきているし、ここはもう一度狙ってみる。
またこれまた出遅れのノットアローン。
本来のスタイルとは違う競馬で、10-11-11-12 33.7は使った脚は3番時計。もともと持続力のいる小回りは得意なだけに、復調気配があるなら迷わず頭から。
レッツゴーキリシマは2000がどうか?
距離的にはギリギリのところにこの雨が応えそう。
ヤマニンキングリーは勝つかどうかは運否天賦。
紐には押さえる。
トウショウウェイヴもかなりの器だが、ここは流石に相手が強いか?
気持ち悪いのは、重できそうなドリームサンデー。
posted by たま at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115627166

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。