にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年03月15日

どーにもさっぱり[中山牝馬S]

んー…んんー…。どうも読みづらい。
素直〜に考えて、最内のザレマに逆らいづらい。
一方、キストゥ、トールポピーはとりあえず消し。前者はやはり56.5が気にかかるし、後者はいろんな意味から不安要素ばかり先行。実績2頭はちょっとココで買う気がしない。
となると、迷うのはリビアーモ。ここのとこ中山1800で2戦。もともと府中新潟と使ってきて、末脚の能力で上がってきた馬だが、2つこなせりゃコースは気にすることもなさそうで。
初富士Sにしても、ちょっと異質な競馬で差し込んでおり、やたら派手ではあるが…
不信感があるのはその前走、ヘタに差し込んだがゆえに、またもナメた位置から末脚勝負が見えている点がひとつ。そしてもう一つが、52Kgのハンデ戦。結局のところは57.5をしょって逃げたファストロックを捉えきれていない点。これは前々走のグレイトフルSも同じで、Aコースとはいえ、多頭数の競馬でどこまで抜けてこれるのか?
さらにいえば、どちらもスローの競馬。
12.6-10.9-11.4-11.7-12.1-11.4-11.4-12.1
34.9-58.7-34.9
12-10 33.8
昨秋の府中マイルの平場1000万で4着に敗れたときが、比較的よいペースで流れたなかで、
後方からの差しあいで遅れをとっているあたりも、ココでどうも頭のイメージがわかないのもホントのところ。

結果的にザレマしか残らないのか?といったイメージありで、舞台的には合いそうなのだが、あまり強いと思っちゃいない馬だけに、なんだか穴っぽいところを拾いにいきたい。

そんなわけで頭に据えてみようと思うのは、ピンクカメオ。
ピンクカメオだが、まー、全然近走はダメダメだが、一応腐ってもG1馬。切れる馬ではないが、NHKマイルにしても、菜の花賞にしても、ちょっと緩んでズバンと加速するタイプのラップ。マイラーといイメージは受けず、同様にスローから0.9加速のあるヴィクトリアマイルでも近走では唯一の6着を逃げで獲得しているように、意外と中距離型のマイル戦での良積が目立つ。
おそらく1800はこなすと踏めるし、復活のためには今より前で競馬をしなければまず話しになるまい…とは誰もが思うところ。
そこに後藤を配して、1200→休→1400と試して、牝馬同士の1800。
適度に重い今の中山の馬場といい、一つ叩いての距離延長といい、どうも激走があるなら追走が楽になり、一歩間違えば得意のパターンに嵌りかねないココではないかの思いが消えない。ハンデキャップも54Kと明らかに軽く、ここまで恵まれた条件で走るのは久しぶり。
ちょっと狙ってみたいと思う。
もう一頭がカレイジャスミン。有力馬が確実に後ろに固まる今回、最もマイペースで走れるのがこの馬。
実力は折り紙付きなのは既に説明不要。間違いなく、馬場も中山も向く印象で。
---------------------
◎ザレマ
▲ピンクカメオ
▲カレイジャスミン
---------------------
△リビアーモ
△ハチマンダイボサツ
△マイネカンナ
△アルコセニョーラ
---------------------
3-7-7で90点。
posted by たま at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。