にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年10月25日

こんなもんだろ[菊花賞]

ちょっとまとめきる時間がなくなったが、いいたいことがいくつか。
基本的に菊花賞は、瞬間的に速い脚より、4ハロンぎっちり伸びる脚。
他にたいして共通点はない。
また、自分としては、春の序列が間違いだったのか?をもう一度確認させてもらう最後のチャンス。
その春のダービー。1番手評価がセイウンワンダー、3番手にブレイクランアウト、4番手にナカヤマフェスタ。
ただし、今回の舞台を考えれば、絶対無視できないのがリーチザクラウン。
緩急については一本調子の誤解があるが、ダービーではきっちり落とせているし、そもそも千両賞、きさらぎ賞、いずれも淀みない「スロー」に落としていることからみても、折り合いは致命傷にならない。
これを買えないラップ屋はラップ屋じゃない。
ようはこの馬を交わせるか交わせないか、これがこのレースのキモになる。

△スリーロールス
好タイム決着のなか、ゆったり出て、速めスパートから長く速い脚を使うのが得意パターン。
距離経験はないが、ダンス仔らしい特徴がラップによく出ている。
折り合いはつくのも強みか。長く速い脚が必要になる菊の舞台は向く。
一方で、瞬間の切れ味に頼ることになる生粋の瞬発力勝負になると分は悪く、平凡な域。

―シェーンヴァルト
皐月賞は底力の物差しになるが、上位は結局は全て差し追い込みで決まった。このレースはハイペースだがけっしてハイレベルでなく、世代そのものの能力としても、
ずば抜けた印象を受けない世代なだけに、今年に限っては皐月の実績を鵜呑みにするのはいかがなものか。


―フォゲッタブル
ゆったりした流れから、後半加速戦に持ち込んでの先行抜け出しが勝ちパターン。前走のセントライト記念では新味を出したが、それでも流れ的には最も恵まれた位置で、瞬発的な加速では一枚劣るこの馬の弱点も出ない流れにうまく嵌った印象。

―トライアンフマーチ
皐月賞そのものの評価が微妙。
若葉Sのレースは評価できるため、気にならぬといえば嘘だが、距離面、屋根幸四郎、ともに至らぬ印象で。


―アンライバルド
とにかく猛烈に切れる割には3ハロンは伸びない馬。ベストは中山、もしくは内回り2000等だろう。4ハロン戦になる京都、菊花賞で、瞬間の加速のみを武器に戦うのは厳しい。神戸の場合、休み明けもあるだろうが、瞬間の脚のみを活かす展開にはなっていない。

△イグゼキュティヴ
血統的には距離の問題はなさそう。近走はかつての行き脚がなく、後方ままの競馬が続いているだけに、逆に力負けとも言い難く、力を出せばいつ走ってもおかしくない。京都2Sでアンライバルドを押さえ込んでいるだけに、平坦・持続戦の京都長距離も合いそう。

△ヤマニンウイスカー
大原S 京都芝2000で9着も、16-16-16-16 34.0で上がり一番時計を計時。ほとんど後半6ハロン持続しつづける流れのなか、この位置で古馬相手では。
HTB賞、白百合ステークスを見ても、スローから長く脚を伸ばすレースでの適性は高い。一方、切れ味としては目だつものはなく、京都・菊の舞台ならではの馬か。


△アントニオバローズ
喉不安公言?まともならとても買えないが、ダービーみてもシンザン記念を見ても、どちらかといえば中距離以上の緩急のあるレース向き。それでいてマイルを勝っている以上、能力は高いとみてもいいだけに、煙幕の可能性も。


★リーチザクラウン
3000mはともかく、京都適性は居様に高い。
千両賞のように、ゆっくり入って持続力を活かす競馬が向いているうえ、瞬発力勝負にならぬ4ハロン勝負になる菊は向く。
緩急については一本調子の誤解があるが、ダービーではきっちり落とせているし、
そもそも千両賞、きさらぎ賞、いずれも淀みない「スロー」に落としていることからみても、折り合いは致命傷にならない。

★ブレイクランアウト
第60回朝日チャレンジカップでは、スローから差脚を伸ばして、トーホウアラン、サンライズベガを交わしての2着。持続力はみせた。
共同通信杯をみてもそうだが、ゆったり出て後半長く速い脚を使うコースでは強い。ダービー2番手評価。

―キングバンブー
手が回らん。

★セイクリッドバレー
セントライトで見せたように、前々で運べれば可能性はある。
春から言っているとおり、力はあるが人気のない馬。


★セイウンワンダー
京都新聞杯ではリーチと差のない競馬。
弥生賞でもそうだが、休み明けに疑問譜のある馬で、叩いての上積み大きいか。実はダービー◎。

―キタサンチーフ
美作特別の数値はよいが、内回り阪神でのゆったりした持続戦での軽ハンデ。大原Sでもう少しいいところを見せて欲しかったか?

―イコピコ
思い起こせば、プリンシパルSで頭から、ラジオNIKKEI賞でも裏切られ…
そいつがなんでか京都新聞杯で穴あけた。これで話しがややこしくなったが、もとより夏を越えて強くなったという感覚は全く無く、
春当初から力があると買っていたが、なかなか春の実績馬に通用せずにいた。ただ自分には縁がない馬だ。


―ポルカマズルカ
牝馬?きたら典さんを褒める。

★ナカヤマフェスタ
ダービー時に4番手評価。得意が府中なら、京都もよいだろう。
問題は、適距離外になること。スイートスポットの狭い種牡馬なだけに。

△アドマイヤメジャー
三田特別は中だるみから4ハロン競馬。
阪神2200はテンでスピード出安いが、意外にも京都3000的に持続力のいる流れにはなりやすい。となると真ん中緩んでの先行は高く評価できないが、それでも無視は危険か?
セントライトの競馬も位置関係からは評価しずらいが、やはり持続戦で長く脚を使っている。

------------------------
△スリーロールス
△イグゼキュティヴ
△ヤマニンウイスカー
△アントニオバローズ
★リーチザクラウン
★ブレイクランアウト
★セイクリッドバレー
★セイウンワンダー
★ナカヤマフェスタ
△アドマイヤメジャー
------------------------
10頭も残ってるので、まだしぼらなきゃいかん。
楽なのはウイスカー、イコピコの夏走ってきたラインを落としてしまうことだが、セイクリッドバレーを買う以上、ブレイクランナウトを蹴飛ばす?
------------------------
△スリーロールス
△イグゼキュティヴ
△アントニオバローズ
★リーチザクラウン
★セイクリッドバレー
★セイウンワンダー
★ナカヤマフェスタ
★ブレイクランアウト
------------------------
ここ8頭でいくかなぁ。
あとは時間切れだが、中心はリーチザクラウン…の予定。
posted by たま at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬予想<2500-3600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりリーチザクラウン中心視が妥当なんでしょうね。
自分は1番人気になりそうだったんで嫌ってみたら、
案外人気被らないという^^;
強いのになー。 単勝押さえマス。

アントニオはシンザン記念の時点から
息遣いが悪かったという話を聞きました(どこかで)
一時的なものではなく、慢性疾患だとか何だとか。
少なくとも常にアテになる馬ではないんでしょうね。
Posted by Apollo at 2009年10月25日 10:06
こんにちは、Apolloさん。
なーんか少しづつズレてズレて、あきませんでした〜。
アントニオは結局切っちゃいましたw
やっぱ煙幕考えてたら怖くて馬券買えませんわ。
Posted by たま at 2009年10月25日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131117573

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。