にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年11月01日

なんぼのもんですか[天皇賞・秋]

今年の秋天は面白い。
G1馬が8頭揃い、現役中距離で強いと目される馬はほとんど揃った印象だ。

[毎日王冠]1:45.3
13.0-11.3-11.5-12.2-12.0-11.7-10.9-11.1-11.6
35.8-60.0-33.6 0.2 0.3 0.8 0.8

時計はずば抜けているものの、今年の毎日王冠は見るからにスロー。
2着ウオッカ、こういう流れでは負けるケースは少なくなく、大事にいきすぎてのもの。
ぐたぐた書く必要はないが、ウオッカに限らず、スローに落とせば強い馬とて凡馬と化す事例は例挙にいとまない。

少なくともここまで緩い流れにもなるまい。なったとしても、仕掛けどころ早く、最後の1Fは厳しくなるのが秋天皇賞。
0.8加速が2度続き、前半60秒などというペースにはなるまい。
毎日王冠の着順はまず変わる。

秋天でスロー競馬を期待するむきは、ちょいと眉唾。
基本的に4F下りスタート、普通に走れば速くなる。
最内のコスモバルク、スマイルジャック等、このメンバーに入ればいききらねば勝ち目のない馬もいる。外のエイシンデピュティが先手を伺えば、少々無理でも気合つけていくしかあるまい。
ならば流れはソコソコから速めに流れる。
ウオッカにとっては、もってこいの流れになる可能性高い。

ウオッカを消すためにスローを読むのは簡単だが、それは「逃げ」であろう。
ハイペース〜ミドルになれば、ウオッカが飛ばない。
だからスローで予想する。
それは違うと、まずは言いたい。

見たいのは、得意条件、得意の流れのウオッカであっても、互角以上に戦う牡馬の姿だ。

あくまでそれが出来る可能性を買いたい。

◎キャプテントゥーレ
朝日チャレンジカップ
12.6-10.7-12.3-12.8-12.6-12.3-12.2-11.6-11.2-11.7
35.6-61.0-34.5 0.3 0.1 0.6 0.4
4-3-4-4 34.0
これもスロー競馬であり、条件には全く合わない。
皐月賞を振り返っても、例年にないスローの中だるみ競馬。
少なくともラップ的には、ここまで、秋天を勝つようなイメージは沸いてこない。

しかし、それがゆえに可能性がある。

ご存知のとおり、この馬、3歳春から鬼のような坂路時計を出す。
今回もとんでもない調教時計を計時。
これだけ時計を坂路で出せるうえ、母エアトゥーレ、姉がアルティマトゥーレであれば、この馬自身の最も得意とする流れは、皐月賞でもなく、朝日CCでもなく、もっと厳しいマイルの流れではないかというイメージが沸く。

これを踏まえて、可能性を追求するなら。
いまだ見せていない面、本当に強いG1馬の影をみるなら、まだ見ぬ”トゥーレの本質”が、ウオッカを押さえ込めるかどうか、であろう。
毎日王冠のウオッカの敗因を、そっくりそのまま持ち込むならば、
本質苦手な競馬にも関らず、皐月賞を勝ち、古馬G3を勝ってきた以上、得意の流れになればどうなるか?
この1点のみが強調点である。

府中得意のトニービン。直子は孫にあたるカンパニーやオウケンブルースリがいるものの、いやいや、馬柱に出るのは、母父のキャプテントゥーレ。
「なんだよ、こっちか」
と、観客に言わしめる要素があるのがまたいい。

--------------------------
◎キャプテントゥーレ
▲マツリダゴッホ
▲アサクサキングス
×エイシンデピュティ
--------------------------
△ウオッカ
△スマイルジャック
△アドマイヤフジ
△エアシェイディ
--------------------------
中山巧者で人気は嫌われているが、府中中距離で厳しい流れになるなら、ダイワメジャーには劣るまい。
ツボに嵌れば隠れダイワスカーレットになりうるのがマツリダゴッホ。
適度に間をあけて、2つ使ってのローテも好感で、ラップ傾向も完璧に向く。
次にアサクサキングス。
元来が中距離、高速ラップこそがこの馬の持ち味でなかったか?
菊で距離不安を囁かれつつの勝利。
これがこの馬を狂わせた。
元来ステイヤーではないが、年とともにスタミナをうまく発揮できるようになるホワイトマズル産駒らしく、以降長距離を舞台にするが、この距離は走れないわけでない。
大阪杯で鼻鞭がなければダイワスカーレットに勝っていた。
その程度には走れる馬だろう。
苦手条件でも勝ちきってきた馬という点では、キャプテントゥーレと同様の魅力を持つが、流石にぶっつけは疑問譜もつく。
◎までは打ち切れぬものの、牡馬の成長を見届けるには、ウオッカとぶつかるココは絶好の機会。
「ダービー時点の俺ではない」と、見せ付けるならそろそろラストチャンスか?
2週前に7Fからで3F37.5-1F13.1の一杯の時計を出しており、そのうえで最後は終い重点と、目立たぬなかで、きっちり仕上げてきた余裕のある調教も魅力ではある。
力は出せる仕上がりだろう。

最後にエイシンデピュティ。
これもぶっつけ休み明け、どちらかといえばスロー向きと思われるタイプだったが、それだけに宝塚の価値が光る。
あの競馬ができるなら、そうそう負けはしないだろう。

△には毎日王冠で流れ不向きのぶん沈んだ組で。
ウオッカ、スマジャ、アドマイヤフジ。
いずれもドスローからの末脚比べには適性がなく、ある程度流れたなかで一度スピードに乗って脚をじりじりと使わせると強い競馬をする。
…ウオッカはちょっと別格だが、先述のとおり、わざわざ紛れる競馬をしたぶんここには嵌る。

他、蛇足。
瞬間の脚はあるが、極限に長く脚を使う競馬に適性疑問のドリームジャーニー、ヤマニンキングリーは無視。
スロー競馬なら忘れちゃいけないサクラメガワンダー、自分の前提では拾えない。
早くから秋天馬になると言って来たシンゲンだが、流石にここはメンバー揃った。
改めてみると、こういうタイプが勝ちきる秋天は近年みたことがない…。
勿論出世の遅れた馬の巻き返しは大好物だが、屋根藤田をみても、「いかにも」がそろいすぎた。
それだけにここで買ってはいかんのじゃないか…という思いのほうが強い。
△に一頭。府中マイルは経験の活きるエアシェイディを念のためくわえておく。新潟帰りだけに、スピード競馬への対応は鍵だが、近年は前々での中山で走る面ばかりが強調される使われ方だが、実際府中で後方一気を決めてきたことも数多く、無欲の追い込みがあるならこのあたり。

こんな感じで。
買い目は◎▲頭にくわえて、多少変則でいく。
posted by たま at 08:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ウオッカを飲み干せ!(天皇賞(秋)・予想)
Excerpt: ある所から、新しいテンプレは見辛い…というご報告があったので、以前使っていたテン
Weblog: いちご一恵の勝ち馬日和
Tracked: 2009-11-01 11:02
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。