にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年11月15日

シンプルにいこう[エリザベス女王杯]

なんとでも言えるレースなんだけど、まずは3歳をどれほど強いとみるべきなのか。
んー、まあ。全然信用してない。
斤量はともかく器量では、別にそんな凄いのがいるとはねェ?
信用せずせずできて、ブエナには痛い目みっぱなしの春の轍をまた踏むのか、ってのはあるんだけども、ここで信用できるレースを見せてきたとしたら確かにブエナ。

このコース、テンで飛ばした馬はまずいらんとみていい。
京都の大阪の位置がニクイ位置にあり、テンゆったりと、中盤からすっとばして、コーナーは少し待つくらい、二の脚使う先行馬。
これと、終い一気にかけるタイプを買えばいい。
何を買うかはセンス次第(苦笑)

あまり3歳にその手の競馬で先行して強いのがいない。
いるのは、後ろから末脚1手組みのみ。
そういう先行は条件あがりでも対応できる競馬だというのが結論。
勿論、念頭にあるのは、府中牝馬の先手沈没組み。

◎リトルアマポーラ
▲ニシノブルームーン
--------------------------------
○カワカミプリンセス
--------------------------------
頭はやや前目から進めて、最後まで伸びきるイメージで。
やや持続力には元々懐疑的な血統で、よくこなしてきたなァと思うものの、年を食えば食うほど本来の力に偏りがくるかと思うのがカワカミプリンセスで、やや頭狙いは下げてみるが、基本この3頭、まとめてやってくるほうに賭けて見たい。
軸としては、ここでルメールVSスミヨンの構図を日本に持ち込んだアマポーラ、ルメールの乗ったフランスからきたなんとかいう馬が、アガ・カーン殿下の馬なら、単純に考えて、スミヨンのが、乗り物に地の利があるぶんここでは優位だろう。
また、府中牝馬を見ても、成長の伺えるニシノブルームーンのシブトサを買う。
--------------------------------
△メイショウベルーガ
△チェレブリタ
△ジェルミナル
△クイーンスプマンテ
△ミクロコスモス
△ブエナビスタ
--------------------------------
紐、内から順に。
内2頭、メイショウベルーガとチェレブリタ。
後方一気を狙ってくるなら。
距離は少々不安はあるチェレブリタだが、どのみち最後の直線しか脚は使わぬなら、平坦で長く脚を使わせれば実績アリ。
内からスルスルがあるとしたら、武・岩田・池添買っておけばよし。
京都大賞典であわやのクイーンスプマンテを押さえておくのは、どうもブエナの調教がひっかかるから。
有力馬が最後方、ありえない位置に陣取られた時に、思い切って自分の競馬をする先行馬の残り目だけはちょっと警戒。
posted by たま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今週のメイン〜エリザベス女王杯
Excerpt:  土曜の昼間は近所の大学の学園祭に行ってまいりました。  十数年前の自分の学生時代を思い出すことができてとても楽しかったです。  ...
Weblog: 龍ぱぱログ
Tracked: 2009-11-15 09:59
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。