にほんブログ村 競馬ブログへ

2007年03月17日

岩手競馬が…

岩手競馬…ついに閉鎖の方向で決定だとのことです。

しばらく前から危ない危ないといわれていましたし、地方経済の厳しさもありますが…。陳情したいくらい残念です。


実は、私。むかしやってた頃は、岩手競馬大ファンでした。実際、水沢も盛岡も東京からわざわざ馬券買いにいったことがあります。まだ芝コースができたかできないかの頃にいったのが最後で、その後競馬自体から離れていたので、なんともアレですが。

年季でいえば、私はそんなに長くはありませんから大昔の名馬はあまり知りません。
私にとって、岩手競馬との最初の接点は、ちょうどこの時期。クロッカスSのユキノビジンとの出会いでした。2着ビコーアルファーと含めて、2頭ともずいぶんおいかけたり蹴飛ばしたりして、馬を掴んだ予想がおおあたりしたのであの頃は随分助かりました。ユキノビジンは白いリボンでたてがみを編みこんだ、なかなか美人ちゃんで、もうそれ以来、春のクラシックでは全部買いました。どちらも単複を握り締めて、結局ベガに持っていかれてとても悔しかったのですが。その美人ちゃんをきっかけにして、岩手にまで馬券買いにでかけて、盛岡と水沢のコースを写真に収めて満足して帰るわけですが、行きがけに地元の競馬好きと電車で話題になったのが当時岩手最強のトウケイニセイとモリユウプリンスでした。それがきっかけで私はトウケイニセイをめいちで応援することになったんですが、このトウケイニセイに関しては、今でもとても悔しい思いを、たぶん岩手競馬好きと私は共有できたと思ってます。父トウケイホープから続く、岩手の産んだ純血最強馬で、岩手競馬の誇りであり岩手ファンの誇りの馬だったと思います。43戦39勝2着3回3着1回…その3着が問題でした。
しかし、トウケイニセイの全盛期であれば、たかがライブリマウント如きに負けるわけがない!JRAめ!衰えをまってから交流競争で潰しやがって…、事実かどうかは別として、ホクトベガの時はまだ強敵を避けたJRAが、本格的に地方交流重賞を制圧しはじめたのが、ライブリマウントからだったんですね。これがちょうど、世代代わりの絶好のタイミングだったんです。
それからずっと、私はトウケイニセイの無念?というか岩手競馬の無念を共有できたと思っていますし、99年のフェブラリーSで、メイセイオペラが出走してきたときには、小躍りして馬連・単複、めいち勝負。勝ったことも嬉しかったですが、菅原ジョッキーが、そのときに勝利ジョッキーインタビューで「いちばん強かったのは」と聞かれて、明らかにオペラの回答を期待されているなか、「オペラも強いけれど…一番強かったのはトウケイニセイです」と仰ったのを聞いたとき、私はマジ泣きでした。
実は今でも単賞5000円ぶん(20000円ちょいくらいか?)は、換金しないで大事に持ってます。
競馬で泣いたのは、オグリキャップでもなく、トウカイテイオーでもなく、ナリブーでもなく、ターフで命を落とした馬でもなく、私はこの時と…あともう一回、玉ノ井ジョッキーが落ちたその瞬間に、馬券買っていて浦安特別・ドウカンパートを軸で。思わず野次ってしまったんです、その時、まさか大事故になったとは思わずに。本気で泣いたのはその2回だけだと思うんですよ。
その後、私は馬券からPOG、一口と流れて、そのうち渡米をきっかけに完全に馬券をやめてしまって、だから00年シーズンくらいから後のレースはあまり印象に残ってないんですよね。今年久々に始めたわけですが、そんなときに岩手閉鎖が決定してしまい、とても残念だったりするわけです。
posted by たま at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | うま雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念です
Posted by 東急不買 at 2007年03月17日 11:04
ホント、残念ですよね…芝コース、キレイな競馬場なんですけど、アレも経営悪化の一因なんだとか。
Posted by たま at 2007年03月17日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36160838

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。