にほんブログ村 競馬ブログへ

2007年04月19日

フローラSメモ[完成版]

もたもたしてるまに枠順が発表になった。とりあえずチェック終了。あとは予想ですなあ。

1-1ディーズメンフィス
1-2ベッラレイア
2-3ミンティエアー
2-4ミルクトーレル
3-5トウカイファイン
3-6ホクレレ
4-7チャイニーズフレア
4-8ランペイア
5-9ホットファッション
5-10イクスキューズ
6-11パッションレッド
6-12ウィンナワルツ
7-13エーシンパーティー
7-14ザリーン
8-15ヴィアラクテア
8-16マイネルーチェ
8-17ジョウノガーベラ

あらら...1枠2番もってっちゃったか、ベッラレイア。勿体無いなあ。
この枠ならこの馬がすんなり先行か、はやめにまくりに出れば
おそらく5馬身くらいぶっちぎって楽勝できるんだが。
おいおい、狙っていたダノンフローラ、いないし。

登録メンバーを見る限り、メンバー的にはスローからの
末脚比べになると思ってよさそうだ。
ただし、改装があるのでアレだが、毎度府中開幕週は穴のねらい目。1人気がタコ追い込み一辺倒なら、あたるかどうかは別として、たとえ力があっても一度判断したなら、それはそれでひとつの馬券予想。
結果は別として、こーいうレースではベッラレイアは蹴飛ばしてナンボというのが、馬券としちゃあある意味でとても正着。

基本、直線を意識してスローの流れになった結果、
長距離ではどスローから早めにしかけるまくり勝ち。
とくに2000mは、もう昔っから反則ともいえる従来の内枠先行有利。中山1600と匹敵する公平さを欠く駄目なコースといっていい。
昔から天皇賞秋がくると、「このコースでG1やったら駄目だよなぁ?」とか言ってたくらいだ。
このコース、通常必勝パターンというのは、もうずっとひとつしかない。最終コーナーまでにいい位置をとって好位から。
そこから34秒前半の脚を使えばまず抜け出せる。後半で勝ち負け。
コース改修で緩和されていたとしても、コースの特性として、
大外ぶんまわす追い込み馬が、長い直線半ばで逃げ・先行と脚色が同じになるケースも多々あることは忘れちゃいけない。
府中2400、土曜メインにコスモプロデュースが出てくるが、
とりあえずアレには得意の府中でどこまでやれるか非常に注目。

・ダノンフローラ
・サンアイブライト
・ラヴカーナ
と、渋い500万が漏れてしまったのが痛い。
更にいい枠もってかれたのも痛い。
うーん...悩ましい。
とりあえず候補まであげておくと、
・5-10イクスキューズ 父ボストンハーバー
・1-2ベッラレイア 父ナリタトップロード
・2-4ミルクトーレル 父ダンスインザダーク
・2-3ミンティエアー 父アグネスタキオン
・4-8ランペイア 父アグネスタキオン
絶対ではないが、ベッラレイア、イクスキューズを負かすとしたらこのくらいまで。
ヤネ蛯名のミンティエアー、父ダンスのミルクトーレルが入った2枠がプンプンしますよ、なんか。
あとは
・パッションレッド
・マイネルーチェ
あたりだろうけど...うーん、前者は距離が、後者はあてにならなそうでなあ。
ベッラレイアから過去レースをチェックしていく。3戦しかしていないが、うち2勝。余裕残しで終い3ハロン34.0をコンスタントに使うのだから、なかなかたいしたものだ。

◆あざみ賞 中京1800 混合
1ベッラレイア 1.48.3 15-15-15-12 34.0
2クリムゾンベガ 1.48.6 12-12-13-10 34.5
3ザレマ 1.48.8 03-03-03-02 35.4 
4エーティーボス 1.48.9 02-02-02-02 35.7
5ブラックシャンツェ 1.48.9 06-06-04-04 35.4
------------------
12.5 11.3 12.1 12.3 12.6 12.3 11.9 11.9 11.4
35.9-1.0.8-35.2 M

まずは前走。前半35.9-1.0.8は、中京ならむしろ遅い部類だろう。
1.48.3のタイムも特に光るとは思えない。
平坦にもかかわらず、追走組みのザレマやエーティボスが
使った脚が平凡だったことが幸いしてのごぼう抜き。
レースラップは中間緩んだと言えるほどではないが、
やや、ゆるみ気味。まして最後方追走なら、34秒台は使えて当然だろう。
勿論、ぶっこぬいた脚の鋭さは評価せざるをえない。
本来届かぬ位置から逆にコンマ3秒抜け出す鋭さはまさに性能の違い。
しかし、逆に中京1800で1人気を背負って、最後方から
の競馬をしてしまうところに不安もある。
派手ではあるが、非常に危険な競馬だ。
ラップとの差は-1.2秒。

◆すみれS 2200阪神
1アルナスライン  2.15.0 05-05-04-04 33.9
2フィニステール 2.15.0 02-02-02-02 34.2
3ベッラレイア 2.15.2 07-07-06-06 34.0
4ゴールドキリシマ 2.15.6 01-01-01-01 34.9
5マルカハンニバル 2.15.6 04-04-04-04 34.5
------------------
12.7 12 12.3 12.3 13.1 13.1 13.1 12.1 11.2 11.4 11.7
37.0-1.2.4-34.7 S

さて。すみれS。
中間13秒台が連発のスーパースローペース。
正直いって、3着確保は非常に立派だと思われる。
勝ち馬もそうだが、逃げたゴールドキリシマが34.9を使ったレースで、
末の切れの絶対値がないとどーにもこーにもアイキャンノットな競馬。
中京よりも明らかに坂のあるぶん末の価値は高い。
ラップとの差は-0.7秒。


参考ラップに中京2Sのラップを出すが、
−中京2歳S 1800m中京
1ダイワスカーレット  1.47.8 02-02-02-02 33.7
2アドマイヤオーラ  1.47.9 04-05-06-03 33.5
3ゴールドキリシマ  1.48.7 01-01-01-01 34.7
--------------------
12.5 11.8 12.3 12.5 12.2 12.7 11.5 11.0 11.3
36.6-1.1.3-33.8

あざみ賞よりまだ遅い前半1.1.3から、後半の0.3を補うような見方もできないこともないが、
ベッラレイアとの最大の違いは、終い2ハロン目にある11.0と11.9のコンマ9秒の差。
前半遅いにもかかわらずタイムで劣るのは、実はここの0.9秒の差だけ。
コースは違うが同じく後半速い競馬になった桜花賞の同ラップは10.6。
まさにこの抜け出す瞬間のどっぱやい瞬間最大風速がダイスカの強さだろう。
(12.7 11.6 11.4 12.1 12.0 11.6 10.6 11.7 )
ダイスカ、そしてアドマイヤオーラ最大の強みはこの爆発力の並外れた点と、
3ハロン続いて11秒台を刻める息の長さの両方を持ち合わせている点にある。
そしてすくなくともすみれSの結果を見る限り、たしかに直線いい脚を長く使えそうなタイプでは
あるものの、ずば抜けたものを感じない。一気に抜け出す脚が足りないゆえに、
アルナスラインに届かなかった印象だ。
つまり十分に強いものの、中京2Sのラップと異なり、ベッラレイアのレースに
いまひとつ足りないものがあるとしたら「怪物感」ではなかろうか。

次に、ライヴァルになるであろう、2000m以上の経験馬からピックできる馬を探す。

◆ミモザ賞 2000中山

1トウカイオスカー 2.02.8 10-10-10-10 34.0
2スマートカスタム 2.02.8 04-04-04-03 34.7
3ミンティエアー 2.02.8 08-07-08-08 34.3
4サンアイブライト 2.02.9 06-06-06-05 34.6
5イチゴイチエ 2.03.0 01-01-01-01 35.2
------------------------
12.6 11.6 12.6 12.9 13.2 12.6 12.3 11.6 11.4 12.0
36.8-1.2.9-35.0 S

中間5ハロン目に12.9-13.2、前半1.2.9とゆるい競馬。
これなら末はほぼ全開でつっこんでこれる。
基本末比べ、トウカイオスカー、中山で34.0、
ミンティエアーが34.3の終いは優秀だが、
ドスローで中間緩いだけに、ある意味「出せて当然」。
ただ、このメンバーでは末の決め手は上位だったとはいえる。
レースラップとの差は-0.7。1-3着は差のない同タイム決着の混戦。
スマートカスタム、嵌っただけに惜しい競馬だが、
ミンティエアーを上に見る。

−3歳新馬 1600府中
1ミンティエアー 1.36.4 11-09 34.7
2エアルーア 1.36.6 02-02 35.6
3ホワイトヴェール 1.36.8 10-10 35.0
4エクセシヴラヴ 1.36.9 07-10 35.1
5グリントインダンス 1.36.9 07-06 35.4
--------------------
12.8 11.1 11.9 12.3 12.7 11.8 11.7 12.1
35.8-1.0.8-35.7 M

そのミンティエアーの新馬戦。
1600mで前半1.0.8は、比較的ゆったりしている。
12.7の中間が効いたのだろう、テンはしっかり出ているぶん
終いがきつくなっている。
タイム平凡も、新馬戦だけにあまり気にしても。
よければ加点だが、悪くても減点するほどでもない。
レースラップとの差は-1.0。


−アネモネS 1600中山
1エミーズスマイル 1.35.8 06-07-03 34.4
2フローラルカーヴ 1.36.0 11-09-08 34.5
3パッションレッド 1.36.1 09-09-08 34.6
4プリティダンス 1.36.2 14-16-16 34.0
5カレンナサクラ 1.36.3 16-15-11 34.4
------------------------
8トウカイオスカー 1.36.8 06-04-05 35.5
13ヴィアラクテア  1.37.5 06-09-11 36.0
------------------------
12.4 11.3 12.1 12.5 12.6 11.9 11.4 11.6
35.8-1.0.9-34.9 M

マイルで前半1.0.9、緩めの流れで後半にペースアップ。
中間はマイルだけに比較的緩まずに流れた。
末は中山を考えれば掲示板の全馬は相当速い。
パッションレッド、中団から末のあるところをみせてレースラップ-0.3。前半楽なところで好位をとれなかったぶん勝ち馬とは位置どりの差。新馬(中山1600)でも前半1.04秒台のスローから34.9しかマークしていないが、コース替わってどこまで末を詰められるか。悪くとも34秒前半は使いそうだが?

トウカイオスカー、前で競馬して終い35.5。
ペースの速い競馬は苦手なのか、マイルは忙しい印象で距離伸びてよさそうだが、結局回避。

◆君子蘭賞 1400中山 稍

1エイシンイチリン 1.22.9 01-01 36.2
2ヴィアラクテア 1.23.0 13-10 35.4
3エーシンサーフィン 1.23.0  05-06 35.9
4パッションレッド  1.23.0 08-04 35.9
5ミルクトーレル  1.23.0 16-14 35.2
----------------
7ウィンナワルツ 1.23.3 15-14 35.5

12.4 11.0 11.4 11.9 11.5 11.8 12.9
34.8-58.2-36.2 H

1400戦らしいハイペースの競馬になった。ヤヤ重のぶん時計は伸びていないが、タイム的には及第を出していいだろう。テンが34秒台で道中すべて一応11秒台。
終いが36秒台まで落ちているのは気になるが逃げ切ったエイシンイチリンを褒めるべきだろう。終いはバタバタで12.9だが。
差し勢ではとくに目立つ馬はいない。
2枠4番ミルクトーレルを、「搾乳?」とか思って頬を赤らめるくらいしかやることはない。
パッションレッド、母レッドチリペッパーは、富士S(G3)NHK(GI) 3着他、活躍馬だが、1400-1800までは強かったのだが、2000は脆かった。1400ではこの馬には、もう少し流れの落ち着く距離がよい気がするが...

−3歳500万下牝 1400阪神
1ミルクトーレル 1.22.1 10-09 34.5
2スイングロウ 1.22.3 04-04 35.5
3コパノスケ 1.22.5 04-05 35.6
4シンデレラマン 1.22.6 02-02 36.1
5コンティネント 1.22.7 15-14 34.6
-------------------
12.3 10.8 11.2 11.7 12.0 11.9 12.2

34.3-58.0-36.1 H

その搾乳おっぱいちゃんが、ポロリをしたのがこのレース。
馬場差を考えればさほどではないが1.22秒台なら普通か。
やはりハイペースの競馬から後方から伸びた。末は34.5。
こちらはそれなりに優秀だ。
また5着のコンティネントに末で0.1秒上回っているが、
アーリントンC5着、さわらび賞2着と、そこそこ実績のある男馬で、
もちろん位置取り、距離の向き不向き、たかが平場ではあるが、
一応混合戦で末は一番時計。勝ちぬけをしてきている。

実はこの馬、チューリップ賞(6着 16-16)[12.4 10.9 12.1 12.2 12.2 11.1 11 11.8](35.4-59.8)
でのあがりは33.8。およそミドルで、後半にかけてぐんぐん加速する流れのなか、時計は1.35.0と平凡だが最後方から一気に脚をつかっての記録。レースラップが33.9で-0.1しかないが、そりゃあ頭2頭が33.5と33.9をつかったせい。
そもそも終いの3ハロンで、レースラップ以上の脚を使った馬は3頭しかいない。

−さわらび賞 1600阪神外
1スズカコーズウェイ 1.34.2 06-07
2コンティネント 1.34.4 01-01
3シンデレラマン 1.34.8 03-03
4スマートカスタム 1.34.8 08-07
5マイネルクラッチ 1.34.8 06-04
---------------------
12.3 10.7 11.2 12.0 12.5 12.1 11.3 12.1
34.2-58.7-35.5 M

ね。コンティネント 終いは辛くなりましたが結構いい逃げしてると思いません?
1級半の素質馬スズカコーズウェイには差されたけれど、3着以下は完封。
このレースは500条件としては相当のものだと思う。


さて。中一週で挑む5枠10番イクスキューズだが。

◆桜花賞 1600外阪神
1ダイワスカーレット 1.33.7 03-03 33.6
2ウオッカ 1.33.9 07-06 33.6
3カタマチボタン 1.34.5 03-03 34.4
4ローブデコルテ 1.34.5 13-14 33.5
5イクスキューズ 1.34.7 15-16 33.5
------------------
12.7 11.6 11.4 12.1 12.0 11.6 10.6 11.7
35.7-59.8-33.9 S

桜花賞では出遅れての5着、望まずに最後方からの競馬になった。
前半59.8、まあまあだが遅めで、例年の桜花賞は少々趣が違う。
その後ほとんど緩まずいったこともあり、追い込みは効く流れだが、
レースラップで33秒台。まあ抜け出した上2頭の賜物で、
レースラップを上回る脚を使えた馬は3、4、5着と6着レインダンス。終いでこれだけの切れを見せる馬が
6頭もいるのだから、今年の牝馬はやはり強い。
私の予想はくそっぱずれだったが、ダイスカ・マーチャンが飛ぶことをベースに予想して2着から3、4、5、6と能力上位と読んでるわけだから、なんとも気持ち複雑なレースだ。
そういうわけだから、この上位の馬どもの力はかなり信用できると思っている。

◆クイーンC 1600m府中
1イクスキューズ 1.34.5 03-02 34.3
2カタマチボタン 1.34.7 04-04 34.3
3ハロースピード 1.34.8 08-11 33.9
4ジョウノガーベラ 1.34.9 11-09 34.2
5ローズオットー 1.35.1 12-11 34.2
------------------
14ディーズメンフィス 1.36.0 04-04

12.5 11.0 11.6 12.0 12.3 11.4 12.0 11.7

35.1-59.4-35.1 M

前半59.4、終いまでずっと緩まぬいいレース。
これで先行して34.3を使っての34.5。
ケチをつけろというほうが難しい。
古馬牝馬の重賞でも十分通用するんじゃなかろうか。
また、桜花賞から中一週を懸念する声もあるが、
牝馬なんてのは調子のいい時にポンポン使ってくるほうがよいと思うし、この馬の場合、桜花とクイーンCの間があいたぶんだけ、別段気にせずともよいと思う。というよりむしろ買い要素に考える。

開幕府中の馬場もぴったりで、内内の経済コースなら…
と思っていたら5枠10番。不利とまではいえないが微妙なところをひいた。
ポンと先手をとって内に入って先行できればよいのだが。
というわけで、この馬の場合は距離が最大の敵。
競馬っぷりから2000迄なら持つ気はするが、こればっかりはなんとも。

さて。次はホクレレ以下、何頭かいるフラワーカップ組。

◆フラワーカップ 中山1800
1ショウナンタレント1.49.6 01-01-01-01 35.9
2ホクレレ 1.49.8 08-07-06-09 35.5
3クロコレーヌ 1.49.9 05-07-06-06 35.6
4アルコセニョーラ 1.50.1 15-13-13-13 35.3
5マイネルーチェ 1.50.2 12-13-13-13 35.4
------------------------
7エーシンパーティー 1.50.2 12-12-10-09 35.6
8イチゴイチエ 02-02-03-03 36.3
9ホットファッション 03-02-02-02 36.6
10トウカイファイン 08-10-10-09 35.9
11ディーズメンフィス 14-13-13-13 35.7
12ジョウノガーベラ 05-07-06-06 36.6
--------------------
12.5 11.3 12.6 12.4 12.2 12.7 12.1 11.6 12.2
36.4-1.1.0-35.9 M

はっきりいうと、500万条件です。このレース。
1800で前半1.1.0のスロー、しっかり中間緩み、にもかかわらず、
終いは35.9と、まったくピンとこない。であわや1.50秒が見える、良馬場なのに雨が降っているようなレース。
逃げ切りのラップだけに、番手以下、相当楽をしているはずだが
イチゴイチエもホットファッションも終いはきっちり36秒台。
ホクレレだって、中団追走でこれで終いが35.6ってのは、正直メンバーに恵まれてのものとしか。
じりっぽいのよね。ホントは先行してくるコイツは結構脅威のはずなんだけど、全然脅威に感じないんだが。

マイネルーチェも褒められたものではないが、京成杯の2000mの経験があること、
このときは間があいていたこと、左回りで復活があるかどうか?くらいの意味で多少マシだが。
だとしても魅力はさほど感じず。
最内のディーズメンフィスだって、
赤松賞以来の府中で期待って、きっと新聞は書くよ?たぶん。ジョウノガーベラとかも...。
8枠16番ってのもね。頭は厳しそうだ。

実際、これならまだ山桜賞のほうが強いんじゃ...

◆山桜賞1800中山
1マイネルランページ 1.49.6 02-02-02-02 35.2
2キングオブロマネ 1.49.8 12-12-09-03 34.7
3ザリーン 1.49.8 05-04-04-05 35.1
4コスモジエラ 1.50.0 10-09-07-09 35.0
5オペラブラーボ 1.50.1 07-07-07-07 35.1
-----------------------
12.6 11.6 12.5 12.6 12.5 12.5 12.2 11.1 12.0

36.7-1.1.8-35.3 M

フラワーカップと、見比べると、テンはさらに遅く限りなくスローに近い。中間に12秒後半できっちり緩み...終いでそのぶん帳消しで0.6速い。まあ…どっちも似たようなもんだなあ。
混合戦とはいえ、レベルはさほど高いとは思えない。
うーん、まくりあげていったキングオブロマネは男馬だし、
ザリーン。前々で35.1を使ったのは褒めるが、さほど目立つレースはしていない。
チューリップ賞10着で使った脚が(10-14)34.6。まあ、出せてこのへんまでと
考えていいかな。
ただ、今回、スローだろうし、こういう後半ペースアップする競馬になれば展開は向きそうだ。終いの速い競馬にどこまで対応できるのかだが、位置的には楽に先行できる。まだホクレレよりむしろ買えると思うと思っていたらホクレレは3枠6番といい位置をひいて、ザリーンは7枠14番。

うーん...どっちも買えないでもいいのかもしれない。

おいおい、なんかベッラレイア勝ちそうな気配に...(w;
あと残ったのはランペイア。

◆3歳未勝利 2000中京
1ランペイア 2.02.2 09-09-07-04 33.9
2ヴィヴィッドカラー 2.02.8 04-04-04-04 34.7
3ヤマカツマリリン 2.03.0 01-01-01-01 35.3
4スーパーレインボー 2.03.3 04-04-02-02 35.5
5ファーストレイター 2.03.3 14-13-11-11 34.4
------------------------
12.2 10.8 12.1 13.0 13.8 13.6 12.2 11.7 11.4 11.4

35.1-1.1.9-34.5 M

中京2000で2.02.2。まあ未勝利戦だしこんなものでしょう。
前半はやや2ハロンが速いが、全体では1.1.9。
中間はまるで3000mのような緩みっぱなし。
レースラップで終いが34秒台になるのはむべなるかな。
まあ、コーナーむいて前にいないと厳しいレース。
ただ、そのぶん終い4ハロンからぐいっとスピードがあがる。
ランペイア自身は緩んでるときにうまいことするするあがっていって、4番手からうまいこと抜け出した。恵まれてるかな。
にしても、終いだけで3馬身はちぎってみせたのはなかなかたいした末脚で、このクラスではモノが違うという印象だ。
上で通用するかは微妙〜だが。


◆つばき賞 2000京都 雨重
1コートユーフォリア 2.04.0 01-01-01-02 36.0
2ヒラボクロイヤル 2.04.1 06-06-05-06 35.2
3カネトシリベルテ 2.04.2 02-03-02-01 36.2
4ダノンフローラ 2.04.6 12-12-11-09 35.1
5ニシノマニッシュ 2.04.9 08-08-07-06 35.9
----------------------
12.8 11.2 12.3 12.5 13.1 13.3 12.8 12.2 11.8 12.0
36.3-1.1.9-36.0 M

タイムは、重でこれなら上出来だろう。
きれいに前後半イーブン、テンも終いも36秒そこそこにまとめた。
そのなかで、牡馬に混じって後方からレースラップよりも-0.9の脚で差をつめ、4着に差し込んでいるのは一瞬どきっとする。
2着のヒラボクロイヤルを0.1上回ってメンバー最速をマーク。
中間の緩まぬ競馬でまくりをかけてこれだけ脚を使えれば上々。
そのヒラボクロイヤルが、稍重の毎日杯で1.48.2 1 (12-10) 34.1 の2着に突っ込んだのだから、ダノンフローラの末のポテンシャルもそれなりに期待できたのだが...抽選漏れ。

◆忘れな草賞 2000阪神

1ザレマ 2.01.3 04-03-03-02 35.0
2ラブカーナ 2.01.6 09-10-08-06 34.8
3ヒカルアモーレ 2.01.7 01-01-01-01 35.6
4リッカメルド 2.02.3 07-05-05-04 35.7
5ニシノマニッシュ 2.02.4 13-13-11-09 35.3
---------------------
9プリティダンス 2.02.8 04-05-06-06 36.0

12.3 11.1 13.1 12.7 12.1 12.5 12.3 11.5 11.6 12.1

36.5-1.1.3-35.2 M

前半1.1.3、テンは遅いが、比較的中間の緩まない競馬になっており、
残り4ハロンからじょじょにペースアップ。
基本緩いがミモザ賞よりは厳しいレース。
だったのだが、ラブカーナ0.4差を詰めたがこれも抽選漏れで出走馬がいなくなった。

◆ゆりかもめ賞 2400府中
1マイネルヘンリー  2.27.1 08-08-07-07 34.7
2エルソルダード  2.27.3 03-03-03-02 35.4
3サンアイブライト  2.27.5 04-04-03-02 35.5
4キングオブロマネ  2.27.8 04-05-05-05 35.6
5リバイバルシチー  2.27.8 07-07-08-08 35.3
--------------------
12.6 11.1 11.9 12.1 12.3 12.6 12.4 13.4 13.4 11.2 11.6 12.5

35.6-1.0.0-35.3 M

◆水仙賞  2200中山外
1エルソルダード 2.17.3 01-01-01-01 34.7
2クリムゾンベガ 2.17.7 02-02-02-02 35.1
3マイネルブリアー 2.17.7 08-08-07-07 34.2
4ブラックシャンツェ2.17.8  03-03-03-03 35.1
5サンアイブライト 2.17.8 04-04-04-03 34.7
-----------------
12.9 12.5 12.6 13.2 13.3 13.1 13.0 12.0 11.5 11.4 11.8

38.0-1.4.5-34.7 S

サンアイブライト、抽選漏れ。
前半1.0.0で、27秒台。道中13.4が二発がぬるいぶん、終いが要求されて35秒。まあ、たいしたレースではないが。それでもクリムゾンベガやエルソルダードとタメ貼ってきたんだけどなあ。
先行してスローから34.7。もう少し詰まるとアレなんだが。
水仙賞もどっちにせよ足りない印象なんだが。
posted by たま at 19:37| Comment(2) | TrackBack(5) | メモの類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度^^
たまさんの予想はしっかりしてるですね
じっぽくんはなんとなく新聞みて 好きなお馬さんや騎手がメインで あとはレース展開などで馬券買ってます
なかなかとあたらんです(xx)
追伸 リンクはGWにさせてもらうですよ^^
またくるですよ(;O;)
Posted by じっぽくん at 2007年04月19日 23:09
こんにちは〜じっぽくんさん。リンクこっちからも貼れるなら貼りますね。
うちも一緒ですよ〜。スーパーホーネットとか、なんか今回やばそうだなーとか思っても、その実名前が好きで買ってるようなもんですし。今回の皐月賞も、もう遥か前からオーラとトーセンキャプテンを買うって決めてたところがあったりとか、◎はやっぱり気に入ってる馬から入ってることが多いです。好きな馬から―認めた馬への馬券が多いです。だからうちの予想の◎は注や○よりこないんですよ(w;あはは...
Posted by たま at 2007年04月20日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4月第4週の予定
Excerpt: やっぱりおかしいですって。昨日も22時には寝てましたもん。 ホントなんなんでしょうね。春だからっていう噂もあるんですけどね。 昨日サボってしまったお詫びとして。早い時間から更新をしました。 競馬ニュ..
Weblog: 馬と快楽と私
Tracked: 2007-04-19 20:15

フローラS[過去成績と傾向]
Excerpt: 過去5年の1〜3着馬の成績表と過去10年のデータからレース傾向をみます。
Weblog: 競馬SevenDays
Tracked: 2007-04-19 21:01

【JRA】フローラステークス(G)を制するのは?
Excerpt:  4月22日東京競馬場芝2000メートルで行われるフローラステークスにはフルゲートの18頭が出走する。  オークス出走に向けて賞金が足りない馬にとっては上位に入って優先出走権を得たい重要なレースとな..
Weblog: tom5412@eBet
Tracked: 2007-04-19 23:27

第42回サンスポ賞フローラSの1着馬は?
Excerpt: オークスへ向けて出走権を賭けた戦い。 1〜3着までに優先出走権が与えられる為、どの陣営も仕上げは万全といったところ。 第42回サンスポ賞フローラSの1着馬は? 2007年 4月22日(日) ..
Weblog: しげぽーね@eBet
Tracked: 2007-04-19 23:40

フローラS(G2)予想!ベッラレイア堅い♪
Excerpt: ランキング ← 応援ありがとうございますm(_ _)m 管理人なっちです。まいど。 フローラS(G2)の予想です。 個人的には指名馬パッションレッドに注目していますが・・・ 贔屓目は置..
Weblog: POG広場
Tracked: 2007-04-21 13:24
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。