にほんブログ村 競馬ブログへ

2007年05月23日

ダービーのメモ・基本と青葉賞(そにょいち)

あんまり過去ラップに意味のあるレースじゃないんですが。
結論はみえてるっていうか。

■過去10年ラップタイム
[2006]メイショウサムソン 2.27.9
12.6 11.8 13.0 12.8 12.3 12.7 12.9 12.5 12.0 11.5 11.8 12.0
37.4-1.2.5-35.3
[2005]ディープインパクト 2.23.3
12.5 10.9 12.1 12.1 12.3 12.3 12.3 12.1 12.2 11.9 11.0 11.6
35.5-59.9-34.5
[2004]キングカメハメハ 2.23.3
12.5 10.6 11.3 11.5 11.7 11.8 12.5 13.0 12.5 11.5 11.7 12.7
34.4-57.6-35.9
[2003]ネオユニヴァース 2.28.5
12.5 10.9 12.1 12.1 12.3 12.3 12.3 12.1 12.2 11.9 11.0 11.6
36.4-1.1.1-36.3
[2002]
12.8 11.3 12.6 12.6 12.4 12.3 12.4 12.0 12.2 11.7 11.6 12.3
36.7-1.1.7-35.6
[2001]ジャングルポケット 2.27.0
12.5 10.5 11.4 11.8 12.2 12.9 12.9 12.7 13.1 13.3 11.6 12.1
34.4-58.4-37.0
[2000]アグネスフライト 2.26.2
12.5 10.6 11.9 11.9 12.3 12.5 13.1 13.0 12.3 12.0 11.7 12.4
35.0-59.2-36.1
[1999]アドマイヤベガ 2.25.3
12.8 11.3 12.0 12.0 12.1 12.3 12.4 12.4 12.3 12.8 10.9 12.0
36.1-1.0.2-35.7
[1998]スペシャルウィーク 2.25.8
12.8 11.2 11.7 12.4 12.5 12.1 12.2 12.6 12.5 12.7 11.2 11.9
35.7-1.0.6-34.8
[1997]サニーブライアン 2.25.9
12.6 11.1 12.3 12.6 12.9 12.5 12.6 12.2 12.0 11.9 11.2 12.0
36.0-1.1.5-35.1

オークス同様、ちとレース傾向をチェックしておこう。
対比のためにかなりおおざっぱに印をいれてみる。
でも長いので追記★

☆前半速い ★前半遅い
○終い4ハロンスパート ●終い3ハロンスパート
※終い34秒台

[2006]メイショウサムソン ★37.4-1.2.5-35.3 2.27.9
○12.6 11.8 13.0 12.8 12.3 12.7 12.9 12.5 12.0 11.5 11.8 12.0

[2005]ディープインパクト ☆35.5-59.9-34.5 2.23.3 ※
○12.5 10.9 12.1 12.1 12.3 12.3 12.3 12.1 12.2 11.9 11.0 11.6

[2004]キングカメハメハ ☆34.4-57.6-35.9 2.23.3
●12.5 10.6 11.3 11.5 11.7 11.8 12.5 13.0 12.5 11.5 11.7 12.7

[2003]ネオユニヴァース 2.28.5 重 ☆36.4-1.1.1-36.3 
○12.5 10.9 12.1 12.1 12.3 12.3 12.3 12.1 12.2 11.9 11.0 11.6

[2002]タニノギムレット 2.26.2 ★36.7-1.1.7-35.6
○12.8 11.3 12.6 12.6 12.4 12.3 12.4 12.0 12.2 11.7 11.6 12.3

[2001]ジャングルポケット 2.27.0 重 ☆34.4-58.4-37.0
●12.5 10.5 11.4 11.8 12.2 12.9 12.9 12.7 13.1 13.3 11.6 12.1

[2000]アグネスフライト 2.26.2 ☆35.0-59.2-36.1
○12.5 10.6 11.9 11.9 12.3 12.5 13.1 13.0 12.3 12.0 11.7 12.4

[1999]アドマイヤベガ 2.25.3 ★36.1-1.0.2-35.7
●12.8 11.3 12.0 12.0 12.1 12.3 12.4 12.4 12.3 12.8 10.9 12.0

[1998]スペシャルウィーク 2.25.8 ★35.7-1.0.6-34.8 ※
●12.8 11.2 11.7 12.4 12.5 12.1 12.2 12.6 12.5 12.7 11.2 11.9

[1997]サニーブライアン 2.25.9  ★36.0-1.1.5-35.1
○12.6 11.1 12.3 12.6 12.9 12.5 12.6 12.2 12.0 11.9 11.2 12.0

まあ…わかっていたことだが、終い34秒台がたったの2回しかない。
うち1回は2005年。ディープインパクトがとてつもない強さを見せた年だ。もう1回は1998年、スペシャルウィーク―ボールドエンペラーの年で、前半遅く流れたことと、後半仕掛けの遅い競馬になったのと、まあ抜け出してからの脚が原因だろうから、限りなくイレギュラーな年だといえる。

前半1000mは速かったり遅かったりとまちまちで、5回が遅め、5回が速めと、その都度都度。ただ、遅いといっても標準程度の流れになるケースが多いことと、前半が遅いからといって、楽なレースにならないことが最大の特徴だろう。重馬場だったりをも考慮すれば、緩んでの3ハロン末脚勝負なんてことは、この10年一回も無いといっていい。
結果的に終いのかかる競馬になっている。
スローにも関わらず、末脚だけの勝負にならずに、タフなレースになるのは、オークス同様。
2006年の結果などは、典型的な例で、フルに800m以上の勝負になれば、前半はどおあれ、最後の1ハロンは我慢の競馬。最後は底力勝負になる。さらに2002年のタニノギムレットの時をみれば、5ハロンからのペースアップで、やはり前半が遅いにも関わらず、きちんと帳尻が合う厳しいレースになっている。

これが3歳の同距離の他レース…例えば青葉賞などと比べれば、
格段に緩みが少なく、スパートの長い厳しいレースになるのが例年のダービーだ。

ゆりかもめ賞 マイネルヘンリー  2.27.1
●(12.6 11.1 11.9 12.1 12.3 12.6 12.4 13.4 13.4 11.2 11.6 12.5)
☆35.6-1.0.0-35.3 M

青葉賞 ヒラボクロイヤル 2.26.3 14-13-12-11 34.4
●(12.6 10.6 11.7 12.6 12.5 12.4 13.0 13.0 12.4 11.5 11.9 12.1 )
☆34.9-1.0.0-35.5

まあ、上のレースの☆か★かは微妙なところだが。
ダービーで終い4ハロン目に13秒台がきたことはこの10年、重馬場のジャンポケの年のみ。実質は無いといっていいくらい。終い6-5ハロン目の13秒台もまた、アグネスフライトとキンカメの2回のみ。2回以上13秒台が刻まれたのも、アグネスフライトのみだ。
他の府中2400よりも格段にタフな勝負になるため、同じ府中2400といっても、要求されるレベルは遥かに厳しいものになるだろうことは予想できる。

なお、この4レース。全て基本は前掛りの競馬。
完全に前半の速い暴走競馬になった時だが、アグネスフライト、キンカメのダービーは、ともに先行馬はほぼ総崩れの流れになっており、前半は59秒.2、57秒6と、事例にあげたダービー以外の2レースよりタフさでいえばいずれも上で、例年のダービーと遜色なく、やはりタフなレース。さらにわかりやすくするために3行にまとめると、

 ―1・前半遅めなら1000-800スパートで、結局底力が必要に
 ―2・前半速ければ、6-5ハロン目からコーナーに向けてペースが緩み、追い込みが台頭するも、速いペースを追走して最後まで脚が持つ力の勝負に。
 ―3・標準程度のペースでもロングスパートで結局底力勝負に。

少なくとも過去10年で、道中底力を要求されない年はないといっていい。
”たとえ1-2番人気で決まらなかったとしても”
名実ともに3歳の頂点のレースに相応しい競馬になっている。
まあ、実際、配当としては、終いの仕掛けの遅いスペシャルウィークの時だけ万馬券で、あとは基本ド固いわけで、競馬ファンのみなさまの強い馬を見抜くおめめは確かなようで。

あくまで副次的な産物だが。
こうして改めてみると、同コースで実施された青葉賞組みの連対と
レース傾向をちょっとみてみたい。めんどくさくなってきたので過去6年と半端ですが。

◎…ダービー好走年
※…終い34秒台


◎06青葉賞 アドマイヤメイン 2.25.3 01-01-01-01 35.3
●12.6 11.1 12.0 12.4 12.3 12.1 12.5 13.0 12.0 11.5 11.6 12.2
★35.7-1.0.4-35.3

―054青葉賞 ダンツキッチョウ 2.26.9 03-03-04-03 34.5
●12.9 11.1 12.2 13.0 12.7 12.8 13.0 12.3 12.2 11.3 11.5 11.9
★36.2-1.1.9-34.7 ※

◎04青葉賞 ハイアーゲーム 2.24.1 06-08-08-08 33.7
●12.5 10.7 11.8 12.4 12.8 12.7 12.7 12.2 12.2 11.3 11.4 11.4
★35.0-1.0.2-34.1 ※

◎03青葉賞 ゼンノロブロイ 2.26.3 06-05-04-05 34.1
12.9 11.4 11.6 11.6 12.2 13.3 13.6 12.6 12.6 11.3 11.4 11.8
☆35.9-59.7-34.5 ※

◎02青葉賞 シンボリクリスエス 2.26.4 05-07-10-09 34.1
12.6 11.3 12.6 12.9 13.0 12.4 12.5 12.4 12.1 11.8 11.5 11.3
36.5-1.2.4-34.6 ※

いやはや。近年は滅法強い。
当然ヒラクボロイヤルも、俄然期待は高まるが、こうして分類していくとちと疑問が残る。

◎06年…5ハロン目は緩いが、標準から終い4ハロン競馬。ダービーと同傾向。
―05年…ダービーではありえない前半も遅くかつ中盤も緩んだ競馬。
◎04年…標準からの5ハロンロングスパート。ダービー同傾向。
◎03年…やや速い前半から緩んでの3ハロン決着。ハイペースの時のダービーと同傾向。
◎02年…後半加速型。スローの場合のダービーと同傾向。

とまあ、なんだかんだいって、ダービー同傾向の3パターンに嵌る競馬をしてきての圧勝が裏づけになっての連対だというのがはっきりと見えてくる。

?07青葉賞 ヒラボクロイヤル 2.26.3 14-13-12-11 34.4
●12.6 10.6 11.7 12.6 12.5 12.4 13.0 13.0 12.4 11.5 11.9 12.1
☆34.9-1.0.0-35.5

さて。今年はどうでしょうねえ。
終い4ハロン目があと0.4秒早ければ、綺麗な標準からのロングスパート競馬で例年のダービー並の実力。
後半の印象はゼンノロブロイの03年型に近いが、今度は前半が0.7ほど遅いうえ、厳しい流れで先行差しで押し切ったロブロイに対して、展開優位の後方待機。
2着のトーセンマーチ、3着のフィニステールが、もう少し強い競馬
をして、ヒラクボロイヤルが3着になるようだったら、思い切ってメイチ買いの気配なんだけれど、結局、好走はしそうだが、あと一歩過去の連対馬には届かぬ力といった印象だ。
もちろん、今年のメンバーの力次第で食い込みはあるだろうから、今の段階では消しとはいえないが…順当なら安定して掲示板といったところか。

■詳細&寸評

[2006]
1メイショウサムソン 2.27.9 05-05-03-03 35.1
2アドマイヤメイン 2.28.0 01-01-01-01 35.4
3ドリームパスポート 2.28.3 15-15-13-12 34.9
4マルカシェンク 2.28.3 12-12-11-08 35.1
5ロジック 2.28.5 10-10-06-07 35.4
------------------
12.6 11.8 13.0 12.8 12.3 12.7 12.9 12.5 12.0 11.5 11.8 12.0
37.4-1.2.5-35.3

前半遅いが、そのぶん後半4ハロンから加速。
終いはいっぱいいっぱいの勝負になった。
中盤も緩み気味だが、目だって酷いほどではない。
坂の箇所でうまく落とせたぶんと、思い切った後半の
スタミナ戦に持ち込んだアドマイヤメインの判断勝ちか。
仕掛けが遅ければ遅いで結果は大きく替わったと思われる。
きっちり交わしたサムソンと、アドマイヤメインを褒めるべき。
でもうちの◎はロジックだったような気が…

[2005]
1ディープインパクト 2.23.3 15-13-12-10 33.4
2インティライミ 2.24.1 06-03-03-02 35.1
3シックスセンス 2.24.5 17-15-14-10 34.5
4アドマイヤフジ 2.24.6 10-10-10-10 34.7
5マイネルレコルト 2.24.7 16-18-18-15 34.5
-------------------
12.5 10.9 12.1 12.1 12.3 12.3 12.3 12.1 12.2 11.9 11.0 11.6
35.5-59.9-34.5

このペースで2400mを走りきったインティライミの強さも流石だと思うが、圧巻はこの展開で終い33秒台はありえないだろ…の、ディープインパクト。
ある意味で異常なレースで参考外。
アドマイヤフジ、そういえば今週登録があるんだが…、
ダービーでも有馬でも、結構力のあるところをみせている割りには、
戦績がおっついてこないねぇ。なかなか。
うちの◎はまぁあの皐月賞をみせられちゃねぇと逆らわずディープだった気が。


[2004]
1キングカメハメハ 2.23.3 06-08-07-03 35.4
2ハーツクライ 2.23.5 17-17-17-17 34.3
3ハイアーゲーム 2.23.8 09-10-10-03 35.9
4キョウワスプレンダ 2.24.0 13-14-15-13 35.3
5スズカマンボ 2.24.0 09-12-14-15 35.1
---------------------
12.5 10.6 11.3 11.5 11.7 11.8 12.5 13.0 12.5 11.5 11.7 12.7
34.4-57.6-35.9

マイネルマクロス爆走で、前半暴走ペース。3角で早くも
脚を失い、ラップは大きくコーナーで緩むことに。
一方、後方組みはといえば、そこで一気に差をつめて、直線へ。
結果終いはおつりがなくなった。
勝ったキングカメハメハ、06-07-03と、強い競馬をみせた。
ハーツクライはほぼ同位置の
キョウワスプレンダが伸び足を欠いたのに対して、
終い34.3であがってきており、シブトイところを存分にみせている。
3着のハイアーゲームは早めに仕掛けて後続を一応おさえこんだ
かたちになっており、十分「弱い馬大将」の力は見せている。

この年はダービーすらやらなかったので印はなし。

[2003] 重
1ネオユニヴァース 2.28.5 13-13-15-07 35.3
2ゼンノロブロイ 2.28.6 02-02-02-02 35.7
3ザッツザプレンティ 2.28.7 10-07-04-02 35.7
4サイレントディール 2.28.9 1 14-15-15-13 35.3
5ゼンノジャンゴ 2.29.4 16-16-06-09 36.0
---------------------
12.4 11.1 12.9 12.6 12.1 12.6 13.6 12.8 12.1 12.1 11.5 12.7
36.4-1.1.1-36.3

基本は06年と近いが、重馬場のため、前半の負担は大きい。
コーナーで大きく緩んで息は入ったが、後半4ハロンから加速して
最後は息があがった。
前々で競馬したゼンノロブロイは強さを十分みせたし、
ザッツザプレンティも水かきっぷりをみせつけているが、
ネオユニヴァース、きれいにまくり勝ち。
うちの◎はゼンノロブロイでした。


[2002]
1タニノギムレット 2.26.2 12-13-11-12 34.7
2シンボリクリスエス 2.26.4 08-08-09-08 35.2
3マチカネアカツキ 2.26.4 08-08-06-04 35.6
4メガスターダム 2.26.4 06-06-06-08 35.2
5ゴールドアリュール 2.26.5 03-03-03-02 35.8
---------------------
12.8 11.3 12.6 12.6 12.4 12.3 12.4 12.0 12.2 11.7 11.6 12.3
36.7-1.1.7-35.6

前半スローも、中間ほとんど緩まぬまま、1000mロングスパート競馬。
終いが12.3は驚異的。これで先行差し程度で勝ちなら強心臓。
ゴールドアリュール、シンボリクリスエスあたりか。
この年も確かやってないので印ないなあ。


[2001] 重
1ジャングルポケット 2.27.0 11-11-13-10 35.6
2ダンツフレーム 2.27.2 06-09-12-13 35.6
3ダンシングカラー 2.27.6 06-07-05-03 36.8
4ボーンキング 2.27.7 15-13-07-07 36.5
5クロフネ 2.27.9 1 13-12-10-07 36.7
--------------------
12.5 10.5 11.4 11.8 12.2 12.9 12.9 12.7 13.1 13.3 11.6 12.1
34.4-58.4-37.0

重なんでねぇ。終いは早々に先行勢総崩れ。
この年もやってないなあ…(苦笑)


[2000]
1アグネスフライト 2.26.2 17-17-17-13 35.4
2エアシャカール 2.26.2 15-14-13-11 35.6
3アタラクシア 2.26.8 11-10-03-04 36.5 57.0
4トーホウシデン 2.27.0 08-08-06-06 36.5
5リワードフォコン 2.27.1 13-13-13-06 36.6
---------------------
12.5 10.6 11.9 11.9 12.3 12.5 13.1 13.0 12.3 12.0 11.7 12.4
35.0-59.2-36.1

前半そこそこのスピードで突っ走り、コーナーで差がつまって
4ハロンスパート。終いは止まって追い込み天国。
確か◎トーホウシデンであと一歩と泣きました。


[1999]
1アドマイヤベガ 2.25.3 16-15-15-14 34.4
2ナリタトップロード 2.25.4 11-11-10-08 35.0
3テイエムオペラオー 2.25.6 08-08-08-04 35.3
4オースミブライト 2.26.0 2 11-12-12-12 35.3
5ブラックタキシード 2.26.3 04-04-04-04 36.1
----------------------
12.8 11.3 12.0 12.0 12.1 12.3 12.4 12.4 12.3 12.8 10.9 12.0
36.1-1.0.2-35.7

かなり渋い平板ラップ。3ハロン目の遅さが一気の入れ替わり。
厳しいレースだよねえ。5着のブラックタキシード、そしてなにより
早めにしかけてがんばり切ったテイエムオペラオーの3着が光る。
うちの◎はナリタトップロードだったなあ。


[1998]
1スペシャルウィーク 2.25.8 10-10-10-08 35.3
2ボールドエンペラー 2.26.7 15-15-12-10 36.1
3ダイワスペリアー 2.26.8 07-06-06-03 36.6
4セイウンスカイ 2.26.8 02-02-02-02 36.8
5ミツルリュウホウ 2.27.0 17-17-16-16 36.1
-----------------
12.8 11.2 11.7 12.4 12.5 12.1 12.2 12.6 12.5 12.7 11.2 11.9
35.7-1.0.6-34.8

これも緩みが少なく、一気に後半いれかわりくさい競馬。
特異なのが終い3ハロン目の遅さか。
前半は遅いといっても、坂を12.4 12.5以外はほぼ12.1。
楽な流れではない。
ひっぱったのはキングヘイロー。
残り400mで距離の限界。ともにがくんとペースが落ち、
追い込み勢が台頭した。
うちの◎はボールドエンペラー。快心でした。


[1997]
1サニーブライアン 2.25.9 01-01-01-01 35.1
2シルクジャスティス 2.26.1 15-16-13-13 34.2
3メジロブライト 2.26.2 13-12-12-10 34.5
4エリモダンディー 2.26.2 15-17-16-16
5ランニングゲイル 2.26.3 08-07-06-06 34.9
------------------
12.6 11.1 12.3 12.6 12.9 12.5 12.6 12.2 12.0 11.9 11.2 12.0
36.0-1.1.5-35.1

サニブー逃げ切り。
中間4-5ハロン目坂でしっかりペースが落ち、後半
5ハロンからロングスパート。
このコースで逃げるにはこれしかないよねぇ、
というお手本みたいな競馬。
この年はたしかランニングゲイルに◎を打ったかなあ。
これは失敗だったと思ってます(苦笑)
posted by たま at 11:16| Comment(0) | TrackBack(8) | メモの類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2007年日本ダービー展望
Excerpt:  いよいよ今週は競馬の祭典・日本ダービーです。皐月賞の1〜3着馬の他、今年は桜花賞2着のウオッカも参戦。好メンバーの好勝負が期待されます。先週のオークスは2分25秒台の決着でした。ペース次第ではありま..
Weblog: 萬帖(よろずちょう)
Tracked: 2007-05-23 14:01

ダービーデーターBOX!でもないけど…
Excerpt: 傾向を掴むにはやはりデーターは不可欠!どのデーターが必要かは個人によって異なるとは思いますが、まあテキトーに自分でまとめてみましょ! まずは皐月賞の1~3着馬の成績は!(過去10年) 1着..
Weblog: 行き当たりばったりな競馬予想
Tracked: 2007-05-23 17:07

日本ダービー[馬場適性傾向]
Excerpt: 馬場適性(馬場実績)等を調べながら考えます。
Weblog: 競馬SevenDays
Tracked: 2007-05-23 21:35

日本ダービー[馬場適性傾向](2007年登録馬の適性)
Excerpt: 馬場適性(馬場実績)等を調べながら考えます。
Weblog: 競馬SevenDays
Tracked: 2007-05-23 22:04

日本ダービー 皐月賞の成績から
Excerpt: 今週は待ちに待ったダービーウィーク。ダービーだけは馬券度外視で好きな馬=PO馬から勝負!と行きたいところですが、今年の出走馬にどうやら私のPO馬は出走できなさそう。。PO馬がいない年は、好きな血統の馬..
Weblog: ニュータイプ的競馬
Tracked: 2007-05-23 23:21

【レース展望】GT日本ダービー(JpnT)
Excerpt: さて、突然始まった「カズスポBlog」ですが、最初に予想方法を今一度説明しておきますか。 基本的に馬を評価するところは2点。そのレースでどのくらいの能力を出せるかを数値化した「能力値」と、そのレ..
Weblog: カズスポBlog -Road to Fantasista-
Tracked: 2007-05-24 01:02

日本ダービー(東京優駿) 展望 【過去の傾向(データ)と出走予定馬の成績・血統】
Excerpt: 05/27(日) 3回 東京 4日目 10R 第74回 日本ダービー(東京優駿)(G1) 3歳 牡牝○指(定量) 芝2400m 25頭 本賞金:15000、6000、3800、2300、150..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2007-05-24 12:04

第74回東京優駿(JpnI)で1着になる馬は?
Excerpt: 牝馬も参戦し、枠順も決まりダービームード。どの陣営もこのダービーは取りたいと目一の仕上げで望んでくる。熱いレース必死でしょう。 第74回東京優駿(JpnI)で1着になる馬は? 2007年 ..
Weblog: しげぽーね@eBet
Tracked: 2007-05-24 22:36
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。