にほんブログ村 競馬ブログへ

2007年09月24日

今週の開催で5勝2連対!?

ちまたでは豊サンの10勝固め打ちが話題になっている今週末でしたが、うちの目にとまったのはこの5勝2連対のほう。

さて、なんの数字かといいますと、
今開催の父タイキシャトル産駒の成績だったりします。
まさに大爆発!
ここまで2007年40勝の父の仔から考えれば、結構な数字だと。
ほんとに今週、カリズマティックとタイキシャトルは
大当たりでした。

これは偶然?!
普段血統は予想に組み込まないので、
単純に知識欲で調べてみましたら、なんと9月に入って、

3歳未勝利スリーベイダー
500万下サンエムパーム
3歳未勝利タイキブリリアント
まりも特別シャトルタテヤマ
3歳未勝利メイショウゴルゴ
礼文特別タイキマーズ
3歳未勝利クリップフェアリー

500万下 クリップフェアリー
藻岩山特別 フミノサチヒメ
3歳未勝利  テンエイヤシャヒメ
大阪スポーツ杯 クィーンオブキネマ
2歳未勝利 ウインギガシャトル

未勝利6頭を含み、上はオープン勝ちまで、なんと12勝の固め打ち。
これで堂々勝ち馬率もトータルで4割は軽く超えていくでしょう。

この傾向は、今年だけではなかったりします。
多少のズレはありますが、これまでのタイキシャトル産駒、
勝ち星を月別にあげていきますと、極端に傾向が出てきます。
昨年は7-10月で9・4・4・9と、26勝。(全体で63勝)
一昨年は13・7・5・5と、30勝(全体69勝)
04年が9・8・8・3と、28勝(全体60勝)
03年が5・8・4・3と、20勝※11月に5勝(全体47勝)

1/3の7月から10月の4か月で勝ち星をあげ、
さらに秋口に固め打つ傾向が出てきます。
この秋口と春の時期でほとんどの勝ち星がマークされている
といってもいい結果になりました。

2007/4・8・4・8 24/  8・4・12・? 24/
2006/5・8・6・4 23/63 9・4・4・9 26/63
2005/6・4・3・4 17/69 13・7・5・5 30/69
2004/7・2・4・6 19/60 9・8・8・3 28/60
2003/3・3・3・4 13/47 5・8・4・3 20/47

3月から10月を並べてみました。
3月4月から調子をあげ7-9月、このへんにボリュームが寄っている
のがわかると思います。
逆に、11月はまだいいのですが、12月、1月、2月は
非常に勝ち星が少なく、今年は1、2か月でわずか2勝と、
冬場の弱さが目立ちます。芝ダートは問わずに
走る種牡馬だけに、意外な感じがします。

タイキシャトルの仔は冬は狙いづらく、
とくに夏から秋に狙いどきって感じが見えてくる結果だと
いっていいでしょう。6月、11月にボリュームがずれる
年もあるのですが、中心はこの8-10月シーズンに
あるのはわかると思います。
また月間12勝は過去最多勝ち星をあげた05シーズン以来の
二桁勝ち星。スタートで出遅れたぶん、10、11月までは
期待できるかもしれません。

「牝馬が走る」という評判もこの夏の強さを裏付けている
のかもしれませんね。
posted by たま at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メモの類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56908638

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。