にほんブログ村 競馬ブログへ

2007年12月23日

さてと今年の最終戦[有馬記念]

単勝2.8倍。一番人気。
この仔の昨年のクラシック。実はディープインパクトのために再び競馬に興味をもって、G1くらいは予想するようになってきた頃だった。
したがって初めて発見したのは皐月賞。
きさらぎ賞、スプリングSのラップからこの馬は相当強いと確信した。
この時の予想でラップから昨年のクラシックで追いかける馬は
既に決まっていた。それが06年皐月賞
◎メイショウサムソン、○スーパーホーネットだったのだ。
そして、その時のスプリングSでの判断が、のちにうちの馬券成績に
大きく影を落とすことになった。
このレースでサムソンを買うということは、同時に
ドリームパスポートを低く評価することになる。
(脚質的に対極だった)

春シーズンはことごとくドリームパスポートに邪魔をされ、
今度こその気持ちで迎えた秋シーズン。
菊花賞◎(ちなみに○はトーホウアラン)、
ジャパンC○(◎ディープ▲ウィジャボード)、
有馬記念○(◎ディープ)。
そう、今度はこの馬自身がことごとく期待を
裏切ってくれたのだ…。

今年に入っても、大阪杯▲(◎ホッコーソレソレー)、
春天○(◎マツリダゴッホ)、宝塚記念○(◎ポップロック)、
秋天▲(◎エイシンデピュティ)、JC○(◎ポップロック)…

なんとも、結局出てくるたびに必ず上位3頭にいれている。
消したことがただの一度もない。
そして、結局馬券の的中のは、
なんとJCのみ!というていたらく。
おかげでうちは「2歳戦は得意だが、古馬長距離は苦手」
といういらん評判が仲間内でついてしまうことになった。

基本「狙った馬は追いかける」スタンスのうちだけれども、
ここまで常に◎−▲の上位3頭におき続けた馬は他に現役では
ウオッカくらいのもの。
うちは◎は穴っぽいのにうつので、なかなか◎には
ならないのだが、それとBOX買いを中心に据えてるやり方を
考えれば、いかに高い評価をし続けてきたか。

実際、ここまで出れば買う状態の馬は記憶を遡っても、
ナリタブライアンくらいだ。
※ホワイトストーン、トウカイテイオー、トロットサンダー、
サクラローレル、ノースフライトは別格。
常に◎以外選択肢がなかった(笑)
という意味で、はるかにそれを上回る。




さて。有馬記念。
----------------------
◎メイショウサムソン
○ウオッカ
▲ダイワスカーレット
×ドリームパスポート
△デルタブルース
----------------------
△ポップロック
△ロックドゥカンブ
----------------------
下2頭は3紐固定で。
◎からの馬単というより、
◎○からは念のためひく程度。
実質強弱はつけるが5頭もとい二本軸で勝負のつもり。
ん…なんか◎が◎っぽくないなあ。

今回は久しぶりにサムソンに◎を打とうと思う。
枠、秋3戦目、先行力、屋根、地力、ほぼ不安要素はない。
ただし、ではこの馬が1着かといえば、
あくまで3着以内の可能性として軸としての◎である。
別にここで確勝だとまでは思っていない。
ただ、有馬記念はやはり、なんだかんだいって、
原則みんなで幸せになるレースであるし、
多士済々なだけに、無理にひねって穴っぽい馬を◎にするより、
ちょいと素直に買ってみたほうが結果に繋がりそうだと
思ったからといったところが本音ではある。
少なくとも、いつもの買い方でこのレースはあまり相性が
よろしくないため、ここはひとつ目先を変えてみた。

ではメイショウサムソンの頭を信用しない理由だが、
この馬自身というよりは、他馬にこの馬を負かす可能性のある
馬がいると思っているからだ。

便宜上対抗印にするが、
いつもの「いちばん強い馬」を○というスタンスともやや違う。
あくまで◎を負かす可能性の高い馬というニュアンスだ。

○はウオッカに打とうと思う。
大外枠引いた馬に何を…という気もするだろう。
正直、この馬を買うときに絶対やってはいけないのは、
まず応援の単勝買い。正直それは半端すぎ。
来る可能性を見出すからこその印であって、
心情でも思い入れでもないことは最初にいっておく。
実際、今回はいったんは切ったのだから。
確かに中山2500の大外枠は死に枠だ。
オカルト的な意味ではなく、コース形態から恐ろしく不利。
最初のスタンド前でも最も危険な位置を通らざるをえない
ゆえに、レースは途中で終わる可能性も高い。
有馬は前前の競馬が強い。それも100万も承知。
単にダービーのお礼というわけでもない。
それでもこの馬を推そうと思う。

理由だが。
まずは回避があっての秋3戦。
秋華賞は休み明け、ジャパンカップもほぼ2か月ぶりと、
レース間隔は必要以上にあいていること。
調教はピンとこないが、輸送を考慮にいれてのものだろう。
調子自体はむしろ秋一番の可能性は高い。
上積みがあってもおかしくはない馬だということ。

また有馬記念ってのは、基本的に終いの速い競馬にはならない。
だが、スタートがハイペースというわけでもない。
緩急のつかないイーブンラップになることもあるが、
ならないこともある。中間が緩むこともある。
それでも、このレースで33秒台が使えたのはスーパードスローの
マンカフェと別格のディープインパクトのみ。
およその場合34秒後半から35秒前半、36秒あたりで十分で、
原則33秒台の脚はいらないレースなのだが、
共通点をあえてあげるならロングスパート競馬になる
傾向があること。入りが遅かろうと速かろうと、
スパート地点は早い。昨年はちょうど1000mスパート、
一昨年はなんと1200m地点から弛まずに、
クリスエスの2年は全ハロンまったく弛んでいないが、
あえていえば1200m地点から、
マンカフェの年も1000mから。
もうめんどくさいのでいちいちあげないが、
ラップ的な共通項をあげるならば、1000mロングスパート
以外には見当たらないだろう。
つまりこと有馬記念に関しては、直線が短かろうと、
脚の持続性は絶対的に必要だということだ。

ジャパンカップ
--------------------------
12.9-10.7-12.0-12.3-12.2-12.7-12.8-12.6-12.2-11.3-11.1-11.9
35.6-60.1-34.3
--------------------------
前半はそこそこ速く、800mのスパート。
京都大賞典や菊花賞も800mのスパートだが、
12.9-11.7-11.7-12.8-11.6-11.9-13.4-12.6-12.9-12.8-12.6-
12.0-11.6-11.9-12.7
36.3-60.7-36.2
--------------------------
13.1-11.5-11.7-12.6-12.5-12.4-12.7-12.7-11.6-11.4-11.1-11.5
36.3-61.4-34.0

最後、平坦にも関わらず完全に止まって12.7を計時した
菊花賞で追い込んだロックドゥカンプや、
前半は平坦にもかかわらずドスロー競馬になった京都大賞典
よりは、明らかに負担は大きいと考えられるのがJCだろう。
秋華賞は3ハロン600mスパートで、
あえて言えば続くのが
エリザベス女王杯
------------------------
12.7-11.1-12.4-12.1-12.3-12.6-12.8-11.8-11.1-11.4-11.6
36.2-60.6-34.1
------------------------
といったところ。12.6-12.8は京都の坂の位置だけに、
ややテンは遅いがおよそ類似のラップとみていいだろう。
ただ、それでもやはりJCのほうがレースとしてレベルは高い。

そのため、JCの上位馬はメンバー的にも要注意だろうと
考える。有馬記念はよほどのことがなければ前半は59秒後半から
60秒台とみるのが妥当で、それでもJCと違いコース形態から
終いがかかるというだけなのだから。
前半のペースがスローに振れるか、やや速く振れるかは
微妙だが、後方に置かれざるを得ない枠だけに、
どっちでもたいして変わらないとむしろ判断して、
ひっくりかえせばペースを問わず買えるとも言える。
極端なハイペースよりは、むしろスローのほうが、
1200-1000mで一気に差を詰めてあがっていくチャンスは
むしろ大きく、極端に緩むレースもまた、
弛みのない展開よりは余程後方待機馬には向く。
実際、有馬記念では、ペースのあがる1000mからでも
まくりかけて直線向いて好位置をとるだけの速く持続する
脚のほうが重要なのであり、スタート時点での先手が、
そのままいくケースは多くはない。

また、ウオッカの大きな味方になりうるのがこの雨。
かろうじてグッドコンディションを維持してきた中山芝に、
この雨は辛い。一気に荒れる可能性を秘めている。
こうなると怖いのが外差しで、内に突っ込んだ馬に対して、
最終コーナーで外を回す差しが届くケースは重の中山
の風物詩。ウオッカが重を苦手とするデータはひとつもない。
極端に苦手でない限り、雨はプラスになる。
むしろ外が幸運に働く可能性も十分にあるとみる。

▲はダイワスカーレットに打とうと思う。
秋華賞
----------------------------
12.3-10.4-11.5-12.2-12.8-13.6-12.4-11.3-11.1-11.5
34.2-59.2-33.9
----------------------------
このレース、巷でいうほどダイスカに有利だったレース
とはうちは思わない。
テンには暴走馬もいるし、5-6ハロンの
坂での極端なペースアップは、後ろとの差が詰まる
隙を与えているだけに、並の先行馬では、
その後終い3ハロンのペースアップで瞬発力負けしての
追いこみ天国になるラップだとしかうちには見えない。
実際、ラブカーナやカレンナサクラ、3番手追走のザレマの着順、
瞬発力一手の追い込み勢、長く速い脚を使うレインダンスも
まくり気味の進出で、なんのことはない、前前で競馬した組は
大壊滅している。
ただ一頭、この馬だけが、3ハロンで爆発的な瞬発力を
発揮して、抜けきってしまった。
確かに最後は位置取りの差ではあるものの、
前半の速さと、極端な緩急というのは脚を貯めるタイプに優位の
流れだという一点だけは譲らない。
そしてこのまんなかが緩みぎみの流れは、どうも今年の有馬に
限りなく近い印象を持ってしまう。
おそらくマツリダゴッホがいる以上、たとえスローでも
終い3ハロン競馬にもなりづらく1000mロングスパートになる
可能性は高いのだが、その前の緩みから、一気のペースアップ、
ここでの位置争いにおいて、この馬ほど緩急を見方にする馬は
そうざらにはいないだろう。
ラップ適正としては相反なのだが、この馬の牝馬離れした馬格は、
いわゆる牝馬らしい瞬発力一手というイメージからは遠い。
瞬間の切れとともに、エリ女でみせた持続力も相当持ち合わせている
とみていいと思われる。
魅力もあるが、反面辛いのは、秋4戦目というのが一点。
実際上積みはもうなさそうで、なんとか維持しているという
印象のほうが強い調教。正直いえば能力でなく調子がヤバいの
では…という疑念が強い。

注にドリームパスポート。
正直、あと1戦足りない…という印象のほうが強いが、
上積みはある。前走ほどひどいこともないだろう。
また、個人的にはこの4歳世代の有馬出走馬は強いと思ってる。
リピートレースの有馬記念を考えるとき、
もっとも多いパターンは3歳時に好走した馬がそのまま
すんなり4歳時にすんなりいくケース。
ここ2年がディープディープときて、本来なら次の世代にバトン
を渡す番。復調の気配はある、そろそろ念のため押さえドキ。
ここでこなくとも次には期待。
力が出せるようなら、好勝負必死なだけに。
高田も応援したい。一応。

△5番手評価にデルタブルース。
JCは恵まれたとはいえ、この馬の得意のかたちに近い競馬。
前々からのロングスパート競馬は得意で、中山2500は合うはず。
もう枯れた馬という評価もあるが、けしてそうは思わない。
この秋、使われながらジリジリ良化しているし、
何よりも先行力が復活しているのが怖い。
かつてJCで差しがきまってしまったがゆえに出世が遅れて
しまった?印象で、やはり先行してこその馬。
どーも昔の記憶がひっかかる。
イナリワンってのは、こんなパターンでなかったか?

1000mロングスパートはのぞむところで、
中山2500は日本のG1では最もこの馬向きだと思う。
京都・府中では終いの脚の瞬発力が足らないが、
中山でしかも1000mスパートに坂という持続性要素の揃う
このコースはいいはず。
有馬記念は5着、6着、11着の着順だが、
それなりに好走していると思うし、中心に据えるレースのJCも5着。
上が1頭いないのだから単純に4着はあっていい。
また秋4戦とはいえ、前半は明らかに調子があがっておらず、
力を出し始めたのが遅いため、
疲れてヘロヘロというわけでもなさそうで。今回は要警戒。
-------------------------
△ポップロック
3着紐にのみ指名するが、
正直毎年このタイプの馬こそがよくわからん
目に見えない疲れだとか、謎のボロ負けをする馬に当てはまる。
秋4戦は下降はあっても上昇はなく気持ち悪いし、
ベストは府中長距離だったろうし、
そこへもってきてJCの3着4着5着がいずれも上がり目のある
3頭。5着のデルタとこの馬は展開利までついての
勝ち切れなかったのが現実。ならばまだ上がり目のあるぶんと、
実際に海外で勝ってきたデルタのほうを上にみる。
コーフィールドカップでもデルタ3着に対して7着。
メルボルンカップでも1着に対して2着。
もちろん有馬で雪辱はしているものの、この雨で
よりパワーが必要になってきたときに、デルタを抑え込める
かどうかも実は定かではないと考える。
さっくり2頭に交わされれば3着だし、別路線が一頭からめば
4着。死角がないように見えて、実際単なるジンクス以上に、
この馬は危うい。JC最先着でまともに有馬でくるには、
ちと力が足りない印象で、ぼろ負けから掲示板ぎりぎり
あたりの可能性はかなり高いと踏んでいる。

もう一頭
△ロックドゥカンブ
この馬も3紐のみ。
菊花賞馬ならともかく、好走レースはいずれも中距離的な
イーブンラップでのもの。菊花賞で最も強い競馬をしたのは
間違いなく1着のアサクサキングスであって、
終いのかかる展開のなか追い込み一手で3着を拾った
この馬ではない。
また、半年遅れということは、いくら強くなっていると
いっても、普通の3歳におきかえれば、ダービーのあとで
宝塚記念に挑戦するのとまったく変わらない。
それを考えれば唯一の3歳牡馬とはいえ、
とても買える馬ではない。せいぜい掲示板、惨敗もある。
念のため3紐にはくわえようと思うが、
まったくといっていいほど期待していない。
この仔を買うのは来年の宝塚記念及び、秋天皇賞まで
待ったほうがいいと思う。

好枠を引いたマツリダゴッホは脚質も加えて穴人気に
なるだろうが、ダイスカよりもむしろ一本調子なぶん距離に
不安を抱えていること、及びいい脚を使えるのが比較的
短いことから、中山コースは向いても有馬記念は向かない
と考えて無視。

ハイアーゲームは中1週の強行軍が気になる。
確かに前走復活したし、1000mロングスパートは合うと思う。
ただ、それにしても秋4戦目が中1週というのは…
うーん…気持ちとしては頑張ってほしいのだが…ねぇ。
ここは自重して、手堅く金杯で良かったんでは
ないかと思うが…。いや、それどころか、中1週でも
最終レースによっぽど適鞍がいっぱいあるような。

インティライミは前回は天皇賞をパスして間があいたうえ、
大ポカで上がり目は十分あると思うが、あくまで主観だが
屋根が佐藤哲三でないインティは怖くない…と思う。
福永ゴーホームって感じで。

ダイワメジャーは、昨年ももうアップアップで
ギリギリの競馬。明らかに距離が限界で、去年は3歳相手で
なんとか残ったが、今年は逆転されて不思議ない。
この雨で馬場が荒れるのもちょっとよろしくなく、無視。

単勝オッズでは人気どおりって感じにみえないことも
ないが、おそらくこのレース、ウオッカの軸がらみは買われない
と踏んでるので、人気どおりでも人気どおりじゃないと思うわ。
つまり頭がメイショウサムソンでないだけで、
人気の割にはおっそろしくつく馬券に早変わりではないかと。
posted by たま at 05:11| Comment(2) | TrackBack(6) | 競馬予想<2500-3600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさかまさかのマツリダでしたね。
これがあるから、競馬は難しい^^;

たまさんには1年間お世話になりました。来年もよろしくお願いします♪
Posted by Apollo at 2007年12月24日 12:57
こんにちは、Apolloさま。
実はそんなに意外でもないんですが、おそろしく振り返りたくない有馬になりました。
こちらこそいろいろお世話になりました。馬体派のご意見はいろいろ参考になります^^
Posted by たま at 2007年12月25日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74182571

この記事へのトラックバック

【予想07'】有馬記念(GI)
Excerpt: 【有馬記念】は・・・◎メイショウサムソンで(・∀・)キュンキュン!
Weblog: The Laughing Man
Tracked: 2007-12-23 09:49

有馬記念【軸◎と妙☆】予想
Excerpt: “◎軸馬”と“☆妙味ある馬”を紹介しています。
Weblog: 競馬SevenDays
Tracked: 2007-12-23 10:20

今週のメイン〜有馬記念
Excerpt:  今年も残すところあと34レースだけになりました。  昨日からあいにくの雨でしたが、中山競馬場でもおそらく午前中には雨も上がるでしょう。  馬場の回復は難しいでしょうが...
Weblog: 龍ぱぱログ
Tracked: 2007-12-23 10:38

ナゾナゾです
Excerpt: 有馬記念 有馬記念の想定展開!記事の答え。 @重い馬場での持久力..
Weblog: KEIBA-RESEARCH〜競馬研究〜
Tracked: 2007-12-23 10:58

有馬記念の予想:武豊の情念に懸ける!
Excerpt: 昨年のディープインパクト引退レースからはや1年、今年の中央競馬の総決算有馬記念であります。まずは、昨年のディープインパクトのラストランの様子を振り返ってみましょう。 ちなみにJRAオ..
Weblog: ピッペンメモ
Tracked: 2007-12-23 11:27

有馬記念 最終予想
Excerpt: さてさてさてさて。資金稼ぎは見事なまでに失敗しましたが気を取り直して今年最後の中央GT有馬記念の予想です! 何といってもお祭りレース。勝ち負けも大事ですが目一杯楽しんで納得の行く馬券を買いたいところ..
Weblog: ニュータイプ的競馬
Tracked: 2007-12-23 16:14
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。