にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年03月10日

春が見えてきた!(気がする)[弥生賞・チューリップ賞回顧]

[弥生賞]
---------------------
1着マイネルチャールズ△
2着ブラックシェル―
3着タケミカヅチ◎
4着キャプテントゥーレ○
5着テラノファントム▲
---------------------
さて。残念ながら、弥生賞、今年は取れませんでした。
例年の弥生賞と違って、人気が飛びそうな感じがプンプンする
馬柱だっただけに、意外にも固く収まってしまい、
所詮弥生賞は弥生賞だったかと、根本のところでダメなうちの予想は
どうしようもないね。
一見は、2着のブラックシェルが完全に余計というかたちに
なっているのだけども、まあ、予想時に上2頭を軽くみて、
◎-○-▲で3-4-5着。2着抜けで、1-3-4-5-6まで印で埋め尽くした
んだから、まあ、固い決着なら仕方ないわな。
としか言いようもない。
タケミカヅチ先行で、「馬連とったけど3着に驚いた」人よりは、
よく予想していると、自分で自分を慰めよう。
うちの予想では完全に先行差しにしてるし、意外でもなんでもない。
共同通信杯の競馬から、弥生賞へのローテ、それに、父から考えても、距離伸ばして皐月本番を見据える陣営が、
このへんで前で競馬することを再び覚えさせにきてるのはまあ、
人間の読める範囲で手がかりはありましたしね。
木幡乗り替わりは驚きましたが、(ヨシトミさん大丈夫かね?)
むしろ「陣営の意図に忠実に」に乗って回ってくる方でしたので、
安心してました。
ヨシトミさんの名誉のために添えておくと、
うちは、ヨシトミさんが乗っても3着やったと思ってるよ〜…
…フォ、フォローになってないか(苦笑)

トゥーレとともに、道中の位置取りはだからしてやったり!
あとは、チャールズVSタケミカヅチVSキャプテントゥーレ
の結果ですべてが決まる!!
はずだったんですがねぇ(苦笑)


[弥生賞]2:01.8
12.2-11.5-12.4-12.8-12.9-12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
36.1-61.8-35.2         0.6  0.4

前半のペースもほぼ想定どおり。
中山はスタート直後に山越えがあるので、積極的にいかずに
押し出されるような逃げだとペースはこうなる。
典型的な条件戦のようなヌルイ中山2000のパターン。
こうなると後半加速で、差し切るには34秒台の脚。
ただし、イメージと違うのは、後半の加速が
思った以上に早めに入ったこと。
これは、おそらく先行でいく組が揃っていってしまったことで、
前の仕掛けがはやくなったため。
ただし、それでも直線手前0.6の加速はついており、
後半の脚の持続性及び、適度な瞬発力のレースに落ち着いた。
ぶっちゃけ…
--------------------
3歳新馬 芝1800東京 1:50.3
13.1-11.0-11.8-12.7-12.8-12.7-12.1-11.7-12.4
35.9-61.4-36.2       0.6 0.4
4-4-4 35.8 テラノファントム 12 -0.4
--------------------
こんな感じ…よりは強いが。
12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
このへん、ややコーナーの緩みが少ないのが、
メンツの厳しさ、逃げの終いの苦しさで。
だから最後の坂で止まってしまうのね。ホッカイカンティ。
シングリターンズを逃がして、
ここでは絶対逃げちゃいかんかったのよ、石橋先生。
ただ、そんななか終いを12.2でまとめてみせたのは、
流石にメンバーの地力の違い。クラシック候補生だけの
ことはあります。

弱ったのはブラックシェルの位置取り。
武…この競馬ができるならなんできさらぎ賞でやらんと!
…あ、そういえばブラックシェル。
前走+10Kgでしたっけ?出遅れでしたっけ?そういえば。
(知ってたくせに…苦笑)
このブラックシェルの上がり目ってのを
考慮にいれずにきさらぎ賞のパフォーマンスで組み立てたのが
すべてのボタンの掛け違えなんでしょうが、
そのー…んー…正直、「楽」をしてしまったのでしょう。
予想にも書いてますが、もしそうなら「すべて解決!」
だったもんで。
もう考えるのに疲れていたというか(苦笑)

で、そろそろ結論を。
正直、今年の皐月賞は、後半早めに仕掛けられた4ハロン競馬
になっているのは褒められるとはいえ、
昨年に比べて、本番の皐月ラップとの落差ははるかに増した。
基本は瞬発力とコーナーワークで決まった1戦。
おそらく、絞れて出てくるブラックシェル。
中山得意のマイネルチャールズでこれで1、2人気が
決まったような感じだが、本番ではどっちも危険の域は出ない。
とくにブラックシェルはこの流れで突き抜けて1着であれば、
過去の3冠名馬に匹敵する可能性が残ったが、
この程度では、アドマイヤオーラ並からそれ以下というべき。
弱点は相変わらずだし、今回は瞬発力重視のスローの流れ
であったものの、4ハロン競馬になったがゆえになんとか
ごまかしが効いての2着差し込みだったが、
本番は未経験の淀みない流れで、どこまで流れに乗って
脚を使えるか。豊が押しても中団が精いっぱいでは、本番の終いは不安。
マイネル茶は茶で、やや持続寄りでも対応できることを
示したものの、イーブンラップ適性は見せたことがない。
位置的には面白い位置にいれるのは事前にわかっていたことで、
とくに強調材料ではない。そもそも、今回マイネル茶
以外の関東馬は、いずれも一度負けての参戦で、いわば2軍。
スローからの末脚勝負、瞬発力重視の流れでの好走に寄った
馬たちが多く、これらに勝ったからといって、即座に主役とは
いかないのがホントのところだろう。
勿論、こちらには今回も印は低いものの消さなかったように、
期待は十二分にしているのだが、「絶対軸」と言い切るには、
足りないだろう。


むしろ、ダンツキッスイの作る平板なラップに適性の見込める
レッツゴーキリシマ、ドリームシグナル、スマイルジャック
あたりが、皐月賞最有力候補となってきた印象ですね。
あとはまだ見ぬ?スプリングS勝ち馬に期待します。

〜〜〜〜〜〜〜〜
[チューリップ賞]
---------------------
1着エアパスカル○
2着トールポピー押
3着オディール押
4着スペルバインド×
5着ヤマカツオーキッド▲
6着ムードインディゴ◎
---------------------
まあ、後だしってわけでもありませんが、
実際、こっちのほうは、1-2番人気の2-3着付で頭の◎〜▲の
6点600円押さえていたのです。
よって9000円の3単がいただき山でした。

同じことを弥生賞でやらなかったのは、
まあ、トールポピー&オディールと、マイネル茶&ブラックシェル
の、両方が突っ込んできそうなイメージの差ですね。(しれっ)
この2頭、力は足りないとする理由が無かったですからね。
ただ、互角に戦える仔がいることで、人気無いほうを買うって
感じでしたし。弥生賞よりは信用できました。

◎ムードインディゴは、実質新馬組のなかで最先着で、
一応勝負になった6着と、十分好走。
予想どおり、ギュイエンヌより上にきたし、もともと
抜けた素質を囁かれている5頭を除けば、まさに弱い馬最先着と、
実にうちの◎らしい結果で。まあ満足。
5着のヤマカツオーキッドも、上の人気2頭がいなけりゃ、
きっちり3着は「ある」わけでさ。
予想はまあ、ペースから力把握までほぼ完璧だったと思う。
---------------------------------------
[チューリップ賞]
12.6-11.2-12.3-12.6-12.6-12.0-10.7-11.8
36.1-61.3-34.5    0.6  1.3
---------------------------------------
巷では、人気馬が差せなかったこと、ドスロー競馬で、
ポピー、オディールともに満テンとはいかない評価も
あるようですが。
スローであったことは否定しませんし、
仕掛けも遅いマイルらしからぬぶったるんだ3ハロン戦。
正直、本番と直結はしずらいような気もしますが…
しかし、このレースは終い2ハロン。下りに出た10.7が光ります。
ドスローだからといって、1ハロン10秒台ってのは、
素質が必要な領域ですから。

基本的に4着以下で、上位を逆転できる仔はまずいないん
じゃないでしょうか。上位3頭、かなりの差を感じます。

エアパスカル、ガサの無い馬ですが、想像以上の切れモノです。
ただ、本番では、終い2ハロン目でなく、3ハロン目に
この抜け出しのスピードを要求される可能性が高く、
そうなると、2-3着の逆転とみるのが妥当でしょうね。
あとはそうですね。オディールは強い世代のミルクトーレル
よりは強そうです(w;)
よくつっこんできやがりました。

休み明けも考えれば、トールポピーには
視界良好ではないでしょうか。
スローゆえに、切れ勝負に対応できたことが、今まで
むしろ弱点だった箇所が強くなってきた印象で、
桜でも十分勝負できそうです。

乱ペース耐性も高いことは証明済みですし。
こちらは皐月と違って、別路線まで手を回しても、固く収まりそう
ですね。アマポーラもいることですし。無理な穴狙いは避けるようにしようと、肝に銘じておきます。

あー、しかし、せめてどっちかかたっぽづつでも、
どっちかのレースだけでも人気馬が飛んでくれてりゃねぇ…
posted by たま at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88960207

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。