にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年04月07日

ちょっとまてぇ、ダウトだダウト![大阪杯・ダービー卿CT]

予想UPは、ちと忙しくて(進行中)でけんだんですが、
両重賞、-20000でした。
負けたからいうんじゃありませんが、
どーにもこーにもな結果でした。

まず中山。
ダービー卿CT。

印は出していないのですが、買い目から逆算すると、
1・2・5・14-1・2・3・5・7・11・14-1・2・3・5・7・11・14
で3単勝負でしたので、
まあ、
◎リザーブカード
○ドラゴンウェルズ
▲ダンスフォーウィン
×ピンクカメオ
△チョウサン
△ナスノストローク
△オーシャンエイプス
といった感じですね。
実際、会社で推奨したのは
5のドラゴン、穴でダンスフォーウインでした。
正直、印打ち切った後、
「あとは大外の無理逃げからウチラチ沿いに潜っての
外枠先行の可能性以外は、穴なら確実にいただきです」
とまで言い切った馬券でしたが…
ていうか、100万馬券ばっかり…(苦笑)
かー、こんな安い馬券になるとは!と思ったら、
なんだよこれも100万だったのか?とか。
トホホ。だったら押さえときゃよかったよ…サンレイトプライド。
ヨコノリで気にはなったんだけど、いくら屋根中山中距離
要注意とはいっても、
こうも連続してベスト騎乗でくるとも思えず。
大外で無視してました。ごめんなさい。

中山マイルで大外から勝ち切るには、あの騎乗しかないと
うちは長年の経験から断言しますよ。
外先行が穴をあける唯一無二のパターンが、あの
典弘の騎乗です。ほんとーーーに人が買わないと上手く乗りますね、
あの野郎は!(苦笑)

ドラゴンウェルズが突っ込んできたときは、
貰った!と思ったんですがね…
痛恨の100万馬券取り逃しでした。
あー、こんな読める万馬券なんてめったにないのに、
取れる馬券を落としました。勿体ない。
買えそうで買えないんだよねえ…サイレントプライド。
ぶっちゃけ、この馬拾える人が、ドラゴンウェルズと
ダンスフォーウインを拾えない理由がうちにはわからんですよ。
だってここは「中山テンロク」、だってここはダービー卿CT
じゃないすか…ねえ。え?違う?そーかなー?

で、ちょっとげんなりしているところへ、
続いて大阪杯ファンファーレ。

こちらは、

◎アサクサキングス
○メイショウサムソン(定位置)
▲エイシンデピュティ
ここ3頭の頭に、
×ダイスカ
△ブライトトゥモロー

の5頭で絞りこんでいきました。
まあ、ずっと買ってる馬で固めただけですけどね。
あと、中距離で先行最強クラスの2頭とサムソンと、
田原屋の大物がびっちりマークして、さらに同形の
ヴィクとメイン、とくにメインが競れば、
ダイスカ頭よりは飛ぶ、もしくは地力で2着までと
踏んだんですが…。

こちらも直線向いて、貰った!とマジ思いましたよ。
ダイスカは射程圏内やし、たれても後ろからいい脚で
ブライトトゥモローもきてましたしね。

なにあれ?!

今、CXでもう一回確認したから間違いないよ。


あーんーかーーつーーーーッ!!

うちの6-9-8 407.5倍×3返せ!
なんやあの思いっきりラフな鼻づら鞭は!!!!
えげつないぞ。典弘の騎乗はまあ、やられた!とは思ったけども、
後味は悪くないけど、こっちのは確実に後味わりぃ!!
土曜にあれだけ勝って、まっだえげつなく勝ちにくるか〜?
でもなーあの人嫌いやとかいうと、馬券当たらんからなぁ…
くそお…

でも大阪杯の勝ち馬は、どこからどうみてもアサクサキングス。
四位のあほー。かわせよ〜あんなの〜。

あのおっさんに逃げさせたらあきませんわ。
鞭飛ばすし。これ一回や二回やないからあのオッサン。
うそや思うんやったらレース目ぇかっぽじってみてみいつーの。
あのくそ不自然なアサクサキングスの止まり方。
顔鞭くらって、一瞬止まって、
それからもう一回伸びてきての3着。
ホントにキミは強い馬だよ。よくあれでまだ追いかけようと
するよね。たいした根性だわ。
「アサクサ」の馬でなかったらとか、可哀想なことかかれてたけどな。名前のぶん人気はないし、この世代は弱いとか抜かすのも
いっぱいおるけど、んなことないぞ。

いやね、これも騎乗技術の差というかなんというか…
確かにダイスカは強かったですよ。
でも今回に限っては、騎手の差ですわ。確実に。
あのまま競り合う形に持ち込めてたら、
少なくとももっときわどいレースに持ち込めていたし、
脚色からみても、かわせない道理はないよ。
つーかかわせたと思うほうが自然。

あー気分悪い。
寝る、寝ますよ、もお。

あ、そういえば。
こんなんやったらメインやらずに、PO馬の応援馬券かっといた
ほうがよかったわ。

ファリダット=マーガレットS1着
コロナグラフ= 伏竜S2着
で、2,660P上積みして、合計22,265Pと、一応目標のひとつだった
2万ポイントを超えました。
ユウメリーウェザーとダンスウェーブちゃんの勝ち上がりが
またれます…。がんばれー。
posted by たま at 02:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 反省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく見ています。一つ質問なんですがダンスフォーウィン浮上の理由を教えてください。自分には競馬新聞をひっくり返して見てみても分かりません。お願いします。
Posted by 豆 at 2008年04月07日 07:20
はじめまして、こんにちは豆さま。
いつも見ていただけているなんて、
こっぱずかしいですが、
少しでも楽しんでいただけているなら、
嬉しい次第です。
DforW浮上の理由ですが、
なるべく手短に書きますね。
たいした理由ではないので、
ご存じのことも多いとは思いますが。

ラップは古馬ではあまり役にたたないの
ですが(古馬オープンは流石にみんな
強い馬が多い)、一応、ざっくり
みていって、1・2・4・5・7・9・11・13・14・16あたりが注目でした。
大きな傾向はないのですが、ここのところ中山は比較的タイムが出ているので、やや速い展開での実績を重視したかたちです。
DforWの場合、まず前走の東風Sは出遅れ。
阪急杯が不利で案外、その前は休み明けで
明らかな太めでしたので、直近の東風Sと、
奥多摩S、及び同条件の鷹巣山特別の3つの
ラップを中心にみています。
まず東風Sですが、
12.8-11.4-11.1-11.5-11.8-11.7-11.2-12.1
35.3-58.6-35.0       0.5 -0.9
を、15-14-13 34.0で9着。
スタートは出遅れ。とはいえ上がりは
レースラップと1.0秒差。終いの坂で
ひらたい流れで負荷のかかったレースですから、最後追い込みは差をつめたと
思いますが、前半の2ハロンからで10秒台
があるわけでなく、コーナーで0.5の
突き放しがあれば、差し切りは至難のレースで、せいぜい捲りをかけて届くかでしょう。着順は仕方なしとしてみる必要がなく、むしろ中間の平たいマイル戦らしいラップでも、しっかりした脚を使えることが確認できます。
で、奥多摩S、鷹巣山特別ですが、
12.3-10.9-11.2-11.3-11.2-11.8-12.1
12.3-11.2-11.5-11.6-11.2-11.1-11.7
同じ府中1400ですが、この2レースの
性格は違うことに気がつくと思います。
府中1400は、スローになるように
仕組まれているコースですから、
鷹巣山特別のレースは、マイル戦には
全くつながらないレースです。
しかし、奥多摩Sの競馬は違います。
こういうテンの速いパターンでは、
府中1400は中山1200のような、1200+200の
レースになります。
そこで使った脚が15番手からで33.9。
レースラップで1.2、ダントツの末脚を
みせています。鷹巣山ではスローを6番手
から33.4ですから、この馬は、どんな
展開からでも、末の落ち幅少なく、
きっちり差してくるうえ、決め手も1600万クラスでうろうろする馬ののものではないと思われます。
またアイルランドTを見る限り、
素質馬の多いオープンでは、現状ではHCの助けが必要な馬だと思われます。
しかし近走の負けで、HCが54。
他有力馬が57〜58しょってましたから、
4K差があれば、アイルランドの5着程度に走れば、3着はあり、明らかに一度弛めてから今回が4走目で、不完全燃焼の続いている競馬と裏腹な、よい調教で、消す要素がない馬だったと思いますよ。
逆に、たとえば4カンファーは調教を見る限り、いいときの出来には見えず消しです。

また中山1600の特徴ですが、
基本は内枠先行有利と言われています。
確かにそれはもっともですが、
もっと細かくいうなら、ラチ沿いの
ポジションが取れれば、位置は
あまり問わないのです。
ですから、枠問わず先行した馬と、
コーナーでふくれずにラチを回った馬で決まるのがお約束といえます。
つまり、先行馬と差し馬のそれぞれで、
ラチ沿いを押さえられそうな馬を
探す作業が必要になります。
ラチに頼って走れる1〜3番。
ナスノストロークは金杯でも買っていた
ように、内をするするこられると位置は
問わず怖いので買いに回し、
人気のマルカシェンクは、枠的に
好位にこだわればラチは諦めざるをえず、
57Kもあって、魅力は感じませんでした。
シンボリグランは相変わらずいい動きでしたが、結果の出なかった前回とまったく同じで、今この馬に欲しい変化の兆しは感じませんでしたし、全体的に前前で運ぶには外を回らざるをえず、テンにかなり主導権争いがおきそうなことから、差し馬中心、
コーナーで大きく膨れない、外を回さない乗り手を意識して頭を選ぶと、関西の実力馬に乗った関東の蛯名、2枠のウチパク、内枠先行ラチ確保のかたい1枠、そして、レースが終わった後するすると追い込ませれば天下一品の先生が7枠なら、きっちり内をついてくる可能性高をみました。
まして、隣のマルカはとっとと外から無理先行に加わりに行く可能性が高く、これがサンレイトプライドが買えなかった理由でもありますが、1頭なら嵌る、外からかぶせて先行も、有力2頭なら共倒れの可能性が高いとふめ、なにより、マン中のグランとトレイル、ニシノあたりが、前にいくタイプですから、あとはグレイトフルタイムは素質不足と踏めば、前にいく外枠勢のコースロス及び、外を回す差し組はまず厳しいと思えます。
自然、すんなり定位置に収まれば、無駄のないコースを取れる可能性は高い外の馬はオーシャンエイプス11と14の2頭が狙いになります。で、HC56のオーシャンよりは、54の馬を重くみれば、オーシャンエイプスで勝ち負けできるなら、この馬も勝ち負けできるハズです。

ってな感じだったと思います。

ですから外れるとしたら、
「大外枠先行で無理やり押し切る馬が粘ったとき」になるわけで、サンレイトプライドかマルカが、前々を主張してスピードでおっかぶせてきた時、となるわけです。

では。
終わったレースの予想の解説は
恥ずかしいもので、結局長くなってしまいましたが、このへんで。
Posted by たま at 2008年04月07日 23:07
はじめまして。今年の1月から、はじめて、ユニオンに入会して
Posted by 大阪のおっちゃん at 2008年04月08日 18:21
はじめまして、大阪のおっちゃんさま。
えーと、なんか切れているので、
よくおっしゃることがわかりませんが…

ユニオン会員になられたんですね。
かけもちはしてますが、うちはユニオンスキーなので、仲良くしたってください。
今年の1月からということは、うちと同じで今年デビューの仔がユニオン初出資ですよね?よかったら出資馬など教えてください。
Posted by たま at 2008年04月08日 21:57
詳しい解説をしていただいてほんとにありがとうございます。単なる穴馬ではなくて来るべくして来た馬だったんですね。たまさんの話を聞いてると予想が楽しくなります。ありがとうございます。
Posted by 豆 at 2008年04月08日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92495161

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。