にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年05月04日

世の中は左様然らば御尤も、そうで御座るか確と存ぜぬ[天皇賞・春]

難解。
いろいろ考えたが、最後は一番勝ってほしい馬にしようと思った。
---------------------
◎アイポッパー
○トウカイトリック
▲アドマイヤモナーク
---------------------
×アドマイヤジュピタ
△ポップロック
△ホクトスルタン
---------------------
△トウカイエリート
---------------------
サムソン、キングス、あとアドマイヤフジもだが、追いかけてきた馬だし、基本的に強い馬だと思っているが、その強さは春天向きだとは思っていない。しかも、最大の強敵、サムソンがいまひとつぴりっとしてこないなら、ここは悲願のG1制覇。
トップロードのいない今、サッカーボーイ最後の種牡馬として、
また、母父SSの走りとして、今回は最大のチャンスがまわってきたのがアイポッパー。
少なくとも、阪神大賞典で、あれについていけたことは、
アイポッパーの力いまだ衰えていないことを示している。
昨年のレースをみても、この馬なら、決め手、底力、持続力、
いずれもこのメンバーなら十分上位。
今回叩き3戦で。

ドスローからの決め手比べになった、阪神大賞典。
同じくスローから決め手勝負で決着した万葉ステークス。
トウカイトリックとアドマイヤモナーク、ポップロック、アドマイヤジュピタは、ここでしっかり好走してきており、決め手の面では
例年の天皇賞馬とそん色はないだろう。

まず買いづらいのがポップロック。
悲願のG1制覇はこの馬もだが、仕掛けが少々遅れそう。

アドマイヤジュピタは前々での日経新春杯。距離以上に、
タフさが問われるレースになっており、
そこでアドマイヤモナークの後塵を拝したのがひっかかる。
アルゼンチン共和国杯では確かに底力型の競馬で勝っては
いるものの、あのときはHC54K。
2着トウカイトリックとの差は3.5K。あそこでトップハンデ
57.5Kをしょって6-5-5-6 34.9で追い詰めたほうが、
より底力では信頼できるのではないか。

あと、トウカイエリートだが、去年も買っていた。
昨年6着だが、よーく考えてみると、仮にサムソンがすっとべば、
2着馬はいないので、3着アイポッパー、4着トウカイトリック、
5着馬もトウショウナイトで不幸にも参戦できなくなったと
なれば、単純に6着のこの馬が3着じゃねーか、ってことで(おい)

ホクトスルタンは、逃げて好走するための絶対条件。
前半すっとばす!ことはできる馬。
そこから弛めて、典弘の幻惑ペースができ上がれば、
可能性はないわけではない。
力は…うーん、ちょっと足りないと思うが。
posted by たま at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<2500-3600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。