にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年05月05日

あんまりあたらないので…

ちょっと考えました。
こんなことを考えているのは、よくない証拠なんですが。
競馬とはなんの関係もありません!

私ね、確率うんぬんっていうのが嫌いなんですね。
例えば…
「サイコロ3回振って、1が3回連続で出る確率は…」
とか、そういうの好きな人は好きですよね。
「目の出る確率は無限に繰り返せば平均化していく」
とかね。

でもね。私、それって嘘やと思うんですよ。

例えば最初のやつ。
サイコロを3回振る、最初の一投で1が出たとして、
次に1が出る可能性は1/6×1/6で1/36。
だから次は1じゃないに違いない!
でも、1が出たとします。次は1/6×1/6×1/6だから
1/216だから…
(あってる?そのへんはここでは適当でいいので適当です)
でもね。そこでも1は出るんすよ。結局。
3回連続して1が出る確率なんて、全く関係ないと思うんですね。
なぜなら、1回振った時点で1は過去の確定事項であって、
次はまた1/6で1〜6が出る。
永遠にその繰り返しだと思うんすよ。
掛け算的に連続目が出る確率が減ることはないと思うんすね。
だって振っているのはあくまでサイコロなんですから。

「目の出る確率は無限に繰り返せば平均化していく」

この理屈は確かに正解なんでしょうが、
最大の嘘は、無限にチャンスは無いということ。
100回なら100回で偏りが出る可能性はあるし、
10000回だとしても10000回で偏りが出る可能性はある。
無限というのは概念であって、実在でない以上、
現実に出現する数字は常に偏る可能性を持っている。
これは1000000回だろうと1000000000回だろうと、
有限の回数がある限り、偏るのが自然でしょう。
平板に近づいて行ったとしても、だからといって、
3回連続で1が出ない理由には本来なりえないと思うんすよね。

しかも、厳密にいえば、投げるタイミングや、
サイコロのスピード、加える力、回転、もろもろ。
全く同条件で繰り返せるわけがない以上、
常に1回1回は別条件化でのもので、同じ一投の繰り返しが
複数回起きることがそもそもファンタジーではないか、と。

なにを言ってるのかわかんなくなってきましたが。
あんまり当たらないので、一戦一戦をもっと大切に
予想しなきゃあいけないね、と。
posted by たま at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | うま雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。