にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年05月30日

ダービー過去5年+1年ラップ

毎度かかるものなら、重賞3つもあるので、ダービーの
ラップだけでもちょっと早めに。
----------------------------
2007
12.6-10.9-12.3-12.6-12.1-12.1-12.7-12.6-12.2-11.4-11.4-11.6
35.8-60.5-34.4 0.4 0.8
9-11-11-8 33.0 1-1-1-1 34.9
2006
12.6-11.8-13.0-12.8-12.3-12.7-12.9-12.5-12.0-11.5-11.8-12.0
37.4-62.5-35.3 0.5 0.5
5-5-3-3 35.1 1-1-1-1 35.4
2005
12.5-10.9-12.1-12.1-12.3-12.3-12.3-12.1-12.2-11.9-11.0-11.6
35.5-59.9-34.5 0.3
15-13-12-10 33.4 6-3-3-2 35.1
2004
12.5-10.6-11.3-11.5-11.7-11.8-12.5-13.0-12.5-11.5-11.7-12.7
34.4-57.6-35.9            0.5 1.0
6-8-7-3 35.4 17-17-17-17 34.3
2003
12.4-11.1-12.9-12.6-12.1-12.6-13.6-12.8-12.1-12.1-11.5-12.7
36.4-61.1-36.3          0.8 0.7
13-13-15-7 35.3 2-2-2-2 35.7
----------------------------
2002
12.8-11.3-12.6-12.6-12.4-12.3-12.4-12.0-12.2-11.7-11.6-12.3
36.7-61.7-35.6          0.4   0.5
12-13-11-12 34.7 8-8-9-8 35.2
----------------------------
もともと、ダービーポジションという言葉があったり、
世代論での強弱のひとつの目安にもなるのは、
ダービーは底力の勝負になる傾向があった…もとい、
そうなるべきだという回りの思いこみにあるのだろう。
実際、直線8番手以内でしたっけ?
例外の勝ち馬がずいぶんいる。

実際のラップは年ごとにかなり異なる傾向を示しており、
それぞれで勝ち馬は脅威的な一面をみせて勝ち切っている
といっていいだろう。
前半のペースもキングカメハメハの04年は57.6。
06年メイショウサムソンは稍重ゆえに、度外視するが、
02、03年あたりの61秒そこそこでスローといくこともあると、
かなり幅広い。

注目すべきはまず、2400で61秒ははたしてスローだろうか?
という点。実際下級条件で、これだけのペースで
前半こなしてくるのは、評価できるといっていい。
下級条件のスロー競馬で34秒台を使った程度では、お話にならない
レベルで決着しているといっていいだろう。
また、オークスと異なり、中間の緩み具合もバリエーションが多い。
まったく弛まないディープの年もあれば、キンカメのように、
前半のペースが異様に速かった04年は、終い5ハロン目が
がっくりと落ちる変則になっているなど、様々なケースがでる。

ただ、ベースは、基本的には終い5ハロン目から加速が始まり、
残り4ハロンではスピードに乗っており、最後はフルに直線
限界まで追う、全体的に仕掛けの早い競馬になっているため、
終い1ハロンが厳しくなる傾向がある。
前半のペースではなく、弛み度合いと、仕掛けどころの速さが、
ダービーの最後の1ハロンの厳しさを作っているところも
少し気をつけておきたい。
ダービーでは前が比較的残るが、これは前に有利なわけではなく、
前にいく馬も強いゆえに、結果的に残ってるというほうが、
むしろ正確だろう。サムソンにしても、キングカメハメハにしても、
見れば「よくねばっとんなぁ…」の一言で終わる。
並の馬が展開嵌れば残れるというものでもない。
差し、追いこみは、嵌るケースはありうるが、先行馬は、
確実に地力上位「しか」残れないレースだといっていい。

ここ2年は、仕掛けどころ自体はさほど変わらないものの、
馬場を考えれば、珍しく2年連続で同傾向の「普通の」
府中2400らしい競馬になったと。
あえてここ向きという傾向をあげるならば、

・終い4ハロン以上のロングスパート競馬の経験のある馬
・前半ドスローでないにも関わらず、脅威的な脚を使った経験のある馬
・淀まぬイーブンラップ、もしくはハイペースからしっかり加速して
突き放して粘りこめる先行馬

あたりになるだろう。
また、終い5ハロン目を12.5前後、前半スロー目で、
残り4ハロン競馬で勝ち切っているレースを戴冠のための
最低レベルとみていいと考える。
テンからの3-4ハロン目が緩まずいくパターンから、
前半が速くなるケースももうひとつ傾向としてはあるが、
その場合は、ここが12.8あたりまで弛んでくるケースになる
ため、終いの脚を測るうえでは、終い4ハロンが12.5、12.6あたりよりも早いケースでの末脚を比較してOK、逆に遅い場合は、前半59秒より速く、先行が早めに崩れる展開での力を比較して各馬の力を測るのが効果的と踏んでいいだろう。
ロングスパート耐性を考えれば、イーブンラップ実績、
もしくはスローからなら1000m以上前からスパート競馬で、
最後まで伸びきったような異端の持続性も一応注意。
ミドルペース前提でいけば、
瞬間の加速で、0.8、1.0。最大1ハロンで11.4を考えても、
瞬間の脚はいらないとはいえないが、
持続する伸びがより重要なのは言うまでもなく、
瞬間の10.9とかよりも、11.4-11.3-11.8のような、11秒台を
3ハロン続けた脚のほうを重視するほうがよい印象だ。

んー、だから何?っていう感じですが。以上で。
posted by たま at 02:30| Comment(1) | TrackBack(0) | メモの類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JRA日本中央競馬会主催レースの競馬予想サイト!

過去実績全部見せます!当たる激走穴馬情報を無料公開!
Posted by 競馬予想 at 2008年05月30日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98490985

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。