にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年06月07日

大混戦のドレミファ・ララバイ[ユニコーンS]

あー、まあ、なんというか。
ムズカシイレースですね。これも…。
まずはお約束のワンパターンから。

2007 1:36.9
12.4-10.6-11.4-12.8-12.6-12.2-12.2-12.7
34.4-59.8-37.1  0.2 0.4
12-9 36.3
6-7 36.6
3-3 37.1

2006 1:37.2
12.2-10.6-11.3-12.2-12.6-13.0-12.3-13.0
34.1-58.9-38.3       0.7
13-9 37.4
13-12 38.0
13-16 37.8

2005 1:36.5
12.5-10.8-11.4-12.1-12.3-12.2-12.1-13.1
34.7-59.1-37.4
3-2 37.3
1-1 37.7
5-6 37.4

2004 1:36.0
12.0-10.7-11.6-12.0-12.7-12.1-12.1-12.8
34.3-59.0-37.0     0.6
4-3 36.8
2-2 37.2
7-6 36.8

2003 1:35.8
12.1-10.5-10.9-11.8-12.6-12.3-12.9-12.7
33.5-57.9-37.9     0.3
4-2 36.9
5-4 37.5
9-9 37.1
-----------------------------------
ユートピア…鬼のように強いなぁ、しかし。
まあ、それはそれでいったんは置いておくとして。

大きな傾向はないものの、ぱっと見で、テンの速さ
が目につくレース。
12.4-10.6(23.0)
12.2-10.6(22.8)
12.5-10.8(23.3)
12.0-10.7(22.8)
12.1-10.5(22.6)
おおよそ、22秒台後半で流れていくと思っていいだろう。
2005年はアグネスジェダイがややスロー目から淀まぬラップ
に持ち込んで、完全に持続力勝負でカネヒキリの逃げきり。
2006年は逆に0.7加速のある年だが、これはむしろ前が
積極的にテンから飛ばした結果、最後がズブズブといったところで、
瞬発力というより、前潰れ競馬だといえるだろう。
それを踏まえれば、このレースの基本形ははっきりしてくる。

・原則はテンから飛ばして最後は我慢比べの競馬
・5ハロン目(4コーナー)はラップが落ちるが、
 よほどのことが無い限り、そのまま前で決着する
 ケースが多い。

→テンの速さに対応でき、かつ粘りこめる底力を
 示している馬を狙うのが定石か?
→定石どおりなら、外枠先行のハマるコース。


このへんを気をつけながら、各馬みていってみたい。

★1ナンヨーヒルトップ
地力もあるし、シブトイ流れでの適性もある。
脚質もいい。最内は少し気になるが、まあさほど差はあるまい。
マーガレットS
12.3-10.6-11.4-11.3-11.6-12.0-11.6
34.3-57.2-35.2
9-9 35.0
テンから飛ばしたパターンで、最後は持続力勝負。
適性は合う。ここで中団から2着は評価していい。
ヒヤシンスS ダ1600
12.4-10.3-11.3-12.0-12.6-12.5-12.5-13.4
テン23.7から、4ハロン目まで先手争いが続いたため、
最後は13.4これを1-1 39.3で4着キープは地力の証明。
負けた相手もサクセスブロッケンにダイワマックワン。
バイオレットSでは瞬発力の差が出てシルクビッグタイムに
敗れているが、どちらもバランスよく持っていて、好感。

★2アポロラムセス
葵ステークス 芝1400京都
12.4-11.1-11.6-11.5-11.1-11.7-12.3
35.1-57.7-35.1
23.5から、前半すっとばし、終い12.3。
ランチボックス、マヤノベンケイの作った見事なまでの
快速ラップ。同じ1400でも外回りの京都でのオープン戦。
5-4 34.8のミリオンウェーブ。10-13 34.0でアポロラムセス。
フロック視されがちだが、1着馬はファルコンSの予想で
結構私は評価を高くしているので、一概にそうはいえない。
後方からで流れむいたともいえるが、この流れで脚を使った
事実をまず覚えるほうが先か。
500万下 中山ダ1200
12.4-11.3-11.6-12.1-12.4-12.9
うーむ。流石は中山1200。35.3-37.4のハイペース戦。
実はここでもこの馬4-4 36.9であがり最速。
ここでの適性は高いとみる。

―3タカラストーン
2歳500万下
7.0-10.7-11.3-12.2-12.2-12.5-12.9
29.0-37.6
7-7 37.0
テンから飛ばして、終いいっぱいの競馬。ここは向きそうだが、
流石に5か月の休み明けでは…。
むしろこのレース、注目はもっとも前前で踏ん張った
アポロラムセスのほう。

―4サダムイダテン
ラジオNIKKEI杯、新馬とスローから
のギアチェンジ戦。適性外とみてよさそう。
この馬が突っ込んでくるとしたら、よほど前が弱いとき。

■5アンダーカウンター
マイルCはとりあえず度外視。良く見るとなかなかいいレース
をしているし適性面もそこそこ合いそう。
マーガレットS
12.3-10.6-11.4-11.3-11.6-12.0-11.6
34.3-57.2-35.2
12-11 34.6
テンからかなりとばして、2ハロン目で
主導権が入れ替わった、競馬。
上がり2番時計であがってきたシブトさは◎、
ただし、展開は向いた。
500万下 ダ1400
12.3-11.1-11.8-12.3-12.2-12.1-12.4
35.2-59.7-36.7 7-4 36.2
テンで23.4、前半59.7。およそペースは緩めだが、
後半まで持続して脚を使って1-1 37.1で逃げ切りを
図ったサンライズラッシュ、2-2 37.4であがった
ミッキーフォルテをきっちり捉えたのはまあ好感。
シルクビックタイムクラスと差のない力は
見込んでよさそうか。
3歳500万下 ダ1400京都
12.2-11.1-12.0-12.3-12.3-12.5-13.0
35.3-37.8
23.3のテンから弛まずいって終いはひと踏ん張りいる競馬。
コスモサレオスに千切られたのはいただけないが、
7-7 37.9から2着。

―6ユビキタス
逃げは魅力ではあるものの…

昇竜ステークス ダ1700
7.0-10.8-11.7-13.5-12.4-12.3-12.4-12.0-12.4
29.5-36.8    1.1
1-1-1-1 36.8
ちょっと比べづらいが、道中4ハロン目に13.5があり、
先手争いが早々に落ち着いたレース。
その後、一気の加速から持続戦に持ち込んで、最後まで
粘りこんだレース。
数字上は強そうにみえないでもないが、前半の緩さは気になる
ところ。持続性の高いラップではあり、その点はOKか?
だが、ひっかかるのは中京ダートと府中ダートでは、回りは同じ
でも、コース形態では全く違う。府中D1600は直線に向かって
ゆるやかに登りながらの底力戦誘発コースなのに対して、
中京D1700は、直線下りで、はやめに抜け出していききるコース。
強気の1000mスパートの裏には、屋根がそれを見越しての
仕掛けのような印象は否めない。一言でいえば、前走は「ハマった」
可能性のほうが高いということ。
端午ステークス ダ1800
12.5-11.5-12.5-12.3-12.3-12.2-12.4-12.2-13.3
36.5-61.1-37.9
テンは24.0ちょうど。前半スローめから、ロングスパート競馬。
前が残りやすい展開といっていいだろうが、流石に仕掛けが
6ハロン12.3-12.2前後でいけば、最後は辛い。
4-3-3-3 38.5 で2着は確保したが、1着サクセスブロッケンには
5馬身ぶっちぎられ、3着ナムラハンターとはクビ。
まあ、このくらいが実力か?
とにかく500万下の勝ちぬけのレースも、テンが遅く、
弛んでからのロングスパート競馬になっており、
逆に厳しくなると精彩を欠く惜敗のケースが目立つ。
このレースは完全に適性外とみていい。

■7シルクビッグタイム
ファルコンSは初芝もあって、度外視するのはよいとしても…
バイオレットS ダ1400
---------------------------------
12.4-11.2-12.0-12.5-12.5-11.8-11.8
35.6-60.6-36.1    0.7
---------------------------------
テン2ハロン23.6、前半60.6の1400D戦。
最後はまっとうに瞬発力戦になっているが、底力は担保せず。
3-3 36.1 で先に抜け出したナンヨーヒルトップを
5-5 35.5と、ズバ抜けた瞬発力で捉えての1着。
500万下 ダ1400
---------------------------------
11.9-11.0-11.9-12.5-12.2-12.3-12.2
34.8-59.5-36.7  0.3
---------------------------------
エイシンパンサーを4馬身ぶっちぎったが、
テン22.9からいったん緩んでの終い36.7の競馬。
1-1 36.7 で4馬身ぶっちぎったことを考えれば、この競馬で
通用する程度には評価していい。


■8スカーレットライン
伏竜Sでは、8-8-4-4 38.4といままで勝ってきた競馬を
忘れての差し競馬が裏目に出ているという印象。
府中では未勝利だが、このシブトサは悪くない。


■9ロードアリエス
京都新聞杯 稍重 芝2200
12.9-11.4-13.0-13.2-13.2-13.7-12.8-12.1-11.7-12.0-12.4
37.3-63.7-36.1       0.9 0.7 0.4
雨重もあるが、道中かなり緩んで後半勝負。
最後は4ハロンからの加速戦で、一気に動ける脚と持続力の
両方が必要な競馬になったが…
この馬は2-3-7-4 35.9。
位置取りも良かったというところか。

はなみずき賞 阪神芝1800
12.6-11.1-12.1-12.2-11.7-11.4-11.1-11.6-12.7
35.8-59.7-35.4
阪神1800らしくやや緩めのペースから平たく下って下って、
坂でお釣り勝負といったレース。
テンの遅さは減点材料だが、後半は1000mスパート競馬。
そこを4-2 35.3。やはり位置的には恵まれているが、
このペースで最後まで踏ん張れるなら持続力はある印象。

3歳新馬 ダ1800重
12.5-11.5-13.9-13.9-13.4-13.1-12.5-13.1-13.2
37.9-65.2-38.8
2-2-2-2 38.7
ダート重のなか、最初から最後までズブズブ競馬っぽいラップ。
けして走りやすい馬場という印象でもなく、
最後はシブトサ勝負だろうが、好位から押し切った。
ここは案外あうかもしれないが、マイルのスピードに
ついていけるかどうかはやや疑問。

―10クリールパッション
昇竜Sでユビキタスに2馬身おかれたが、
5-7-8-6 36.6の位置取りを考えれば、強かったのはこの馬のほう。
3歳500万下ダ1800京都
12.3-11.7-12.9-13.2-13.4-13.4-13.0-12.2-11.8
36.9-63.5-37.0       0.4 0.8
7-6-4-6 36.6
スローで道中弛んでの加速戦。これで前をきっちりかわした
のはいいが、にしても、ここでは参考外すぎる。
黒竹賞
3歳500万下中山ダ1800
12.4-10.9-12.7-13.7-13.0-12.6-12.8-12.9-12.9
36.0-62.7-38.6  0.7 0.4
8-7-10-7 38.1
うーん…きれいな一戦だが、これもそこそこの域か。
やや後ろが厳しくなっているレースでの実績はこれくらい。
一応ここであがり一番時計をマークしたのは評価できるが、
やや本来の位置どりから後ろからの競馬になりそうなのは
割引か。

―11ウイントリガー
うーん、なんとも評価しづらい馬だが、ここのところ復調気配。
とはいえ、厳しい競馬になった札幌2Sで人気でコケた印象強く、
ここまで手は回らないか?
デイリー杯2歳S芝1600京都
12.3-11.3-11.9-13.1-12.4-12.0-11.0-11.6
35.5-61.0-34.6     0.4 1.0
6-7 34.1
瞬発力勝負のデ杯で、好位からいい脚を使ったように、
本質的には末の切れで勝負するタイプなのか?

★12ドリームシグナル
やや緩めの展開となったマイルCからだが、
得意の距離に戻ってしっかり4着は確保したあたり、
地力はある馬。初ダートは気になるものの、ここでは力は上と
みていいだろう。
ただし、マイルC10-11 35.1と、
後ろからいくスタイルが板についているのはややマイナス。
吉田隼人次第。ここはしっかり外から前前につけてくれねば、
勝ちに届かない。

■13アポロドルチェ
うーん、今期なかなか調子があがってこない。
ダートはこなせるだろうが、それ以前に1600がどうなのか…。
取捨に苦しむ一頭か。


■14リュウケン
500万下
12.3-10.8-11.6-11.9-12.5-12.4-12.9
34.7-59.1-37.8
3-3 37.6
テンからすっとばして23.1、そのぶん終いかかって、
ズルズルのなか3番手から抜け出してきた。
適性的にはココ向きを感じる流れで勝ち上がっている。
距離は微妙だろうが、意外といい。

★15ダイワマックワン
ヒヤシンスS ダ1600
12.4-10.3-11.3-12.0-12.6-12.5-12.5-13.4
7-7 38.5
これを見る限りは、イメージとしては、
このレースに最も近いイメージでいいと思う。
テン23.7から終いの根性勝負できっちり差してきている。
クロッカスS
12.6-11.1-11.3-11.8-11.4-11.4-11.7
スロー目からきれいなイーブンラップになった
クロッカスSでも2着。距離もマイルは向く印象。



―16ドリームスカイラブ
500万下ダ1400府中不
12.4-10.9-11.6-12.3-12.4-12.2-12.5
34.9-59.6-37.1 5-5 36.7
500万下 ダ1600府中不
12.6-10.9-12.0-12.5-12.6-12.5-12.0-12.5
35.5-60.6-37.0       0.5

ドロンコ不良馬場でしかきたことないのだが…
流れ自体はココ向きのレースっぷり。
終いはいっぱいいっぱいの競馬。2-2 37.0で、
2着に粘りこんでいる。
とはいえ、流石にちょっと家賃が高いか?
--------------------------------------------
★1ナンヨーヒルトップ
★2アポロラムセス
■5アンダーカウンター
■7シルクビッグタイム
■8スカーレットライン
■9ロードアリエス
★12ドリームシグナル
■13アポロドルチェ
★15ダイワマックワン
■14リュウケン
--------------------------------------------
残ったのがこの10頭。
うーむ、残りすぎ(苦笑)
印象としてはやはり、今回は前前で運んでこそと思う。
あまり後方を引かされそうな生っ粋のダート馬はちと
厳しい。ダート実績馬なら前の馬、差すなら芝実績もある
タイプとまとめてみたい。
となるなら、屋根岩田康変わりがマイナスに働きそうな
シルクビックタイムはちと今回は厳しいか?
ダートで瞬発力戦で勝ってきた馬だけに、そのへんは芝経験
のある馬が一枚上手の可能性が高い。
同じく先行を試して結果の出なかったアポロドルチェも、
ここで三度外枠先行をかましてくるかはちと疑問。
勝浦Jだけに何かやりそうだが…。やむなく落とす。
マーガレットSの競馬は接戦だけに、怖いところだが、
脚質的に不安が大きく、輸送続きで馬体の減っている
アンダーカウンターも、ちと狙いづらい印象で。

--------------------------------------------
★1ナンヨーヒルトップ
★2アポロラムセス
■8スカーレットライン
■9ロードアリエス
★12ドリームシグナル
★15ダイワマックワン
■14リュウケン
--------------------------------------------

残るのがこの7頭。
ってことで、印。
--------------------------------------------
◎ダイワマックワン
○ドリームシグナル
▲アポロラムセス
×ナンヨーヒルトップ
--------------------------------------------
△スカーレットライン
△ロードアリエス
△リュウケン
--------------------------------------------
うーん、なんか物凄いつくような気がしてきた…(苦笑)
大丈夫なのか、こんなの買って。あとは一応、クリールパッション
の3着付は押さえておきたいかな?

そもそも1人気になりそうなユビキタスに。
なんでこんなに期待されているのかがよくわかりませんね…正直。
サクセスブロッケンが出てきていたら、まず1人気。
となると、この馬は、出走前からすでに芝で負けた組を迎え討つ
ダートの王ではないですよね?ブロッケンが出てきていても、
この馬を互角と思って買えるなら話はかわりますが、
そんな方がどれほどいることでしょうかね。
まあ、それはナンヨーヒルトップにしてもクリールパッション
もですが…。
飛車角抜きで、芝からの転戦組にダート路線の組が勝てるってのが
あるなら「と金」の大活躍だと思うんすよ。
posted by たま at 04:06| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬予想<ダート> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99670124

この記事へのトラックバック

鬼の居ぬ間に翔けろ!
Excerpt: 第13回 ユニコーンステークス(JpnIII) なんだか芝馬が大挙..
Weblog: KEIBA-RESEARCH〜競馬研究〜
Tracked: 2008-06-07 09:09

安田記念と土曜競馬現時点での検討
Excerpt:    安田記念のことは知らないぞ!!! などというタイトルで  記事をかいた舌の根を乾かしながらいろいろと情報を集めました  もう安田記念については言いたいことが十分にあります(早っ!!!  土曜競馬..
Weblog: 趣味は競馬と読書とダイエットです
Tracked: 2008-06-07 11:04

ユニコーンS予想
Excerpt: サクセスブロッケンはこっち出たら確勝だったろうになあと思いつつ。 他の馬もめぼしいのはちょこちょこいますけど、若干微妙な感じも否めないユニコーンSの予想。 サラッといきます。 ◎ユビキタス ○スカー..
Weblog: stay_gold.com
Tracked: 2008-06-07 12:21

ユニコーンステークス(Jpn3)(私の買い目;千円であそぼう)
Excerpt: 「私の買い目」シリーズの趣旨 初めてみる人のために繰り返します  その週のメインのレースを中心にいくつかのレースで    訳の分からないばかばかしい買い方をして千円だけ遊ぼう (でも、できれば回収しよ..
Weblog: 趣味は競馬と読書とダイエットです
Tracked: 2008-06-07 13:30
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。