にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年10月18日

金はいらねぇ、御の字さ[デイリー杯2S]

てなわけで。◎アラシオヨブオトコ

前走レコードのホッコータキオンが7枠。内から小倉で飛ばしてきたワンカラットやトップカミングと、結構飛ばしそうな印象もあるこのレース。3ハロン目からの淀の大坂でどれほど減速できるかだが、生来テンから結構なペースで突入することの多いコースで、これでイーブンでいききられれば仕方なしだが、あるなら積極的に行かずのスローか、いききってのミドルまで。
2歳戦なら極端に速い前半にはまずならないだろう。

阪神芝1800
12.8-11.4-13.1-13.8-13.5-13.3-11.8-10.5-11.3
37.3-64.6-33.6       1.3 1.3
3-3 33.4
下りのドスローとはいえ、異常な加速力をみせた一戦。
外回り京都で末脚全開となるか?
スロー目に流れれば、まず固い。
これよりは確実にペースはあがるだろうから、ここが試金石。
レース経験は浅いが、位置取り、末脚、いずれも一級。
ここで突き抜けれれば、一躍暮れの本命に浮上する。

単穴に、やや緩まず流れた場合に、脚を堅実に使える可能性の高い馬としてまずは、トップカミング。
緩めの流れの1200戦で好位をきっちり追走。

阪神芝1400
12.5-11.3-11.7-11.9-11.7-11.2-11.9
35.5-59.1-34.8     0.5
1-1 34.8
2歳未勝利
12.1-10.9-11.4-11.7-11.4-11.5
34.4-34.6
2-2 34.5 2着
楽な競馬だが、先行しての34秒台で2度好走。距離伸びてよく、無理せずに前につけれているだけで、前にいかねばならない馬ではない。

紐にナムラタイシ、スウッシュ、トップオブビーコイあたりを狙う。
キングスレガリアは1800からの距離短縮。やや前が速めに流すようなら突っ込んでくる可能性あり。

2歳未勝利
12.4-10.8-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-12.0-11.8
35.6-60.6-35.7       0.7
9-8-9-7 35.1
やや緩んだが、ペース的には上で通用する。
終いも4ハロン目からのペースアップで、楽な競馬ではない。
後方追走はやや嵌っているが、この流れで突き抜けられるなら、マイルでも末脚は使えるはず。

ナムラタイシは前走まったくいいところがないうえ、調教も変わってきたわけではないが、休み明けのレースでレコードペースで前々競馬では、自分の競馬ができたとは言いがたい。
今回は、ひとつ叩いて自分の競馬に徹してくるなら、一発大穴。

スウッシュも前走はてんでダメだったが、ペース的には新馬のほうがよい。スローの内で揉まれたことが影響したと考えるのが妥当で、力を出せたとは言いがたい。今度は外目をひいたことで気持ちよく競馬ができれば。

他、前にいって能力が確かと思えるのは、ホッコータキオンとワンカラット。シェーンヴァルトは輸送もありで気性も悪く、レースラップもやや極端で信用できず。今回の相手ではどうか?



-----------------------------
◎アラシヲヨブオトコ
▲トップカミング
-----------------------------
×ホッコータキオン
×スウッシュ
×キングスレガリア
×ナムラタイシ
×ワンカラット
×トップオブピーコイ
-----------------------------
2-8-8で84点。
posted by たま at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

よく考えたら、「最大のチャンス」なんじゃ…[スプリンターズS]

1分7秒前半も期待されるスプリンターズSだが、
ここのところ近5年では良馬場決着がすくなく、05年の7秒3があるのみ。
中山1200mを予想する基本として、雨でこれほどコース特性の替わる場も少なく、天候が最も気にするべきコースなことは、長く馬券を買ってきたファンには基本的な知識。
ゆえに、参考の近5年を出すには、良のみの2001年までのラップを紐解く必要があるだろう。

□2006良1:08.1
12.0-10.1-10.7-11.6-11.5-12.2
32.8-35.3
1-1 35.3 4-4 35.3 14-14 34.3
□2005良1:07.3
12.1-10.1-10.7-11.1-11.5-11.8
32.9-34.4
3-3 34.1 15-14 32.7 12-12 33.4
□2003良1:08.0
11.9-10.3-11.1-11.3-11.5-11.9
33.3-34.7
15-14 33.1 4-2 34.4 13-13 33.7
□2002良 1:07.7
12.2-10.6-10.9-10.9-11.4-11.7
33.7-34.0
3-3 33.7 2-2 33.9 1-1 34.2
□2001良 1:07.0
11.8-10.1-10.6-11.2-11.4-11.9
32.5-34.5
8-10 33.9 1-1 34.5 5-3 34.3

・テンの異常な速さはタイム問わず。11.8〜最遅で12.2
・2ハロン目は10.1〜10.6

つまり、テン2ハロンでおよそ12.0-10.5程度、22.5を目安にして考えたほうがよい。
3ハロンなら32.5〜33.7、およそ33秒そこそこ。
中山の終いの坂もあり、スプリンターズSの傾向は明々白々で、テンからすっとばしながらも、最後の坂で先行馬のサバイバルから抜け出しきった馬が勝つのである。
ゆえに、このレースを勝ちきれる先行馬は、1200の鬼であり、スピードの申し子なのだ。
正直、今年、私の◎は出走すらできなかった。
昨年来、安定してスプリンターズSにふさわしいテンのスピードを示した馬は、サープラスシンガー、クーヴェルチュール、ローレルゲレイロの3だけであり、私はこの2頭がポストサンアディユにならなければ、
スプリンターそのもののレベルの低下としか捉えない。
日本におけるスプリンターとは、あくまで中山のこの、スプリンターズSに強い馬でなければならないし、
それは差し・追い込みでなく、速さ比べの逃げ〜先行で「なければならない」

近年、逃げ切りの目立つスプリンターズSだが、良に限れば
06年テイクオーバーターゲット1-1、05年サイレントウィットネス3-3、03年ビリーヴ2着4-2、02年ビリーヴ 3-3 33.7と、純粋に”日本の馬”は全くその条件を満たして好走できていない。
元来スプリンターズSは、けっして先行・逃げ有利なレースとは言いがたい。
外回りに、終いの急坂。明らかに、新潟1000に+坂の200mを足したような、根性の必要なスピード優先コースだけに、
これでスピードを持続させて粘りこめる逃げ・先行馬の実力はホンモノ。
中山の坂が少しづつ鍍金をこそいでいき、ニセモノから順に脱落する、そういうレース。
さて。問題は今年の出走馬に、そのホンモノがいるのかどうか?
ということで、人気馬絶対ではない前提で、トライアル戦から検証していきたい。

■函館スプリントS函館1:08.4 ★★
11.7-10.2-10.9-11.7-11.9-12.0
32.8-35.6
3-3 35.3 11-10 34.7 9-6 35.2
テンのスピードは文句なし。函館1200は、前半脚を使うより、後半勝負に向く場だけに3番手からのキンシャサと、
差しのはまった2〜4着(トウショウカレッジ、キングストレイル、プレミアムボックス)の差は字面以上に大きいとみるべきだ。

■キーンランドカップ札幌1:07.9 
12.1-10.6-11.2-11.3-11.0-11.7
33.9-34.0
4-4 33.8 1-1 34.1 8-9 33.7
テンは水準に足りない。小回り平坦札幌で、先行優位を考えると、注目は1、2着よりは3着。
タニノマティーニ、ビービーガルダンは本番ではオーバーペース必至。
キンシャサノキセキの終いが33.7で、コンマ2秒差。
ビービーガルダンは、
TVh杯(1000万下)11.7-10.5-11-11.5-11.7-12.1
札幌日刊スポーツ杯 12.1-10.4-10.9-11.3-11.7-11.9
で、テンは水準を越えた経験あり。ただし、中山では水準を越えておらず、
札幌日刊スポーツ杯は札幌の初日。
力としてはやはり展開の有利込みの馬か?


■高松宮記念 ★
12.0-10.4-11.0-11.0-10.9-11.8
7-7 33.2 4-4 33.4 16-14 32.7 1-1 34.0
テンのスピードは水準内。4着に粘りこんだローレルゲレイロが無事ならココは勝ち馬の権利があった。
他注目は4-4で2着のキンシャサノキセキ。
1着のファイングレインは、「このペースで33.2で差せる」ことは覚えておくべきだが。

■セントウルS1:07.3
12.2-10.6-10.7-10.7-11.3-11.8
33.5-33.8
4-5 33.2 3-3 33.8 1-1 34.2 8-8 33.2 6-5 33.6 4-4 33.8
テンは水準に足りない。
開幕阪神で、明らかに先行有利。ここにこのラップでは、逃げ馬に勝てといわんばかり。
先行勢で掲示板を占めるなか、8-8から4着に差し込んだジョリーダンス要注意。
4-4から抜け切れなかったタニノマティーニ。やはり調子は絶好だが、同時に坂の苦手っぷりが垣間見える。

■アイビスサマーD新潟 ★★
11.8-9.9-10.4-10.5-11.6
32.1-32.5
ド直線のレースだけに、単純比較もどうかと思うが、レッツゴーで飛び出すスピード比べ。
上位はみな差し。逃げ粘ったのは、4着サープラスシンガー、5着クーヴェルチュール。
馬場バイアスは外のほうが圧倒的優位。
上位3頭では、馬場をよけねばならなかった2-3着のほうを、1着よりも上にみれる。
ゆえに、アポロドルチェ>シンボリグラン>カノヤザクラ
テンのスピードはもちろん水準以上。上3頭は、スプリンターズSのペースでも差せる担保とみれる。

■CBC賞1:08.0中京
12.0-10.6-11.4-11.4-11.0-11.6
34.0-34.0
2-2 33.8 8-7 33.6 7-7 34.0 1-1 34.4
テンのスピード、やや足りず。スローから楽な競馬で、前で粘ったスリープレス。
とくに逃げて差し込まれたウエスタンビーナスの評価に疑問。
中山巧者ではあるが?

■テレビ愛知オープン 1:07.5 中京★
12.1-10.3-11-11.3-11.2-11.6
33.4-34.1
11-10 33.2 2-2 34.0 1-1 34.2
なにげにテンのスピードは水準並。
逃げたタニノマティーニ、やはり平坦なら能力を出す。2着ワイルドシャウト、力ある。
馬場に泣いたが、この馬もここに出てきて欲しい快速馬だった…

■北九州記念1:07.5★
11.8-10.3-10.9-11.4-11.4-11.7
33.0-34.5
2-3 34.2 7-8 34.0 5-4 34.4
テンは水準を越える。2番手から4着にマッチメイトが粘っており、前は比較的粘れる軽さはあるうえ、メンバー手薄。
楽にマイペースのスリープレスナイト圧勝。


水準を超えて先行できそうな馬は…
・キンシャサノキセキ
・スリープレスナイト
・タニノマティーニ
・ビービーガルダン

といったところ。タニノマティーニ、ビービーガルダンはギリギリ水準のうえ、平坦小回り他、有利な条件が揃ってのもの。
となると、順当にキンシャサとスリープレスといいたいが、スリープレスも、京葉S(OP)12.1-10.4-10.9-11.4-11.6-12.7(中山D1200は芝スタート)
、北九州記念(G3)でしか水準に達したことはない。しかもいずれも内枠からすんなりの競馬で、外から強引に先手をとってのものではない。
ちょっと頭候補としては歴代G1馬…極端にいえば、ダイタクヤマト以下なのだ。
仲冬ステークス 11.7-10.3-10.8-11.6-11.8-12.3
で、最内とはいえ、中山1200で、水準以上のテンで勝ちきっている。
ならば、人気どころ…前売り1〜3人気から買うなら、迷うところはない。
キンシャサノキセキでいいということだろう。
また、直前明らかにココ向きのトライアルになっているのが、函館スプリントS函館、アイビスサマーDである。
先行勢が外目に配置され、最も信用できる先行実績のある馬も外枠15番を引いた以上、内外問わずこの2レース好走差し馬、及びセントウルSで末脚を殺された差し馬が、今回は雪辱する可能性は高い。

---------------------------
◎キンサシャノキセキ
▲ジョリーダンス
---------------------------
×ファイングレイン
×アポロドルチェ
×カノヤザクラ
×トウショウカレッジ
×スズカフェニックス
×スリープレスナイト
×シンボリグラン
---------------------------
△スピニングノアール
---------------------------
2-9-10で128点。消してもいいが、トリガミ覚悟で人気は押さえる。
人気2頭、そこにドルチェやノアール、カレッジあたりが絡んでくるなら、その時点で10万超えるだろう。


◎はちょうど好位差しに嵌るうえ、速い展開は大好き。死角のないキンサシャノキセキ。
本来なら実績的には高松宮をとっていたはずの馬。
手違いでファイングレインに取られたものの、坂のある中山のココでは負けられない。
穴に、休み明けひとつ叩いてジョリーダンスを頭にすえる。
2着目は手広く、地力どころ3頭と、無欲の後方待機組み、トウショウカレッジ、アポロドルチェ、スズカフェニックス。
アイビスSD&セントウルSで展開利、逆にキーンランドCは展開不利のシンボリグランを押さえる。
タイム的に3着目までとみたスピニングノワール。
カノヤザクラは、中間必死に調子を維持している印象。夏から使ってきただけに、消えても不思議ないが、念のため。
posted by たま at 04:30| Comment(4) | TrackBack(5) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

まさにチーズチャンピオン[ききょうS]

2007
12.5-11.1-11.7-12.2-11.7-11.4-11.8
2005
12.2-10.9-11.8-12.1-12.0-11.3-12.1
2004
12.2-10.7-11.4-11.3-11.7-11.8-12.7
2003
12.1-10.6-11.5-11.7-12.0-11.9-12.1
2002
12.1-10.5-11.1-11.6-11.8-12.0-12.0

とにかく、結果はともかく、ラップパターンだけは毎年判で押した様な競馬になるのがこのレース。
厳密には、他のレースも阪神1400はみなこうなのだが、
基本が下って下って下ってのぼるので、よほど前半が早くならない限り、まったく緩まず、最後の坂はひょいーんと登り切れるイメージでよい。
内回りコースだけに、コーナーでの加速が重要になってくることから、直線での瞬発力よりは、長く速い脚を使う持続力と踏んだほうがよく、同時に逃げれそうで逃げれないレースである。
また、注目はコーナーの4ハロン目で、ここで減速が効かないとえらいことになる。
終いが決まってくるポイントは先手争いがどれほど続くのか。

メンバー見る限り、前走1200の馬もいるが、ほとんどが小倉2Sでハイペースからの追い込み1手で1桁着順に持ってきただけといった印象。
前の強さとはちょっと異質な印象だ。
しかもいいかげん週も進めば、さほどテン争いも激しくなるまい。
1人気になりそうなエイシンタイガーだが、新潟2Sの競馬は完全にココとは適性違い。あえていえば、1400の未勝利はOKの範囲だろうが…
いずれにせよ、スローで中間に息の入る新潟と、一気に突っ走る阪神1400がすんなり直結するとは思えない。
もともとツメの甘い馬。着は拾えても、マークされつつ頭はどうか?
さらに新潟2S4着とはいえ、栗東勢では、セイウンワンダー、バンガロールに次ぐ3番手。
下に4頭いるが、そう思えばさほど抜けた存在とも思えず。押さえは必要だろうが?


-----------------------
◎ピースピース
▲リーチコンセンサス
▲スウッシュ
-----------------------
×エイシンタイガー
×ショウナンカッサイ
×マイネルプライゼン
-----------------------
3-6-6で60点。

◎はピースピース。
芝1400阪神1:21.5
12.1-10.6-11.5-11.5-11.8-11.6-12.4
34.2-57.5-35.8
6-6 35.2
テン速く終いまで11秒台。逃げたアディアフォーンをきっちり捉えて、差しきった。やや恵まれた感はあるが、まかした相手も強いし、この速度域で脚を使えたことは評価すべき。
2戦前から一変している。アディアフォーンを物差しにすれば、初戦でエイシンタイガーに先着している。

▲リーチコンセンサス
芝1400
12.3-10.7-11.2-11.4-11.5-12.0-12.8
34.2-57.1-36.3  
3-2 36.2 1-1 36.4
テンから速く、終い1ハロンばたばたのレース。
出はいまいちだが、好位につけて、最後まで粘りこんだ。
牝馬限定戦とはいえ、スピード能力高い。

▲スウッシュ
芝1400阪神1:22.7
12.5-10.8-11.6-11.8-11.9-11.7-12.4
34.9-36.0
2-2 35.8 4-3 35.7
同条件の新馬勝ち。テンで12.5-10.8から、徹底して11秒なら終い12.4でも十分許容範囲内。例年のイメージには近いか?


×マイネルプライゼン
芝1200中山
12.1-10.5-11.7-11.9-11.9-12.0
34.3-35.8
(+10)で人気に応えた、綺麗なスピード勝負。

芝1400新潟1:22.6
12.7-10.7-11.4-12.1-12.1-11.8-11.8
34.8-59.0-35.7
未勝利ではエイシンタイガーを12-10 34.9 から3/4まで追い詰めている。屋根岩田康に大幅強化を考えれば、互角以上に戦える。
ただし、後ろで脚を溜めるのに拘りすぎると、差しきるのは自力だけでは難しいコース。

×ショウナンカッサイ
芝1400稍重新潟
13.2-11.2-11.7-12.5-12.7-11.2-11.4
36.1-61.3-35.3    1.5
1-1 35.3
物凄い瞬発力戦だが、新潟だけに信用しきれず。
ただ、流石に瞬間の脚もここまで凄いと、気になってくる。
posted by たま at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンジンブルブル絶好調?![芙蓉S]

昨年こそ拍子抜けだったが、元来は平たいスピード持続力が問われるレース。それだけに、新潟のドスロー競馬からのどっかんターボの馬はちょっと買いづらい印象。
今年は快速ダイワプリベールが内に入ったことで、まず先手はコレとみるが、一方で内外に新潟帰りの末自慢がおり、狙いは原則どおりの内枠先行だが、プラスアルファで、この頭数なら、大外からの差込は考えたい。快速ゆえの裏表。

----------------------
◎ダイワプリベール
○スズノハミルトン
▲ドリームヘリテージ
----------------------
×ダノンベルベール
×スパラート
×マイヨール
----------------------
3-6-6 60点

3・ダイワプリベール ★
芝1400新潟
12.8-11.2-11.4-11.5-11.5-11.2-12.4
35.4-58.4-35.1
1-1 35.1
スタートはスローから。道中高速のまま、最後は31/2抜け出して緩める余裕あり。
1:22.0なら21秒台では走れているだろう。快速っぷりは際立つが、所詮は新潟での時計。初戦を考えれば十二分。とはいえ、2-3着はさっぱりその後勝ちあがれておらず、全幅の信頼まではどうか?

13・ドリームヘリテージ
芝1600中山
12.4-10.7-11.5-11.6-11.9-11.8-12.0-12.8
34.6-58.1-36.6
6-5-5 35.8
テンから速く、オーバーペース気味で、終い1ハロンかかっている。
9頭立ての中団から、脚を失わなかったのは評価できる。

芝1600新潟
12.9-11.2-11.8-12.8-12.7-11.7-10.3-11.8
35.9-61.4-33.8     1.0 1.4
16-17 33.8 3着
スローのなか道中緩んで最後方追走ではどうしようもない。
とんでもない加速戦。

4・スズノハミルトン ★
芝1400阪神
12.4-11.2-11.6-12.0-12.1-12.4-12.5
35.2-59.3-37.0
8-7 36.2 6-5 36.6 9-9 36.4
道中緩まず、終いのかかる展開に。
マイルへの適性は逆にいえばあるといえそう。
ただ、少々かかりすぎているのはネックか?
コスモス賞
12.6-11.6-12.6-12.9-12.7-12.2-11.9-11.6-12.5
36.8-62.4-36.0     0.5 0.3 0.3  
2-3-2-3 36.8
好位追走は○。距離か?終いはアラアラ。
距離400mの延長に加え、+14Kと、本調子でなかった可能性もある。
レース自体は持続的に脚を使う必要があり、中山マイルにはむきそう。距離短縮で注意必要か?

2・スパラート ★
芝1400不良
13.0-10.9-11.8-12.5-12.7-11.7-12.3
35.7-60.9-36.7     1.0
1-1 36.7
不良馬場でスロースタート。中間も緩んでのもの。
2着に4馬身つけたのは素晴らしいし、その2着のレイラニも既に勝ち上がっている。距離は伸びてよさそうで、好枠。抜けてくる脚はバツグン。ただ、最後は後方追走勢の脚が殺されているのも奏功か?

8・マイヨール ★★
芝1800中山1:48.2
12.7-11.8-11.9-12.5-11.7-11.8-11.8-11.8-12.2
36.4-60.6-35.8
1-1-1-1 35.8
テン緩いが、そこから山を越えてからはまったく緩まぬ持続戦。
完璧に200+1600のパターンに持ち込んだ。
すんなり先手とれれば面白い。開幕週のぶんは考える必要があるか?
新潟・福島ではダメだったが、中山にきて大化けある。

10・ダノンベルベール
芝1200福島
12.7-10.8-10.8-11.4-12.3-12.6
34.3-36.3
13-13 34.9 2-2 36.4 7-5 35.7
2-3ハロン目の先手争いが厳しく、終いのかかった競馬だが、
テンは緩く、福島ということもあり、さほど追い込み有利ではない。
抜け切ったのはこの馬の力ということか。距離は伸びてよいし、速い展開でも差せるのは実証済み。
posted by たま at 07:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

つまんなーい×3[セントウルS]

何でー?クーヴェル出れないの?
スプリンターズS勝つのはクーヴェルやとおもっとったんだけど…。
(ましてセントウルSは何をかいわんや)
なんでクーヴェルが1600はしらにゃならんのだ…。

てなわけでやる気減退。
休み明け勢よりは使ってきた組から。

◎コスモベル
佐世保ステークス1:07.2
12.2-10.5-10.9-11.3-10.9-11.4
33.6-33.6
2-3 33.4
これを、大外18番からやってのけたのは、いくら内が悪化しているとはいえ、なかなかできるこっちゃないと評価。
北九州短距離も外の17番から13-14 33.9で、頭クビまで追い詰めていることを考えれば、期待は十分。

○カノヤザクラ
この馬は差し馬じゃない!
出遅れるだけだwww

根性を買って、混戦模様なら素直に。

頭はここ2頭まで。



×アポロドルチェ
たいして強くないと思うんだけどねえ…

×クールシャローン
この程度のメンバーで開幕週。十分狙える。

△タニノマティーニ
前走ほどでないにせよ、高速馬場向き。坂で止まるか?

△スズカフェニックス
まー…3着くらいはありそう。

△マルカフェニックス
枠のぶん軽視したが、地力はある

△シンボリグラン
福永、いや。力はあると思うが、後方からいきすぎかな。
------------------------
◎コスモベル
○カノヤザクラ
×アポロドルチェ
×クールシャローン
△タニノマティーニ
△スズカフェニックス
△マルカフェニックス
△シンボリグラン
------------------------
ファイングレインは59Kで消し。
しょせん実力接近の程度の馬だと思う。
posted by たま at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開幕中山スピードキング[京成杯]

いやー、このレースは面白そう。
速くなればそれだけ内枠絶対有利の側面が出てくる中山1600。
とはいえ、ずいぶんと前にいくスピードタイプが揃った。
前走折り合いついたとはいえ、暴走王ダンツキッスイ、セントウルステークス除外で心ならずもここで賞金を加算しなくてはスプリンターズSに出られない憂き目がみえる、ダッシュ一番クーヴェルチュール。輝く32秒台の猛ダッシュを誇る同条件G1馬ゴスホークケン、元祖暴走超特急ステキシンスケクンと、強いというよりこっぱやい馬が揃った。

こうなると、思いっきり先手争いがおきることを想定すると、狙いはやはり折り合いに心配なく、かつ速い流れに耐性のあるタイプで内枠を引いたラッキーボーイ。

◎はレッツゴーキリシマ

距離への不安なく、折り合いに常に苦労してきた先行馬が、ここで能力全開の舞台は整った。

○にステキシンスケクン。
信頼はできないが、霧島同様。折り合いに不安のある先行ができる馬。

頭はここ2本まで。

×マイケルバローズ
今期いまひとつだが、前走は馬場の悪い内で失速。
ならばここなら巻き返し可能。

×ダンツキッスイ
前走で折り合いついたのは好材料。

△サトノプログレス
中山実績はあるが、NZTは内枠から嵌った感もある。
今回は追い切り本数少なく、押さえまで。

△マイネルフォーグ
得意のマイル。勝機到来だが、8枠からはちょっと厳しい。

△リザーブカード
出遅れ癖のある馬だけに、信用はできないまでも、一応押さえ。

△ゴスホークケン
一本調子に走ればよいが?
---------------------
◎レッツゴーキリシマ
○ステキシンスケクン
×マイケルバローズ
×ダンツキッスイ
△サトノプログレス
△マイネルフォーグ
△リザーブカード
△ゴスホークケン
---------------------
posted by たま at 08:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

マイネルの逆襲?[新潟2S]

素直に新潟マイルならやや緩んでの末脚勝負で考える。

◎マイネルウェイヴ
12.8-10.8-13-12.9-12.3-11.7-10.5-12.4
36.6-61.8-34.6    0.6 1.2

前走で新潟マイルは経験済み。
ラップ的には1人気と遜色ない。
とくに終い2ハロン目の1.2加速10.5はなかなかのもの。

○マッハヴェロシティ
12.8-11.2-12.3-13.6-13.9-13.1-11.3-10.3-11.5
36.3-63.8-33.1       1.8 1.0
ドスローからだが、異常な加速戦。1ハロン最速の10.3。
勝ちきったのはたいしたもの。
ややスローすぎて、凡走パターンでもあるのが気になるところ。

▲ゴールドスパークル
12.9-11.5-12.2-13.7-13.1-12.8-11.3-10.6-12.6
36.6-63.4-34.5       1.5  0.7
スローゆえに、タイムは目立たないが、瞬間の脚はいい。
この流れで12-13 33.9で抜けてくるのだから末はバツグン。

×セイウンワンダー
12.7-11.2-12.3-12.3-12.6-11.6-11.5-11.4
36.2-61.1-34.5     1.0 0.1
スローからだが、抜けてくる脚が速い。
全体のペースもまあまあ上で通用しやすいラップで、人気では信用できる印象だ。

△ガンズオブナバロン
12.5-10.9-11.5-12.6-12.8-12.6-11.7-10.6-12.2
34.9-60.3-34.5       0.9 0.9
5-5 34.3
上位まったく遜色なし。ペース考えれば即通用。

△ストロングガルーダ
12.9-11.2-12.4-12.8-12.2-11.2-11.6
36.5-61.5-35.0    1.0
スローからの急加速の幅がでかい。終い2ハロンのぶん割り引くが、末なら負けない。

△バンガロール
調教での動きよく、走ってふしぎない。
紐で。
----------------------
◎マイネルウェイヴ
○マッハヴェロシティ
▲ゴールドスパークル
×セイウンワンダー
△ガンズオブナバロン
△ストロングガルーダ
△バンガロール
----------------------
3-7-7で。
posted by たま at 08:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小倉チャンプは渡せネェ![小倉2S]

ツルマルジャパン、なんでここにおるん〜?
これで勝たれた日には、まるで小倉の新馬が弱いみたいだ。
マリーゴールド賞の1:20.9は確かに速い。
強さは疑いないところだが、しかし一方で、スピードについてこられたときは未知数。
つまりツルマルジャパンの弱点はマイペース競馬しか知らぬこと。
テンからばんばん競う小倉競馬の真髄を、みせつけてやれば、それでおのずと結果はでよう。
タイムの速いレースというのは、結局は逃げ馬がマイペースでいききって出るもので、せりかけられ、無理なハイペースを粘りこむときはむしろタイムはある程度かかってくるのが定番。
前走、1200通過が1:8.6、そこにむしろアテにならなさがつきまとう。
新潟3日目の時計は速くて当然。

さらにこの馬が最内をもっていったことで、
先手を取りに来るならひとついえるのが小倉の外差し馬場。
これがわかっている以上、逆に勝負はスタートの荒れ具合で先手負けしないこと。なぜならコーナーはあえて大回りで馬場のよいところを選ぶこともできるから。おそらく武は外を狭くする意味で、内ラチからかなりはなれたコーナーワークで絞ってくるとみた。


ここで内をついてしまうような屋根や、身体が反応する差し馬に乗ってる類はちょっと買いたくないところ。
差し馬場ゆえに、多頭数で結局前も残る可能性あり。
馬券はテン〜2ハロン目のスピードで決める。

◎メイクデュース
芝1200小倉新馬
11.9-10.2-10.9-11.7-12.1-12.3
33.0-36.1
6-3 36.1
テン2ハロン早い。3ハロン目まで10秒台。そのなかを早目にしかけていくも、最後は差される。
小倉芝12003稍重
11.9-10.3-11.1-11.4-11.8-11.8
33.3-35.0
2-2 34.8
テンから早いなか番手追走。終いまで確り伸びた。強い競馬。
ハイペースの経験豊かでここでも十分好勝負。

○ワンカラット
12.0-10.4-11.1-11.7-11.4-12.4
33.5-35.5     0.3
2-2 35.5  
テン2ハロン目速い。終い辛くなっているが、外から抜け出し快勝。
2戦目の上積みこみで考えれば、1200向きの内容で。


▲マルカゼウス
1:09.3
11.9-10.5-11.1-11.5-11.6-12.7
33.5-35.8
2-2 35.5
ハイペースのなか番手追走、粘りこむ。終いかかるのは仕方なし。
緒戦は太めで参考外。

×ノアウイニング
新馬ではイセノスバルの2着。2ハロン目早く、スピードあり。終いもしっかり伸びる。
11.9-10.2-11.0-11.8-11.9-12
2戦目はテンから早く、ハイペース粘りこみ。シルクナデシコに差されたが粘る。
2歳未勝利
12.2-10.4-11.2-11.8-11.7-11.9
33.8-35.4
3-4 35.3
抜け出して4馬身ぶっちぎり。 強い。

△エーシンワンダーズ
12.1-10.7-11.1-11.5-11.6-12.1
33.9-35.2
1-1 35.2
2戦目で良化。一回り速いラップで逃げて勝ち上がり。
ほぼフェニックス賞と同水準。


△エリモプリンセス
2歳新馬芝1200 1:09.8
12.1-10.4-11.1-12.2-11.9-12.1
33.6-36.2
2-2 36.0
抜け出し快勝。底見せず。上積みを考えれば好戦可能。

△ツルマルジャパン

----------------------

◎メイクデュース
○ワンカラット
▲マルカゼウス
×ノアウイニング
△エーシンワンダーズ
△エリモプリンセス
△ツルマルジャパン
----------------------
3-7-7で勝負。
posted by たま at 07:54| Comment(1) | TrackBack(3) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

走れゴス!ごっつぁんです![キーンランドC]

これだけメンバーが揃っても、積極的にハナでスピード自慢に持ち込みたいタイプが多くはいない。
例えば連勝中のマヤノツルギ、例えばゴスホークケンらがいるものの、ハナに拘らねば一文も…というのはウエスタンビーナスただ一頭。枠的にも、きっちり郷原が逃げてくるだろう。
全体的にタイムのかかる札幌で、狙いはやはり目標がしっかり見れる前々で嵌る馬。

◎は今回裸同然の53Kゴスホークケン。
使って使って、調教をみても復調は間違いなく、前走はスプリント戦初参戦のうえ、かかり気味に逃げてしまったぶん終いの伸びを欠いたと敗因も明確。テンの速さから、少々外でも好位はとれる。ウェスタンビーナスをいかせて進めば粘りこめる。

○はアイビスSDからきたシンボリグラン。復調気味、好枠引いてならここでも十分。

▲にアイルラヴァゲイン
休み明けだが、さほど苦にするタイプではなく、プレミアムボックスが外を引いたのと好対照で絶好枠に入り込んだ。

×プレミアムボックス
やや時計のかかる札幌はベスト条件だろう。枠のぶん頭はどうかと思うが、勝機は十分。

△ルルパンブルー
重量も有利、1200で終いは確実に伸ばしてくる。メンバー問わず、自分の脚は使ってくるだろう。

△ウエスタンビーナス
ハナさえとれれば走る馬。走ったときはシブトイ。平坦小回りの札幌向きで好枠ひいた。

△キングストレイル
UHB杯はハンデの差。マヤノツルギには雪辱といきたい。
---------------------------
◎ゴスホークケン
○シンボリグラン
▲アイルラヴァゲイン
×プレミアムボックス
△ルルパンブルー
△ウエスタンビーナス
△キングストレイル
---------------------------
3-7-7程度で。
posted by たま at 07:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

ハンデキャッパーの面目[北九州記念]

なんか、このレース。ろくな結果にならないような…
ここのところハンデキャッパー大活躍のないなかで、このレースは意地こいてハンデキャッパーが頑張ったような気がする。
ここはまず間違いなく小倉らしい横一線競馬を期待しよう。
となるなら、狙いはやはり小倉の外差し?まあ、あまりこだわりたくないが、内から楽に粘りこみや、有力どころの王道競馬ほど罠にかかるレースになりそうだ。
-------------------------
◎マンテンハット
○マルカフェニックス
▲ゼットカーク
×マルブツイースター
-------------------------
△ステキシンスケクン
△エムエスワールド
-------------------------
△クールシャローン
-------------------------
◎はマンテンハット。前走北九州短距離Sでは、人気のクールシャローンに一蹴されたが、元来小倉巧者。1600万にきてからいいとこなし、レース運びは外から先行の目だけに、すんなりとはいきそうにないため、人気は全くないと思うが、この馬に足りないのはスピードのみ。
愚直に走らせれば自分のタイムぶんは走るタイプで、時計がかかるようなら、愚直に先行してくる。地力ではいかんせんだが、そこはハンデ50K。好位からならフルに軽ハンデが活きる。

○マルカフェニックス
元々、阪急杯でも人気になる馬。前走案外で人気を落としたここは狙い目。地力でいえば、メンバー中抜けた一頭で、唯一今回HCに恵まれた印象ありの54K。

▲ゼットカーク
稲妻特別を勝っての格上参戦。昨年のこの時期は1600条件で札幌函館で暴れまわっていたのがこの馬。今年も当然、札幌函館はやっているにも関わらず、51K狙いで自信の西下。
気分屋だけにアテにはできないが、重もこなしそう。一度乗り出せば連発のある馬だけに、一発ある印象で。

×マルブツイースター
バーデンバーデンC、アイビスSDと使って、ここで叩き3戦。
53Kなら、しつこく狙う。

△ステキシンスケクン
人気とはいえ、この馬だけは要注意。

△エムエスワールド
小回り平坦は走る。荒れた馬場での実績もあり、ここは狙いか?

△クールシャローン
念のため、馬がというより小倉で芹沢が気になる。

4-6-7で100点。
posted by たま at 04:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

初物づくしで混戦模様[函館2歳S]

2歳重賞のしょっぱな。
ほとんど占いみたいなものなので、様子をみながら、さぁどうするか?頭数は手ごろなので、買いやすいレースではある。
とはいえ、どーにもこーにも手がかりは少ないか。
ソツない競馬をしてきた組、ラインブラッドやディーズハイビガーよりは、荒削りでも期待できそうな組を狙いたい。
また逃げに拘るベルシャルル他スピード自慢が結構揃った印象のところ、最終週の函館1200。
差してくださいといったシチュエーションは揃っており、終いのしっかりした脚を使うタイプを考えたい。一般的には枠は外枠がベターだが?
-----------------------
◎ヒシアカデミー
○フィフスペトル
▲ナムラミーティア
×アイアムカミノマゴ
△アイアンデューク
△ケイアイジンジン
-----------------------
4-6-6で80点をベースに考える。
◎はヒシアカデミー。
初芝にはなるが、好枠、藤田と勝ちの目も揃った。
緒戦は相手との差がありすぎて、馬なりでまわってきただけ。
調教も気合が入れば一気に突き放しにかかる。その相手がケイアイジンジンなのだから、素質は一級。
初芝は気になるものの、それ以上に気持ち悪さが漂う。
○にフィフスペトル。
スローから仕掛けられただけで抜けてきた脚は速い。
結果的に瞬間の脚の良さだけが際立つ結果だけに、まだ信用はできないが、好枠引いて要注意。
▲単穴は人気でもまずはナムラミーティア。
ラベンダー賞は基本このレースの想定に最も近いイメージ。前々をいく快速馬をきっちり追走から捕らえた競馬は評価しないわけにもいくまい。

注意は×アイアムカミノマゴ。
孫?ってのがよくわからないって感じだが、とにかく前走内容が非常によい。スピード能力高く、前がやりあう展開に巻き込まれなければ、きっちり好位追走から抜け出しが狙える。素質ではケイアイジンジンと互角かそれ以上か?

△にアイアンデューク。内を引いたが、そこは横山典で相殺か?
使って上昇気配あり、前走の末はお見事の一言。まとめて面倒みるか?

もう一頭。△でケイアイジンジン。緒戦、ゼットサンサンとの叩きあいは破れたが、3着につけた着差は9馬身。2戦目も3着までなら8馬身。1000mはかなり速い。前走は初芝。今回は絶好の外枠で、前をやり過ごせばきっちり好位をとれるスピードはある。無理に前にいかずに、末勝負にでてこれば、終い伸びる可能性はある。ラベンダー賞で嫌われているが、アイアムカミノマゴ同様期待の高い馬。

ここ6頭で勝負。何気に外に敬愛、内に孫。
若駒戦のワリには、敬老っぽい決まり方をしてくれるとちょっと面白い。

以下、各馬寸評
------------------------
■サダムテンジン
ラベンダー賞 芝1200
12.0-10.7-11.4-12.0-11.6-12.3
34.1-35.9
3-3 36.3
テンから早いが、最後まで大きく落ちていない。
逃げたベルシャルルを交わせたか交わせないかは分水嶺とみていい印象で、ほぼ同位置からのナムラミーティアとの差があるか?


★★アイアムカミノマゴ
2歳新馬D1000 0:59.9
12.6-10.7-11.5-12.2-12.9
34.8-36.6
1-1 36.6
テンからけっして緩くない競馬で、Dとはいえ、4頭で並んで飛び出した激しい先手争いのなか、スピードの違いで押し切っている。終いはかかっているが、これは抜け出してのもの。まだまだ伸びる。1000mで4馬身ちぎっている。調教も非常にいい。印象に残る。

★★アイアンデューク 
2歳新馬芝1200 1:11.4
12.8-10.8-11.5-12.2-11.9-12.2
35.1-36.3
12-10 35.1
終いかかる展開とはいえ、函館1200で終い35.1はなかなか。
調教を見ても、僚馬に襲いかかかるように伸びてくる。
いい動きをしており、要注意の印象。

■コパノマユチャン
2歳新馬 芝1200
12.1-10.4-11.2-11.9-11.7-12.7
33.7-36.3
テン光る。最後は外から前にいった組をまとめて競り落として抜け出している。馬体薄く、パワータイプには見えないが、スピード感のあるレースっぷり。ただ、言われるほど大物か?という印象も。

■バイラオーラ
2歳新馬 芝1200 福島
12.3-10.7-11.4-12.1-12.0-12.2
34.4-36.3
4-5 35.8
テンは速いが、後半の伸びは平凡か?内内から外に持ち出して、最後は前が止まったレース。魅力少。

★ベルシャルル
2歳新馬  芝1000
12.2-10.6-11.4-11.1-12.2
34.2-34.7
1-1 34.7
うまくまとめているレース。馬場もよいが、テンから速く、他馬とは生息域が違う印象をぱっともたせる。

■シシャモチャン
2歳未勝利  芝1200
12.1-10.7-11.2-11.6-11.7-13.5
34.0-36.8
1-1 36.8
テンが速いレースで、終いはアラアラも、完璧に抜けきった。
最後の止まりっぷりは気になるが、悪くは無い。

★★ナムラミーティア
ラベンダー賞 芝1200
12.0-10.7-11.4-12.0-11.6-12.3
34.1-35.9
5-4 35.3
前にいった3頭のスピード能力はそれなりに高い。
きっちり捕らえたのは評価できる。未勝利をみても、能力はありそう。ただ、調教は目立たないか。

★ディーズハイビガー
2歳新馬芝1200
12.4-10.6-11.0-12.2-11.5-12.4
34.0-36.1
1-1 36.1
テン、そこそこ早く、2ハロン目からせりかけられてペースアップ。
展開としては楽ではないが、終いまでしっかり伸びた。
目立つレースではないが、まあまあ。シブトサ光る。

■メジロチャンプ
2歳新馬 芝1200
12.5-10.8-11.5-12.0-11.9-12.5
34.8-36.4
2-1 36.3
うーん?1人気、安勝、メジロライアンと聞いて、ちょっと期待したが、別に光るようなところは無いラップ。
なんで人気なんだ?

★★ヒシアカデミー
2歳新馬 ダ1000
12.5-11.5-12.2-11.8-12.3
36.2-36.3
1-1 36.3
5頭立てかよ、新馬戦^^;ただ、びりのネコパンチが未勝利3着と、もしかするとメンバー濃かったのか?
テン平凡。出は悪いが、無理なくスピードにのって、馬なりで回ってきたら強かったといったレース。
調教は大物を感じさせる動き。
気合乗ってから一気に交わす脚はちょっと記憶に残る。

★フィフスペトル
12.6-11.6-11.9-12.0-11.5-12.2
36.1-35.7
2-2 35.6
テン緩い。終いの競馬でちょいと仕掛けられて2馬身半の差をつけたのは評価できるが、あまりに瞬間の脚だけでレースが終わっており、2-2 35.6は微妙な印象。
ただ、調教の雰囲気が非常にいい馬。函館Wで69.2-53.5-39.2-11.9を馬なり先着なら。混戦を抜けてくる脚はありそう。

■ルシュクル
芝1200 2-2 35.6
12.3-11.5-11.6-12.1-11.5-12.0
35.4-35.6
3-3 35.3
テン緩い。内内から前をそつなく捕らえた競馬。
面白みは皆無。3番手から35.3と、末はいいものを見せているが、
牝馬限定でこのペースでは先行にこだわるようなら疑問。

★★ケイアイジンジン
2歳未勝利 ダ1000 0:59.9
12.6-10.9-11.8-12.0-12.6
35.3-36.4
勝った未勝利はなかなかの競馬。ラベンダー賞はちといただけない結果だが、前回は初芝。芝も2戦目でどう変わってくるか?


★ラインブラッド
2歳新馬 芝1200 1:11.0
12.3-10.7-11.4-11.9-11.9-12.8
34.4-36.6
6-4 36.0
さっくり抜け出し、大物感は感じないが、前がせりあう中、すんなり好位をキープ。なかなか競馬が上手い印象あり。
posted by たま at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

轟け雄叫び、届け豪脚[関屋記念]

新潟1600の特徴は先週の日本海Sでやったので、繰り返しませんが、
全体の速度域が速く、かつスローから極端な加速戦をイメージすればよい。後半、速い速度からさらに切れる脚が必要になるため、それを
考慮しつつ馬を絞っていきたいところ。
そしてどーも気になるのが、ナカヤマパラダイスの存在。
マイペース先行で強いタイプ、マルカシェンクやタマモサポート、フサイチアウステルと、強力な同型が揃ったところに、刺客の如く鈍い光を放つこの馬。テンから暴走タイプで、なおかつ前走は得意の1000m競馬からの挑戦とこれば、レースをぶっ壊す可能性があるとみた。
テンで加速しすぎて、減速するタイミングが遅れると、ただでさえ逃げの決まらぬ新潟マイル。早めにおいかける先行馬よりは、後方からの瞬間移動を期待する。
---------------------------
◎トウショウヴォイス
○マイケルバローズ
▲リザーブカード
×トップオブツヨシ
---------------------------
△マシュリク
△フジサイレンス
---------------------------
△マルカシェンク

◎はトウショウヴォイス。新潟・府中なら末の切れる馬。
末脚にも信頼できるし、ペース次第では自在に立ち回れる。
使われている強みもあるし、力は当然上位。
ここ中心で考える。
ほぼ互角で、休み明けはマイナス、屋根はプラスで僅差に考えるのが○マイケルバローズ。休み明けからっきしの馬だが、昨年の湘南Sで1:32.9の勝ちがあること、関屋記念3着を見る限り、適性上位。
▲単穴にリザーブカード。
豊栄特別の競馬ができれば、十二分に勝負になる。
×気持ち悪いのがマシュリク。村上特別の競馬ができれば。長期休養明けだけにアタマはどうかとも思うが、それでも要注意。
前々競馬からは念のため最もスローのマイルでの適性を示す△トップオブツヨシ。紐の大荒れなら、後方からの△フジサイレンス。
マルカシェンクは切ってもよいが、一応実績上位でトップオブツヨシとともに、前々組みからはこの2頭。終い甘くなる想定でギリで3着はおさえとく。4-6-6で80点。それにマルカシェンク3紐固定で9点ほど足してだいたい90点を目安に。



以下・各馬評価
---------------------------
★★マイケルバローズ
昨年、湘南Sで1:32.9の勝ちがあり、関屋記念3着。
適性的には最上位。

★★トウショウヴォイス
昨年の新潟日報賞勝ち馬だけに、新潟マイルのどっかん加速のマイル戦への適性はいわずもがな。府中・新潟得意で、中位からの差しもできるうえ、順調に使われてきた強みもある。ここは買い。

★★トップオブツヨシ
米子Sはフサイチアウステルを捉えきれず3着迄。
4-3 33.4で追い詰めたがアタマクビ差及ばなかった。
力差はほとんどない。
湘南S
12.2-11.3-11.7-12.2-12.0-11.1-11.5-12.3
35.2-59.4-34.9     0.9
2-2 34.8
スローからの競馬になった府中マイル戦で、きっちり
瞬間の加速で0.9のあるなかを2番手から押し切っている。
京都の堀川特別でも、後半偏重のレースで、2番手から2着しているように、前々からスローに流れるマイル戦は得意といえる。

■フサイチアウステル
米子S1:33.0
13.0-11.2-11.3-11.4-11.4-11.2-11.4-12.1
35.5-58.3-34.7    
1-1 34.7
スタート遅い阪神マイルだけに、末は出やすい。
そこでスピードにまかせて最後はギリギリ押さえ込んだ。
早めのタイミングからの持続性のある脚を使っている。
都大路S
12.6-11.3-12.0-12.1-11.9-11.4-11.7-12.1
35.9-59.9-35.2     0.5
1-1 35.2
マイルにしては遅い流れから、やはり一歩早く抜け出して、
最後まで粘りこむ競馬。
どうも、いまひとつココ向きとは言い難い。
タマモサポートのほうがまだ上の印象。

■タマモサポート
天の川S
12.8-11.2-11.6-11.7-12.3-12.3-11.8-11.2-11.1-12.5
35.6-59.6-34.8          0.6
08東京新聞杯
12.4-11.0-11.6-11.5-11.2-11.5-11.7-11.9
35.0-57.7-35.1    
新潟での勝ち鞍もあるが、本質は前にいってシブトイ競馬。
スローのマイルはあまり合うとは思えない。
東京新聞杯や天の川S、ともに、やや終いがかかったり、
速めに仕掛けての粘り腰の勝負に持ち込んでの好走であり、
休み明けも考えれば、ここよりは次が本線ではないか?
スローめから溜めて抜け出す脚で勝負するレースでの良績なし。

★フジサイレンス
06関屋記念
12.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.3-10.1-12.1
35.6-59.0-33.5     0.4 1.2
12-13 33.0
06東京新聞杯
12.7-11.4-11.6-11.7-11.7-11.2-11.4-12.0
35.7-59.1-34.6    0.5
13-10 33.9
近走はいまひとつの競馬が続いているが、今期の調子は悪くない。
というのも、CBC賞はけっしてこの馬向きの流れではない。
良績は基本府中・新潟の左回りでのスローからの末脚戦に集中しており、小回りでやや速めに流れる中京向きとは言い難いなか、しっかりそれなりの着順にまとめていることからも、走れる状態にはあるとみていいだろう。
今回は半馬身遅れたものの、調教では美浦坂49.5-36.4-24.1-12.5
と、なかなかの好タイムをたたき出した。
思えば、東京新聞杯勝ち馬。そして昨年は8着だったが、
ど後方から、末脚だけの競馬で拾った着。その上がりはメンバー中4番目の上がりでの33.0。位置取りは後方からだろうが、直線だけで突っ込んでくる可能性は無いとはいえない。
ただ、やはり爆発力でやや劣るか?

■ナカヤマパラダイス
基本テンから飛ばしてなだれこむ競馬が大好きな馬。
関屋記念は適性外。気持ち悪いのは謎のアイビスサマーDからの転戦。
ただでさえテンの速い馬がここで初のマイル重賞。
本来ならスロー目に流れるこのレースだが、壊れるとすると、この馬の暴走か?

★★マシュリク
村上特別
12.4-10.7-11.9-11.9-12.1-11.9-10.4-12.0
35.0-59.0-34.3    0.2 1.5
4-4 34.0
新潟マイルとしても、500万下では異端の競馬。
1:33.3もよいし、11.9-10.4-12.0の流れもよい。
まともに走れば即通用するとみるが、長期休養明けもあり、
取捨は難しいところだが…一発あるか?

■スクールボーイ
三国特別
12.3-10.6-11.7-12.4-12.1-11.6-10.8-11.8
34.6-59.1-34.2     0.5 0.8
8-8 33.5
中間緩んでから後半急加速のレース。
新潟マイルらしい流れ。爆発力偏重のレース実績もある。
06年新潟日報賞も勝ちきっており、スローからの決め手比べも適性高い。大阪HCは距離適性外だが、49Kの軽ハンデもあっての6着。
ハンデ戦であれば面白い存在だが、別定戦でどうか?

■ヤマニンアラバスタ
新潟は悪くないと思うが、マイルはどうか?
ここを使って次以降という思惑が見え隠れ。興味は惹かれない。

★マルカシェンク
正直あまり新潟向きを感じない馬。
ニューイヤーS
12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-11.8-11.5-12.0
中山記念
12.6-11.5-12.0-11.8-11.8-12.3-12.2-11.5-11.6
36.1-59.7-35.3          0.7
10-10-8-5 34.2
マイルのニューイヤーSでの先行はスピード優先といった印象。
中山記念では、溜めて終いギリギリ2ハロンから追い出して0.7
加速のなかまくりあげての4着。
いずれにせよ、人気の割りにはワンパンチ足りない競馬が続いている。

★★リザーブカード
豊栄特別
12.6-11.0-11.9-12.0-11.6-11.3-10.4-11.8
35.5-59.1-33.5       0.9
4-3 33.2 2着
ショウナンタキオンと差のない競馬で、急加速新潟マイル実績あり。
国立特別をみても、バクシンオー産駒のワリには、終いの抜け出す脚の速いレースへの対応力は高い。ここは勝負か?
posted by たま at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

Good Morning!夏男![新潟日報賞]

1600万条件の割りには豪華メンバーの揃った新潟名物、新潟日報賞。
てっきり1800mかと思ったら、(いつの話しや!)いつのまにか1000mになったりいろいろ変遷のあげく、昨年から新潟マイル。
あまり積極的に逃げをうつタイプこそいないが、先行しておきたい馬は結構揃っており、押し出されたなら出たでスイスイと、案外といいペースで走りそう。前半ゆっくり登る新潟マイル。
単純に考えれば前々有利だが、後半はおそらく早めにスパートがかかり、相当スピードに乗ってきた後に速い脚を使える馬でなければ厳しい。とりあえず、日報賞自身はサンプルが少ないが、
まずは新潟マイルのおさらい。
-------------------------------
2007新潟日報賞 11-11 33.5
12.4-11.1-11.8-12.3-11.8-11.6-10.6-12.1
35.3-59.4-34.3  0.5   1.0

2007関屋記念 13-13 33.3
12.8-10.6-11-11.2-11.7-11.8-10.3-12.4
34.4-57.3-34.5      1.5

2006関屋記念 7-7 32.9
12.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.3-10.1-12.1
35.6-59.0-33.5       1.2

2005朱鷺ステークス 5-3 33.8 (6頭立)
13.0-11.5-12.1-12.3-11.6-11.5-10.3-12.3
36.6-60.5-34.1      1.2
-------------------------------
一目瞭然、特徴のあるラップパターンはひとつだけ。
確かに今開催の新潟は前の残る印象があるが、新潟マイルの特性的には真逆なことに気がつく。
・前半はさほど遅くないが、テンの緩さが目立つ
・後半は11秒台が4-5ハロン続く、高速域でのロングスパート競馬
・直線向いて、どかんと抜けてくる脚が必要な、ハロン加速1秒以上
これらの特徴から、新潟マイルはかなり後方から末脚を発揮するタイプに特化した場だというのが分かる。
きっちりサラブレッドの限界域まで末脚を繰り出せる差し馬が貰っていくと想定できる。

てな感じに気をつけて、出走メンバーを見ていくと、
人気になりそうなショウワモダンは末脚がかかったほうが良い印象があり、ここでは最も危険なじりっと伸びてくるタイプ。
とにかく切れないがシブトイタイプで、前走エプソムCは底力の活きるベストの競馬ができたといえる。芝良での勝ち鞍は中山に集中。新潟では最もいらん能力ばかり突出して強いイメージありで軽視。

息の長い末脚は使えるが、絶対値と加速に迫力のないザレマ。
そしてハイソサエティーはといえば、マイル勝ち鞍はあるが、元来がスピード優先タイプ。ずば抜けた末をみせたことはないし、やはり平たい流れから速めに加速して終いのかかる展開に持ち込みたい。そこへトップハンデ58Kに休み明け。スローに流れるようだと非常に危険な印象だ。
逆に実力派で合いそうな一頭がバトルバニヤン。
速い展開は向く馬だし、新潟大賞典(G3)では7-7 32.7をマーク。
自己条件なら確実に力上位。問題はトップハンデ58Kとここで取る作戦が読みづらい点。流石に後方からでは切れ味で届くかどうか?
合うといえば、もう一頭。
ヒカルベガは石和特別や葉山特別など、高速スピードラップで速めに抜け出してくるとかなりシブトさを見せており、新潟は合いそう。
葉山特別 府中1600
12.5-11.2-11.6-11.8-12.1-11.5-11.5-11.7
35.3-59.2-34.7     0.6
ややスロー目から、4-2 34.5で抜け出してスズカフェニックスを押さえ込んだように、高速馬場での先行で持続戦が強い。
ただし、あまりどっかんレースにはなってほしくないタイプで。過去とにかく緩めての切れ負けが多い。前々からうまく緩ませずに持続戦に持ち込めば可能性は高いが、こういうタイプは自分の土俵では堅実な反面、土俵外では案外脆い。

なかなかピンとくる馬もいないが、
もう一頭合いそうなのはまずはショウナンタキオン。新潟は3勝と得意の条件。

豊栄特別 芝1600新潟
12.6-11.0-11.9-12.0-11.6-11.3-10.4-11.8
35.5-59.1-33.5 2-2 33.3   0.9
みてわかるとおり、典型的な新潟マイルの流れでほぼ1秒加速の最大10.4の切れ味を2番手から使っているように、前々で競馬できる馬のなかでは最もここ向きの切れを見せたことのある馬。ただし今回は休み明け。
もう一頭はブリトマルティス。小回り中京で平たい流れでの実績もあり、スピードは非凡なものを見せる馬。脚を大きく溜めるタイプではなく、マイルの流れでも力は出せる。
博多S
12.0-10.2-11.3-11.2-12.2-12.6-12.5-11.3-11.8
33.5-56.9-35.6          1.2
テンこそ速いが、道中がっくり緩ませて、終い2ハロン目からのスパートで抜け出す脚の速さだけで勝負が決まり、最後まで前が止まらずにいってしまったのが博多S。7-7-7-8では、到底差し届かず。
豊らしくないレースっぷりというべきか、豊らしいというべきか。
注目は糸魚川特別。
12.7-11.0-11.3-11.9-12.7-12.9-12.3-11.5-11.0-12.0
35.0-59.6-34.5 3-4 34.3     0.8 0.5
実は、このレースの後、ローズSで一度買っているのだが、
大きな加速のあるレースラップになっても好位から押し切ってみせたように、本質はスピード馬だが、末もそこそこ持っている。

最後にサインオブゴッド。
4歳上500万下 芝1800新潟 11-11 33.3 3着
12.5-11.1-12.0-12.3-12.4-12.2-11.8-11.0-11.6
35.6-60.3-34.4
同条件で最後方から、33.3の脚を使って3着がある。
ここのところマイルで2連勝。いきなり頭はどうかとも思うが、今なら前々で通用しそう。
要注意はこの3頭といったところ。

他に、ここ向きといえるのがまずは最内アップルサイダー。
ラップ的な条件は全て満たしている。
テンからすっ飛ばしたハイペースに巻き込まれたかたちになった阿武隈S。中間やや緩んでから速めの加速で、これで先行での4着はたいしたものだ。3-3-3-2でいったインベスターともども、この条件なら力上位のところをみせている。
W新横浜開設記念や、五頭連峰特別をみても、大砲、豪脚という印象ではないが、大きなタメが無くとも切れる脚を使う馬なのは間違いなく、マイルは向く印象。
もう一頭がユキノアサカゼ。米子Sは久々で参考外。府中実績あり。2走前の平場1000万下はほぼ1年ぶりの休み明けで+26K、前走も絞れず、馬体重要注意だが、長期休養明けの叩き3戦。
神奈川新聞杯 芝1800府中 10-7-5 34.3
13.2-11.9-12.3-12.1-12.4-12.5-11.5-11.3-11.9
37.4-61.9-34.7       1.0 0.2
新緑賞
7.2-11.9-12.7-14-13.8-12.7-12.2-12.6-12.1-11.2-11.1-11.9
をみても、スローからのどっかん瞬発力戦は得意。

好印象なのがアドマイヤディーノ。
前走博多Sは、テンは速いが、前が全く止まらぬ小倉で1.2秒の瞬間加速ラップ。そこで9-9-9-10 34.5と、コーナーで置かれてしまうようでは、負けはやむなし。
三宮特別
12.4-10.9-11.4-11.6-11.6-10.8-11.1-12.2
34.7-57.9-34.1     0.8
14-13 32.9
場こそ阪神だが、超高速でスロー目に流れてからのどっかん加速戦で32.9をマークしたこともある以上、叩き3戦目の新潟マイルはチャンスの大きい場といって差し支えない印象で激走あるか?

また、少し足りない印象だが、アプローズ賞で緩んで末脚勝負になった時の切れ味だけはなかなかのものをみせたのがシルクタイガー。ヒカルベガとは高速馬場で瞬発力の差が出ている。スローに流れるなら。実際、勝ちパターンは明確にスローからの長い末脚と絶対的な速さの勝負に持ち込んだときのみ。

さて。結論。
-------------------------
◎ユキノアサカゼ
○ショウナンタキオン
▲アップルサイダー
-------------------------
×ブリトマルティス
△シルクタイガー
△アドマイヤディーノ
△バトルバニアン
-------------------------
◎はユキノアサカゼ。得意の左回りに加え、叩いての良化は明らかな美浦坂路50.8-37.2-24.3-12.0。屋根も左回り専用を用意してw、やる気十分。
▲単穴には調子もよく、今回は得意の舞台でアップルサイダーにもう一度。地力と適性を見込んで休み明けでもショウナンタキオン。ここ3頭に期待する。
やや後方からになりそうで、少し末が足りるか微妙だが、牝馬ではブリトマルティスがやはりココ向き。軽ハンデを活かしてシルクタイガーの追い込み一発にも期待。
3-7-7で90点。
posted by たま at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

おいおいおい、何考えてんの、みんな?[アイビスSD]

ただいまのオッズ…
1人気カノヤザクラ
2人気エイムアットビップ

いやー…荒れるぞ、このレース。
絶好枠の大外と、ここのところの復調気配で買いたくなるカノヤザクラの人気はわかる。
だが、しかし。この馬のテンの遅さはどーーー考えても1000m向きじゃない。ゲートも遅けりゃダッシュも効かない。並んだ馬には先着させないシブトイ脚だけでは、ちょいと厳しいんでないかい?

一方の、エイムアットビップ。
快速?この馬ごときが?ヘソでちゃーわかすよ。
2歳戦でなら、今は追い込み一辺倒だが、アルーリングボイスのほうが小倉2S「逃げ切り」勝ちの牝馬だよ。クーヴェルチュールだって、福島2Sを3-2で勝ってるしね。エイムが逃げで実績を出せたのはファンタジーSの2着迄。快速ったって、未勝利と、たかが内回り京都1400(逃げ切り天国の異名をとる欠陥コース)で逃げ切ったってぇだけの話しよ?

さて。究極のスピード勝負。直線1000m。
基本はスピードに乗るまでの速さと、どこまで息を詰めて走りきれるかのなだれ込み競馬。
11.9-9.9-10.7-10.5-12.1 32.5-33.3 重
11.8-10.2-10.8-10.3-12.6 32.8-33.7 良
11.7-10.0-10.7-10.2-11.4 32.4-32.3 良
11.9-10.1-10.2-10.5-11.2 32.2-31.9 良
11.8-10.0-10.4-10.0-12 32.2-32.4 良
12.0-9.8-10.2-9.6-12.1 32.0-31.9 良

注目は1-2ハロン目。流石に速い。
そしてこのレース、圧倒的に逃げた馬が強い。
否、逃げれた馬が連対しない年は実は昨年の重馬場でのレースのみ。
簡単にいえば、スタートからボンと出て、9秒台あわやの2ハロン目で究極の加速ができる馬が素直に残る。そういうレース。
昨年のサンアディユは、実際テンの速さは異常に速かったのは、この時点で既に明白。カルストンライトオに至っては言うまでもなし。

では、内から順に見ていこう。

-------------------------
■アポロドルチェ。
バーデンバーデンCは重、12.3-11.0のなかを4-4。ぶっちゃけ遅い。
斤量も+1で最内ときたら、どーなのよ?といった具合。
そもそも差し馬で、2ハロン目10秒の競馬での実績は京王杯2歳S(G2)のみ。それも9番手からの差しではとても究極のスピード勝負で狙える気はしない。

■ハナイチリン
500万下D1000
12.4-10.7-11.5-12.2-12.5 3-2 36.0
1000万下D1400稍重 京都
12.1-10.9-11.8-11.8-12.1-12.8-13.2
で、ダートとはいえ一応2ハロン10秒台の逃げ切りあり。
トリトンステークス
11.9-10.7-11.1-11-11.3-11.8 3-7 35.1
では、ニシノプライドの脅威のスピードに巻き込まれて失速しているのがここでの荷の重さを感じさせるが、このペースでも先行できた以上は、人気よりは着順はあげてくる可能性が高いか?

■クーヴェルチュール ★★★
福島民友カップ
11.9-10.6-11.3-11.6-11.4-12.5 3-2
文句なし。
バーデンバーデンC (07)
11.7-9.9-10.2-11.1-11.7-12.7 3-3 31.8-35.5
文句なし。
この馬のテンのスピードは文句のつけようがない。

■オートセレブ
芝1400京都 8-8 
12.3-10.8-11.7-11.5-11.7-11.3-11.5 34.8-34.5
12.1-10.2-10.9-11.3-11.8-12.0 西日本
西日本S杯の12.1-10.2は悪くないが、いまひとつパンチ不足か?

■アルーリングボイス ★★
昨年の福島民友カップ4-4から3着あり。
小倉2S
11.8-10.7-11.1-11-12.1-12.4もあり。
スピード面では十分足りる。

■シンボリグラン
テンの速い馬ではない。ここで逃げに出れるとも思えず。

■エイムアットビップ
KBSファンタジーS
12.5-10.9-11.0-11.2-11.3-11.6-12.6
りんどう賞
12.2-10.9-11.2-11.6-11.7-11.4-12.0
りんどう賞は悪くない。穴なら狙ってもいいギリギリというところ。
ただ、これにマーチャンの影をみれるか?

■エムオーウイナー ★★
テレビ愛知オープン4着
11.6-10.1-10.7-11.2-11.4-12.3 1-1
シルクロードS
12.0-10.7-10.8-10.7-11.2-12.4 4-3
平坦京都専門というイメージはあるが、新潟はどうか?
スピード的には十分足りる。

■スパイン ★★★
駿風ステークス
12.0-10.2-10.5-10.4-11.5  良
市川ステークス
11.8-10.5-10.9-11.3-11.4-12.4 2-1 35.3
疾風特別
12.0-10.4-10.9-10.2-11.9
たしかに同コース2連対、市川Sなどをみても、スピードはずば抜けているタイプ。ただし惜しいことに、0.3ほど理想より遅いか?

■タマモホットプレイ
紐はともかく、軸は論外。ついていけるとは思えず。

■ナカヤマパラダイス ★★★
昨年のアイビスSDは重馬場ではあるが、テンのスピードだけは過去最高クラス。
駿風ステークス 07
12.0-10.4-10.8-11.4-12.4 33.2-34.6
はやや遅い。むしろ…
1000万下 1-1
11.9-10.7-11.5-12.1-12.2-13.0 34.1-37.3
この速さのほうが光る。
いずれにせよ、この馬は典型的なココ向き。

■フジサイレンス
CBC賞 6着
12.0-10.6-11.4-11.4-11.0-11.6 8-7
1200ではこれが精一杯という印象を受ける。もう少し距離が欲しい。
直1000競馬が合うかは微妙。

■ステキシンスケクン
シルクロードS
12.3-10.6-10.8-11.2-11.9-12.3 10-10 34.6
意外とテンの速い競馬での実績は少ない。
シルクロードSがほぼ唯一のレースだが、10番手からの差しでは?

■レヴリ ★★
テレビユー福島賞
12.3-10.4-11.1-11.9-11.2-12.3 2-2
テンは遅いが、2ハロン目10.4は光る。
このレースも最後は追い込みに攫われたが1000なら勝てている。
駿風ステークスでもスパインの3着。
この条件ならオープンでもやれるだろう。

■シンボリウエスト
市川Sで、エムオーウィナーを押さえての2着あり。
12.1-10.7-11.2-11.3-11.2-11.9 3-2
と、ややスローの先行。
面白いなぁと思うのが1200のタイムが測ったかのように1:8.5。
微妙に足りないイメージだなあ。

■サープラスシンガー ★★★
福島民友カップで見せたスピードはずば抜けている。
あのとき、正直いってクーヴェルを押さえ込むとは思わなかった。

■マルブツイースター★★★
ファルコンS
12.1-10.6-11.1-11.7-11.5-12.0 7-7
小倉2歳S
11.8-10.4-11.3-11.6-11.5-12.7 3-2
小倉2Sの内容よし。外枠で全開でぶっとばせば。

■カノヤザクラ
検討の必要なし。
-------------------------

さて。これを踏まえて。

◎はクーヴェルチュール
○にサープラスシンガー
昨年突っ込んだのは本当に別定なのに斤量のせいだと思うなら大間違い。考えてみるといい、昨年、今は亡きサンアディユを切った張ったを演じたスプリンターズS勝ち馬、アストンマーチャンはどの世代だ?そう、狙うべきは3歳ではない。4歳!G1級のスピード馬はこのメンバーで他にはいない。主役無き後のスプリンターのなかで、生粋のスプリンターが何頭いることか?

▲ナカヤマパラダイス
テンの速い競馬は得意中の得意。使ってきた強みもある。状態もよく、勝負できる。

×レヴリ
スパインとの差はわずか。積極策に出れるこの条件はおそらくベスト。好枠引いて一発あるか?

△スパイン
単純にこの条件は合う。

△アルーリングボイス
陣営、ことさらにゲートの遅さを強調するが、おそらく嘘だ。
確かに速くはないが、福島民友Cではきっちり4番手追走ができているし、もともとは逃げで良績を積み上げた馬。ここは久々に脚を溜めるなどというこざかしいことをせずに、思いっきりぶっぱなせばいいだけで、狙いはつく。

△マルブツイースター
唯一の3歳の買える馬か?とはいえ、スプリント戦では古馬との差は歴然。はたしてどこまで食い下がれるか?

---------------------------
◎クーヴェルチュール
○サープラスシンガー
▲ナカヤマパラダイス
×レヴリ
△スパイン
△マルブツイースター
△アルーリングボイス
---------------------------
3-7-7で90点。
レースの「質」は福島1200と一緒だよ予想でい!
posted by たま at 03:32| Comment(2) | TrackBack(3) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

ちょっと特殊なスプリント

まー、おーよそ、スプリント戦は出足速いやつが得するようにできてるコースのほうが圧倒的に多いわけだ。
中山しかり中京しかり福島しかり。
スプリントの基本は流れ込み競馬ですがな。所詮。
ところがこの函館1200は、ちょいと様子が違う。
珍しいことに、前にいけばそれだけ損する競馬場。
スタートから登って、後半くだり。
となると、無理してオーバースピードで突っ込んだが最後、
しんどい脚ではくだりは余計しんどい。
つまりまあ、テンは遅いけど、末のあるスプリンターをかっときゃいい寸法。
まっさきに怪しいのがゴスホークケン。確かに53Kは軽いのだけど、この馬スプリンターの保証なし、
ここで抜け切るようならさすがはG1馬とほめてもやるが、
どーーー考えても、ここに出てくるのは変だろ、おい。

むしろ3歳なら、なだれ込み競馬の差しならまかせとけの2騎、
ルルパンブルーとミリオンウェーブが出てくるじゃーないの。
どうみても買うならこっち。

さて。1人気っぽいキンシャサノキセキ。
こんなアテにならん馬はおらんし、スピードまかせは裏目裏目に出るコースだけに、これもゴスと同じくらい消したほうが美味しい人気馬。
ウエスタンビーナスもまあ、いらんべ。

となると、自然と古馬も買い目は決まってくるというもの。
スピニングノアール、プレミアムボックス 、トウショウカレッジ、
シンボリグラン、タマモホットプレイあたりから買って行きたい。


つーわけで、
---------------------------
◎16タマモホットプレイ
○8キングストレイル
▲15ルルパンブルー
×10シンボリグラン
△11プレミアムボックス
△2スピニングノアール
△1トウショウカレッジ
---------------------------

◎は絶好の条件で、絶好の外枠引いたタマモ。
前も争うイメージありで、おもいっきり嵌りそう。
対抗で狙いはキングストレイル。
ぴったりだろ。ここの条件。
この馬、普段先行するけど、1200戦だと差しに回らざるをえんのよね。それだけのテンのスピードないからね。それが逆に嵌りそう。

ういー、目ぇ回る〜。
posted by たま at 21:33| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

最近流行はレディーオスカー?[バーデンバーデンC]

まぁ…なんでもいいや。
------------------
2007
11.7- 9.9-10.2-11.1-11.7-12.7
31.8-35.5
2006
11.8-10.0-10.6-11.4-11.7-12.6
32.4-35.7
2005
11.9-10.3-10.6-11.0-11.2-12.0
32.8-34.2
2004
11.8-10.0-10.3-11.1-11.6-12.5
32.1-35.2
2003
11.8-10.2-10.4-10.9-11.5-12.6
32.4-35.0
------------------
福島開幕の1200m。バーデンバーデンC。
過去5年、基本的に枠問わず前々で決まっているうえ、
おおよそテンがはやいレースになって、最後は粘りこみ。
特に昨年はあきれるばかりのハイペース。
まして雨予報で、その傾向は拍車がかかりそう。
ぶっちゃけ、ナニがきたっておかしくない?

人気の一角、アルーリングボイス。この時期走る馬だが、枠はいいところを引いたけれども、問題はいきっぷり。
テンで32秒台をマークしての8-536.0で好走したのは北九州記念。このときは完全に外差し馬場ができあがってのもの。となると、先手を望むのは酷というものだろう。
同じく人気の一角、アポロドルチェ。
裸同然だが、これもさほどテンの速い馬でもなく、ハンデ頼みが正直なところでは…なんとも心もとない限り。
見る限り、頭数こそ手ごろな13頭だが、結構大荒れが期待できそうな気もしないでもない。

6枠からだが、どうせ外から強引に前に出れる馬なら関係ない。
ダイワマックワンの51Kも魅力的。3歳ならまずここ。
実質57K相当に見込まれたマルブツイースターが休み明け、
このメンバーなら、楽勝もありか?

クリスマスローズS
11.9-10.6-11.2-11.6-11.6-12.1
33.7-35.3 1-1 35.3

テレビ愛知オープンでも5追走をしてきたオートセレブ。
53Kは随分と恵まれた印象。ぴたっと前を見る競馬ができて、
内枠、そこそこの地力と条件揃った印象で。
西日本スポーツ杯 1:08.3 
12.1-10.2-10.9-11.3-11.8-12.0
33.2-35.1 8-7 34.5
は少々物足りないが、ここから-4Kgのハンデをみれば、
十二分に通用するだろう。

56Kはまあ当然か?地力一番ワイルドシャウト。
前回の反省も込めて、今回は外から強引にいくに違いない。

頭はこのへん3頭にもってきたいところ。
---------------------
◎ダイワマックワン
○オートセレブ
▲ワイルドシャウト
△マルブツイースター
△コスモシンドラー
△エムエスワールド
△ニホンピロブリュレ
---------------------
3-7-7なら90点。頭数もあるし、思い切っていききった馬以外は団子。
結局、前と後方の極端な組み合わせのレースで想定してみます。
posted by たま at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

泣け!叫べ!!そして(ピー)!![CBC賞]

エプソムCとは対照的に、例年お定まりのパターンなのがCBC賞。
とにかく無理にでも先手を取ってこそのレース。前は止まるが、コース形状から、テンのポジション争いは激しく、飛ばすコースだが、コーナーで外に振られる差し馬は壊滅するため、毎年結局いききった馬が強いレース。
TV愛知OPで内をうまくすくったトウショウカレッジは、池添の騎乗のたまもの。あれが例年なら唯一の差しがこれるパターン。内枠から、するするっとふくれずに内差しを決める。確かにあのレースは人馬ともに強かったが、隠れた好騎乗は、無理やり先行に持ち込んだ7枠2頭の岩田と小牧。

一方、今日の知多特別は、対照的に外差しがバツンと決まった。
レースをみれば内の砂埃のあがりがかなり大きくなっている。ならば崩れるなら、外がまとめての図式だろうが…
迷うところだが、今回は内差しよりは外差しに期待したい。
外内問わず、先手にこだわるタイプがひとつ。
極端に後ろにこだわるタイプがもうひとつ。
対極どうしで生き残った馬で決まる印象か?

まず消したいのが、揉まれるのが怖い内の差し馬。
ある程度人気を集めそうだが、スリープレスナイトと
スピニングノワールには厳しいとみる。
前走で内を掬ったのが功を奏したトウショウカレッジも、
トップハンデもあり、内差しなら厳しい印象。
まず、差してくるなら、ハナから外にいかざるをえない、
トーセンザオー、キョウワロアリング、リキアイタイカンの外3騎。
はなっから他馬関係なく、後半勝負にかけてくる可能性が高い。

その対極で、どうしても先手にこだわりたいグループが、
最内のタニノマティーニ、ウエスタンビーナス、ニシノプライド。

ワイルドシャウト、ナカヤマパラダイス、カノヤザクラあたりがその後につけるイメージか?
--------------------------
◎ワイルドシャウト
○ナカヤマパラダイス
▲スパイン
×キョウワロワリング
△タニノマティーニ
△ウエスタンビーナス
△カノヤザクラ
--------------------------
◎ワイルドシャウト
いったん調子があがってくると、連発するタイプ。
一息いれて復調気配なら、差し馬よりは、先手先手でレースを
つくりにくるこっちを買いたい。CBC賞2着の実績もあるように、
このレースは合う。

○ナカヤマパラダイス
これも展開はぴたりの印象。外から仕掛けて先行すれば。

▲スパイン
美浦坂路で49秒台。調子をあげてきた印象で、駿風Sから
復調気配。54.6は昨年のナカヤマパラダイスより速い。
もともとテンの速いタイプで時計では07秒台を持つだけに、
このハンデなら十分勝負にからんでこれる。
屋根の石神深一J、実は左利き?(笑…嘘だろ?)
とにかく圧倒的に府中・新潟・中京でしかこない屋根。

×キョウワロワリング
空気を読まない追い込み馬。前にいくタイプが多く、
思いきって外ぶんまわして3着を期待。トウショウカレッジと
同質だが、内外差と、HC差で逆転の目をみる。
△ウエスタンビーナス
ハナを切る馬のなかで、最もハンデが軽い。
中山で07秒台をマークした実績もあり、案外残りそう。

△タニノマティーニ
内から先行。前走は外枠からいったぶんと、上積みぶん、
HC2K置かれたことをみれば、ここでも好勝負可能。


△カノヤザクラ
理由はキョウワロワリングと同じ。
中京実績と、外ぶんまわしの可能性を押さえて。

トウショウカレッジは、地力はある馬だと思っているが、
トップハンデで突き抜けられるかは微妙。連勝ムードのある馬
ではないし、このレースは内差しは決まらないほうにベットした
以上、ほかに買うべき馬がいるだけ。
テイエムアクション、スリーアベニューはダートにお帰りなさい。
リキアイタイカンは流石に切る理由もないが、
買うには少し厳しい…って感じで。
スリープレスナイトは5月6月は名前が似合わない?
このへん押さえるなら3着にテンイムホウのほうがマシ!
以上。4-5-7で80点をベースに。
posted by たま at 20:31| Comment(0) | TrackBack(10) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

走れ壮烈第三騎兵隊![安田記念]

毎度。競馬となんの関係もないタイトルですが…
ここまでくるとクイズです♪
ちなみに「大混戦のドレミファ・ララバイ」は、レース名から手塚治虫原作「ユニコ」の主題歌の連想でした。
それに較べりゃ今度のほうがまだわかりやすい。

さて。

もういいかげん悩んでも答えが出ないので、
予想決めちまいましょう。

先日、過去5年ラップやりましたが、どうも引っかかるのが、
今年のメンバーでホントにこんなラップを踏めるのかよ?
という思い。
とにかく、スーパーホーネットにせよ、スズカフェニックスにせよ…
とくにスーパーホーネットはずっと強いと買ってきた馬ではあるが、
逆に思いっきりうちの期待を裏切り続けてきた馬で、
今更1人気になったからさあ買ってくれと言われても、
かわいさあまって憎さ百倍。
どうしても、G1級ではあっても、堂々安田記念馬とは思えない。
例年より弛んでこれば、この2頭にはチャンスは広がる。
そういう意味ではこのメンバーなら…たしかに買いたくなる2頭
ではある。きても全然おかしくない。

しかし、しかしである。

今年の香港勢は強い。
近年ないアジア最強、堂々東洋チャンピオン軍団と
いっていいだろう。
いかにホームとはいえ、この程度のメンバーで太刀打ちできる
ものなのか?
安田記念だから日本馬に勝ってほしいのは山々だが、
それにしても心もとないメンバーである。

そして、過去5年でも触れたが、昨年の前残りはやや異常。
原因は内のやたら良かった馬場にもあるのだろうが、
2着のコンゴウリキシオーが昨年ほど走ったとて、
普通の安田記念であれば、3着といったところが精いっぱい。
基本は速い淀みない流れのなか、中団前目から早めに抜け出して
きた馬が、あっさり勝ち切るのが例年の安田記念。
最後方から追い込んできた府中スペシャリストと、
最後の最後はクビのあげさげ。

しかし、今年、コンゴウリキシオーの単騎逃げが想定されるなか、
はたしてどこまでペースが例年並みで進むのか…。
今年のメンバーなら06年同様にスローの年と
みてもいいのかもしれないが…
しかし、だからといって、大きくはペースは緩まないだろう。
まず、所詮去年だって、別に逃げがやりあったわけでなく、
先行の薄い、差し馬中心の人気に変わりなく、ペースをつくって
つっついたのはダイワメジャーではなく、マイネルスケルツィや
エイブルワン。
それなら、今年は直前に逃げて見せたジョリーダンスや
こっそり最近先行して結果を出してきたニシノマナムスメのよう
な馬もいるし、スプリント戦で前前で競馬してきたアイルラヴァゲインだっている。つまり、つっつく存在には事欠かない。
しかも、早めに動き出すであろう香港勢。
ニシノマナムスメ、ジョリーダンス、あたりも突っつきに動き出せば、仕掛けのタイミングは早くなってのロングスパート競馬になるだろう。
どっちにしても終いの1ハロンはかなりしんどくなってくる。

昨年の馬場バイアスを考えれば、
今年もし、例年の安田記念どおりなら、
基本は昨年のやり直し。
よく考えてみれば、府中1600に適性のある差し馬で、
4-8着は溢れかえっているのが昨年の安田記念でなかったか?
その差はわずかクビクビクビハナハナ。
今年もまた出てきているのが、スズカフェニックス、
エイシンドーバー、グッドババ、キストゥヘヴン。
3着のジョリーダンスはやや馬場の恩恵あってという印象もあるが、
これも安田適性はバッチリの馬。

そして、今年の日本勢にマイル王が不在なら、
自然と女王に目がいかざるをえない。
確かに、ヴィクトリアマイルのレースは褒められないが…
ヴィクトリアマイル
12.4-11.3-12.0-12.2-12.1-11.2-11.0-11.5
35.7-60.0-33.7     0.9
6-7 33.4 10-9 33.2 7-4 33.6

テン2ハロン23.7、1000m60.0のスローの流れで、
中間12.2-12.1からの0.9加速。
どこからみても安田記念に繋がるとは思えない、
末脚偏重レースとなったヴィクトリアマイル。
牝馬戦らしい切れ味勝負であると同時に、
後方からの馬、瞬発力に劣る先行勢は思いっきり
割をくう流れ。
戦犯はピンクカメオ、内田博の作ったペースと
みていいのだが、結果的に得をしたのが、勝ち馬のエイジアンウインズ。それに対して、どうにも勝てない位置から差したウオッカの組み合わせ。
ニシノマナムスメは3-3 34.3。
完璧に切れ負けしたといえるが、今回注目はこの前にいった3騎。
抜群の切れ馬には屈したが、ヤマニンメルベイユやジョリーダンス
、ピンクカメオといった、比較的牡馬とやっても
通用してきた持続力のある組と同じ位置で同じ競馬をしている。

期待できるとするなら、まずはレースが厳しくなることでウオッカの巻き返し。
次に、この組からは出てこなかったメルベイユはまあいいとして、
不利でマナムスメに先着を許したが、体調面の上がり目を考えれば、
マナムスメよりはジョリーダンス。

また、直前のレースからは、ここへの適性が最も出ているのが、
マイラーズカップ。

12.8-11.3-11.4-11.7-11.6-11.2-11.2-12.4
35.5-58.8-34.8
5-6 34.3
8-8 34.1
10-10 34.0

テン24.1と緩めに入るものの、そこから弛ませずに
11秒台をずっと刻んで終いは坂を12.4。
仕掛けの速さといい、底力戦といっていい。
最も前前で押し切ったのがカンパニーだが、そのカンパニー不在なら、まず注目は7-6からのハイアーゲーム4着。
ニシノマナムスメは8-8からあがり3番手で34.1の2着に踏ん張った。勿論、シブトイよい競馬をしているものの、この流れでなら、
前々で踏ん張れた実績を重視していきたい。

中京記念
12.2-11.1-11.5-13.1-12.5-11.6-11.3-11.6-11.6-11.9
34.8-60.4-35.1     0.9 0.3
9-7-4-3 35.1
スローから仕掛けのポイントが速く、中京の持続戦といって
いいだろうこのレース。
ハイアーゲームは早めに動いた結果、
最後は後方からきた軽ハンデとワンモアチャッターに掬われた。
しかし、57K以上勢では最先着しているし、
やはり理想はスロー目からのスパート競馬にある。
府中マイルでは、スタートでついていけるかだけが、
思いっきり問題になるが、最後方からいくような消極的な
騎乗でなく、なんとか中団につけられれば、流れに乗れば
チャンスは湧いてくるだろう。

したがって。
今回狙ってみたいと思える馬をいったん内から整理すると…
--------------------------------
・1-1ハイアーゲーム
・1-2キストゥヘヴン
・2-3エイシンドーバー
・3-5ウオッカ
・4-7グッドババ
・4-8ジョリーダンス
・7-15ブリッシュラック
・8-16アルマダ
・8-17スズカフェニックス
--------------------------------
以上9頭。印を打つなら…
------------------------------
◎グットババ
○ウオッカ
▲エイシンドーバー
------------------------------
×ハイアーゲーム
△アルマダ
△キストゥヘヴン
------------------------------
△ジョリーダンス
△ブリッシュラック
△スズカフェニックス
------------------------------
外枠17番はちょっと厳しいスズカフェニックス。
もともと安田記念への適性はさほど高いとは思えない。
とにかく仕掛けの遅い馬。ここでは軽視したいところで
せいぜい3紐。
昨年、内で詰まったことで、クビクビクビ遅れたが、実質上位とそん色ない力は見せたグットババ。止められる器ならやはりウオッカ。
ここ2頭に頭を期待。

また、昨年よりも調子は良さそうなエイシンドーバーも、
今年のローテなら、スズカフェニックスを上回れる可能性は高いとみる。
もともと地力上位の馬が、きっちりと調教を積んで出てくるの
だから、この人気はいくらなんでもないだろう。
よくみれば、中山記念、マイラーズCと負けたカンパニーはここにいない。ならば、絶好のローテで挑むのはこの馬ということになる。

また56Kはけっしてプラスにはならないものの、中山牝Sで、56.5Kを背負って、マイラーズC好走のニシノマナムスメを
12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5
36.2-60.8-35.8    0.5
のロングスパート競馬で押さえこんで 6-8-10-9 35.1で3着を死守したのを考えても、今期の好調っぷりは抜けているキストゥヘヴン。
京王杯SCは、本来のこの馬にとっては切れすぎる競馬で、
流れ不向きのぶんSホーネットにやられたが、
むしろ安田記念の昨年8着を買って、ジョリーと遜色ない能力なら、
調子面ではむしろこちらを上にみる。
また、流石に今年はちょっと年齢的に厳しいか?
ブリッシュラックは3紐までに留めて、多少前後はするかもしれないが、3-6-9の105点をベースに据える。
posted by たま at 01:42| Comment(3) | TrackBack(5) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

女王様とおよび![ヴィクトリアマイル]

2007
12.3-10.8-11.7-11.8-11.6-11.2-11.2-11.9
34.8-58.2-34.3     0.4
2006
12.6-11.2-11.6-12.1-12.2-11.4-11.3-11.6
35.4-59.7-34.3     0.8


府中マイルの牝馬戦自体、サンプルが少ない上、
まして古馬牝馬のオープン以上となると…10年ほど前の
府中牝馬Sくらいしか近い条件のレースが無いだけに、
漠然とした傾向しか測ることはできない。
ひとつ言えるのは、世の中牝馬だけにスローからの
決め手比べ、という論調も強いが、意外と、そんなに
特殊なラップにはなっていない点だろう。
06年は確かにスローの後傾ラップになってはいるが、
中弛みからの急加速戦と、07年は平たい持続戦と、
全く違うラップが出ている。
テン12.3からずっと飛ばした競馬になっている昨年は
ちょっと特殊と見ていいのだろうか?

サンスポ杯阪神牝馬S 1:21.4
12.8-11.1-11.5-11.8-11.3-11.3-11.6
35.4-34.2     0.5

1-1 34.2で逃げ切ったエイジアンウインズ。
今回もハナを主張してくる可能性もあるが、本来は
自在に位置は決めてくる印象で、ハナに拘る馬ではない。
阪神牝馬S自体は、ペース自体緩く、突き放す脚も平凡の域。
あまり凄い素質馬、という印象ではない。
鳥羽特別のタイムは光るし、牝馬戦なら展開利もありそうで、
前走の再現は不可能ではないだろう。
ただ、ここまで勝ち上がってきたレースはほぼ全て前半から
飛ばしてのシブトサを問われるタイプのレース。
そしてスローの前走で逃げての34.2なら、弛んでもきちんと
いい脚は使ってきそうな印象もある反面、どこまで?
という疑問もつきまとう。
なにしろ前走は内回り阪神1400でのもの。
単純に後ろからきた組を今度も押さえこめるとも思えないのも
ホントのところ。
実際、ローブデコルテを始め、切れ勝負は歓迎しない先行勢が
いるレースだし、
むしろペースを作ると考えるべきはヤマニンメルベイユのほうだろう。
あまり弛んだ展開にもならない可能性もあるし、
遅いようなら進出は速いはず。いずれにしても、牝馬戦だから
といって、楽に差し脚だけの競馬という予想での人気はちょっと
疑ってかかるべき。

福島牝馬S
12.4-11.4-11.8-12.3-12.0-11.5-11.6-11.7-12.4 2-2-2-2 35.7
35.6-59.9-35.7     0.5
芝1800福島で、スロー目に流れての先行で粘り切れずとなれば、
ぱっと見は厳しそうに見えるが、それは大間違い。
確かに前半、とくに2-4ハロンの遅さはあるが、そのぶん
後半800mのロングスパート。0.5加速の位置が極端に速い終い5-4ハロン目
に出ていることから、終いはかなり苦しい競馬。
そこで56Kを背負っての1:47.2、4着は、今の充実っぷりを如実に現わしている。
逃げで怖いのはエイジアンよりよほどこちらの馬のほう。
展開のカギを握るのは、仕掛けどころ。
これは福島牝馬より1ハロンは遅れる。
さらに今回はウオッカの位置取り次第。
すんなり早めに動かれれば、全馬が襲いかかってくるだろうが、
逆に後半動くに動けないなんていうことになれば、逃げた馬には
絶好の展開になってくる。
もちろんそこまでドンピでくることは歓迎しないが、目は大ありと踏んでいい。

ウオッカが早く動いた場合には、外から見て進出できる、
9番より外の差しを狙う。当然最も気持ち悪いのが叩き2戦のトウカイオスカー。
決め手は抜群。同屋根同条件のアイルランドTをきっちり差し切っているのも好印象。
12.9-11.0-11.5-11.5-11.8-11.3-11.5-12.3
35.4-58.7-35.1    0.6
5-6 33.8
ややスロー目のスタートからずっと弛まずいって、終いはしっかり0.6加速では
終いは苦しいのが当然。このレースで追走できるなら、ヴィクトリアマイルでも
きっちり力は出せておかしくない。

また近走不利も有り、いまひとつだが、力の衰えは感じさせないジョリーダンスを押さえておく。
安田記念、昨年のヴィクトリアマイルと府中マイルはベストではないものの、かなり走る印象あり。最後の1ハロンを戦い抜く強さは牝馬戦向きではないため、やや印は落とすが、能力的には最右翼では?
また、今回が叩き3戦。昨秋の勢いは止まったが、もともと強力なマイラーと踏んでいる一頭、レインダンスが出てきたからにはこれも押さえは必要だろう。

------------------------------
◎ヤマニンメルベイユ
○ウオッカ
▲トウカイオスカー
×ジョリーダンス
------------------------------
△レインダンス
△ニシノマナムスメ
△エイジアンウインズ
------------------------------
ウオッカは悩むな…消しやすい馬だけに、消すのはべつに
難しくはないのだけど。それに、これが頭だと
組み合わせによってはトリガミくらいそう…
posted by たま at 08:20| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

[京王杯SC]

京王杯SC
2007
12.3-10.9-10.9-11.2-10.6-11.6-12.5
34.1-34.7 0.6
2006
12.5-11.1-11.6-12.0-11.2-11.4-12.0
35.2-34.6 0.8
2005
12.4-10.7-11.0-11.4-11.1-11.4-12.3
34.1-34.8
2004
12.0-10.4-11.4-11.7-11.5-11.4-12.0
33.8-34.9
2003
12.3-11.2-11.4-11.7-11.2-11.5-11.7
34.9-34.4 0.5

ラップ傾向は府中1400のイメージから大きく逸脱
するものではないのだが…
仕掛けどころはフルに終い4-3ハロンでかなりの
加速があることが多く、前半が遅くなると最後まで
伸びきれる。
このレースで一番多いのが、前半から飛ばしていく
ケースがあり、それが最後1ハロンの
厳しさに繋がっている。
同条件の条件戦とは一線を画した
レースになっており、通常であれば、ここを先行して
勝ち切れる馬なら安田でも期待できるタフなレースになる。
逆に言えば…とにかく最後は末脚勝負に徹した馬が
突き抜けやすいレースでもある。

今年に限っては、どうも牽引役が物足りない印象は否めない。
おそらくザレマ、インセンティブガイ、スターイレブン、
キングストレイル、イブロンなど、数多くの先行組はいる
のだが、強力な先行のイメージはないし、どの馬が
積極的にいくかも不透明な状況だ。
このコースの大きな特徴が、スローになってもやっぱり
終いのある馬でなければ連対しない傾向があることで、
先行馬が勝ち切るには、積極的に厳しいラップに持ち込んで
いくしかないのだが、それだけの競馬をできる前とも
ちょっと思えない。
そのため今年は単純に、決め手上位で考えて問題なさそう。

はっきり言えば、人気の2頭。
スーパーホーネットとスズカフェニックスに逆らうのは
基本的に得策ではないということ。

では、荒れる要素は無いかといえば、
スローからの決め手比べの場合、例年のように
ちゃんとしたスピードを維持できれば地力がモノを言うが、
時計を問われなくなればなるほど、紛れがでるのも事実。
特にスーパーホーネットは、近走こそ終いの競馬も
良くなっているが、もともとはマイル的な底力戦でこその
馬だっただけに、ドスロー競馬は歓迎しないクチ。
この馬が走れないというより、ほかに走れる馬がいるという
ことにすぎないので、弱点というほどではないが。
いずれにせよ、あまりに武を意識した競馬になってしまっては、
思わぬ落とし穴が待っていても不思議ない。
---------------------------
◎スーパーホーネット
○スズカフェニックス
▲ダンスフォーウイン
×キストゥへヴン
---------------------------
△ハイソサエティー
△アドマイヤホクト
---------------------------

◎スーパーホーネット
朝日杯以来のおつきあい。なんだかんだいって買わないわけにも。
メンバーみてもチャンスだし、1400の今回はベスト条件。
武だけ見て競馬するだろうから順当ならちょいっと差すだろ。

○スズカフェニックス
消したいが、ここはチャンスだろうなあ。

▲ダンスフォーウイン
奥多摩S12.3-10.9-11.2-11.3-11.2-11.8-12.1 1:20.8 15-16 33.9
の勝ち鞍が光る。今回は得意条件に変わって、前走から引き続き要注意。

×はキストゥヘヴン。
終い3ハロンの数字では見えてこないが、
実際、1600以上で厳しい流れでもしっかり脚を使ってきた馬。
前走の阪神牝馬Sでは、12.8-11.1-11.5-11.8-11.3-11.3-11.6
と、スローからの加速競馬で、13-12 33.8での4着は上がり2番時計。
つまり、1400でスローなら、33秒台は出せる。伊達に桜を戴冠した
わけではない。
一瞬の脚を長く使えるタイプではなさそうだが、
そのぶん距離短縮が向くとみて期待する。

△ハイソサエティー
谷川岳S 1:20.4
12.0-10.5-10.8-11.3-11.6-11.8-12.2
10-11 34.2
単純に、このペースで追走すれば、好走はできる。
クラス慣れも見込めるし、府中実績も示すとおり、
↑こういう流れでは強い。
そしてほぼそのまんま京王杯SCの想定に近い流れなのも
いうまでもなく。

△アドマイヤホクト
ちょっと調教が復調気配。屋根横山典で、どうもここでちょいと
差されて3着しそうな匂いがする。
posted by たま at 09:34| Comment(4) | TrackBack(3) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

ゴーゴー、ソング、レッツゴー…ハイキングかよ?[NHKマイルC]

まあ、過去5年ラップは、今回はほぼ意味をなさん
だろうなー…とは思う。

12.1-10.5-11.6-12.0-12.3-11.5-11.7-12.6
34.2-58.5-35.8 13-14 34.9 4-3 35.6
12.1-10.8-11.3-11.5-11.8-11.7-11.5-12.5
34.2-57.5-35.7 11-10 35.0 3-4 35.5
12.5-11.0-12.0-11.9-12.0-11.3-11.3-11.6
35.5-59.4-34.2 4-4 33.6 6-4 33.8
12.1-10.7-11.1-11.7-12.2-11.6-11.7-11.4
33.9-57.8-34.7 9-9 34.0 9-9 34.7
12.0-10.9-11.2-11.7-12.0-11.6-12.1-12.7
34.1-57.8-36.4 2-2 35.9 10-10 34.7

逃げるは我がPO馬、ダンツキッスイ。
人気も我がPO馬、ファリダット。
実力一番と評価されているのは、「ダービー馬発見!」
と500万下のラップでさんざん吹いたディープスカイ。
何を買えっていうんだ、このレース?!(苦笑)

まあ、とにかく。
ダンツキッスイいる限り、レースでスローはありえない。
逃げ馬の最後の1ハロンなんて数えても意味はない。

NZT57.7 8着
アーリントンC 58.4 1着
3歳500万下 57.6 4着
萩S 59.8 2着

59.2から3-2-2-2で下手に抑えた中京2Sで6着。
59.4の東京スポーツ杯で道中弛めて9着。
弛まぬマイル。
最後に坂もなく、全馬が早めについてくる
中山マイルは完全に不向き。

一方のゴスホークケンの逃げと比べれば一目瞭然。

第59回朝日フューチュリティ(G1)
12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
34.7-58.3-35.2       0.7
ニュージーランドT芝1600中山
12.5-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-12.4-12.9
34.5-57.7-37.3

テンは互角だが、そこから全く緩めずいききる
ダンツキッスイに対して、道中弛めて終いの瞬発力で
中距離型のレースに持ち込みたいゴスホークケン。
まずゴスホークケンにとっての相性は最悪だ。

ゴスホークケンがついていくなら、レースはおそらく消耗戦の様相になる。ただ、問題はわかっていてついていくかどうか。
1800mの東京スポーツ杯で、この2頭がやりあった時も、
結局すんなり落ち着いて、
13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
35.2-59.4-35.2。      0.8
結果はゴスが先着しているが、これは朝日杯と同じ、
後半抜けてくる脚の速さで勝負するまっとうな競馬でのもの。
今回の舞台府中マイルを考えれば、どちらが可能性の高い逃げ馬かは
明明白白。
まずゴスに目はないだろう。今回はたたっ切る。
一方、毎日杯でついに初重賞をさらったディープスカイ。

毎日杯
12.7-11.0-11.3-12.1-11.9-11.7-11.8-11.3-12.2
35.0-59.0-35.3          0.5
道中ほどんど弛まぬレースっぷりと、しっかり脚を
使っての8-9 34.8は、確かに強さを感じるし、
マイルでもやれそうに見える。
マイル適性自体は比較的ある馬がきやすいレースに
なるコースだけに、ここでも勝負になるだろう。
能力は疑いないところ。
しかし問題は、前半35.0から59.0での追走から、
ゆるやかに下り続けてスピードに乗る阪神1800ということ。
この馬は基本は前半がとにかくトロいなか、差し切れないできた馬。
府中マイル経験はあるものの、10番手からで2着。
前半59秒のスローにもかかわらず前での競馬ができずに
2着どまり。マイルでは全幅の信頼はおけない。
中団でしっかり競馬ができるようになってきた地力強化が、
前走の好走につながっているのは言うまでもなく、
出に不安のあるこの馬にとって、スロー目に流れる阪神1800が、
いかに向いたコースであったことか。
スタートさえしっかり出れば、イーブンラップで押し切る
こともできるし、スローで中距離的な競馬もできる。
だが、テンから速く、後半グダグダになるマイル戦ではどうだろう?
堅実に脚を使うことはできるタイプだが、中距離のレースに比べて、
魅力は少ないのは確かだ。調教師はマイラーやといっとるけど…
そうかなぁ?

3歳500万下
12.5-11.5-12.5-13.0-12.7-11.3-11.4-11.8
36.5-62.2-34.5
16-12 33.4 2着
未勝利
12.5-11.4-12.1-13.1-13.5-12.5-11.7-12.0-12.1
36.0-62.6-35.8
4-5 35.6 1着

2歳未勝利 府中1600
2歳未勝利
12.7-11-11.4-12.1-12.2-12.1-11.6-12.2
35.1-59.4-35.9
10-10 35.2 2着

おいかけてきたレッツゴーキリシマだが、
この馬も、府中マイルはどうか?
12.2-11.5-12.5-12.6-12.6-12.8-12.3-11.2-11.5-12.5
皐月賞は完全に中長距離のレース。
マイルCの意味合いが大きくなるとともに、
近年では皐月賞の意味合いも変わったのだろう…。
こういう競馬が皐月賞のレースで出現するとは…というほどの
中距離的なレースになった。弛んで1.2加速からの3ハロン瞬間の
脚で決まるレース。これは確実にマイルには直結しない。
まあ、この馬からすれば、逆にそれが敗因なのだが。

第59回朝日フューチュリティ(G1)
12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
にしても、基本淀まぬラップは評価できるが、
展開的には瞬間の脚で決まるレース。
結局のところ、今回の好走は担保されないのに変わりないが、
先行勢では最も買える一頭。


どうも本命は他のところにいきそうだ。
---------------------
◎ダノンゴーゴー
○スプリングソング
▲リーガルスキーム
×アポロドルチェ
△エーシンフォワード
---------------------
△ダンツキッスイ
△ディープスカイ
△レッツゴーキリシマ
---------------------

◎ダノンゴーゴー
1200の馬にみられがちだが、前走は、逃げたのがダンツキッスイ。
12.5-11.0-11.0-11.4-11.8と前半1000mで
57秒7…テンは緩めだが、息いれずにすっとばした結果、全馬バタバタに。
この手のラップで脚を失わなかったのが、エーシンフォワード、ホッカイカンティ、ダノンゴーゴー3騎。
6-11、8-16、6-12と、いずれも外から末にかけるしかなかった馬。
ほとんど着順はハナクビアタマまで追い詰めたが、差はほとんどない。ホッカイカンティが離脱すれば、残るは2頭。府中に変われば、実績のある左回り。

○に連勝中のスプリングソング。
芝1600阪神1:35.4
12.6-11.1-11.7-12.2-11.9-11.6-11.9-12.4
35.4-59.5-35.9
8-4 35.6
スローから早めにおしあげて押切。
持続性は高い競馬で、終いのかかる展開。
そこで後半押し上げたのは強い競馬で、マイルになんら問題はなさそう。前走の1:08.5も優秀。
12.2-10.5-11.3-11.7-11.3-11.5
34.0-34.5
京都でのものだが、タイムでいえばずば抜けている。

▲はリーガルスキーム。
D1400しか実績が無いが、とにかく楽勝。前走は6馬身つけた。
レースっぷりからは芝がまるでダメとは思えない。
3歳500万下
3歳500万下 ダ1400
12.2-10.9-11.7-12.1-12.4-12.2-12.8
34.8-59.3-37.4
3-3 37.0
テンから飛ばして終いのかかる展開。6馬身ぶっちぎった。
見事なまでの消耗戦で、ダートのレースだが、天候も
考えれば、展開はばっちり向く。
先行、先行できたが、初芝であることが偶然差しに向きそう。
抽選で安藤をおさえられた運も味方で、ここは買い。

×気持ち悪いのがアポロドルチェ。
いちょうSでもわかるように、本質は切れで勝負する馬だが、

京王杯2歳S 稍重
12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-11.4-12.2
35.0-59.1-35.5  0.3 0.5
中間弛んで瞬発力の必要になった稍重の府中で、
きっちり結果を出した。

1着アポロドルチェに2着ドリームシグナル、
3着レッツゴーキリシマ。
基本はスローからの競馬だが、馬場を考えれば、
終い1ハロンは我慢の競馬になっている。
9-9 34.9はあがり一番時計。
今回は叩き3戦で、調教が変わってきており、一変を期待する。
ドリームシグナルはシンザン記念でも厳しい流れから追い込み一発が
あるように、このレースは好レース。

最後がエーシンフォワード
アーリントンCまで、比較的スローから切れる脚で
勝ち上がってきた馬だが、前走NZTでは、厳しい流れのなかを、
10-9-11 35.8で2着に食い込んできた。
これはこの馬にとっては大きな収穫。
着順は位置と通った個所の差もあるため、力量差が
あるわけではないが、叩き3戦、ここ一本のローテが非常にいい。
---------------------
◎ダノンゴーゴー
○スプリングソング
▲リーガルスキーム
×アポロドルチェ
△エーシンフォワード
---------------------
△ダンツキッスイ
△ディープスカイ
△レッツゴーキリシマ
---------------------
中距離勢からは、信用できる馬だけを残して、
中距離的な差しは消す。
あとは短距離で差しの見込めそうな馬でまとめる感じ。
去年も同じタイプのダノンムローに◎で、昆調教師の
ゲレイロに○を打っているが、全く進歩してない馬券だ(苦笑)
posted by たま at 08:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

命短し走れよ乙女[桜花賞]

さて。クラシックですねぇ。
なんか桜、散ってしまってるような感じですが。
なんでかなー、地球温暖化か?とか思っていたら、よく考えたらなんのことはない、昨年は1週はやかったような。

どの馬が来るもんだか、さっぱり混戦模様とのことですが、
意外にもすっきり予想は収まりました。
結論から。

----------------------
◎トールポピー
○オディール
▲エイムアットビップ
×ルルパンブルー
-----------------------
△レジネッタ
△ソーマジック
△マイネレーツェル
△ベストオブミー
-----------------------

◎トールポピー
○オディール
基本、トライアルのチューリップ賞を順調に超えたこの2頭の
力が抜けていると判断。期待度でポピーをやや上に見ているし、
この2頭が並び立つというよりは、どっちか頭の印象で。
チューリップ賞自体はドスロー競馬だが、どちらも
休み明け初戦からこれまでなかったパターンのスロー競馬を
クリアしたことで、非常に幅ひろいペースでの
好走実績を持っている。

■チューリップ賞
12.6-11.2-12.3-12.6-12.6-12.0-10.7-11.8
36.1-61.3-34.5
1-1 34.5
6-5 34.1
13-11 33.5
マイルで前半61秒台、道中弛みっぱなしのスーパースロー。
レースラップで34.5で、オディールの33.5は抜けた末脚。
ただし、ガサの無い馬で本番+1K、体重等、不安点もある。
一方、終い34.1がギリギリの瞬発力とするなら、
死角はそこになるのだが、それでもこの位置からなら
十分な力を見せているトールポピー。
あくまでスローには対応できたにすぎずに、
どちらかといえば厳しい流れに強い、シブトい脚を使うタイプ。
かつて魔の桜花賞ペースと言われたハイペース競馬になる
可能性が常につきまとうこのレースでは、むしろ本番向きの馬。
■阪神ジュベナイル 1:33.8
12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7
34.4-58.1-35.7     0.4
テン速く、そのまま落ちずに11秒台の並んだレース。
11-8 35.2
17-15 34.8
10-8 35.4
そういう意味では、阪神JFは、ひとあし先に
桜花賞のシュミレーションとしてもっとも近いレースを
既にしていると考える。
そこで前々で粘っての4着と、強さを見せたオディールと、
きっちり中団から差し切ったポピーを買うのがやはり手順。

▲エイムアットビップ
そのJFで、勝ち馬とほぼ同じ競馬をしたのがエイム。
さらにこの馬の場合秀逸なのは、やはりファンタジーS。

ファンタジーS  1:21.1  芝1400京都
12.5-10.9-11.0-11.2-11.3-11.6-12.6
3-2 34.2
1-1 35.7
FR
12.1-11.0-11.7-11.9-11.6-11.8-12.4
コースが違うが、比べてみると坂がなくても、
エイムアットビップの快速逃げで、終いベタベタに
かかっているのが実はファンタジーS。
しかもどちらかといえば、京都1400のほうが差しは嵌る。
ここで3番手から押し切ったのがオディール。
エイシンパンサー、ビーチアイドルをねじ伏せており、
マイネレーツェルが34.5であがっても、10-12 34.5で8着に敗れた
ことからみても、このレースはもっと評価されるべきレース。
このレースを逃げで走れる馬が、差しを覚えて、
先行差しをしようというのだから、怖い存在。

×ルルパンブルー
今回最大の惑星はこの馬。
関東馬では最も買える実績馬。
フェアリーS
11.7-10.2-11.0-11.9-12.1-12.9
32.9-36.9
14-15 35.4
8-8 36.2
11-11 36.1
テン2ハロン21.9、このペースでいって止まらないほうがヘン。
最後止まったのが3追走のエーソングフォーで4着。
実はこのレース。終わった時はレベル低いとか言われていたが、
今となってみれば、1着はG3で3着、2着はOP2着、3着はG2勝ち、
4着がOP勝ちと、結構力通りに決まっている。
けしてフロック勝ちではないのは、このあいだのファルコンSで
証明している。
輸送経験が最も高く、阪神も1400を経験済み。
ききょうSではややスロー目の阪神1400にも対応しているし、
基本終いのかかる展開で浮上するがゆえに、後半なだれ込む
中山1200に良績を持つだけで、1200専門かどうかはまだわからない。
クイーンCは休み明けで度外視できる。
実は、全17頭で、前走までに55K経験者は数少ない。
エフティマイアとルルパンブルーの2頭である。

△ソーマジック
アネモネSはあまり評価せず。あのレースだけみるなら、
買うべきはシャランジュ。ただそのシャランジュがガサの無い馬で、
+1Kのハンデがどうかと感じるところ。
仕方ないので
春菜賞 1:22.8 芝1400府中
12.5-11.2-11.9-12.1-11.7-11.5-11.9
35.6-59.4-35.1  0.4 0.2
6-7 34.2
テン緩く、道中は緩みが小さく持続する決め手の勝負。
先行差しまで、前にいった馬で決まるパターンで、
展開的には上位2頭は確かによく差したとは思う。
このへん、力の片鱗を感じるのと、
やはり55Kは苦にしないガサのある馬。

△レジネッタ
阪神JFの競馬、ここ2戦を見るなら、中心視できる馬。
ただ、妙に調教軽いのが気になるため、ここまで。

△マイネレーツェル
△ベストオブミー
FR組。馬鹿にされているが、そんなに馬鹿にしたもんでもない。
この2頭、どっちも速い展開は歓迎で、ポピー、オディールの
抜けた後の2着3着をやる力はあるとみる。

アマポーラ、ブラックエンブレムはそれぞれ力不足とみて、
あくまでチューリップ賞―ファンタジーSラインで。
posted by たま at 08:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

NZTもだが…脚を余した馬がくるとは限らんだろ[阪神牝馬S]

んー…難しいなぁ…このレース。

基本的には位置取りは各馬すんなり決まりそうな印象で、
人気どころが後ろに固まりそうなところで、内回りの阪神1400。
牝馬限定戦で、おそろしく前の速い展開にもなりそうになく、
前もかなり粘りがききそう。
てな感じで結論。
-----------------------------------
◎タニノハイクレア
○ローブデコルテ
▲ピンクカメオ
×キストゥヘヴン
-----------------------------------
△ヘイローフジ
△アルーリングボイス
△ブルーメンブラット
△ミルクトーレル
-----------------------------------

◎4タニノハイクレア
うずしおS
12.3-10.7-11.3-11.6-11.9-11.5-12.4
34.3-57.8-35.8
1-1 35.8
3-2 35.7
6-7 35.5
馬場のよいときの同条件で6番手追走から前を残したが、
このレースができれば好勝負か。
調教を見る限り調子もよく、今ならこのメンバーでも。

○ローブデコルテ
阪急杯
12.4-11.1-11.2-11.4-11.2-11.4-12.0
34.7-57.3-34.6
1-1 34.6
8-8 34.2
5-5 34.7
前走はやや恵まれた印象あるが、力のあるところを見せた。
京都牝馬Sでは、人気のブルーメン、キスとの差は3K。
今回は別定戦で2K差なら、1K差は減っている。
調子もよさそうで、どーも屋根の福永が嵌りそうな条件だけに。

▲ピンクカメオ
なにやら気合の連闘で。仕方ないのでまた狙う。
今週は池添ウィークか?

×キストゥヘヴン
前走で56.5Kを克服。ハンデが減るのはよい。
中山牝馬Sの競馬ができれば。

△ヘイローフジ
この条件は合いそうな馬。シブトイ。

△アルーリングボイス
この馬、1200戦が続いているので極端に後ろの競馬ばかりに
見えるが、実際、好走時は前で競馬している。
今回、1400でペースが緩むようなら想像以上に前にいる
可能性が高い。

△ブルーメンブラット
阪神カップ
12.2-10.9-11.3-11.6-11.2-11.3-12.1
34.4-57.2-34.6
11-9 34.1
9-9 34.2
15-12 34.0
まあ…ここ数戦勝ちあぐねているが、
後藤も積極的に動きそうで、ここは消し切れず。
とはいえ、阪神カップは展開的には向いている。
ここまで後方からだと、近走の成績は妥当ともいえる。
後藤が前前で運ぶかどうかがカギで、また善戦の可能性も高い。

△ミルクトーレル
あら不思議。これ一頭押さえておくと、
瞬発力勝負に対応できる買い目になるから面白い(苦笑)
末はある馬で、この条件は本質合わないが、
極端なスロー、もしくは極端なハイペースにレースがぶれると、
どっちでも突っ込んでこれる。
ただ、普通なら「いらん」とここでは思う馬なので…
消すかもしれんけどね。
posted by たま at 14:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにかが違う…なにかが[NZT]

んー…どう予想してもしっくりこないなぁ。

まず、人気どころの取捨が難しい。
朝日杯勝ち馬のゴスホースケン、スプリングS4着は展開不利が
みえているアサクサダンディ、ファルコンSを強い勝ち方をした
ダノンゴーゴーあたりが人気になりそうだが、
どれもこれも強い馬ではあるものの、いずれも弱点を抱えている。
まずゴスホークケン。
買える要素としては、調子は走れそうな点、
中山マイルG1を実際に好タイムで勝っている点。
したがって当然ラップ適性も高い点。
マイナス要素はなんだかんだと休み明け。
今度は内にダンツキッスイがおり、朝日杯の再現は難しい点が
あげられるだろう。
ひとつ言えるのは、ゴスホークケンとダンツキッスイが
並ぶ以上、中間弛んだラップにはならないだろうということと、
枠と、レースっぷりから、逃げるのは今回ダンツキッスイ
であろうことは間違いない。
ではゴスホークケンはどう出そうかといえば、
ひとつは一気にいくパターン。外からおっかぶせて無理に前に出る。
この場合、この馬のいままでのレースから考えれば、中間弛みぎみ
に流れてドンと加速する中距離型のレースにはまずならない。
むしろ、ほぼ間違いなく一気にエンジンがかかるほう。
半端に出ては外、外、外で終わってしまう。
こうなると2頭併せのかたちでいかざるを得ない。
かなり厳しい条件だが、屋根の内田J、サンアディユのやり直し…といくのかどうか?
そしてこうなった場合、これまで基本中間弛んでの瞬発力勝負で
強さを発揮してきたアサクサダンディにとっては非常に厳しい。
思った以上に緩いペースになったスプリングS。
持続性も必要な流れになって、コーナー
まわりつつ加速の続く流れでは差しには厳しい。
4ハロン仕掛けで最後12.0でまとめられては、後ろから食い込むのは難しい。
好位から典弘得意のパターンのフローテーションとは騎手の差だろうし、着差は10着までほとんどないようなもの。
抜け出す脚の速さで決まったレースで脚を余したとかの言い訳も、
あながち嘘ではない。
しかし、府中3歳500万下、若竹賞も同じ傾向のレースで、
中山マイルの未勝利勝ちも、
12.5-10.9-11.2-12.1-12.7-12.1-11.8-12.1
と、弛んで0.6-0.3と加速してくるレース。
ジュニアカップは前半の速い流れにつきあいすぎで、
33.7-36.9のなかを5-5-3 36.8。
これは沈んでも仕方ないとはいえ、唯一の惨敗が、
12.3-10.7-10.7-11.3-12.2-12.4-12.2-12.3のなかの追走となると、
脚を溜めてナンボの中距離型以上で力を出すタイプにしか見えない
のが辛いところで、正直有力馬のなかで、最も中山1800はともかく、
1600が向かないタイプの馬だとしか言いようがない。
むしろ今回は消しておいて不思議ない。

残ったのがダノンゴーゴー。
これがまた、アサクサダンディの対極にあるような馬。
3歳500万下3着の京都マイル戦。
ここで逃げたのがダンツキッスイ。
12.4-11-11-11.6-11.6-12.1-12.5-13.3
一見厳しい流れのようだが、
このレースもいつもの一人旅。
したがって2番手以下は離れて速いラップでは
走っていない。
ゆえに2-2のルールプロスパーが残ってしまう。
アーリントンカップと同質の競馬で、流れは緩くはなっていないので
全体的に終いはかかっているが、さほど前に厳しい流れではない。
実際、大きなギアチェンジのある競馬は未経験で、
ほとんどがスピードで流れ込むタイプのレースでの実績。
急なギアチェンジを要求されるより、
さざんかS 芝1400阪神 1:22.5
-----------------------------
12.6-10.9-11.4-11.8-11.9-11.5-12.4
34.9-58.6-35.8
-----------------------------
1-1 35.8
3-2 35.2
3-4 35.7
のようにシブトサを活かしたほうがいいのが本質だと思う。
人気どころでは、実はかなり中山マイルで期待できる。

ところが…、ところが。
問題はホントぅにダンツキッスイとゴスホークケンが並んでいくか?

ダンツキッスイだが、前走は明らかに他馬の嘘をついたかたちに
なって、おっかけてくるのが遅いレース。
これは阪神マイルで、この馬がすっとばしても、「どうせ…」
と思われていたことと、ポルトフィーノがいたことが大きいだろう。
今回の舞台は中山マイル。ならばどの馬も一度加速すれば、
下り下り下りで、否応なくスピードに乗って、ガンガン追ってくる。
そして待っているのは、平たいコーナーから2.3mの坂(阪神は1.8)
となる。
どう考えても、前走の再現は難しいのだが、
それでも同じ競馬をしてしまうのがこの馬。
藤田も全く気にしてないふうだから、
そりゃあ今回もバンバンすっ飛ばしてくる。

こうなった時、1頭離し逃げの番手追走という、絶好のポジションを
さほど無理せずにゴスホークケンが手に入れられる可能性が出てくる。そのうえで、勝手に潰れるであろう馬を、積極的に追いかける
騎乗をするかどうか?
そこで緩めから、段階的に加速するレースを選択してしまうと、
勝つのは一転ゴスではなくアサクサダンディになる。
東スポ杯のように、たとえ展開速くとも、
瞬間的な脚から段階的に加速されると、ゴスはむしろ危ない。
下手に溜め逃げするなら、単に未知の領域だというだけで、
強さを発揮できるかはわからない。

つまり何がいいたいかというと、
人気どころを拾うにしても、まるでグーチョキパーで、
対極のタイプなだけに、
どっちかに決め打ちせざるを得ないところがあって、
両雄は並び立たない典型にある。
しかも、どっちもこないオプション付きなのだからたちが悪い。

ひとしきり悩んだが…
結論。
-------------------------
◎8ロードバリオス
○12ゴスホークケン
▲11ダノンゴーゴー
-------------------------
×13エーシンフォワード
△2リーサムクラウン
△6サトノプログレス
△9アポロフェニックス
△14アポロラムセス
-------------------------
人気ではマイル戦らしい流れを期待して、
ダノンゴーゴー&ゴスホークケンのほうをとる。
となると、おのずとゴスはかなり積極的な番手追走となるから、
同時に危険度も高く軸は不向き。
狙い目としては毎日杯で5着、中山マイル向きの
ロードバリオス。ここに◎。
千両賞 阪神芝1600右 1:34.0
-----------------------------
12.3-10.7-11.5-12.1-12.3-11.5-11.4-12.2
34.5-58.9-35.1     0.8 0.1
1-1 35.1
3-4 34.8
9-9 34.5
-----------------------------
道中やや緩んだが、テンは速いし、
コーナーで抜けてくるギアチェンジの速さも要求されており、
これで逃げ切るのだから抜けてくる脚は速い。
毎日杯は終いの脚の差で負けたが、1-1 35.9、
12.7-11.0-11.3-12.1-11.9-11.7-11.8-11.3-12.2
での5着なら平板ラップへの適性もみせつけており、持続力のいる
流れでも、終いはほとんど落ちていない。
ならばここでも平板なマイルで追走したとして、
最もすんなり先行差しが嵌るのがこの馬だろう。
毎日杯からここへのステップなら、勝ち負けした馬よりは、
適性差で負けた馬。スピードは足りる。

一方、○ゴスホークケン
なんだかんだいって、朝日杯のレースは評価せざるをえまい。
ただ、結局、枠に恵まれてる側面は否めない。強い馬だと
思っているが、今回はよりによって…という感じ。

▲ダノンゴーゴー
ファルコンSは悪いレースではない。凄い末を使って見せた
ように見えているが、本質的な末脚の瞬発力では劣る印象。
逆に終いの厳しい展開で脚を失わずに差せるからこそ、
1200戦で差しがきく。
ならば応用が利くのが1600〜1800(ハイペース時)の中山競馬場。
ここは能力を出せる舞台。

×11エーシンフォワード。
アーリントンは屋根の好判断。500万はスロー目に流れての末脚瞬発力勝負での勝ち上がりで、いまいっぽ強く推すには材料が足りないものの、叩いて調子もあがっており、押さえておいて正解の印象。

基本的に、中山D1200に実績のある馬は、
人気の選択がゴスホークケン&ダノンゴーゴーでいった以上、
全部押さえたい。
芝スタート、終いの極端にかかる競馬で、先行から圧勝
してきた馬で、テンが速くなれば、そっくりそのまま
それは中山1600に応用できる。

△2リーサムクラウン
-----------------------------
3歳500万下 中山1200D  稍重
12.3-10.8-11.8-12.5-12.2-12.6
34.9-37.3
3-3 37.1
15-12 36.1
9-7 37.0
-----------------------------
前半2ハロン、23.1、中山Dらしい前傾ラップ。
(中山D1200にしては普通なのだが)
これで3追走から抜けだし切るのだから強い競馬。
スタート芝で先行にまったく苦慮していない点と、
稍重Dだけに評価微妙も、一応12秒台できて、
37.1のあがりもまあ優秀とみていいだろう。
悪くない。狙える。
3歳未勝利 府中D1400 1:26.0
-----------------------------
12.5-11.1-12.3-12.9-12.6-11.8-12.8
35.9-61.4-37.2     0.8
2-2 37.1
3-2 37.9
8-7 37.6
-----------------------------
ここでは2着に5馬身のぶっちぎり。
しかもほぼ同位置から、末で0.8秒の違いをみせている。
通常府中D1400なら、そんなに速いとも思わないが?
そのちぎった2着シルクイーグルが、次走しっかり勝ち上がり。
前半はそれなりに速いが、道中で緩んで、2ハロン目に0.8秒
の加速があるが、これは瞬発力適性もありとみるべきだろう。
かなり怖い。で、なんでだ?と思えば父タキオン。
どっかでみたなー…このパターンってことで。

△にするのがサトノプログレス。
3歳500万下 芝1600 中山 1:35.7
-----------------------------
12.4-11.1-11.6-11.9-12.0-12.1-12.0-12.6
35.1-59.0-36.7       0.1
8-11-9 35.7
3-3-3 36.5
16-14-14 35.5
-----------------------------
今回と同条件の中山マイルを大外からぶっこぬいたレースがこれ。
屋根もあるだろうが、なかなかそれだけでもできる馬は多くない。
ペースはそんなに速いわけではないが、マイルらしい
淀みない流れで、持続力がめいっぱい問われるケース。
こうなればカヴァリーノ、エイブルベガの3番手追走でしっかり
粘れた馬はともに内枠。
となれば、着差1/2は、実際はそれ以上に強いとみるべきか。
3着のオメガファルコンともどもこの条件で買える差し馬だ。

若竹賞 芝1800中山  1:49.1
12.1-11.6-11.4-12.7-11.9-12.7-12.7-11.8-12.2
35.1-59.7-36.7          0.9
3-3-2-2 36.9 4着
で敗れてはいるものの、相手はショウナンアルバ、アサクサダンディ、スマイルジャックと悲観することはないメンツ。
屋根が典弘、美浦坂路で50秒台なら、好調持続とみて、
ここでも通用と考える。

△9アポロフェニックス
クロッカスS 1:21.3 芝1400府中
-----------------------------
12.6-11.1-11.3-11.8-11.4-11.4-11.7
35.0-58.2-34.5  0.4
-----------------------------
前半そこそこだが、速くはない。
そのため、後半ぐんぐん加速する、典型的な
末脚の絶対値だけで決まるレースになっている。
アポロフェニックスは、 9-10 33.9。レースラップとの差は大きくない。みながよい脚を使える流れ。覚えるべきは33秒台を持っているという事実のみ。フェイムロバリーに切れ負けての4着だが、2着以下とは差のない競馬。
朱竹賞  1:10.0 芝1200中山 5-5 36.6
11.9-10.2-10.9-11.9-12.0-13.1
33.0-37.0
5-5 36.6
一転して終いのかかる中山1200。これで5番手で押し切っている
のは心強い。そう見ると、かなりレースに幅をもって対応しており、
ここでまかしたのがリトルディッパーというところがまた面白い。

△14アポロラムセス
13歳500万下 ダ1200中山 1:12.7
---------------------------
12.4-11.3-11.6-12.1-12.4-12.9
35.3-37.4
4-4 36.9
3-3 37.1
なにげに強い競馬。4番手から36.9で踏ん張って、
同位置のタカラシャフトをねじ伏せた。
タイムも12秒台で良馬場、芝スタートできっちり12.4で出れているなら芝も可能性はある。
---------------------------

アサクサダンディはそんなわけで完全無視。
ここでは飛ぶと踏む。
スペシャルブレイド、タマモスクワートは微妙に足りない印象。
ダンツキッスイは、追っかけているものの、
逃げ切りは非常に厳しい情勢。
むしろ、マイルCのためには、
ここは逃げて沈んでかまわない。
そうすることでアーリントンと同じ状況を本番で作り得る。
posted by たま at 06:56| Comment(2) | TrackBack(1) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

こんな予想でいいのかなー…[高松宮記念]

なんかウオッカ4着?いやーがんばった!
で、宮記念の予想。

22.2、22.1、22.1、22.4、22.6…
過去5年の宮記念、テン2ハロンである。
中京1200を読み解く際に、まず気をつけねばならないのは、
馬場の内外バイアスで、それにより外差しが決まる、と
いうのが一般的なコース論。
だがラップ的にいえば、それ以上に、このレースで
逃げが厳しい最大の理由はやはり、テンから2ハロン目の早さに
つきると思う。
もとより、形状から先手争いの起きやすいコースだが、
実は立面でコースを比較すれば、もっとも似ているのは先行優位
といわれる京都1200であることに異論はあるまい。
スタートしてコーナーから山、そのまま下って平坦な直線という
基本構造は、そっくりそのまま回りが逆だというだけである。

ではなぜ、この両コースは、かたや差し優位、かたや先行優位と
言われるようになるのか。馬場バイアスに頼らずに答えを探すなら、
やはり位置取りが定まるまでの激しさ、距離の違いとしかいいようがない。
そして、およそ宮記念のテン2ハロンはといえば、
例年およそ先行では到底耐えるのは難しい高速ラップを、
毎年かなり安定して刻んでいるのである。
これが通常、スロー目に流れる1200戦並に落ち着いてこれば、
話は全く変わってくるが、今年もテン自慢はそれなりに揃った印象で、
ざくっと例年並を前提に決めうちしたい。

また、馬場バイアスに関して言えば、
時期のずれる同条件のCBC賞の場合は、テンのスピードはほぼ
同じにかかわらず、先行馬の活躍が非常に目立つ。
もちろん出走メンバーの違いもあるだろうが、
今年の場合、例年よりは前有利の馬場で収まっていることから、
馬場バイアスから「中京の外差し」にはあまり拘らないほうがよさそうだ。
むしろ馬場バイアス以上に気になるのは、ここのところの好タイム決着の傾向。
好タイムで決まるということは、単純にテンのスピードに乗った馬に
対する負荷が小さく、止まりづらいことに他ならない。
持ちタイム、心臓の性能には注意したい。
例年最後の1ハロンは苦しくなる傾向があるこのレースだが、
良馬場が維持できれば今年は比較的早めに流れても、落ち幅少なく
押し切れる可能性はある。

狙えそうなのは…
-----------------------
■1スズカフェニックス ✡
■2プレミアムボックス  ✡
■3ブラックバースピン ✡
■5マルカフェニックス ✡
■8リミットレスビッド ✡
■9フサイチリシャール ✡
■11ペールギュント ✡
■14ナカヤマパラダイス ✡
■16ローレルゲレイロ ✡
■17エムオーウイナー ✡
-----------------------
あたりか…って、結構いるなぁ。絞ったつもりでも。
いろいろ悩んだが、ここはどうも主役不在の印象で。
一応結論から。
----------------------
◎フサイチリシャール
○プレミアムボックス
▲ローレルゲレイロ
----------------------
×ペールギュント
△ブラックバースピン
△スズカフェニックス
△リミットレスビッド
----------------------

◎フサイチリシャール
栗東坂路で50秒台、DWで78.5なら、調子も予定通りに上昇気配。
推せる理由はラップ的にはスワンSの競馬一点。
このときもひとつ叩いて、いきなりの連対。
スワンS
12.0-10.6-11.1-11.5-11.6-11.4-12.5
テン2ハロン22.6。スーパーホーネットと異なり、5-4 34.8。
と、激流のなか、必死の粘りはここでも活きる。
テンのスピードもギリギリ1200並でいけており、
やや置かれるかもしれないが、5-6番手を回るぶんには
不思議ないスピードは持っている。
少なくとも今回の屋根は鮫でなく、じりじり最後は
ペースの落ちていく1200戦はむしろこの馬にチャンスを与えるとみる。
スワンSでは残り200mがあったぶん14番手からのスーパーホーネット
に差し込まれたが、今回は粘れる距離短縮で。

○プレミアムボックス
正直いって、ここ2走は評価していない。
ただし、能力の片鱗を素直にみせたのが、さくらんぼ特別。

さくらんぼ特別 福島1200 1:07.9
11.9-10.6-10.7-11.3-11.5-11.9
33.2-34.7       0.4
5-4 34.3
テン2ハロン22.5。狙いがたつとすればこのレースしかない、
プレミアムボックスはちと不安。微妙にあがってさがっての
福島1200の直線で11.5-11.9は、毎年であれば、傾向から外れる
競馬だが、今年に限ってはねらい目が立つ。
勢いに乗って、ここは一気のG1制覇もある印象で、
連勝組みからはこの馬を狙う。

▲ローレルゲレイロ
主役を張れる可能性のあるほぼ唯一の馬。
勢いを信じるのと、絶対的なG1馬がいないなら、本来は
この馬が勝つべきレース。テンの速さと枠のぶん本命には
しずらいが、力は一番と信じている。


×ペールギュント
テレビ愛知杯 1:07.3
11.6-10.1-10.7-11.2-11.4-12.3
           0.9
32.4-34.9
テン2ハロンはなんと21.7。
終い1ハロンは止まる競馬。ここを8-7 34.2は、
まさに宮記念の競馬といっていい。
キンシャサノキセキに谷川岳Sで敗れているが、
12.1-10.4-10.9-11.4-11.3-11.9-12.1
テン2ハロン22.5。33.4-35.3。2-2 35.1のキセキは
正直恵まれた。これをMAXとするならペールギュントとの
斤量差は3K。ならば地力でいえばどちらが優位かは
明白で、念願のG1制覇があるならこの馬か。
今回ベストの舞台で期待大。

△ブラックバースピン
オーシャンSは休み明けで度外視。
京阪杯は京都1200の割には中京でも向く印象のあるレース。
ただこれを見る限りでは少し足り無そうで印は下げる。
注目は
函館スプリントS 芝1200函館  1:08.9
12.0-10.4-11.4-11.7-11.2-12.2
            -1.0
テン2ハロン22.4。テン速く、終いもよく頑張っている。
56Kのバービスン、この流れで後半早めにしかけて3着はなかなかの競馬。
こっちは宮記念のイメージにほぼピタリ。

CBC賞は勝ったとはいえ、バービスンは8-3 34.8と、
速いテンをやり過ごしての早めまくり。
ややハマった感はあるが、この競馬は昨年のスズカとかぶる。
能力はほぼ互角とみるべきか。

△スズカフェニックス
頭は厳しそうだが、地力のある馬だけに、無視はしない。
ただ、フェニックスはまっとうに1200の流れで前走の位置を
取れるとは思えず、自然後方追走からとなると、今回頭は厳しい。
一発があるならばゲレイロのほう。エムオーウイナーと
並んで走るようなイメージで、ポンといき、先にいかせて
番手でうまく走れれば。


△リミットレスビッド

案外、テンにはいけるし、1200はベスト。
年齢的にどこまでやれるか…とは思うが、
2007ガーネットステークス 中山D1200
11.8-10.2-10.7-12.0-12.3-13.0
32.7-37.3
7-6 36.7
Dとはいえ中山1200は芝スタート。
そのなかを2ハロンは22.0、7追走からの差しは、
ここでも追走は苦にしないことをイメージさせる。
2004アンドロメダS 1:08.6 京都1200
12.1-11.0-11.0-11.2-11.4-11.9
テンはそこそこだが2ハロン目遅く、23.1。
1:08秒そこそこのタイムぶんくらいは堅実に走ってくるタイプ。
それなりに3着あたりに入ってもおかしくはない。

エムオーは、逃げでは厳しい枠で狙いを下げる。
マルカフェニックスはプレミアムボックスを選択した以上、
2頭は買いきれず。
posted by たま at 01:36| Comment(2) | TrackBack(3) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

迷うレースだがね[フィリーズレビュー]

桜花賞トライアル最終戦。
まずどうもひっかかるのがエルフィンS。
問題はここでも人気になってきそうなラベ。
12.6-11.9-12.6-12.4-12.4-11.5-11.7-11.2
の典型的な中弛みからの3ハロン勝負。
どうも阪神1400のイメージからは遠い。
ここで出遅れて勝負にならなかったのが
マイネレーツェル。
もともと終いのかかる展開でこその馬が、
このスローからの瞬発力戦での出遅れは厳しい。
池添J、このままでは済まさんと、レジネッタを捨てての
チョイス。
そのレジネッタもひとつ叩いて調子があがるなら、
単純にこの2頭の逆転はありそう。

気持ち悪いのが内のベストオブミー。
12.1-11.2-11.7-12.4-12.6-12.2-12.5
35.0-60.0-37.3
のなかを8-2 36.8。前半速いところはやり過ごしたとは
いえ、抜けだす脚はなかなか速い。
たいして評価はしないが、前々走をみても、
速いペースからのレースは強い。スタート好位が
絶対条件だけに、流れこんできそうな印象だ。

そのベストオブミーの前にはシルクビックタイムと
あたり、2-2ときてようやく勝ちぬけたエイシンパンサー。
芝でレジネッタの2着のあるミゼリコルデが復調気配。
エイム以外の人気どころがややスロー実績によるなか、
ペース乱れる可能性だけはかなり感じるこのレース。
思い切って早めの流れに耐性のある馬を狙ってみたい。
このへんまでがエイムに勝てるかどうかは…アレなんだけど。


-----------------
◎マイネレーツェル
○エイシンパンサー
▲レジネッタ
×ベストオブミー
△エイムアットビップ
△ビーチアイドル
△ミゼリコルデ
-----------------
posted by たま at 07:08| Comment(4) | TrackBack(1) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

並んだ並んだ赤白黄色で18頭[ファルコンS]

さて。ファルコンS。
おそらくラップ屋なら確実に消しに回るのがダノンゴーゴー。
で、うちもこの手はここでは買わない。
強いとは思うんだけどねえ…。

また、おそらく注目するのが、テンのスピード。
とくに2ハロン目のスピードの乗り。
あとは緩まぬペースでの小回り先行の可能性で馬を絞る。
これをパクリだとか理論がどーとかいわれてもな。
基本は同じなんだから仕方無い。
ざっくり眺めて残るのが
★5テンシノボストン
★9ナリタアタッカー
★8リバータウン
★11ルルパンブルー
★12ミリオンウェーブ
★14メイプルストリート
★15ジェイラッカー
★16マルブツイースター
★18マヤノベンケイ
このあたり。
中京1200コースなら、極端な後方からの脚も厳しいが
逃げはもっと厳しい印象で、
中心に据えたいのは、好位からの競馬が堂に入っている馬。
そういう意味ではマヤノベンケイは絶好枠といえば絶好枠。
無理に押さねばちょうど先行差しでおさまる。
ただ、逆にガンガン押してしまうと、いききって
しまう可能性もあり、軸は不向きか。
同じくいききってしまっては厳しいのがリバータウン。
うまく先行で折り合えればとは思う反面押さえがきかない
可能性のほうが高そう。芝は砂が飛んでこないぶん、
やる気を出す可能性もあるし、何も逃げなくても…
なのだが。

シルクビックタイムは強い競馬をしてきているが、
やや緩んだレース経験に寄っており、高速決着の小回り1200の芝
が初芝というのはあまりに条件がキツイ印象。
注目は紅梅Sで5着に敗れたメイプルストリート。
つわぶき賞は出遅れての勝利。
短距離での出遅れは致命傷。それでもぶち抜くのだから
力はある。
未勝利の1200m戦での逃げをみればスピードは相当ありそう。
紅梅Sはスロー目の流れで本当の意味での切れ味勝負で
敗れたが、今回はテンから速い得意の流れに戻る。
相手の筆頭は終いのかかる1200戦では無類に強いルルパンブルー。
一発穴はうまく立ち回ればマヤノベンケイ。
短期放牧明けだが、乗り込みは負荷のかかるPコースで、
それなりに仕上げて出てきた印象のジェイラッカー。
新馬で負けたのはフォーチュンワード。持ちタイムはともかく、
前走シンザン記念は距離ととれば、揉まれない
外の15番は好枠を引いた。気分よく走ればと期待する。
やや疑問は残るものの
△は小倉2Sのマルブツイースターを押さえる。
他、ここ向きのミリオンウェーブ、
調教師は芝がダメだと仰るリバータウン、
本気だったら出すなよということで押さえ。
武がくるようなら、3着で。もしかして押さえる程度。

-----------------------
◎14メイプルストリート
○11ルルパンブルー
▲18マヤノベンケイ
×15ジェイラッカー
-----------------------
△16マルブツイースター
△08リバータウン
△12ミリオンウェーブ
-----------------------



以下、各馬寸評。続きを読む
posted by たま at 10:31| Comment(2) | TrackBack(5) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

チリも残すな、サンアディユ[オーシャンS]

いや〜このメンバーなら、◎は3秒で決定。
-------------------
◎4サンアディユ
-------------------
○16ドラゴンウェルズ
▲15プレミアムボックス
×10ブラックバースピン
△1リキサンファイター
△13アドマイヤホクト
-------------------
△12キョウワロアリング
△8ウインレックス
-------------------
持ちタイムと中山実績。期待感から対抗はDウェルズ。
ナチュラルに追い込みがかかりそうなプレミアムボックス。
サンアディユが前を掃除して、チリも残さぬ競馬をすれば、
コース形状からも、当然相手は、ペース無視の自己中追い込み
から、しっかり掲示板確保で騎乗してくるあたりを狙う。
半端な先行や、前を残すような馬じゃない。
前を捌くのではなく、勝手にバテた前をかわせばいいだけで。
サンアディユ最大の持ち味はテン32秒でいっても
終い32秒であがっても勝てること。
先手とって、好きなように暴走すれば、あとは勝手に
弱い馬から落ちていく。下手なこと考えて走る必要はない。
スピードの違いをみせつけにいく騎乗を期待する。
posted by たま at 09:17| Comment(6) | TrackBack(4) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメだ、わからん、誰か勝つ馬教えてくれ[チューリップ賞]

ううむ…難しい。
まず、トライアルの性質上と阪神1600の特徴、出走メンバーから考えて、速い展開になるとするならオディールが自らレースを作る必要がありそう。ただ、外枠に入ったことで、無理に押して飛ばすよりは、いきたいのはいかせて好位追走の選択をとりそう。
こうなると、まずペースはさほど上がらない。例年のチューリップ賞らしく、前半1000mで60秒程度からの末較べとみたほうがいいだろう。

状況的には、先行馬有利となりがちだが、昨年のウオッカ―ダイスカの2頭は別格で、本来なら1.35秒台になるペースのレースを直線だけで2秒縮めて33秒台にあげてしまった異端の競馬。
ゆえに3着が6馬身ちぎれて、07-07 34.2、04-03 34.6の3-4着での決着になっているわけだ。
ところが、実際ペースとしては、その前年も全く同じ。
否、むしろ遅いくらいの流れになっているのだが、
今度は、アドマイヤキッスが後方から進出しての勝利。
コースが変わっているのであまり参考にはできないが、
過去数年にわたっても、とにかく池添騎手で
スロー目から後方一気が決まるパターンがやたら目につく。
-------------------------------
12.7 11.5 11.4 12.3 12.2 12.4 11.6 12.4
13-11-06 35.6 1.36.5 アドマイヤキッス 武豊
06-04-05 35.9 1.36.8 ウインシンシア
35.6-60.1-36.4
-------------------------------
12.4 10.9 12.1 12.2 12.2 11.1 11.0 11.8
05-05 33.5 1.33.7 ウオッカ
01-01 33.9 1.33.7 ダイワスカーレット
35.4-59.8-33.9
-------------------------------
今年、ダイスカ的役割を期待されているのがオディール。
ウオッカ的役割を期待されているのがトールポピーなわけだが、
この2頭。どっちもどうもこの、「前半60秒前後」+「瞬発力」
の競馬の実績が非常に薄い。

まっとうに考えれば、前の残る阪神で、
今回ペース緩めば逆転はオディール。
阪神JFのペースが前半58.1の明らかなハイペースを考えれば、
上位3頭は展開利大きく、むしろ6-2で粘りこんだこの馬の
異端性が際立つ。
だが、一方でこの馬は1400とはいえ、京都1400の内回で
エイムの作った高速ペースでの粘り込み、
逆の1400でやはり同じ高速ペースで逆転で実績を作り、
阪神JFも、異端のペースであるがゆえに、
これまで当然のように、スローからの瞬発力勝負は未経験。
逆転の一番手どころか、レースの傾向としては、
まったくの未知数といっていいうえに休み明け…
不安要素は数知れず…としかいいようがない。

トールポピーはといえば、
この馬の未勝利戦勝ちは、確かにスローからの勝負なのだが、
雨重のため、末脚は全体的にかかっている。
阪神JFはペース速く、理由はそれぞれ異なっており、
経験してきたレース幅は広いのだが、とにかく終いのかかる競馬
に結果的になっている。
これは、馬の力としては、歓迎すべき要素であると同時に、
逆にことこのレース…もとい牝馬限定戦全般に限っては、
勝ち切れないが好走、の典型的なパターンが本来だろう。
本来の姿は、1人気を背負い牝馬限定戦でがんばるよりは、
牡牝混合で、ズバっと穴あけるほうが似合っている。
ぶっちゃけていってしまえば、現状は「人気ならまぎれる」
人気馬にほかならない。
本番では別だが、トライアルのチューリップ賞という
環境下では、信用にはいたらない。

狙ってみたいのは
今の阪神マイルなら、もっと切れる可能性のある馬…

ヒントは常に前半60秒前後のマイル戦だということ。
ぶっちゃけスロー。そして結果から見れば、
位置よりも末の絶対的な速さ、素質と、中距離適性
がモノをいうこと、
今年の阪神、まだ前残り傾向があるので、
位置取りはある程度前、スローでのまくりをやれる
だけの長くつかう脚があるか。
---------------------------
◎8ムードインディゴ
○10エアパスカル
▲13ヤマカツオーキッド
×4スペルバインド
△11メイショウジェイ
△14コウヨウマリーン
---------------------------
◎はムードインディゴ。
単純に新馬戦のイメージが、もっともここ向きに見える。
12.7-11.7-13.2-13.0-12.4-11.9-11.6-11.6-11.5
37.6-63.0-34.7
7-7-7-6 34.1
芝1800で前半63秒のスローなら、本来は先行天国。
差し切りはたいしたもの。4ハロンずっと加速するペースのうえ、
加速も速い。ペース的にはやや不安もあるが、
時計は詰めて当然とみて上積みぶんと相殺で。
阪神の坂はペースが落ちれば、下ってのぼってでいってこい。
スローならさほど大きくラップは落ちない。
63秒から60秒はちとおつりがきたとしても、
34秒台は出せるだろうとみて、本命視。

○・▲相手は脚質的に流れ込みに持ち込めば勝機ありの2頭。
ペース緩めば相応に流れに乗って速い脚を使う。
×スペルバインドは、マイルの流れにやはり不安ありで、
◎と原則同じタイプだが、やはり注意。

輸送があるので、関東馬は厳しい。
基本関西でまとめるが、
あえていえば関東の大将はコウヨウマリーンを指名。
まず混合戦できっちり勝ち切っていること、
レースっぷりは大物感はないが質としてはここ向きで、押さえ
ておく。先行して流れこみで、エアパスカルの代用イメージ。
メイショウジェイは新馬組では一番怖いか?

トールポピーは飛ばしてもよしだが、一応
馬券は2-3着流しなどで押さえておきたいところ。
将来性なり実力どおりとはいかない決着で、
たぶんに紛れを予想する。各馬寸評は追記でどうぞ
posted by たま at 08:27| Comment(1) | TrackBack(4) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

歌え高らかに戦士の歌♪[阪急杯]

---------------------
◎ローレルゲレイロ
○シンボリグラン
▲キンシャサノキセキ
×オースミダイドウ
△アグネスラズベリ
---------------------
△マルカフェニックス
△スズカフェニックス


◎ローレルゲレイロ
基本はこのなかでうちが強いと思っているのはローレルゲレイロってことで。今回は基本1頭軸に、押さえ少々の感じでいきたい。
季節の変わり目で、そろそろ冬馬にご退場いただくには絶好の開催変り。まあ、当たるかどうかは別問題。
ゲレイロ+前走惨敗組で阪神1400で復活しそうなやつから勝負。

○シンボリグラン
実力はある馬だと思うし、阪神1400は向く印象で。前走ダート1200で参拝も、しつこくしつこくしつこく買う。

▲キンシャサノキセキ
気持ち良く走ると強さを発揮するタイプ。いかせてしまえば、
いってしまう印象で、ここで狙える。

×オースミダイドウ
今回は距離短縮で自分の庭に帰ってきた。朝日杯2-3着馬
でそっくり決まっても、ついちゃうんだから馬券は不思議。
気持ち良くいけそうなこのコースも向きそう。ゲレイロ宿命の
ライバル対決を期待したい。

△アグネスラズベリ
開催変りで、ここ2走馬場に泣かされていたぶん。
阪神1400は向く印象あり。一変ありで。

△マルカフェニックス
△スズカフェニックス
んー3着候補で。一応両フェニックスは押さえ。
上にみるのは連勝中のマルカのほう。
posted by たま at 07:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬予想<1000-1600m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。