にほんブログ村 競馬ブログへ

2008年11月02日

わからん…[天皇賞秋]

どーも昨日のピースエンブレムショックが結構キツイ。
身が入らぬ天皇賞。

12.8-11.3-11.3-11.4-12.0-12.1-12.3-11.9-11.2-12.5
35.4-58.8-35.6 0.4 0.7
13.4-11.5-12.1-12.5-12.9-12.3-11.8-11.0-11.2-11.4
37.0-62.4-33.6 0.5 0.8
12.6-11.4-11.8-12.2-12.1-11.8-11.9-11.4-11.4-12.3
35.8-60.1-35.1 0.5
12.5-10.9-10.5-11.1-11.9-11.8-12.2-12.0-13.2-11.9
33.9-56.9-37.1 1.3
12.5-10.8-12.0-12.1-11.9-11.7-12.2-12.1-11.7-11.5
35.3-59.3-35.3 0.1 0.4 0.2

過去5年ほど並べてみてもあまり共通点もないのだが…
ドスローになっている06年こそ、終いは速いが、基本終い35秒のレースラップ。ならば末は34秒台で十分。
マイラー、特に安田記念好走馬は穴をあけるイメージとも合致しており、1800の毎日王冠よりは、やはり終いの厳しい競馬。

ただ、そうなると真っ先に期待のカンパニーが8枠に。
ダイワスカーレットが長期休み明けなら、ウオッカ断然。
止める馬はいないのか?

ここにきて2連勝のドリームジャーニー。
12.4-11.2-11.2-12.6-11.9-11.8-11.8-11.5-11.6-11.9
の小倉記念のような競馬ができるのは、この馬の規格外なところ。
だが、この小倉⇒朝日CCのステップは、どーもやはり、典型的なカモのステップような気がしないでもない。
やはり大外もあり、食指は動かず。

毎日王冠
12.7-11.5-11.6-11.9-11.6-11.5-10.5-11.3-12.0
35.8-59.3-33.8       1.0
京都大賞典
12.9-10.7-11.7-13.2-13.3-13.1-12.8-12.6-12.1-11.5-11.4-11.6
35.3-61.8-34.5            0.5 0.6
オールカマー
12.3-11.8-13.0-12.4-12.3-12.4-11.6-11.4-11.2-11.8-11.8
37.1-61.8-34.8       0.6    0.2
札幌記念
12.3-10.9-11.5-11.7-12.0-12.2-12.2-12.4-11.6-11.8
34.7-58.4-35.8            0.6
函館記念
12.2-11.2-11.4-12.1-12.1-12.4-12.0-12.1-12.1-12.7
34.8-59.0-36.9

ざーっと見ていくと、意外とイメージに近いのは函館・札幌、毎日王冠。ただ、やはり毎日王冠は、開幕週のスピードと、終い3つめの10秒台がよくも悪くも異質の競馬。
ここでの加速力は、確かに凄いが…これが逆に天皇賞ではそのまますんなり決まらない「楽さ」をイメージさせてしまうのも確か。
函館記念は前半はいいが、流石にちょっと次元が違うか?

----------------------------------
◎ディープスカイ
▲タスカータソルテ
▲ウオッカ
▲アドマイヤフジ
----------------------------------
×アサクサキングス
----------------------------------
△トーセンキャプテン
△エアシェイディ
△ポップロック
----------------------------------

◎はディープスカイ。
神戸新聞杯
12.9-11.4-12.3-12.5-12.2-12.4-12.4-11.9-11.6-11.2-11.9-12.6
36.6-61.3-35.7 0.3 0.4

は、完全に一皮向けた姿を見せた。
後方一気ではなく、5追走で、さらに音無師の張った罠…ミッキーの超早仕掛けをも撥ね退けた。着差以上の強さ、そして位置問わず長く長くいい脚を使うことを証明してみせた。
オウケンとの差は、単に菊花賞馬と、歴史的名馬の差か?
穴だらけだが、最も期待したい。

実質の牡馬一番手は札幌記念からのタスカータソルテ。
二番手は毎日王冠からのアドマイヤフジ。
この2頭は、牝馬2頭がいなくなれば頭あり。
なんだかんだいって、この天皇賞には現役牡馬で最強クラスの中距離馬2頭がでてきていない。
エイシンデピュティも出ていなければ、マツリダゴッホも出てこない。いずれもココにまともに出ていれば、ウオッカ、ダスカが1人気になっただろうか?

ヒモの1番手は絶好の1枠を持っていったアサクサキングス。
念のため3着目に、比較的恵まれたメンバーならエアシェイディ。
外枠は嫌だが、トーセンキャプテンも終いのかかるレースは強い。
毎日王冠からの距離延長はプラスとみて、キレ負けの前走は度外視して押さえておく。
休み明け案外で距離も足りない印象はあるが、京都の高速直線よりは、圧倒的に府中2000のほうが適性高いポップロック。
京都よりは阪神・府中で実績ありで。ここでも好走できるか。

4-5-8で96点。
posted by たま at 09:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

データ飛ばしちゃった…[府中牝馬S]

ので印だけ。

----------------------
◎カワカミプリンセス
▲ブルーメンブラット
----------------------
×キストゥヘヴン
×ヤマニンエマイユ
×マイネカンナ
×ハンドレッドスコア
×レインダンス
----------------------
△ヤマニンメルベイユ
△ダンスオールナイト
----------------------
2-7-9で。
休み明け2頭、頭に据える。
カワカミはいうまでもなく期待。やってきたメンバーが違う。
単穴にブルーメンブラット。ゆっくり出て平たく流れる府中1400実績高く、適性上位。調教もよく、休み明け走る馬だけに食う可能性あり。
要注意なのが、
12.2-11.3-12.0-12.1-12.0-11.5-10.7-11.8
            0.5 O.8
12.6-11.7-12.0-11.9-11.5-11.2-11.3-12.0
            0.3
のタイプの異なるマイル戦で連続好走してきたハンドレッドスコア。
ここでも十分勝負になる逸材とみた。
同じ1800は得意のマイネカンナ。
昇仙峡特別
13.1-11.3-11.8-12.4-12.2-12.1-11.3-11-11.7
で走れるにもかかわらず、妙に人気がないのが気になるところ。
脚質的に頭はきつそうだが、意外と差しのはまる印象のある今年の府中なら一発が怖いダンスオールナイトの食い込みを期待する。
レインダンスも一息入れて立て直してこれば、しぶとく狙ってみる。
メルベイユの渋とさ一応警戒で3紐に。
キストゥヘヴンは、たたいてすんなり、とはいかぬ馬とみる。
前走はやや展開嵌った。
posted by たま at 08:58| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更狙いを変えれるか?[秋華賞]

春から買ってきた馬が、結果が出ようと出まいと、強いと一度感じた馬をレースによってきりとばすのは性にあわない。
てなわけで。思ったより人気になったのは不安だが。
同じく常に買ってきたカレイジャスミン、アロマキャンドルが休み明けなら…

◎オディール
オークスは不利あり、ローズSは馬場の悪い内でもがいた。
今度は大外と、いまいっぽツキのない競馬が続くが、地力は間違いなくトップクラス。距離もまったく不安なし。
基本関西馬が圧倒的に強いうえ、屋根の力量がモノをいうこのコース。安藤勝、今度こそ外から、うまく取り回してくれることを期待する。

○レジネッタ
何度も強い強いと阪神JFの前からラップで説明してきたとおり。
もういちいち説明する必要なし。ただし、今年は2冠は出ないほうに張る。

▲ブライティアパルス
夕月特別 阪神芝18001:46.3
12.6-11.1-11.5-11.8-11.9-12.O-11.1-11.6-12.7
35.2-58.9-35.4        0.9
1-1 35.4
13-11 34.2

500万下芝1700小倉
6.9-11.0-12.6-12.1-11.6-11.6-11.5-11.4-12.0
30.5-54.2-34.9

ハンデ貰ったとはいえ、夕月特別はけっして楽な競馬ではない。
2着以下が最後方からの突っ込みで、先行勢は総崩れ。
ペースを楽に握った小倉1700では、5ハロン持続戦を粘りこむなど、随所にここ向きの痕跡を残している。一発あるなら。

▲ムードインディゴ
瞬間の切れる脚こそ持たないが、高いスピード域でじわっと伸びてくるダンス産駒らしい馬。チューリップ賞以来、なんだかんだと買ってきている。ローズSでは、重馬場不向きとみたが、外の優位と、位置の不利が相殺したか?
本来は良のほうがいいし、平坦に流れやすい京都2000は絶好の舞台。

-------------------
◎オディール
▲ブライティアパルス
▲ムードインディゴ
-------------------
○レジネッタ
△エフティマイア
△レッドアゲート
△ブラックエンブレム
-------------------
紐に今回は減っていた体重を戻してきたブラックエンブレム。
450k台で出走できればチャンスありか?
posted by たま at 07:50| Comment(3) | TrackBack(2) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

クラウンクラウン[毎日王冠]

言われているほどの緩んでどっかんスローにはなりづらいと踏んだ。

2007 M
12.9-10.6-10.9-11.5-11.6-11.9-11.4-11.6-11.8
    0.3 0.6      0.5
34.4-57.5-34.8
10-9-8 34.0 8-9-11 34.1 2-3-2 34.8

2006 M
12.5-10.9-11.3-12.0-12.1-12.1-11.3-11.0-12.3
    0.4 0.7      0.8 0.3
34.7-58.8-34.6
2-2-2 34.5 6-4-3 34.4 7-7-5 34.4

2005 S
12.9-11.8-12.2-12.3-12.0-11.7-11.1-11.1-11.4
    0.4 0.1      0.6  
36.9-61.2-33.6
5-3-2 33.5 12-13-13 32.6 3-5-6 33.4

2004 S
12.6-10.8-11.7-12.4-12.2-11.9-11.5-11.0-11.9
    0.9 0.7    0.3 0.4 0.5
35.1-59.7-34.4
9-11-11 33.4 1-1-1 34.5 8-7-7 34.1

2003 M
11.9-12.0-11.3-11.6-11.9-11.9-11.5-11.5-12.1
              0.4
35.2-58.7-35.1
4-4-3 34.6 6-8-7 34.6 5-5-5 34.9

メンバー的にスローは必死。末脚自慢が揃ったことからも、直線までペースはあがりづらそう。
例年以上にまぎれの多い、秋天には繋がらない毎日王冠になりそうな印象があるのは困ったものだが…
過去5年をみても、府中1800の難しさと、本来の毎日王冠ラップを支えているのはマイラーだということがよくわかる。
強力なマイラー不在は、必然的に毎日王冠をエプソムカップに近づけてしまうということか?
元来、府中1800が難しいのは、阪神などと異なり、ラップパターンにかなり幅がある点。
従来、もっとも強いとされるのは、ダイワメジャーの作ったイーブンのスピード勝負。
ゆえに、G2から秋天皇賞において、京都組みより毎日王冠と言われるラップ。
逆に最も「先」に繋がらないのが、05年や04年のケース。
03年のかたちは、ときどき私がいう1600+200とか200+1600の持続戦パターン。
府中1800ではあまり出た記憶がない。
中山1800なら、2分してこっちのかたちが出ると、マイラーが残れる流れになる持続性の高いラップである。
となれば、今年の場合、とりあえずウオッカについては、ひとまずおいておいて。
緩むことでペースチェンジの幅が大きく、どっかん競馬になる新潟マイル実績や、エプソムC実績をみる必要もありそうだが…
気持ちとしては前半のペースチェンジは落ち着気味とはいえ、ある程度平たくいってほしいところ。
そこを崩すと、人気になる馬しか探せない。
スロー必死といわれているが、何頭かはペースの鍵を握りそうなイーブン大好きな先行馬が揃った。明らかに末勝負だけでは厳しい馬がいる以上、じりっと抜け出して我慢で勝負にくるとふむ。
テンははやくないが、大きくは緩まないなか、速めスパートで耐えられるパターンを本線にして実績を探しつつ、
どっかんよりは持続性のあるスロー実績をみるのが正着手であろう。


エプソムC2008良
12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.7-11.1-11.6-12.6
    0.8        0.6
35.2-58.9-35.3
13-11-8 34.8 3-2-1 35.4 11-9-11 34.8

エプソムC2007稍重
12.7-11.1-11.7-12.8-12.4-11.8-11.4-11.3-13.1
    0.6      0.4 0.4
35.5-60.7-35.8
6-6-4 35.3 7-6-8 35.1 5-4-4 35.3

ここ2年、非常に好レースになっているエプソムC。
07年は稍重のなか、緩んでからのロングスパート競馬で、やや毎日王冠とは傾向が異なっているものの、
底力の必要な終い1ハロンの厳しい競馬。
そして今年は、ややスロー目とはいえ、中間緩まず、最後の1ハロンはやはり根性勝負となっており、
元来であれば、ここで3-2-1で2着に踏ん張ったヒカルオオゾラが出てこれば、レースも締まるし、ここでの好走は天皇賞に直結しただろう。
ツメ不安で休養入りは、非常にもったいない。

朝日CC
12.6-11.4-12.0-12.0-11.8-12.0-11.7-11.8-11.2-12.0
    0.6         0.3
36.0-59.8-35.0
テンは厳しくないが、ワンペース競馬になった朝日CC。
2-2-2-2 34.9 5-5-5-3 34.6で積極的な競馬から抜けてきた馬で決まっている。
関ケ原ステークス 中京
11.9-10.9-11.6-12.6-13.2-12.4-11.6-11.6-11.7-11.6
       1.0      0.8
大きく中間緩めて、4ハロンフルに脚を必要とする展開で勝ちきってきた能力は確か。
キャプテンベガは意外といい。ペースの鍵を握るのはこの馬になりそう。


函館記念
12.2-11.2-11.4-12.1-12.1-12.4-12.0-12.1-12.1-12.7
       0.7      0.4
34.8-59.0-36.9
11-10-9-6 36.2

では、やや恵まれた感はあるが、アーリントンCにしても、終い1ハロンの根性はG1級の底力。
トーセンキャプテン、ここは先手を奪いに来る可能性あり。キャプテンベガ同様、中間緩ませぬ競馬が条件か?
アドマイヤフジはややバランスラップ寄りの馬で、スロー目平たいだとよさは十分でない。
とはいえ、終い1ハロンの根性なら、トーセン以上。速めスパートなら、思ったよりは走る可能性秘める。

東京新聞杯
12.4-11.0-11.6-11.5-11.2-11.5-11.7-11.9
    0.6
1-2 34.9 13-13 33.4 4-3 34.2
35.0-57.7-35.1

密かにいいのがリキッドノーツ。
ややゆっくりでて緩まぬマイル戦で13番手から突っ込んできたように、ここの流れは向きそう。

スーパーホーネットは1800を使っていた頃から、マイラーだと言い切っていたように、
基本は1600で強いタイプと判断している。平板な流れはむくが、頭はどうか?
ちょっと前までオープン大将よばわりされていたことを考えれば、たいした出世だが、
ここは微妙。大阪城Sでも1800では切れ負けしていて、平凡な印象のほうが強い。だがここで負けても秋天で押さえたい。

むらさき賞
12.7-10.8-11.6-12.6-13.0-12.2-11.2-11.8-11.8
35.1-60.7-34.8     0.8 1.0 
15-15-14 33.7
スロー目なら、末脚は実はトップクラスとひけをとらない。
仕掛けどころが早く、楽な展開とはいえ、前をねじ伏せたのは立派。
アグネストレジャーもバカにはできず。
まあ、重賞としては完全にドスローなんだが。

またハイアーゲームも、スローからの持続戦は得意。


開幕週の馬場は得意中の得意。
相手は強いが、カンパニーがいまひとつの調子で、ウオッカが57Kで本番は先とこれば、
勝つのはペース向くキャプテンベガとサンライズマックスとみて勝負。
--------------------
◎キャプテンベガ
▲サンライズマックス
×カンパニー
×アドマイヤフジ
×トーセンキャプテン
×ウオッカ
×サクラメガワンダー
△リキッドノーツ
△ハイアーゲーム
--------------------
2-7-9で84点。

また、オースミグラスワンは流れ不向きとみたが、逆にこの馬がこれる流れになることを恐れる。
3着アグネストレジャー固定で、印上位とオースミで少し買っておく。

京都大賞典は上ポップロック、アドマイヤジュピタ、アルナスラインの3頭でかためて、3紐にマキハタサイボーグとマンハッタンスカイ外2騎で勝負。
トーホウアランは屋根で消し。
posted by たま at 08:23| Comment(4) | TrackBack(2) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

王の帰還[札幌2S]

スプリンターズS前に、ヒト勝負というには、ちょっともったいない2歳戦。まずは札幌2S。
注目のメイショウドンタク回避で、俄然混戦ムードだが、つぶさに見ていくと、信用できそうな軸はただ一頭。
8枠13番、テーオーストーム。
たしかに外枠はちょっと不安要素ではあるものの、軸からこのラインを崩してしまうと、みな一長一短。どれも無碍に切り捨てられない印象なら、一番ココで強そうなのを素直に据える。

過去の札幌2Sを紐解いてみると…
---------------------------------------
2007
12.6-11.7-12.3-12.3-12.7-12.4-12.3-12.7-12.9
36.6-61.6-37.9     0.3 0.1
12-14-14-11 36.9 6-8-5-3 37.7 9-10-2-2 38.1
2006
12.3-11.4-12.6-12.8-12.8-12.2-11.9-11.6-12.1
36.3-61.9-35.6     0.6 0.3 0.3
6-4-6-5 35.1 5-4-4-2 35.4 1-1-1-1 35.7
2005
12.4-11.9-12.2-12.4-12.7-12.8-11.9-12.1-12.0
36.5-61.6-36.0       0.9
6-7-5-2 35.5 6-5-8-6 35.6 4-3-2-1 36.1
2004
12.2-11.4-11.8-12.1-12.9-12.1-12.1-12.4-12.9
35.4-60.4-37.4     0.8
1-1-1-1 37.4 8-9-8-4 36.8 5-5-6-4 37.2
2003稍重
12.6-12.6-13.4-13.7-13.6-12.8-11.9-11.8-11.7
38.6-65.9-35.4       0.9 0.1 
1-1-1-1 35.4 2-2-2-2 35.4 5-5-8-8 35.2
2002 小雨 良
12.3-11.8-12.9-13.0-13.3-12.7-12.2-12.0-11.5
37.0-63.3-35.7       0.5 0.2
5-5-8-6 35.3 3-3-5-6 35.6 6-5-3-2 36.0
2001
12.3-11.6-12.5-12.7-12.7-12.1-12.0-12.4-12.6
36.4-61.8-37.0       0.1
11-12-12-6 35.9 2-2-2-2 36.9 7-8-7-6 36.5
---------------------------------------
馬場が悪化した02年03年を除けば、ほとんどが持続戦。
とくに、前半3、後半3ハロンはほとんど同じパターンをとっており、
ハイペースで流れた04年を除き、ほぼ36秒-61秒-36秒と、
イーブンに近い流れでの持続力勝負の傾向がはっきりでている。
基本的にはコーナーからじんわりと長く、あがっていきつつ脚を使えるタイプでほぼ例外なく決着しており、
差しはまくりあげて横一線から抜けてくるイメージ。
極端なあがりの競馬になるわけでなく、絶対的な切れ味よりは、スムーズなギアチェンジのほうが必要になる。
先手争いがどのへんで落ち着くかが鍵になりそうだが、
過去傾向から無理にひっぱるレースになる可能性は低い。

一方、テイオーストームの新馬戦。

芝1800札幌
12.5-11.6-12.3-12.5-12.6-12.5-12.2-12.1-11.8
36.4-61.5-36.1       0.3 0.1 0.3
2-3-3-3 35.8 1-1-1-1 36.2
道中ほとんどワンペースのラップ。ペース的にも、レースの性質上も、もっともココ向きの持続戦。
前半のペースも、初戦からココで十分通用するだけのパフォーマンスをみせているうえ、このペースでいきながら、終いは11.8を使っての抜け出し快勝。ズバ抜けたものを感じるのはこのラップが一番だ。
これで上がり35.8は非常に好感を持て、これだけ走れれば、例年の勝ちタイム以上になるはずだ。同じレースができればいい。

さらに今回の調教は本場場追いで終い36.0-11.1。この場合、長めからのタイムは重要視する必要はない。単に、どれだけ速い脚を使ったかだけだ。メンバー中、芝追いの馬は多いが、11秒前半まで乗せてきたのはわずか2頭。
これで擬似的に切れの面での担保がとれるなら、多少緩んでも十二分に対応可能となり、信頼度ではココ以外に本命はありえない。

他、気になるのが…

4・ロジユニヴァース
芝1800芝阪神
13.0-11.8-12.0-12.3-12.5-12.3-11.9-11.4-11.9
36.8-61.6-35.2    0.2  0.4 0.5
3-4 34.4 11-10 34.0
前半スローから、3ハロン末脚勝負だが、大きな緩みはない。
好位抜け出しから、人気のプロスアンドコンズを押さえたが、相手は10番手からの競馬。末脚の差は絶対で、展開向いた。
持続力は認めるが、この流れから、末脚はインフレ…とくに終い2ハロン目でインフレになるこの条件で、大物感はさほど感じない。
前半のペースは確かにほぼ本番相当だが、終いは札幌のほうがはるかにかかる。

5・ナムラカイシュウ
ダ1700札幌良1:46.8
6.8-11.3-12.1-13.2-12.9-12.8-12.5-12.0-13.2
30.2-56.3-37.7       0.3 0.5
3-3-2-1 37.5
テンはそこそこで、先手争いは早めに終了し、息は入るものの、道中13秒台は1つしかない。スタミナを要する流れから、抜け出しきって最後は楽勝。あとは流したレース。ダートで0.3-0.5加速でこれたならば、ギアチェンジにも対応できそう。
極端な瞬発力勝負にならない札幌なら十二分。

14・メジロチャンプ
コスモス賞 芝1800札幌
12.6-11.6-12.6-12.9-12.7-12.2-11.9-11.6-12.5
36.8-62.4-36.0     0.5 0.3 0.3
1-1-1-1 36.3
流れ的にはここに近く、先手も好感。
除外明けを考えれば十分。血統的にも持続戦は強い。
道中13秒台はないが、前半12.6-12.9はやや緩い。
仕掛け早いぶん、終いの伸びがやや不足に見えるが、残り800まるまる残した位置からでのスパートで十分足りる。
7・イグゼキュティヴが、6-5-4-3 35.8とまくりかけての2着で、
こちらも足りる印象だが、どちらかと言えば先手を奪っていったメジロチャンプを上にみたい。

2・モエレエキスパート
クローバー賞
6.7-11.2-11.8-12.2-12.6-11.9-11.4-12.0
29.7-54.5-35.3    0.7 0.5
8-5-3 34.7 3-2-2 35.2 3-2-3 35.3
テンからそこそこのペースで流れ、道中は12.6がひとつで息が入る。
そこから持続性のある脚を要求されるコーナーからの4ハロン競馬。
前が抜け出すのを、きっちりコーナーで位置をあげて差し切り。なかなかよい競馬。
初芝を考えれば上がり目大か?レース自体はもっともここで期待できる流れで、終いも厳しい競馬。そこを積極的に動いていっての勝ちは非常に好感を持てる。だが、どうも調教でピリッとしない?
頭か消すか、といったイメージでいきたい。

8・メイショウイエミツ
芝1500札幌
7.0-11.2-11.8-12.2-12.5-11.9-11.8-12.0
30.0-54.7-35.7    0.6
2-2-2 35.6 5-5-6 35.3 8-7-6 35.4
テンはけして緩くは無い。4ハロン目も先手争いが続き、先手をとった組に楽な競馬ではない。
息が入ったのは6ハロン目と、コスモス賞がそうであったように典型的な差しパターンにはまるレースであり、あの流れで外から2頭せりあって逃げつつ最後まで落ちなかったのはしぶとい。
2着のナンヨーアイドルは、次走未勝利を1.50.3で快勝。そこでの2着マイネルプリマスは2戦連続の2着で同タイム。新馬ではアドマイヤサムライの2着した馬。
ならばこのメンバーでなら、瞬発力勝負にならなければ十分好勝負できてもおかしくない。

このあたりが相手候補といったところか。
テーオーストームが負けるならば、枠の優位がフルに活きた場合を想定し、候補は対極から選んでおきたいところ。



---------------------
◎テーオーストーム
▲モエレエキスパート
▲メイショウイエミツ
▲ナムラカイシュウ
---------------------
×メジロチャンプ
×ロジユニヴァース
---------------------

4-6-6で80点。
posted by たま at 05:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

白のオデットと紫のオディール[ローズS]

どーでもいいけど、関テレはスポンサー降りたのか?さみしいのう。

12.9-11.1-11.6-12.4-12.4-12.1-11.2-11.0-11.4
35.6-60.4-33.6
1-1 33.6
5-5 33.2
3-3 33.6
昨年はダイワスカーレット。それ以前は2000なので、全然参考にはならない。
末が要求されつつ、先行が優位という、全体的な阪神1800の傾向から一歩も出ない。
スタートしてすぐの坂から、2ハロン目の先行争いも落ち着き、後半はロングスパートになるが、それでも牝馬戦だけに、擬似コーナーを長く使うよりは、4コーナーの下りにかかってからのスパートか?
前々からの末脚が絶対条件だろう。
200+1600の流れ。スタートスローから、一気に飛ばす馬が出たときは、
桜花賞のまるで再現ラップになるのだが…そうはならないんだなぁ。これが。
坂のある位置が、ミソで400+1400になるのだよねえ。阪神は。よって、ほとんどの場合、3ハロン目〜4ハロン目で緩む。
この一息から後、600か800かで持続よりに出るかド瞬発力ででるかの違い。
基本は緩急の大きい、マイル戦とは適性違いのラップに出る。
これが2000mの頃と大きく違う。
緩急戦にされたことで、より瞬発力偏重になり、ベッラレイアやレインダンスがピンクカメオより上位にきているとみていいだろう。

------------------
◎オディール
▲レジネッタ
▲トラストパープル
-------------------
×ダイワスピリット
×メイショウアサガオ
×エアパスカル
-------------------
△ブラックエンブレム
△トールポピー
-------------------
末脚偏重のインフレに対応できるぶん、オディールの勝機。
ひとつ叩いて素直にレジネッタ。
お約束、新潟の出世レース、三面川特別で先行して速い脚を使った実績のあるトラストパープルを穴で狙う。
関西のレースなので実力より人気になっていないと踏む。力はある馬。

三面川特別
12.7-11.6-11.6-12.2-12.3-12.1-11.7-10.4-12.0
35.9-60.4-34.1       0.4 1.3
3-3 34.0
毎年、牝馬の瞬発力戦のお約束、三面川特別は要注意。今年もドがつく瞬発力のレース。
今年は勝ちきずにトラストパープル。

くるみ賞 芝1400府中稍重
12.6-11.5-11.9-12.6-11.4-11.4-11.5
36.0-60.0-34.3  1.2
4-3 34.0
急加速ならおまかせ、ナンヨーヒルトップを負かしている。
前々で運べるのも強み。

上をこの3頭に固定し、3紐は手広く。
前々でいく組みでは、鮫島では勝ちはないが、マイペースでいければ怖いダイワスピリットを2着までみる。
やや小脚を使える点をみて、メイショウはベルーガよりもアサガオを重視。
スローで実績のあるエアパスカルの粘りこみ、底力戦に戦績が偏るブラックエンブレムは切れ不足の可能性あり。
急仕上げ感があるトールポピー。底力タイプで瞬発力戦は苦手。ここでは紐まで。
瞬発力戦に全く実績のない、ムードインディゴはここでは消しで。

3紐で留める。3-6-8で90点。トラストパープル走ってくれなきゃトリガミか?
posted by たま at 08:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お願い神様仏様大黒様[セントライト記念]

とりあえずダメなときは基本に戻る。
おあつらえむきに、3歳戦ならラップが活きる。

セントライト記念過去6年
12.0-10.7-11.6-12.1-12.7-12.7-12.4-12.2-11.8-11.9-11.9 34.3-59.1-35.6 4-3-5-4 35.3
12.0-11.6-11.9-12.2-12.5-12.4-12.2-12.0-12.0-11.6-12.7 35.5-60.2-36.3 2-2-2-2 36.0
12.4-11.1-12.0-12.2-12.4-12.2-12.4-11.9-11.7-11.8-11.7 35.5-60.1-35.2 5-5-7-5 34.6
12.2-11.2-11.6-11.9-11.9-11.9-12.0-12.0-11.9-11.5-12.0 35.058.8--35.4 2-1-1-1 35.4
13.3-12.4-13.3-13.3-13.5-12.9-12.9-12.6-12.7-13.2-14.4 39.0-65.8-40.3 9-9-7-3 39.9 不良
12.1-11.2-11.7-12.8-13.3-12.5-12.2-12.1-11.8-11.5-11.7 35.0-61.1-35.0 3-3-3-3 34.6
不良馬場の03年を除き、基本的には13秒台はまず出ない。
テンもそこそこ早く、中間緩まぬペースで流れやすい中山2200で、6-7ハロンで一息入って、後半は1000-800mスパートするかたちになる。前半はおよそ60秒そこそこ、3歳戦にしては早めの流れ。
終い3ハロンで大きな加速になったレースは皆無で、高速域での持久力と終いの坂を上りきるスタミナ勝負になる。

とまあ、ここで注目なのは、やはり2200mというのは、長距離のようで長距離でなく、中距離のようで中距離でもなく。
あえていえば、もっともきっつい中距離戦。
なかでも外回り中山2200のロングスパートっぷりは、レースの格があがればあがるだけ厳しくなる…ハズなんだが…
今年のクラシックはとにかくスロースローで緩みっぱなし。
一夏越えてここでホントに例年のレベルで競馬が進むなら、春の実績馬は危険ともいえる。実際、ココ向きのラップを持っている馬はダービー組みからはほとんどいないのだ。

ところが、もう一方の目安。1600万条件でもやれそうな夏の上がり馬、つまり近いラップに適性をみせつつ、かつ1000万をきっちり勝ちあがれたようなメンバーも登録していない。
先週のホワイトピルグリム、ここに出てきてくれりゃア…と思わずいいたくなる。とはいえ、先行有利の明白な中山2200。スタミナ勝負の菊トライアルなら、あまり緩々のペースになるとも思いがたく、例年に近い、山で緩んで前半遅め、ちょっと無理したはや仕掛けのレース
を想定して4ハロンびっちりの競馬の経験を重視していくのがおそらく正解だろう。

ただ、それでも実際、ココ向きのラップを持っているなかで、胸張っていけそうな強さをみせたことのある馬自体が非常に少なく、結局は春の実績馬に落ち着きそうな、いや〜な感じである。


◎ナリタダイコク
あがり馬のなかでは最も信頼できる。
頭まであると思えるのはこの馬だけだ。

高千穂特別 小倉2000m
12.6-11.6-11.9-12.8-12.3-12.1-12.0-11.3-11.3-12.0
36.1-61.2-34.6         0.7
5-4-4-4 34.3 4着
先手をとって積極的な競馬は評価できる。
スローから前半一息はいり、後半11秒台を二つならべることで、前は粘れる流れ。
差しきったホワイトピルグリム、スマートギアの2頭は別格。ここに出てきていれば間違いなく好勝負の好素材。
アペリティフとは多少展開不利があったことから、1000万条件勝ち程度の力はあるだろう。

香住特別 阪神芝2200 重
13.0-11.9-12.3-12.9-12.8-12.6-12.4-12.1-12.3-12.4-12.7
37.2-62.9-37.4          0.3
7-7-7-5 36.8
全体的にのべたんなラップ。重を活かしての差し。先行したシゲルタックを最後は頭差押さえ込んだ。基本は先行馬の流れだが、じりっと押し上げて差しきるあたり、巧者っぷりが伺える。

白百合ステークス 稍重
12.6-11.4-12.4-12.2-11.9-12.4-12.1-11.5-11.7
36.4-60.5-35.3          0.6
6-6-3-3 34.9
道中そこそこのペースから、加速のきかない変則ラップ。
早めにおしあげての2着。
ダートの惨敗を除けば、前走以外芝では2勝3連対。掲示板を外したことはなし。さらに2200mはベスト条件。
切れには乏しく、どちらかといえば持久力で勝負するタイプで、距離は伸びていいと思えるだけに、なんとか菊へ駒を進めたいところ。
有力所が休み明けなら、頭まで。

▲フサイチアソート
新潟記念 芝2000新潟
13.0-11.1-11.6-11.1-12.0-12.4-12.0-11.6-10.8-11.9
35.7-58.8-34.3       0.4    0.8
9-9 34.3
スタートこそ緩いが、その後の加速も厳しく、道中緩まぬ競馬。
さらに終いでめいっぱい4ハロン持続力と加速力が要求された。
9番手から使った脚はあがり3番時計。
力のあるところをみせた。+16Kは成長分というより、本調子に戻ってきた証だろう。春は棒に振ったが、このメンバーなら馬鹿にはできず。早めに春の目黒記念、新潟記念と古馬とぶつけてきたのが、ここにきて優位とみる。

▲マイネルチャールズ
札幌記念
12.3-10.9-11.5-11.7-12.0-12.2-12.2-12.4-11.6-11.8
34.7-58.4-35.8
4-4-4-4 35.8

本来ならこれが皐月賞でのこの馬の姿だったろう。
緩んだペースからの瞬発力戦、下級条件の中山2000での実績のない馬だけに、このペースでは厳しい。
3歳同士なら、前走の経験が活きる。弥生賞、ダービーの競馬をすれば好勝負にはなるだろう。信用もできないが、悪くない。
本来であれば、勝たなくても菊にもいける。
だがその空気の読まなさがマイネルクオリティではなかったか?
大人げなく、ここでも全力で勝ちに来た印象。
適性面では全く頭に相当しないが、札幌記念のレースは相当強いメンバーでのもの。タイム的にも休み明けを考えれば6着は上出来の部類。


×クリスタルウイング
ダービーはともかく、青葉賞2着は評価する。
モンテクリスエス、ニシノエモーション、オリエンタルヨーク、アルカザンといったメンバーは確かに春の時点ではそれなりに強力なレースをしてきていた。春の時点で一枚上なのは明白で、狙ったレースの藤沢師なら、出走権を取るまでもってくる出来には仕上げているだろう。

×ノットアローン
ラジオNIKKEI賞の競馬を見れば、中心は揺るがず。
12.6-10.8-11.7-12.6-12.2-11.7-11.6-11.4-12.2
12.6-11.4-12.4-12.2-11.9-12.4-12.1-11.5-11.7
一方、白百合ステークスの競馬ではあっけなく前に交わされた。不良のあすなろ賞の逃げ切りも考えれば、稍重馬場とも考えづらい。
あえていえば、ともに中間の緩みは少ないが、前者が早めにスローに落ちてじんわりと持続戦。
それに対して、後者は息の入りが直前、そこから0.6加速があったのパターンで、逃げには厳しい展開という点だろう。
前半緩んで、後半ロングスパートの中山2200の積極策は合う。
ただ、休み明けもあり、調教の終いはまだかかっている。
ギリギリ仕上がった感もあり、頭はどうか?
ただし、出走権は欲しいところ。適性もドンピで無視はできない。

×ロードニュースター
五稜郭特別は展開もそこそこ向いて終いのかかる展開。12-12-10-8 37.0で3着。
1000万条件で安定して着にきているのは評価できるが、特にココ向きとは言えず。
5-5-4-3 37.2
500条件だが、前半はそこそこ。ペースチェンジから、加速するのが残り1200m時点の超ロングスパート。早めにしかけて伸びきった競馬は強い。


△フジヤマラムセス

△ダイワワイルドボア

△リノーンリーズン

△キングオブカルト

△シルクマンハッタン

△タケミカヅチ

タケミカヅチは直前まで坂路2本と、ちょっと急仕上げの感がある。
地力はあるが?買いたい3頭+権利の欲しい2頭でワンツーとみて、3紐は絞らずいく。


------------------
◎ナリタダイコク
▲フサイチアソート
▲マイネルチャールズ
------------------
×ノットアローン
×クリスタルウイング
×ロードニュースター
------------------
△フジヤマラムセス
△ダイワワイルドボア
△リノーンリーズン
△キングオブカルト
△キングスエンブレム
△タケミカヅチ



あくまで3単勝負。これで2着目が実績どころでなく、3着目に実績どころで大黒様に勝ちきられたら泣くに泣けないが…3-6-12で150点。
買いすぎかな…(ーーlll
posted by たま at 01:52| Comment(2) | TrackBack(4) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

臭う、臭うぞ、危険な臭い[朝日CC]

広い阪神、小頭数。一見ドリジャに向いたように見えるこのレース。単勝1.7倍。ぐりぐりになるのも前走の強さをみればアタリマエ。
だが…
なんのことはない。阪神コースは構造的にドリームジャーニーにとっては鬼門のコース。
小倉記念
12.4-11.2-11.2-12.6-11.9-11.8-11.8-11.5-11.6-11.9
34.8-59.3-35.0
12-12-12-3 34.4
確かにコレをやられれば、他の馬には厳しい。
後ろ6ハロン11秒台でいく持続戦のなかでのひとまくり。
ややゆったりしたテンの流れから、コーナーでのペースアップについていった馬で結局ワンツーで決まっている。

鳴尾記念
12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
35.9-61.0-34.2
10-11 33.8
上がり3番の脚を使いながら8着に破れたのが鳴尾記念。
コーナーで一気に加速した結果、着順をあげれずに結局しまいの切れだけで届かなかった。

今回のメンバー構成を見る限り、底力戦に持ち込みたいのはアドマイヤメインだが…問題は屋根の川田J。
キャプテントゥーレで皐月賞をスローからの瞬発力戦に落とした屋根と、武の乗るニルヴァーナがペースの鍵を握るなら、おそらく鳴尾記念的な、直線手前から急速に加速するレースになる可能性は非常に高い。スタートしてすぐの坂、800mからくだっていく阪神コースは、末脚インフレを起しやすい。瞬間でドンと加速すれば、惰性で結構よいしょと坂を上りきる。
ここに唯一、ドリームジャーニーの不安がある。

◎ホワイトピルグリム
12.6-11.6-11.9-12.8-12.3-12.1-12.0-11.3-11.3-12.0
36.1-61.2-34.6          0.7 0.7
5-4-7-7 33.9
前走、スマートギアを押さえて勝ちきったホワイトピルグリム。
スローからの切れ味勝負でもぎとったのだから価値は高い。
もともと、ひめさゆり賞のように、厳しい流れで強さを発揮してきた馬が、ここにきて、レースに幅をみせだした。
そのひめさゆり賞の勝ちっぷりは着差こそ少ないが、メンバー的にもなかなかのもの。内枠、HCを考えれば、勝機十分。

○ニルヴァーナ
前々で競馬が出来、瞬発力で抜けてくる性能のあるタイプ。鳴尾でいうところのエイシンデピュティ的なポジション、枠で。

▲メイショウカチドキ
12.4-12.2-12.3-12.9-12.7-12.7-12.9-13.0-12.3-11.7-11.0-11.3
このどっかん加速で、かつて比叡Sでアイポッパーを破った男。
最内、小牧なら内々からするすると…一発。

△ウイントリガー
復調の小倉日経OPで見せた切れはフロックではない印象で。
馬体絞れてここは穴。

△トーホウアラン
休み明けでもそこは狙ってくる藤原厩舎。

△ドリームジャーニー
紐までは念のため。

△ミュージックホーク
ジューンS
12.9-12.1-12.3-12.2-12.7-12.8-12.4-11.2-11.4-13.0
37.3-62.2-35.6          1.2
2-3-1 35.6
坂のあるコースでは良績なし。
ただし、ハナを切って内々勝負ができるここで、抜けてくる脚だけの勝負なら、かつて1.2の加速をみせたことのある馬。
アドマイヤが控えるなら、先手をとりにいけばチャンスあり。

----------------------
◎ホワイトピルグリム
○ニルヴァーナ
▲メイショウカチドキ
△ウイントリガー
△トーホウアラン
△ドリームジャーニー
△ミュージックホーク
----------------------
3-7-7で。
調子落ちにくわえ、外枠引いたキャプテンベガは割引。
posted by たま at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

秋の乙女のハリケーン[紫苑S]

さて。実力馬レッドアゲートがここから始動。
一方夏の上がり馬が使われてきた強みでここは意地をみせるか?

ちょっと面白いのが紫苑S。
ひととおり眺めてみたが、うーん、レースっぷりからレッドアゲート1本被りもやむなしか?

ただ、そこは牝馬戦。絶対に見える馬ほど飛べば大きい。
休み明けもあるだけに、頭はとくに必要なし。開催代わりのウチパクの芝2000っていうのも、どうもピンときてないのが実際。

メンバー中、とりあえず距離に不安のありそうなタイプが、開幕週の逃げということでそこそこ相手としてピックされている。
そこは疑問が大きく、まず消しに入るのが、マイルで使われてきて穴人気になっているニシノガーランドやデヴェロッペ。
となると、目安となる「1000万を勝ち切る力」をイメージするなら、狙いはおのずと絞れてこよう。
◎はモエレカトリーナ。
中村畜産父ゴールドヘイローの売り出しのためにも、中央OPでの1勝はぜひともほしいところ。
3歳上500万下芝1800新潟
12.8-11.5-11.8-12.4-12.3-12.0-11.5-10.6-12.1
36.1-60.8-34.2     0.3 0.5 0.9  
6-7 33.2
スロー目だが、中間無駄に緩まず、後半急加速。新潟ゆえに割り引きだが、スピード的には全く問題ない。
新潟得意のアスクデピュティを勝たせなかったのも評価できる。1:47.0も優秀で。52Kとはいえ古馬との混合戦ならアタリマエ。
信濃川特別 2000m
12.7-11.5-12.0-11.8-12.4-12.5-11.7-11.3-10.3-12.1
36.2-60.4-33.7       0.8 0.4 1.0
8-7 33.7
これも新潟らしい競馬。2000を経験できたこと、緩みが比較的小さいこと、瞬間で10.3は評価できるか。
今年も新潟はインフレだが、1000万の力はあるということとみていいだろう。終い1ハロン厳しいのは新潟2000なので気にせずともOK。
元来は小回りで鍛えられた馬だけに、瞬間の脚は活きるとみる。
レッドに勝つまでのパフォーマンスを見るなら、まずはこの馬。

○レッドアゲート。逆らいたいところだが、このメンバーでは地力は論じるまでもなく上。

▲ショウカク。
歳新馬芝1600新潟
12.8-11.7-12.7-12.6-12.2-11.7-10.6-12.4
37.2-62.0-34.7  0.4 0.5 1.1
5-4 34.7
前半は新馬らしくスロー。後半一気の加速。終いはだらしないが、瞬間の脚がよく、スパート位置も早い。
中山は向きそうなラップ。
2歳未勝利 中山芝1600
12.7-10.9-11.8-12.0-12.2-12.0-11.8-12.2
35.4-59.6-36.0       0.2
7-3-4 36.2
前半スローだが、緩むところのない中山マイルらしいラップ。
勝ったのがアロマキャンドル。ショウカクは2着。
勝ち上がりこそDだが、中山なら意外といい印象を持てる。斤量もかつて54Kで好走しており、苦にしない。
モエレに先着を許したが、調子自体は良好。

瞬間の速い終い2ハロン単体のラップで10秒台をマークしているのは、この馬とモエレカトリーヌのみ。
逆に瞬間の脚より持続力で勝ちあがってきたのがレッドアゲート。
逆転の1手があるとするなら、前々からすぱっと抜けてくる加速する脚の差だ。

×アイルビーバウンド
戦績が府中によっているのは気になるが、一夏越えて休み明けでも面白い。
3歳未勝利ダ1400左東京
12.4-11.3-12.1-12.7-12.9-12.5-13.0
35.8-38.4
5-5 38.0
変哲のないラップだが、終い厳しい流れで内々5番手で我慢のきいたことは好印象か。
2歳新馬芝1600東京
12.5-12.0-12.6-12.5-12.5-11.7-11.0-11.8
37.1-62.1-34.5    0.7  0.7
5-4 33.8
新馬は既に1000万下を勝ったメイビリーヴの2着。
前半スローから、0.7づつ加速して、終いまで11秒台。
そこで4番手から上がり最速であがってきていることから、芝向きの切れはある。春先は400Kそこそこの馬。ここから使って秋の府中で要注意か?

△アポロクイック
実は中山2000で未勝利を抜けているし、そのときは番手追走。
3歳未勝利(牝)
12.4-11.4-12.2-13.1-13.4-12.9-12.5-12.2-11.9-12.2
36.0-62.5-36.3          0.3 0.3
2-2-2-2 36.2
スローに落として真ん中緩んで、この程度?
という感じではあるが…
新馬戦で3着には7馬身差をつけたように、中山にくると強い。
府中・新潟の左回りの戦績は目を瞑れば、福島・中山では1勝2着2回と準パーフェクト。
織姫賞
12.3-11.2-12-12.2-12.1-12-12.3-12.3-12.1
は極端な後方からだが、ペースの落ち着く2000なら、前にもいける。
-------------------------
◎モエレカトリーナ
○レッドアゲート
▲ショウカク
×アイルビーバウンド
△アポロクイック
-------------------------
上5頭で。レッドアゲート3着以下なら、カトリーナ台風上陸で!
posted by たま at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可憐に咲くか、秋の華[コスモス賞]

メンバー薄いとか、いろいろ言われるコスモス賞。
内に入った安藤勝、新馬の勝ちっぷりからスズカワグナーが人気のようだが?

ざっと馬柱をみていると、何頭か抜けてる印象がある。
まずはスズノハミルトン。
2歳新馬 芝1400阪神
12.4-11.2-11.6-12.0-12.1-12.4-12.5
35.2-59.3-37.0
8-7 36.2
スピード勝負とは到底思えないし、タイムは悪いが、1200+200のパターンで、終いは厳しい競馬。
このペースで内々から8番手追走ができたことも距離延長なら悪くない。また、まかした相手は評判のアディアフォーンにPOG馬エイシンタイガー。そのエイシンタイガーが新潟2Sで4着入線となれば、このメンバーなら十分勝てそう。

一方で新馬快勝で人気のスズカワグナー。
2歳新馬
12.9-11.8-12.1-13.0-12.4-12.1-12.0-12.1-12.0
36.8-62.2-36.1
2-1-1-1 36.1
スローから早めに先手争いが終着。4ハロン目から仕掛けて最後まで脚色が衰えなかったところはイイが、前半の緩さを考えればやや恵まれているが?また、いくら4ハロン競馬とはいえ、やや平板すぎる嫌いがあり、父も考えれば、芝はこなすが、展開はあまりむかなそう。

コーナーまでの距離が短く、先手争いが厳しくなるならテン入りの速い札幌1800。だが、このメンバーなら、先手主張はマイネルエルフくらいのもので、そのエルフが、どちらかといえば、平たいラップよりは、すっと伸びてくる脚の差で好走するタイプ。
スローからの競馬前提なら、決め手にやや疑問も出るし、逆に激化するようなら、新馬からのギャップが大きい。
ここはレース経験がモノをいいそう。
そのマイネルエルフ。
クローバー賞
6.7-11.2-11.8-12.2-12.6-11.9-11.4-12.0
29.7-35.3       0.7 0.5
3-2-2 35.2
前半緩く、3ハロン目でスパート。
ラップ的にはそこそこ。全体の緩みも小さいなか、いい加速で抜けている。7枠11番から番手をとったのも気持ちいい。ただし、目標になりにいくところがあるだけに、勝ち切れるかどうかは微妙な印象も。
ならばむしろ頭は芝向きとの触れ込みできた□地イグゼキュティヴか?
あまりスローだと厳しいが、切れるタイプ不在のここなら、後ろからじっくりいって、一発狙って面白い。
また、同じ地方馬なら、モエレピンクレディ。
430Kそこそこの軽量馬だけに、500Kクラスのパワーダートの旭川はいかにも酷で、地方戦績は気にしない。
地方で面白そうなのはここ2頭とみた。

--------------------
◎スズノハミルトン
○マイネルエルフ
▲イグゼキュティヴ
△メジロチャンプ
△モエレピンクレディ
△スズカワグナー
△ツインダイヤ
--------------------
3着人気薄パターンがオイシイか?
実は期待はコスモスだけにピンクレディの3着激走w
posted by たま at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

いけいけ!ぼくらのタマモサポート[新潟記念]

中間緩む傾向のある新潟において、重賞となると、とたんに緩まず平坦なラップを刻むのが新潟2000だが、そうなると、単純な瞬発力だけでは決まらない。さらに馬場差で前の残る前半の新潟を考えれば、そこで勝ちあがってきたコスモプラチナや、小倉中心のダイシングロウはココでは信用するに至らない印象で。

◎タマモサポート
注目は関屋記念の3着。
12.6-11.3-12.1-12.3-11.6-11.0-10.0-11.9
元来、この馬最大の弱点は切れる脚がいるレースで切れ負けすること。
ところが、関屋記念では、スローから後半4ハロンの持続力とともに、1.0の急加速も問われている。ここで3着できたことからも、今期の仕上げは完璧にいっているとみるし、一回り強くなっている。
天の川ステークス
12.8-11.2-11.6-11.7-12.3-12.3-11.8-11.2-11.1-12.5
35.6-59.6-34.8
これを逃げ切っての1:58.5を持っている馬。
今なら好位追走もできるようになっているし、かつてより速いあがりに対応することもできるなら、抜け出し圧勝をみる。

○アルコセニョーラ
復調気配なら、怖い一頭。HC53K、得意の新潟2000でなら。

▲は能力一番とずっといってきてるバトルバニヤン。
前走58Kで横綱相撲だが、そのレース自体は、スローに対応できたこと以外は別に買う意味はない。
やはり関門橋ステークスの競馬の中身が素晴らしい。博多Sのダイシングロウ以上にずば抜けているのがミソ。

×マイネルキッツ
注目はやはりエプソムC。もともと左周り専用機だが、唯一の弱点は、緩んでの競馬しか経験が無かったこと。
それが12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.7-11.1-11.6-12.6で、あわやの競馬をしてみせたことが大きい。

△ミストラルクルーズ
この馬も大有り。イーブンラップから決め手比べのここは向きそう。

△トウショウヴォイス
リピートレースなら押さえ当然。頭にきたら泣くだけ。

△ダイシングロウ
紐はあるが、頭は無理だろう。
posted by たま at 08:01| Comment(3) | TrackBack(4) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

不安定な足場の上の[札幌記念]

マツリダゴッホか…
2年前、この馬はG1を狙えるの器だと、
2006の冬の条件戦ラップから馬券の対象にして、春の天皇賞でボロ負け、有馬では頭は抜けてと、どうも相性が悪い。
そして地力を認めている馬だけに、不安があっても消しづらいという、人気されると私にとっては最悪の馬の一頭。

どうもひっかかるのは、地力上位ゆえに消せない人気になる馬であっても、負けるときは負ける。
理由なくとも負けるのだ。
新馬で90万馬券が出ていたが、あれも結局は1本被りが産んだ馬券で、混戦と思われているレースよりは、確勝ムードのあるレースのほうがでかい馬券は狙いやすい。
ゆえに、巷にいわれる不安要素以外に一切理由はないが、マツリダゴッホは、今回負けても中山で走れることから、まだ調整とみて徹底的に無視したい。
元来この馬の競馬は身を削る。速い展開から、ロングスパートに持ち込んで粘りこむ型しか持って居ないからだ。スイートスポットは極端に狭い。ゆえに、簡単にトウショウナイトやネヴァプションにも先着を許すし、負けるときは物凄く負ける。
これだけ強いにも関わらず、沈んだら沈んだで、「それでもこの馬らしい」、と思うのは私だけではないだろう。

小回り平坦。極端に短い直線。コーナーからぐんと加速していくレースになるのはまず間違いない。
まさにゴッホにもってこいの展開だが、それはあくまで、自分でレースを作れたときのみ。
逆にいえば、自分で作れなくとも、得意パターンに持ち込まれてしまうレースで、歯車ひとつ合わなければ…そこであがっていくのは非常にしんどいことになる。
人気が後ろでまごつけば、特をするのは前の馬。
最高の枠を持っていったのがコンゴウリキシオー。
しかし、このコンゴウリキシオーは徹底して休み明けはダメ。
暴走暴走で最後はずるっとくるのがパターンだ。
ここから見えてくるのは相応のペースから、中間緩まぬ根性競馬。
まくりは非常に決めづらいうえ、さらに今の札幌なら前がとまらない。

-----------------------
◎マイネルチャールズ
○フィールドベアー
▲マンハッタンスカイ
×タスカータソルテ
-----------------------
△シルクフェイマス
△メイショウレガーロ
-----------------------
ここ6頭で4-4-6程度で勝負。
◎はマイネルチャールズ。
力は世代でもトップクラス。平板なラップも合いそうだし、積極的な競馬に出る松岡。最内を引けばここは好走はかたいイメージで。
圧勝を期待したい。
○にフィールドベアー。
得意は函館だが、有力馬が休み明けで実質ゴッホがいなければ、相手はチャールズくらいのもの。ならば順調さを強みに頭まで。

▲にマンハッタンスカイ。
愚直に前々にいかねば勝ち目のない馬。外枠で人気が落ちたのはむしろ行幸。この頭数で、リキシオーがひっぱれば内も外もへったくれもない。「いくかいかないか」の判断のみだ。いくのが固い馬だけに、様子見せずにドンと思い切りよく出て欲しい。

×タスカータソルテ
正直言えば、人気しすぎの感があって狙いづらいのだが。
こまわり平坦、叩き3戦なら。フィールドベアーと同パターンで。
posted by たま at 08:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

夏のお嬢さん、化ける?[クイーンS]

開幕週の小回り札幌。直線短く、圧倒的に内枠先行有利となりがちだが、それだけに紛れも多く、地力・底力とは無縁のスピード優位。
まず問題は桜花賞をどうとるか。
12.4-10.9-11.3-11.8-12.1-11.7-11.6-12.6
34.6-58.5-35.9
一目瞭然のハイペースラップからのなだれ込みがサクラのレース。
ぶっちゃけ、ここでの適性とは真逆であり、5着までがコンマ2秒にひしめくレースなことも考えれば、桜の実績をそのまま鵜呑みにするのはちと危険。オークスとて、レジネッタ、オディールの2騎に不利のあった競馬でのもの。私の見解は春当初同様に、明らかにレジネッタ>エフティマイア。
G1戦では斤量差のないレースで息を吹き返したが、大きく抜けた力があるわけではない連続2着馬にとって、+1KgのG3戦で休み明けに力のいる札幌の馬場なら、実に飛びゴロ。
一方、不利がなければ2冠もどうか?
今年の世代で最も信用できる1頭が、阪神JFからおいかけているレジネッタ。検討の余地なく、この馬はたまたま穴になったが、ずっと力は示してきている。ただし紛れの多い札幌1800なら、前々で運ぶ組に対して取りこぼす可能性も否定できず。
根性はあるが、パワーだけはみせてきていないなか、地力で連にはきても、圧勝まではどうか?といったところ。

-----------------------
◎ヤマニンメルベイユ
○レジネッタ
▲デヴェロッペ
-----------------------
×アドマイヤスペース
△ハートオブクイーン
△ムードインディゴ
△ユキチャン
-----------------------

◎はヴィクトリアマイルで狙ったヤマニンメルベイユ。
あまりスローに落ちすぎるよりは、先手からスピード勝負になったほうがよい馬で、枠も絶好。平板なラップで強く、コース適性も高い。
ヴィクトリアマイルでは決め手の差が出たが、直線の短い札幌なら最後まで抜けきれる。
○に地力一番、ずっと買い続けているレジネッタ。前が残ってくることがわかっていれば、間違いなく直線は横一線にならびに来る。
小回り平坦で何をすればいいかは熟知している小牧なら、楽に前は逃がさない。屋根、馬ともに信用。

▲デヴェロッペ
クイーンCで期待したデヴェロッペ。
枠はキツイところを持っていったが、今回は屋根典弘で、無理矢理に出てもなんとかまとめてきそう。札幌開幕はまさにまってました。適性&スピード優位で、アタマまで期待。
菜の花賞の再現もありか?

×アドマイヤスペース
どうも人気はないが、順調に使われてきた数少ない馬。
前走、距離延長できた良血インヴァイト後継のタニノハイクレアが穴人気になっているが、あちらはやはり1ハロン長いか?という印象もあるのに対して、距離への不安は全くなし。
巴賞では、6-8-8-8 35.9と、本来のこの馬の押し切り競馬に持ち込めていないものの、あれはかなりのハイペース戦でのもの。
このメンバーならすんなり好位にはつけられるし、ここのところ体重
がぐんぐん増しているのも気に掛かる。

△ハートオブクイーン
前々で競馬ができるし、馬格も十分。札幌はあいそう。
なんできたのかよくわからないが桜できてる以上、1Kg差もあり、ここでは警戒。

△ムードインディゴ
いまひとつ切れでは劣るが、レジネッタの隣に入れば話しは別。小牧をぴったりマークしてこれば、勝春でも仕掛けどころは間違えないだろう。外目からじりっと被せてこれば、伸びてくる脚はある馬で。

△ユキチャン
念のため、一応は押さえ。そもそも先手が取れるか疑問だが、
パワータイプで脚質もむく。

3-7-7で90点。
posted by たま at 03:09| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お盆競馬♪お盆競馬♪[天の川S]

とはいえ、あまり時間もないので、短縮形。
■天の川S
----------------------
◎カゼノコウテイ
○ココナッツパンチ
▲エルソルダード
----------------------
×ダンスアジョイ
△コスモプラチナ
----------------------
△シルクタイガー
----------------------
地力の出やすいコースに小頭数。
地力は一番、ココパンはここでは負けられないが、メンバーは相当曲者揃い。ちょっとミスれば着外もあるが、これが抜けたとしても、コウテイ、エルソルダード、ダンスアジョイの3頭が、これまた確実な地力上位を形成するイメージで。
荒れ目の要素があるなら、ハナッから3着狙いの作戦馬。
本来中の緩む新潟2000は、スタートからの1000mで先手を奪った馬がどうペースメイクするか次第。思い切って逃げるコスモプラチナ。
及び、距離不安もあって、終いにかけて着を取りに来るベテランを屋根に持ってきたシルクタイガーの2頭のどちらかか。

◎はカゼノコウテイ
日本海S
12.4-11.8-11.9-12.6-13.2-12.7-12.5-12.0-11.7-10.7-11.8
36.1-61.9-34.2          0.5 0.3 1.0
12-12-11-11 33.7
ただでさえ先行有利の2200内回り新潟のぶったるみ競馬で、終い2ハロン目で1.0の猛ダッシュ。11番手からではどうしようもない。
この競馬では会員の不満もつのる?
感性の男、田中勝から、内内から差させれば天下一品のヨシトミに乗り代わり、コース適性上位。末脚の切れもある。ココパンはこれから重賞でやるなら、避けては通れない相手。ここで勝てなきゃどこで勝つ?
今度は背水の陣で挑んで欲しい。
○はココパン。
自己条件なら勝ち上がりは時間の問題だろう。
弥生賞から買ってきた馬だけに、そろそろ。
怖いのは2走ボケとか反動とか、数字に出ない謎の凡走くらい。
阿武隈S
10.6-10.9-11.6-12.4-12.4-12.4-11.9-11.8-12.0
33.6-57.6-35.7       0.5
ハイペースのなかを中団から押し出しての2着。
負かした相手のインベスターが自己条件で次走3着、アップルサイダーが日報賞2着と、メンバーもなかなか濃い。
ひとつ叩いてまともなら好走必至ととらえるが、この馬の勝ち味の遅さもたいしたもので、いまや最強クラスの1勝馬。
これだけゴール前強い面子が揃えばアタマには置ききれないか?
▲エルソルダード
素質でいえば、ヒケはまったくとらない。
三木特別
12.7-11.6-11.4-11.9-12.6-12.1-11.3-11.2-12.3
35.7-60.2-34.8     0.5 0.8 0.1
3-2 34.7
阪神でロングスパートに持ち込み、抜けてくる脚で0.8。
前半やや緩いとはいえ、坂を12.3で最後まで粘りこんだ地力はホンモノ。枠順もよいところを引いたうえ、間の緩む展開になりがちな新潟平坦2000はイメージとしてはベストのコース。
十分上を食えるとみて単穴に。
×ダンスアジョイ
勝てそうで勝てない。飛びそうで飛ばない。
日本海Sではカゼノコウテイとの着順は上だが、位置取りの差にすぎない。曲者揃いのこの面子で頭はどうか?
3-5-6で48点だが、オッズの都合でココパン頭だけはちと買い足すイメージで50点といったところか?
posted by たま at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

小倉に踊れ![小倉記念]

新潟日報賞は、△―▲―抜け。
金鯱賞で推したように、地力はメンバー随一のバトルバニヤン。最後の最後までアップルサイダーを抜かせなかったのは見事。
3K貰ってれば逆転できると思っていたが…
どっちにせよ、思ったよりザレマとハイソサエティーが速いあがりに対応できた時点でOUT。
馬単が以外とついていて、改めて3単狙いの無理を感じたが…
とれる馬券だよね、あんなの。
まあ、とっととハズレた馬券のことは忘れて、次は小倉のメイン重賞。小倉記念。実際、小倉2000は内目有利のコースだが、けっして逃げ先行有利というわけではないと思う。とくに上の条件で。
というのも、小倉2000はハイペース競馬には案外なりづらい。それゆえに、一息入ってから、直線の短さを意識しての3コーナーからのペースアップ⇒ロングスパート競馬という印象が強く、先行が有利とするならば、極端に切れる末を要求されないという点にある。
とくに、前半登りから後半1200mが断続的な下りになることで、ずっと後半加速し続けるようなイメージでいればいい。
そのため、ちょっとでも馬場が荒れてくると、前が持たなくなり、一気に外差しが台頭する原因になっているといえるのだが、今のところ馬場は良好。極端な追い込みの頭はどうか?

ぱっとメンバーをみて、ニルヴァーナにダイシングロウ、ミヤビランベリに軽ハンデのカネトシリベルテと、前々勝負の馬が並んだ。
あっさりこのへんで折り合って決まりそうな気もするが、一歩間違えればかなり速めのテンが想定できる。これだけ揃うと小倉2000の罠がまっていそう。高速馬場だけに、おそらく前は早々には止まらない、しかし、前半の登りでやりすぎると、広がって直線の追い比べで持たないケースは十二分に考えられる。

博多S
12.0-10.2-11.3-11.2-12.2-12.6-12.5-11.3-11.8
33.5-56.9-35.6
テンから飛ばした快速ラップだが、刻んだ2頭は大失速。
一方で、ついていったダイシングロウとグロリアスウィークが先手で仕掛けて、抜け出してくる脚の速さだけで勝ちきったレース。
これが異常な高評価を受けたダイシングロウ。
基本的に前々競馬をする馬をスゥィープする役はこれに決まりといっていいだろうが…正直2ハロン目に急加速の出るレースは悪いほうに出やすい異端の競馬だと思うのだが。
こういう嫌らしいのがいるところへ、先手を主張するのがダブルティンパニーやニルヴァーナ、ミヤビランベリ。
いずれもそれなりに実力のある馬だが、軽ハンデ逃げのカネトシリベルテもろとも、いないと思って考える。

むしろ狙いはじっくり好位をあわてずにとれる馬のうち、平坦適性高く、スピードに乗って持続的に脚を使うタイプ。
てなわけで結論。
-----------------------------
◎06レインダンス
○07ヴィータローザ
▲09ケンブリッジレーザ
-----------------------------
×01ワンモアチャッター
△05サンレイジャスパー
△10ダイシングロウ
-----------------------------
△03ドリームジャーニー
-----------------------------
◎はレインダンス。
たかが1600万あがりを狙うなら、頭は復調気配の実績馬。
ハンデも手ごろな範囲におさまった54K。
ロングスパート平坦戦はおそらく得意中の得意。
復活の舞台は整った。屋根の藤岡康太は若き小回り平坦専用機w!
前々を見ながら、後半ずいっと進出してこれば頭まで。
前走から明らかに復調気配。思わぬ雨で目立たない戦績になったが、
おそらく小倉も合う。
○差の無い対抗にヴィータローザ。
中山、阪神、京都内回り2000、中京、福島と、とにかく小回り平坦2000mはスペシャリスト。屋根の小牧も小回り競馬は鬼。
レインダンスが実力を出せなければ、順当に実力で決まればこれがナンバーワン。ダイシングロウが56Kなら、逆にこの馬にとっては負けられない一戦で好走必死。
使い込んでよくない馬なのは陣営も周知の事実。なにしろこれで50戦。記念の一戦を気持ちよく勝利で飾って欲しい。

実質この2本軸でいっこうにかまわないが、
ちょっと気になるのがケンブリッジレーザ。
現在15頭立15人気!マジで?頭から買っちゃったよ〜、おい。
なんで〜?いいと思うんだけどな、結構。
博多Sは5-5-6-4から抜け切れずに6着。とはいえ、実質ブリトマルティスやトウカイルナのような1600万上等の組とは差の無い競馬。
大逃げを早めに捕らえた前々競馬であっさり決まったレースだけに、着差はあるが、この馬とて収穫はある。まずはきっちり5番手追走もできているし、34.9の末脚は2着のグロリアスウィークと互角。単純に位置どりの差がそのまま詰まらなかっただけといっていいだろう。
なんだかんだいって、博多Sは終い2ハロン目の瞬発型のレース。あのポイントでの加速なら、捕らえにいったことは評価できるが、そこで動かなかった馬との実力差とも言い難い。いくらでも流れによって差は詰まるといっていいだろう。
背振山特別
12.3-11.3-11.7-12.3-11.9-11.7-11.9-12.0-12.1-12.3
35.3-35.3-36.4
まさに小倉2000らしいイーブンラップのロングスパート競馬を
差しきっているように、博多Sの競馬はこの馬の本来の姿ではない。
淡路特別
13.2-12.1-12.9-13.1-12.8-12.7-13.0-12.1-11.8-11.7-10.8-12.0
でも、後半1000mスパートを決めているように、完璧に小回りコーナースパート特化型。
前々をみつつ競馬を進め、後半進出してくるかたちでなら、軽ハンデがフルに活きる。思い切って頭までみてみたい。ちなみにその背振山特別で乗ったのが今回の屋根安藤光。陣営、そのへんそれなりに一発狙っている印象ありで。

他に怖いのが、やはり復調気味のサンレイジャスパー。二連覇はどうかと思うが、小回り平坦、前のやりあう展開なら、これを忘れてはいけないだろう。

人気のダイシングロウだが、博多Sの競馬はちょっと評価しずらい面も残る。枠は許容範囲だが、最後の最後でクビをあげそう。
頭まではどうか?
同じく人気のドリームジャーニー。飛びそうな匂いもプンプンするんだが…適性面での裏づけもなく、57K。1K減ればと考えるべきか、それとも徹底無視を貫くべきか?一応G1馬の休み明け叩き3戦。3着くらいはあっていいかと考える。ただし、ジャーニーが突っ込んできたときは、むしろワンモアチャッターの出番のような気もしないでも…
3-6-7なら、75点。
posted by たま at 01:42| Comment(1) | TrackBack(4) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

皇帝撃沈…がっくり[函館記念]

日本海Sは、×-△-△も、ちと買い目をけちしたら届きそうで届かず。
▲×はほぼ互角にみただけに、買い方難しかったのだけど、惜しかったなあ。失敗した。いっそのことカゼノコウテイ出てなけりゃ楽にとれたな、と(苦笑)

さて。気を取り直して函館記念。
基本パターンは結構お定まりで、平板に流れるケースか、途中緩んでから末脚勝負。
巴賞とは真逆のラップになっており、勝ち馬はあてにしずらい。
むしろ巻き返し組みと、平たいラップに適性のあるタイプを狙いたい。
ちょっと出張中につき短縮形で。

--------------------
◎ミストラルクルーズ
○マンハッタンスカイ
▲メイショウレガーロ
×トーセンキャプテン
△センカク
△マヤノライジン
--------------------
引き続きミストラルで足りるメンバーだと思う。
実績上位、調子良好、陣営、サマーシリーズ狙いで仕立ててきた気配農耕で。中心に。
対抗、前走は足慣らし。函館はこの馬のスタミナがいきるマンハッタンスカイ。平板ラップで強いメイショウレガーロの二騎を。1着の可能性という面では、中から外枠にはいったミストラルとレガーロを上にみての印わけ。
アーリントンCでマイル重賞実績のあるトーセンキャプテン。復帰後人気を裏切っているが、メイショウレガーロ、マンハッタンスカイで作るペースなら、この馬にとってはもってこいの流れになるとふみ、今回は軽視できない。
スロー目からまくらせれば強いセンカク。コース実績のあるマヤノライジンまで。
2発の効かないフィールドベアー。コース実績はあれど、今回のメンバーは相当手ごわいとみてハンデもあり徹底軽視。

てな感じ。
posted by たま at 04:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

コウテイ本線日本海♪[日本海S]

雨降りそう?
とりあえず重賞で勝ち負けできると昨年の秋以来、ずっと買い続けてるカゼノコウテイ。ここはメンバー薄く楽に勝ってもらいたい。
あまりスローに流れすぎると折り合いに不安なところがあるだけに、歓迎ではないが、コスモピロリと逃げ馬を早めにつっつきにいってくれる勘定で。内回り2200なら、新潟とはいえ、スロー目から早めのスパートになる可能性もあり、案外終いはかかるほうに読みたいところだが、元来が高速馬場。前がペースをあげてそのまま後半ロングスパート想定でいけそうな匂いがする。
となればピロリはコロリと負かして、後は後ろをどこまで押さえ込めるか。内回り2200なら残るほうに重くかけたい。
雨が降るならグラスブラスト。軽ハンデのキャッチータイトルの残り目を警戒。末脚ならホーマンアラシと最内の柴田ヨシトミ。
ススノオオゴンが面白い。ダンスアジョイは57K後藤で消したいところだが、念のため。

[日本海S]
-----------------------
◎07カゼノコウテイ
○01スズノオオゴン
▲12グラスブラスト
×05キャッチータイトル
△11ホーマンアラシ
△08コスモピロリ
△02ダンスアジョイ
-----------------------
posted by たま at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

いざ!サマーシリーズ開幕戦![七夕賞]

そういえば先週はどちらの重賞も4着本命から2-3着を握る2-3-4着のパターンに無きました。酔っ払ってたぶん詰めが甘かったか?(苦笑)

メンバー的に積極的に前にいくタイプは少なく、ミヤビランベリの単騎で進みそうではあるものの、基本仕掛けどころの早い残り200mは地獄の根性戦になる福島2000。
そう思って眺めれば、早めに仕掛けていきたいタイプは少なくない。たかが内回り京都2000で粘ったとて、七夕賞ではなかなか粘れるわけでないのは昨年、この馬より遥かに強力なニホンピロキースですら掲示板が精一杯だったことを考えれば、大逃げのパターンはとりあえず考えず、捕まる前提で予想を進めるほうが理にかなっている。
ならば狙える馬は絞れてくるか?

まず、消しづらいのは地力のカネトシツヨシオー、得意コースのグラスボンバー。幸い福島向きの競馬からは遠い終いのかからぬレース経験が先にたつキャプテンベガやマイネルキッツが人気を吸収しているぶん素直に力上位を買いやすい状況になっている。
このへんはおとなしく買いに回ろう。

一方、荒れる福島。軽ハンデに注目の馬がいないかといえば、これが結構曲者揃い。どれを持ってくるかだが、白羽の矢を立てるのは…

◎アクティブアクト
--------------------------
W新横浜開設記念 11-10-7-6 36.9
12.3-10.5-11.4-11.3-11.4-11.9-12.2-12.3-13.3
34.2-56.9-37.8
テン56秒からひらたく流れてしまい一杯。
そこで中団でがんばるのだからなかなか強い競馬。
このときのタイムは1:46.9なら時計も足りる。
速い流れから終いのかかる展開でのロングスパートで活路。

桑折特別 4-5-4-3 36.0
12.1-10.8-11.4-11.9-12.6-12.4-12.2-12.2-11.8-12.3
34.3-58.8-36.3
さらに裏付けるのが。500特別勝ちの桑折特別 1:59.7。
原則同パターンだが、やや緩い。福島芝2000らしい、
終いが苦しくなるパターンだが、緩いぶんだけ残りきれる。
ここでそつなく先行して使ったあがりがメンバー最速。
基本平坦巧者だが、特に福島は鬼のように走るぞ、この馬は。
そこに最軽量の48Kと裸同然の斤量でなら狙って損はないか?

○ミストラルクルーズ 10-9-14-8 35.8
12.0-11.6-11.9-12.2-12.5-12.4-12.2-12.0-12.0-11.6-12.7
35.5-60.2-36.3          0.2   0.4

やはりロングスパートの持続力勝負になったセントライト記念3着。
13.0-12.1-12.6-12.2-11.7-12-12-11.9-12.2
37.7-61.6-36.1
12.7-11.5-11.7-11.7-12.2-12.6-12.3-11.8-12.1
35.9-59.8-36.2       0.3 0.5
条件での勝ち鞍を見ても、切れよりはシブトサで勝負するタイプ。
53Kなら信用できる印象。休み明けのぶんアクティブアクトを上においたが、休養前の大敗は適性外の距離。乗り込み十分で、暑くなるこのい時期ならいきなりの一発がある。


▲カネトシツヨシオー
×グラスボンバー

ここ2頭はとくに説明の必要なし。
馬券としては外せないと考える。

△アルコセニョーラ

福島テレビオープン 10-8-6-5 35.3 4着
12.5-10.8-11.6-11.7-11.7-11.9-12.0-11.7-12.0
34.9-58.3-35.7          0.3
前半楽をして、後半押し上げる。しかしこのペースで前々を捕らえきれずの4着はやや印象悪い。
ただ、200伸びれば2着はあったか?狙いはたつ。
福島記念は51K。今回は+1K増の52K。
紫苑ステークスを見ても、ペースアップの早い競馬は合う。
復調気配で53Kなら。

△トウショウヴォイス

エプソムカップではあわやの4着。グラスボンバーとの差は僅か。
-------------------------------------
エプソムC 芝1800 東京 14-14-12 34.7 4着
12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.7-11.1-11.6-12.6
35.2-58.9-35.3       0.6
-------------------------------------
前半から全く緩まずスピードに乗って、終い1ハロンは前が崩れたレースになっており、やや脚質的に嵌った感は否めないが、
見せた末脚は非凡。終いのかかる展開は強い。
この馬が53Kは、正直何かの間違いではないか?

白富士ステークス 9-11-9 34.5 6着
12.9-11.9-11.7-12.0-12.4-12.7-12.0-11.4-11.2-12.4
36.5-60.9-35.0       0.7 0.6
緩めから持続スパート。瞬間の脚も要求される流れで、
後方の馬には厳しい。快速レース。
よってこのへんの負けは度外視していいだろう。

勝ち鞍は府中、新潟によっており、府中巧者の意見もあるだろうが、元々、地方で走っていたこともあり、今回53Kでの最終週福島2000でなら差しは嵌る可能性が無きにしもあらずか?

◎アクティブアクト
○ミストラルクルーズ
▲カネトシツヨシオー
×グラスボンバー
△トウショウヴォイス
△アルコセニョーラ
----------------------------
△ヴィータローザ

ここ7頭。

復調とはいえ、アルコの頭は買いづらい印象あり。
トウショウボイスも頭を消して、一頭復活させて4*6*7にして100点。
7頭目はポン駆けはきくうえに、むしろ使い込んで悪い馬だけに、
初戦から狙いは効くヴィータローザを3紐に。
posted by たま at 01:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

夏のラジオのとてちてた

いやー、ダイバーシティ。人気ですなあ。
さすが連勝馬。

あ、2秒で切ります。
府中で終い3ハロン瞬発力戦でしか実績ない馬、福島で買えますかいな、そんなもん。買えるほうがおかしい。

よっぱらい予想ですんで、今回は。えへへ。
いつもは切る馬もそれなりに気を使って書いてますけどね。
今日はよっぱらいなんで、バシバシ切るっすね。ええ。

で2人気がタケショウオージ?
この馬、ひそかに追っかけてますけど、ここではいらんでしょ。
福島1800、以外と差しは嵌りますけどね。
まー、それが決まるときはよっぽどですわ。
所詮、2000よりは楽なコースやからね。
スタートの入りがちょこ短くなるだけねんけど、
それがえらい先手争いに差をつけるんですわね。これが。
ゆえに、福島2000と1800は、同じ底力平坦ラップやけど、
終いの1ハロンの根性度合いが全然ちゃう。
まー、そういうわけですな。

で、何?3人気がモンテクリスエス?
2400の青葉賞で、コーナー置かれたぶん3着やった馬やで?
頭なんかあるもんかいな。

ホワイトピルグリムが出てこりゃ、そこ軸でええんやけど、
出てこんもんはしゃーないわなあ。

まー、軸は◎スマートギア。これしかねーべ。
12.2-10.5-12.1-12.6-11.8-12.1-12.3-11.8-12.0
中京でしっかりはやめスパートからの競馬もしとるうえ、
小回り中京1800で11番手から差しきるのは普通は
少々ペース向いたくらいではできません。
去年、ベッラレイアが届かんとこから差したけどね。


12.6-11.6-12.3-13.2-13.3-13.0-11.1-10.9-11.5
で、これが未勝利。
うってかわって、どスローから、一気に抜け出す脚だけの勝負
やけんど。そこで使った脚が、加速で1.9、瞬間で10.5。
なんの文句の付けようがありますか!

てなわけで。このレース、簡単です。
----------------------------
◎スマートギア
○キングオブカルト
▲アロマキャンドル
×ノットアローン
△モンテクリスエス
△ウイントリガー
△ダイバーシティ
----------------------------

相手は似たようなタイプのキングオブカルト。
こんな名前ようとおったなー、しかし。
短穴に、ホントに府中専門ならいらないが、
べつに府中専門と限ったわけでもなく、
たんたんとした流れもこなせるアロマキャンドルを
重ハンデ組では信用。
平坦適性でノットアローン、このへん中心で。
押さえに気持ち悪いのが、福島芝なら復活の狼煙をあげそうな
うイントリガー、あとは人気筋を押さえるイメージで。

posted by たま at 21:04| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

怪物マシーンに挑戦!トドロキスペシャル![宝塚記念]

あー…グランプリの鷹って知ってる?
いーえ、なんでもないです。

さて。宝塚記念。
現役怪物マシーン、メイショウサムソン号。
まー有馬でのことがありますから、買いづらいところですが、
まともに考えて無視はできませんわね。
でもまあ、メンバーはそこそこ頭数も減って、予想はしやすい環境になった宝塚。また狙えそうな雰囲気も少し残ってて面白いレースになりそうです。

[金鯱賞]
12.4-11.4-11.5-12.3-12.3-12.1-12.0-11.6-11.5-12.0
35.3-59.9-35.1          0.4
例年、なんだかんだと適性上位の揃う金鯱賞ですが、今年に限っては少し毛色が違いますよ。もともと平坦なラップはアタリマエのコースですが、その割りには前半ゆったり流れた印象です。5ハロンからのスパートは傾向にはあうと思いますし、武器は武器ですが、阪神2200をこの流れでいけば、終いはもっとかかります。
単純に、勝ち馬をこのレースを根拠に買うのは賛成できかねますね。
阪神2200、確かに前で粘るには適したコースです。しかしにもかかわらず前が粘れないのは、スタートからの先手争いが直線&下りで行われる特殊性から、厳しいレースになればなるだけ後半のロングスパートで息がもたなくなるからです。逃げ馬が逃げ残るには、存在を覚えられてはOUTってこともありますが、エイシンデピュディは、これまで1800〜2000を中心に使ってきた馬。となれば、終いの坂に底力の出る宝塚と、これまでの阪神実績を一緒にしてはいけません。
基本的に阪神コースの坂はくだって登ってになるので、G1戦の実績と内回りの他コースでの実績は全く別コースだと思ったほうがいい。
もちろん前走ですら適性外のサクラメガワンダーは引き続き全く無視で。

[天皇賞春]
13.3-12.1-11.4-12.2-12.1-12.2-11.8-12.8-12.6-12.5-12.7-12.3-11.8-11.3-11.5-12.5
36.8-61.1-35.3
終い1000mから0.4-0.6-0.5と加速して、最後11.3-11.5で2つ11秒台を続けての最後は根性のレースです。
まくりあげていったメイショウサムソン、先手先手で攻めたアサクサキングス、ホクトスルタンの3頭の評価は高くて当然。
ホクトスルタン不在ならサムソン、アサクサの強さが光るってところでしょう。

[産経大阪杯]
12.5-10.8-12.2-12.1-12.0-12.3-12.0-11.5-11.6-11.7
35.5-59.6-34.8       0.3 0.5
このペースで前に抜けられては、後方からのインティライミやドリームパスポートは届かなくて当然。10-10-7-7 34.6のドリパスに復調気配を感じます。
また、3着アサクサキングスは、アンカツの鞭での不利が無ければ勝ち負けできていたレース。
ベストの競馬で2K貰ってもデピュティとの差は大きい。サムソンは休み明け。

[目黒記念]
7.3-11.4-11.6-12.3-12.1-12.0-12.3-12.4-12.2-12.0-11.5-12.3-12.5
30.3-54.7-36.3
ややゆったりしたスタートから、ほぼ緩まずいって、最後まで粘りこんだレースになってます。これで前で決着できるのだから残る馬の持続力はスゴイ。府中2500はもとより底力を担保するコースだが、それにしてもたいしたもの。逃げたスルタンも光るが、2-3-3-2 36.5の休み明けロックドゥカンブ。もともとこういう競馬で強さをみせてきた馬ですけれどもねー…それにしても光る競馬。
前半も緩めてのスロースタートというほどではなく、極端に長距離型のレースに出ていないのも吉。
アルナスラインもこれで7-6-6-6 35.8で差せたのは収穫でしょう。
どちらかといえば、 菊花賞以外は長距離型の後半勝負レースに特化した印象のある競馬が多い。菊花賞及び目黒記念、京成杯の競馬は持続力を担保する内容。そしてそのいずれも勝ちきれていないのが、この馬の本質がどこにあるかを暗示しています。
すみれSで同条件一着はありますけれど、典型的な緩んでの瞬発力勝負になったレースで、宝塚の参考には一切ならないでしょう。
直前の調教はいつものこの馬の仕上げパターンとみて、気にしなくてもよさそうで、好走は期待できるでしょうが頭まではどうか?

[安田記念]
12.1-11.1-11.4-11.6-11.7-11.4-11.4-12.0
34.6-57.9-34.8
例年の安田にしてはややテンかかっているけれど、道中まったく緩ませずに抜け出した2頭は強い競馬。終いは12.0とかかっており、十分に安田記念らしい底力のいる好レースだったといえるでしょう。
13-14 34.0で上がり一番時計はエアシェイディ。
これは非常に評価できる印象があります。もともと、安田でも印を回すか回さないかのギリギリで考えていた馬ですが、
無類の中山2200巧者。
2008AJCC 1着
12.7-11.3-12.7-12.3-12.2-12.1-12.1-12.2-11.8-11.9-12.3
2007AJCC 2着
12.7-11.3-11.9-11.6-11.7-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.2

終いの切れもあるタイプだが、こういう展開での中距離は
かなりの強さを発揮しています。
これは安田での好走からも、切れ味だけでなく、
中距離、とくに2200mに多い、マイル的なタフさを要求される
レースにおいての適性、可能性を示しているわけで、ローテも
抜群な今回は買える一頭だと判断できるでしょう。

---------------------------
◎アサクサキングス
○ドリームパスポート
▲ロックドゥカンブ
×メイショウサムソン
△アドマイヤフジ
△エアシェイディ
△アルナスライン
---------------------------
本命はアサクサ。どう考えても終いの速すぎる春天皇賞や菊花賞より、これくらいの距離とコースのほうが合うタイプ。まともならここではオオイバリだろうと考えます。

○対抗にドリームパスポート
天皇賞の敗因はあきらか。大阪杯の競馬で復調気配を感じる。
地力的にひとつ戴冠させてあげたい一頭。4歳が案外なら自然と頭が見えてきますし、グランプリといえば、シーズン鳴かず飛ばずのG1級の激走はいつの世でも風物詩。ここで悲願の初G1ってノリもあるでしょう。蛯名に全部!

▲単穴にロックドゥカンプ。
アサクサとタメはる一番手。気持ち的には2頭軸。

×一応メイショウサムソン。地力では消せない馬。ただ、すっとんでもおかしくないくらい実力の接近した馬も多くいる印象で。


他紐に。
△アルナスライン、アドマイヤフジ、エアシェイディ。
エアシェイディは輸送と雨がどうか?だが地力はある馬と考えて。
アルナスはやや適性はココ向きではない印象があるぶん、狙いをさげます。
富士は逆に、ココは絶好。
今年は妙に切れ味をみせていますが、もともと粘るバテずしか能のない馬だけに、こういうレースでは堅実に走れそうな印象。

距離に不安のあるタイプは一切無視で。カンパニー、エイシンデピュティは洋ナシとみます。

◎▲○3-7-7に重複、サムソン押さえあり120点くらいを目安に。
変更するかもしれませんが。基本買う馬は上7頭で。
posted by たま at 05:53| Comment(3) | TrackBack(3) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

キュートなヒップにズキドキ♪[マーメイドS]

しっかし、よりによって、このレースで復活を賭ける有力馬が揃って出てくるのもなんだかなー、なこのレース。
特にベッラレイア。瞬発力の差は他馬と較べて歴然。どうやっても負けないだろう!っていうのも頷ける。
一方で、阪神2000、とくにマーメイドSは、ベッラレイアには危険なパターンがやたらと頻出するコースのうえに、この雨。
今年は大物有力馬が出てきたのだから、素直に買うのも一手だが…
あざみ賞 芝1800
12.5-11.3-12.1-12.3-12.6-12.3-11.9-11.9-11.4
35.9-60.8-35.2       0.4
フローラS
12.7-11.8-11.9-12.0-12.5-12.2-12.2-11.4-11.6-12.5
36.4-60.9-35.5         0.8
優駿牝馬
12.6-11.0-11.6-11.8-12.1-12.8-12.7-12.5-12.4-11.8-11.4-12.6
35.2-59.1-35.8          0.2   0.8
ローズS芝1800阪神 1:46.2
12.9-11.1-11.6-12.4-12.4-12.1-11.2-11.0-11.4
35.6-60.4-33.6       0.9 0.2
5-5 33.2
秋華賞
12.3-10.4-11.5-12.2-12.8-13.6-12.4-11.3-11.1-11.5
34.2-59.2-33.9       1.2 0.9

正直、ダイワスカーレットのおかげで、ことごとく真ん中弛んでの瞬発力爆発のレースになった昨年の3歳牝馬戦。唯一ここへの適性の可能性を示すのが、最後方から届かぬ位置からもぎとったあざみ賞やフローラSまで遡る。
この両方のレースの共通点が、とても届かないところから突き抜けたというところ。それがなんとも不安を誘う。
絶好調で出てこれたとしても、今回のメンバーはフローラSやあざみ賞よりは強い可能性は無きにしもあらず。頭数こそ少ないが、結構曲者揃いのメンバーなうえ、HC56K。
それに、ここまで瞬発力の違いが明確なときに、スロースタートが義務付けられた阪神2000で、どっかん瞬発力のレースに持ち込むジョッキーはまずいないだろう。先手を取る馬の突き放すタイミングは間違いなく速いと予想する。
オークスを見る限り、そこで本来はついていける馬ではあるが、「ついていかない屋根」が乗っているのが今回のベッラレイア。三度来ないハズの馬と屋根のコンビに突き抜けられたって不思議はないが、思い切って嫌ってみようと思う。


まともに考えれば、このコース、天候で一番得をするのはザレマ。
瞬発力の差は逆の意味で歴然。
軸向きという意味ではこの馬だろう。

一方、曲者としては、まずブローオブサンダー、ピースオブラブ、ソリッドプラチナム、ウインシンシア。
そして復調気味のレインダンスに、嵌った時の末脚は1級品、トウカイルナ。
なかなか迷うところだ。
-------------------------------
◎ウインシンシア
○ピースオブラヴ
▲ブローブオブサンダー
-------------------------------
△ソリッドプラチナム
△ザレマ
△ブリトマルティス
△レインダンス
-------------------------------

◎ウインシンシア
有松特別 芝2000中京
12.2-11.2-11.8-12.8-13.0-12.1-12.2-12.0-11.8-11.7
35.2-61.0-35.5
9-9-9-8 34.8 55K
スローから、弛んで後半一気の加速。
パターン的には前で決まりそうだが?上位2頭、よく差した印象。結構阪神2000でもありそうな流れで。
実は1000万下阪神1800でブリトマルティス2着に対して、コンマ1秒差の5着に入っている実績もあるのだが、そのときの流れが、
13.0-11.7-12.1-12.3-12.3-12.0-11.3-11.1-12.2
36.8-61.4-34.6       0.7
と、かなりのスローからの後半スパート競馬。
3-3 34.4のブリトマルティスに対して、7-7 34.0のウインシンシア。
突き抜けられたヴィクトリアアイはともかくとして、悪い競馬ではない。
逆に勝った岡崎特別。中京
12.1-11.4-11.6-12.8-12.5-12.2-11.9-12.2-11.9-12.5
35.1-60.4-36.6       0.3

これらを見ると、瞬発力もそこそこあるが、むしろ持続性の高いレースになればこその馬と言っていいだろう。
HC50Kなら裸同然。スピードにいったん乗ってこればうるさい印象。

○ピースオブラヴ
ドンカスターS 芝1800京都
12.8-11.3-11.7-12.2-12.5-11.9-11.0-11.6-12.0
35.8-60.5-34.6     0.6 0.9
5-5 34.1 1-1 34.7 7-7 34.1
HBC賞 芝1800札幌
12.5-11.5-11.6-11.5-11.9-12.1-12.2-12.7-12.3
35.6-59.0-37.2
3-3-4-4 35.6 2-2-2-2 36.3

テンから飛ばして、厳しい展開で最後までハギノルチェーレを押さえこんだHBC賞や、スローから抜けてくる脚比べのドンカスターSの競馬はなかなかのもの。
全体的に時計がないことと、極端な末脚偏重のスローよりは、平板に流れてシブトサの活きる流れのほうがよいのは勝ち鞍をみれば明白。
となれば、スローから早めのスパートで最後の1ハロンは底力がものをいう雨の阪神2000は先行して絶好の舞台か?
軽ハンデ52Kを活かせばチャンス十分。ここは狙える。

▲ブローブオブサンダー
府中2歳未勝利
12.9-11.5-12.1-12.5-12.2-12.4-11.8-11.9-11.9
36.5-61.2-35.6       0.6
9-9-8 34.9
まだ500万を勝ったばかりだが、なかなかどうして面白い競馬をする。
まず、2歳時は1勝後、果敢に格上を繰り返したことで惨敗続きではあるものの、菜の花賞では2人気になった馬。
というのも、府中芝でスローとはいえ、そこそこの良ペースから
2着に7馬身あけて勝ちぬけた実績があるからだ。
3歳ラストのフローラSは完全にかかっているし、どうもここまで気性面での問題のほうが大きい印象で、芝がダメとも思えない。逆に全力を出しさえすれば、能力は相当高い馬の印象だ。ここに出てくるのは納得の一頭。
だいいち、何もここまで走らさなくとも、社台にはいくらでもこの休みの間で繁殖にいれる道はあったろう。これだけの良血馬。現役を続けるからには、陣営、相当悔しい思いがあってのものに違いない。8か月休養明けで4戦、次もほぼ1年ぶりの復帰で今回が叩き3戦目。前走で未勝利以来の7馬身ぶっちぎり。馬鹿にはできない馬にも関わらずHCは裸同然48K。

△ソリッドプラチナム
オリオンステークス 芝2400阪神
12.8-12.0-12.8-12.2-12.7-12.9-12.3-11.9-12.0-11.5-11.4-12.7
37.6-62.5-35.6
1-1-1-1 35.6
6-6-3-3 35.3
古都S 芝2200京都
12.9-11.3-12.3-12.1-12.1-12.5-12.6-12.0-11.2-12.2-12.1
36.5-60.7-35.5         0.6 0.8
5-5-3-3 35.1
7-7-7-7 34.7
西宮S 芝1800阪神
12.9-11.1-11.6-12.2-12.0-12.1-11.5-11.0-11.6
35.6-59.8-34.1       0.6 0.5
2-2 33.9
3-5 34.3
3-2 34.5

11-11 34.1

差し脚安定、西宮Sは、シェルズレイの作ったスロー目からの快速先行ラップ。ここで11番手から脚を使ったことからも、おととし1着、昨年3着は伊達ではない。岩田の乗っていた2戦は比較的前で競馬しており、幸なら、うまくペースを読む騎乗も可能だろうとみて、本命とも僅差の期待をかけたい。

以降連下。

△ザレマ
順当にいけばこの馬が粘りこめるのが阪神2000。あとは何頭軽ハンデに差されるかの勝負。54Kならチャンスあり。切れる脚は皆無も、スローからのスパートで流れこみ競馬は最も得意な流れ。
逆にいえば、和田がしっかり早めに仕掛けてくるかどうかで、レースが決まる。スローからの団子にするようなら、八百長だろ?といっていいくらいのど下手な騎乗ってことで。まず掲示板は乗るが勝つかどうかは運次第。

△レインダンス
今回調教パターンを変えてきた。いきなり復調は疑問だが、2,3着なら大アリだろうということで。雨は不安要素だが…この馬もスローからスパート競馬になる阪神2000はむしろ歓迎。秋華賞のレースを見れば、まともならこの条件ならベッラを地力で押さえこめる馬。

△ブリトマルティス
パールステークス 1:46.6中京 稍重
12.2-10.9-11.7-11.9-12.0-12.1-12.1-11.8-11.9
34.8-58.7-35.8
10-10-7-7 35.1
13-13-14-11 35.1
小回り中京で、テンから飛ばして弛まぬ平坦ラップ。
これで早めに動いて上がり最速35.1。
持続力は文句なしココ向き。高速からの瞬発力偏重レースとなった糸魚川特別でもいい脚を使って勝ち切っており、作秋に押した記憶がある馬だが、ここにきて連勝。調子をあげてきた。430Kそこそこの馬だけに、HCが軽くなるのもよい。一方、春の同条件、スローからの後半ロングスパート競馬となった忘れな草賞。
ペースが上がるのが遅れ、やや瞬発力が必要になったレースだが、同位置のザレマ、ラブカーナに完全に置かれた。ハンデの差があったとしても切れの無さを補いきれるとも思えないか。やはり速めの流れに持ち込んでこそ。ここはせいぜい押さえまで。

-------------------------------
◎ウインシンシア
○ピースオブラヴ
▲ブローブオブサンダー
-------------------------------
△ソリッドプラチナム
△ザレマ
△ブリトマルティス
△レインダンス
-------------------------------
頭は印の重い3頭。
3-7-7の90点をベースに、レインダンス頭を押さえてみるイメージで、
ベース110点ほど。
posted by たま at 08:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

前から後ろからどうぞッ[エプソムC]

府中1800の基本パターンから大きく逸脱しないのは過去のレースをみても明白。向こう正面で緩めばあとはずっと伸びる持続戦。
テンから前半は重賞だけにそれなりのペースで進む。
緩まなければ、終いの6-5ハロンあたりで一息いれて、それなりにスパートからの最後の1ハロンは流れこみ。いずれにせよ、中間の緩みは小さく、極端な瞬発力偏重レースにはならない。仕掛けが早めなことからシブトイ持続性のある伸び脚を要求されるケースが多くなる。
まあ、どっちかになるのだが、だからといってあまり馬券検討に役にもたたず。
コース形状から、外枠先行はちと厳しい印象で、終い1ハロン厳しくなったところをひょいと差してくる先行差し、できれば内枠が本命か?

困ったことに目下1人気のヒカルオオゾラ。
ずっと強い馬だと推してきて、◎を打ってきた馬だけに、
メンバーはなかなかの強敵だが、ここは消しづらい。
一抹の不安は輸送くらいか?
京都コースでの圧倒的強さに比べ、府中はおろか中山でも
まったく結果を出せていない、典型的な関西ホーム、
関東アウェイを感じさせる戦績になっている。
エプソムCは常に秋に向けて…とくに秋天に向けての新星を
期待される馬が人気になるが、結局は新潟記念組のよいよい
競馬になるケースのほうが多いレースであることからも、
今回は少しひねくれて、◎はよそに持っていきたい。
-----------------------------
◎ブライトトゥモロー
○サンライズマックス
▲イクスキューズ
×グラスボンバー
△ヒカルオオゾラ
△カゼノコウテイ
△マイネルキッツ
-----------------------------
◎ブライトトゥモロー
前走新潟大賞典は、極端なスローから、とんでもない
あがり競馬になった。もとより上がりの脚でいえば、
常に負けてきたがゆえに出世の遅れたのがこのブライトトゥモロー。
中山記念(G2) での予想以来、強くなると言い続けて、
ようやっと重賞まで育ってくれた馬だが、
ここはもうひとつ勝ち切るチャンス。
1800mのレースはベスト。ちょっと終いのかかる展開も向く。
きっちり先行してくるなら勝てる力は持っている。
昨年の毎日王冠。
12.9-10.6-10.9-11.5-11.6-11.9-11.4-11.6-11.8
34.4-57.5-34.8
5-6-4 34.7
1:44.6ができる馬なら、良でもエプソムCは合う。

○サンライズマックス
前がやりあうようなら、突き抜けるならこういうタイプ。
大阪杯は流石にメンツ負けだが、前走新潟大賞典は度外視。
500万条件1:58.9
12.4-10.4-11.3-11.3-12.3-12.9-12.3-12.6-11.8-11.6
34.1-57.7-36.0       0.6
7-6-7-7 34.9
で2馬身突き抜けたレースだが、以来2000mで堅実に速い
流れで、比較的持続性の高い競馬で好走してきた。
中日新聞杯以来、悪い癖がついて後方からの競馬が多いが、
屋根代わりでここは狙う。

▲イクスキューズ
前走、都大路Sは、この馬らしからぬ18-17と、
完全に後手を踏んだ競馬。しかしそこで使った脚は34.4と
あがり一番時計。
12.6-11.3-12.0-12.1-11.9-11.4-11.7-12.1
35.9-59.9-35.2
18-17 34.4
今回芝追いで、調教は褒められない印象だが、それでも復調気配。
実質ハンデ頭だったラジオNIKKEI賞で3着した実績。
古馬牝馬に初挑戦で2着のクイーンSを考えれば、ここでも
やれて不思議ない。ポンと出て前々で競馬してこれば穴。
NIKKEI賞の内容良く、この競馬ができればここでも。
ラジオNIKKEI賞
12.6-11.5-11.3-12.2-12.4-12.3-11.6-11.6-12.2
35.4-60.0-35.4       0.7
9-10-7-4 35.5
シブトイ流れでこそ持ち味の活きる馬。

×グラスボンバー
これも前走新潟大賞典は展開不向き。
先行多く、終いのかかる府中1800に変われば、
今度はしっかり差してくる印象ありで要注意。

△ヒカルオオゾラ
条件あがりでは最も強い部類だろう。
ここでも好勝負はできる。

△カゼノコウテイ
休み明けだが仕上がりは問題なし。素質は上位。
オクトーバーSの競馬は十分重賞級を感じさせる。

△マイネルキッツ
美浦坂路50秒台でこれるなら、いつものビッグレッドFで
しっかりやってからもってきたってクチかと。
得意の1800で押さえ必要。
posted by たま at 18:10| Comment(4) | TrackBack(5) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

結局のところ、信じるのみだ[東京優駿]

先日述べたとおり。
・終い4ハロン以上のロングスパート競馬の経験のある馬
・前半ドスローでないにも関わらず、脅威的な脚を使った経験のある馬
・淀まぬイーブンラップ、もしくはハイペースからしっかり加速して
突き放して粘りこめる先行馬

に従って、好走しそうなパターンを持っている馬を探ってみたい。

まずはトライアルの検証から。

[皐月賞]
12.2-11.5-12.5-12.6-12.6-12.8-12.3-11.2-11.5-12.5
36.2-61.4-35.2       0.6 1.1 
1-1-1-1 35.2
12-11-11-8 34.7
9-9-8-6 35.0
前半61.4から、大きく緩んで、急加速。
どうも例年の皐月賞とイメージが異なる、長距離のような競馬に
なっており、スピード比べにはならなかった。
はやめに抜け出しを図ったキャプテントゥーレの突き放し
を結局誰も止められなかったレース。
仕掛けどころがはやめで、最後は力がいるため、2着以降は
差し馬が並んだ。位置的に戦犯は3着のマイネルチャールズか。
着順は2-6着、どうとでも変わるレース。

[青葉賞]稍重
12.5-11.3-12.4-12.7-12.9-12.9-12.6-12.5-12.3-11.6-11.2-12.0
36.2-61.8-34.8               0.7 0.4
4-5-4-4 34.4
4-4-4-4 34.6
9-9-7-9 34.6
いきなり難しいレース。道中、とりあえず13秒台は出なかったが、
前半スローから、後半1000mの速いレース。
典型的なスローだが、馬場を考えれば、悪い数字ではない。
例年、勝ちタイムの悪い青葉賞は壊滅する傾向にあるのだが、
そこでぎょっとする勝ち方をした馬だけは相手になるが。
後半、12.5-12.3-11.6-11.2-12.0はよい。
前半の弛みのぶん遅く、実際はもう少し速く流れそうだ。

[プリンシパルS]稍重2:01.5
12.9-11.2-11.3-11.8-12.5-12.6-12.7-12.1-12.0-12.4
35.4-59.7-36.5         0.6
14-17-13 35.0 1-1-1 36.6 6-7-3 36.3

馬場を考えれば、前半は相当速い。
そのぶん、後半一気に落ちて、最後は根性勝負。
逃げ粘ったアグネススターチの競馬が勝ち馬より光る。


[京都新聞杯]稍重2:18.4
12.9-11.4-13.0-13.2-13.2-13.7-12.8-12.1-11.7-12.0-12.4
37.3-63.7-36.1         0.7 0.4
6-5-7-4 35.8
2-3-7-4 35.9
1-1-1-1 36.1
スローとはいえ、前半の緩みっぷり、及び後半800、はやめに
スパートが始まってのじりじり伸びてくる流れは、
勝ったメイショウクオリア得意のパターン。
ここまで奇麗に嵌れば、力は出せるだろう。
ちょっと買いたい馬はいない。

[NHKマイルC]稍重 1:34.2
12.2-11.0-11.4-12.1-12.5-11.7-11.2-12.1
34.6-59.2-35.0    0.8 0.5
16-11 33.9
12-5 34.6
18-16 34.2
マイル戦にしては、ペースはけっして速くないが、
遅いというほどでもなく、ほぼ標準的な内容といっていいだろう。
中間弛んで、12.1-12.5からの加速戦。
馬場もあって、最後は厳しくなったところで、
後方待機の中距離型が一気にきたレース。
はやめに動いたブラックシェルには向いた競馬。
ただ、この馬の場合、早めに動けたことを評価するべきか?
勝ち馬の末脚だが33.9の脚はズバ抜けている。
ここまで、持続力と爆発力の両方でズバ抜けているラップを
ずっと残していただけに、意外というより、このラップなら
まだ出せた印象のほうが強い。馬場が悪化しているぶん
瞬発力を削がれたというところか。
相変わらず、前半寝たふり競馬だけに、よくまあ苦手のマイルで
勝ち切ったものだと、感心しきり。

-----------------------------------
では、次に各馬順にみていこうと思う。

★ディープスカイ
今更いうことはない。NHKマイルはいきがけの駄賃。
2000mの惨敗は、完全に行き場を失ってのもの。
敗因は距離でも雨でもなく、広い東京ならなんら問題ない。
先行有利に働くのが今の東京2400、雨でますますその傾向は
高まるだろうが、ことダービーでいえば、前半スローに
流れるよりは、やや厳しめにいく可能性も高く、
少々不利な流れでもまったく問題はない。
アーリントンC予想以来書いてきたとおり。下級条件のころから
既にダービーまで駒を薦めるだけの素質があることを前提として
予想してきているだけに、ここにきてはずせない。

★サクセスブロッケン
新馬からまともに全力を出したことがないんじゃないか…
という馬で、そこが割れていないぶん、人気もするか。
いろいろな馬を引きあいに出すこともできるが、
ダートの超大物ってのは、これまで芝で3歳戦を使ってきた
ケースが少なからずあって、ダービーでは切れの差で掲示板、
もしくは敗北。
後にダート転向で圧勝するケースが多い。
今年あえてこのパターンのダート馬を探すなら、
まずはダイワマックワンだろう。
相手に不利があったとはいえブロッケンは、それに4馬身
つけての完勝。ことダートなら、すでにダート王である
ことに異論はないところ。
12.5-11.5-12.5-12.3-12.3-12.2-12.4-12.2-13.3
12.4-10.3-11.3-12.0-12.6-12.5-12.5-13.4
12.4-10.9-12.7-13.7-13.0-12.6-12.8-12.9-12.9
7.1-11.7-12.4-13.2-13.2-13.0-13.1-12.0-12.2
ヒヤシンスSの予想時に指摘したが、2戦目の黒竹賞から
3戦目のヒヤシンスS。中山1800の消耗戦での圧勝は、
あまり能力を過信しすぎても…との思いでみていたが、
結果は圧勝。芝スタートからのスピード決戦で、
やはりの圧勝はなんとも言い難い。
強い、認めざるをえない瞬間だったろう。
前走、ヒヤシンスSを見る限り、
スピードと持続力は少なくとも持っており、
中山18勝ち鞍もありなら、ハイペースで強い。
そういう意味では比較的ダービー向きか。

―ブラックシェル
マイルCは勝ちに匹敵する内容だったろう。
そういう意味ではここにきて初めて、地力で上回る馬がいる
レースにあたっている。
ただし、マイルCでこの馬はしっかり前から競馬ができた。
きさらぎ賞を始め、出遅れがあって直線競馬になることが多く、
勝負どころでおかれる弱点のある馬が、ずいぶん良くなった。
皐月は勝負の綾。ほぼ上位とは互角の競馬。
レースラップからは、マイラーではないことは確か。


★タケミカヅチ
皐月の着順は、内をすくったぶんだが、それでも
上位とは互角以上に戦える馬。内差しがまた決まるか?
チャンスは十分あるだろう。

★アグネススターチ
プリンシパルSもよい競馬だが、その前のダート戦もよい。
初芝ということで、前回は嫌ったが、むしろ今回のダービー
のほうがこの馬には向く。

―モンテクリスエス
青葉賞は謎の後方待機で3着どまり。
秋になってよくなると思うし、面白い馬だとは思う。
先行すれば残り目はありそう。
ただ、ここに入っては切れ味不足。
一回り小粒な印象は否めないか。

★スマイルジャック
前走謎の敗戦。そんなに距離に壁のあるタイプでもないし、
スローからなら堅実に長く脚を使う馬。
常に目標になりつつも、真っ向勝負の競馬をしてきた馬だけに、
地力はある。ただ、やや切れ味には不足を感じることも事実。

★アドマイヤコマンド
強い。ディープスカイ最大のライバル。

―マイネルチャールズ
言ってきたとおり。皐月賞までの過程で強さはわかるが、
皐月賞の戦犯はこの馬。抜けた存在とはちと思い難く。
このへんで決まったら決まったで、仕方なし。

★レインボーペガサス
いい脚を長く使う。それはむしろ美点。
皐月賞ではあがり一番時計と、それまで弱点に見えた瞬発力戦
でも勝ち負けできることを証明してみせた。
穴として狙いやすい一頭。
全日本2歳優駿でイイデケンシンとディラクエに
完敗しているのは気になるところ。
この馬がダービー馬だと、おそらくディラクエとの対決となる
ジャパンダートダービーが日本一決定戦に…
よもや逃げないだろうな?(笑)という楽しみはあるぞ?

―レッツゴーキリシマ
力量的には買える馬だとは思う。
皐月はこの馬には緩すぎるペース。瞬発力一手の競馬では
勝ち目は薄い。マイルCは、距離こそ縮んだが、やはり
弛んでからの瞬発力戦。一番向きそうなのはダービーラップ。
それは確か。
ただ、ここに至るまでのローテーションは褒められないが…。

―サブジェクト
ここに入ってはちと力不足の印象。

★ベンチャーナイン
ダービーは思いっきり嵌るだろうな…。
底力のいる流れからの末脚は保証済み。これまで上がり一番時計
の数だけ数えたら、たぶん一番多いぞ、この馬は(笑)
基本はレースが終わった後に猛然と突っ込んでくる、
いつものG1好走馬、という印象だが…。

―エーシンフォワード
うーむ。極めてマイラータイプの印象がある。
アーリントンカップは仕掛けのタイミングの差で恵まれた。

★フローテーション
皐月賞は全く競馬をしていない。
もう一度狙ってみる手は当然。
ここで好走すると、一気に菊花賞が見えてくる一頭。

―メイショウクオリア
前走のパターンでしか、勝てない馬。
ラジオNIKKEI杯のときに◎を打っているように、
当初から素質は見込んでいるし、方向としては、瞬発力より
持続力で勝負するタイプで、逆に強敵相手の中長距離になると
瞬発力の差で勝ち切れないことが多そう。
しかも、スローから伸びてくるケースしか好走実績がない以上、
府中もよいと思うが、菊花賞よりダイヤモンドSで買うほうが
よさそうな馬ってことで。

★ショウナンアルバ
不完全燃焼の競馬が続いているが、ハイペースからでも
きっちり抜けてこれるシブトサと瞬発力を併せ持つ馬。
あまり後ろからいくのは疑問だが、皐月の敗因は屋根の作戦ミス
とみて、見直す。

―クリスタルウイング
買い目なし。

-----------------------------

◎ディープスカイ
○アドマイヤコマンド

毎日杯のワンツーの再現。
この2頭の強さが今年は別格とみる。

▲タケミカヅチ
ずっと追っかけている馬。
安定していい脚を使うし、不安要素が少ない。
内をすくう騎乗のできるヨシトミ先生なら、
悪くとも3着争いにはもってくる印象で。

×アグネススターチ
この馬の逃げが一番怖い。
ショウナンアルバがまともなら、そちらだが、
蛯名、陣営、枠、差しにこだわる皐月賞の再現なら
こちらのほうがやや有望か。

△レインボーペガサス
△フローテーション
△スマイルジャック
△ショウナンアルバ


以下、紐に。ショウナンアルバは
やや持続力には疑問ありな点と、半端な差しに回るようだと、
厳しい印象ありでやや狙いをさげる。
ベンチャーナインは前走は強い競馬だが、
今回は嵌って勝てる相手ではないことと、
皐月のあと1戦挟んだことが響きそう。

-----------------------------
◎ディープスカイ
○アドマイヤコマンド
▲タケミカヅチ
×アグネススターチ
△レインボーペガサス
△フローテーション
△スマイルジャック
△ショウナンアルバ
-----------------------------
印は毎日杯ときさらぎ賞、
共同通信杯を重視したかたちになってます。
サクセスはこーいうのは買わないので。
ただ勝ったら喜ぶけど(笑)
怖いのはブラックシェル。最後押さえる可能性ある。
posted by たま at 02:34| Comment(4) | TrackBack(3) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

鯱が西むきゃ東は尾[金鯱賞]

ダービーウイークとあって、JRA、なにげに必死の
馬券買え買え作戦。
土曜のメインが金鯱賞。なにげに白百合Sも面白い。

中京2000、スタートしてからが長く、絶妙に下ったコーナー
のせいで、弛まぬままロングスパートの競馬になる高速コース。
そこに加えて、今年は17頭の多頭数。
メンバーみても、地力は接近している印象で、
なるほど好勝負が期待できそうだ。

2007
12.3-10.6-11.0-12.0-11.7-11.6-12.0-12.1-11.8-12.1
33.9-57.6-36.0            0.3
2006
12.3-11.4-11.8-12.3-12.0-11.7-12.0-11.9-11.5-11.9
35.5-59.8-35.3            0.4
2005
12.5-11.4-12.0-13.1-12.5-12.0-11.6-11.4-11.1-11.3
35.9-61.5-33.8        0.4   0.3
2004
12.3-10.6-10.6-12.5-12.2-11.9-11.9-11.8-11.6-12.1
33.5-58.2-35.5
2003
12.5-11.0-11.2-12.4-12.3-12.0-11.7-11.6-12.0-12.2
34.7-59.4-35.8       0.3

傾向は一目瞭然。なんでここにシルクネクサス出てこんだのか…
と思うような平たい平たいイーブンラップでの持続力勝負。
最初のコーナーまでの距離があるために、テンは一皮むけば
速くなりやすいし、スパート位置が基本速く、スピードに乗って
伸びてくるイメージでいい。

・イーブンラップ適性が何より大事
・瞬発力の差で勝ち切れない馬を割り引く必要がない
・多頭数のレースが珍しく、実は02年以来。となると、
 外枠は先行が条件か?
 直線外はバイアスがかからない限り苦しい印象。
 内に入れる馬、屋根を意識したほうがよさそう。



―ワンモアチャッター
屋根をみても、脚質を見ても、能力的にも苦しいか?
中京は得意だが…。

×カネトシツヨシオー
ゴールデンホイップT
12.3-10.7-11.3-11.4-11.7-11.3-11.6-12.8
34.3-57.4-35.7 8-7 35.2
前目で競馬してきた時が恐ろしい。
力のある馬だと思う。2000までなら問題もなさそう。
厳しい流れの中、中団から伸びきったこのレースは相当魅力。
ただ、今回は休み明けでこのメンバー。どこまでやれるか?
といったところ。

―ヴィクトリー
皐月賞馬復活の舞台はすべて整った。
調子もあがり気味ときくし、屋根も典弘、枠も絶好。
基本中山2000が走れる馬は中京2000も走れる。
(逆は結構難しいが)
復活の条件は整った。過去、逃げの決まるレースでもある。
ただ、別にこの馬においしいめはみさしてもらったこともなく、
皐月の競馬ではここでは足りないか?

―サクラメガワンダー
巷ではどうも持続性に期待されているようだが、ラップ的には
瞬発力というか、抜けてくる加速の速さで勝負するタイプにみえる。
スローから後半0.6加速のあるマイル戦の金杯で好走。
タイムが速い分、厳しくなったが、終い2ハロン目に0.7加速のある
マイラーズCで5着。
12.3-10.7-11.1-11.8-11.6-11.3-11.5-12.0
の安田記念で惨敗。その後、中間が緩んで、瞬発力で決まった
函館、札幌で3着。
カシオペアSも全体のタイムはいいが、基本は緩んでスローから
0.7加速の急加速戦。
いっぽうで、アンドロメダS
12.7-11.1-12.1-11.9-11.7-12.0-11.8-11.7-11.5-12.2
では、3着。クビクビとはいえ、アサカディフィート、トウカイエリートに譲ってしまう。今年の京都金杯もスローからの加速戦。
オーストラリアTも然り。この馬が1800戦3勝なのは伊達でないと思われる。枠は絶好だが、消し。

―カワカミプリンセス
女傑とはいえ、いきなりは厳しいか?
レースパターンとしてはここは合う印象で、走っても不思議ないが。

△タスカータソルテ
中日新聞杯3着、中京記念1着と、この条件は強い。
他にも福寿草特別でも勝っており、小回り2000はベスト条件か。
ただし、中京記念と今回では参戦している屋根が違う。
そうそう簡単に内に潜らせてくれるとも思い難く、
いくら中舘とはいえ、再現までは難しいか。
しかも、
中京記念
12.2-11.1-11.5-13.1-12.5-11.6-11.3-11.6-11.6-11.9
中日新聞杯
12.2-10.3-11.0-12.4-12.6-12.7-12.2-11.9-11.8-11.4
みての通り。同じコースではあるが、やや道中の緩みが
大きく、3コーナー手前から急加速して、後半伸びる展開は
同じだが、多少ここの傾向とは違うレースに出ている。
もとい、本来であれば、こういうタイプが突っ込んできた
2馬身先に抜け出している先行したG2馬かG1馬あたりがいるって
寸法になるのが金鯱賞

★インティライミ
昨年、復活したときの3ハロンタイムが速いため、切れると
思われがちではあるものの、京都大賞典はともかく、
朝日CCや昨年の金鯱賞などは、持続性のほうが表にでており、
小回りコースはうまく回る。
朝日CC
12.3-11.4-13.2-12.7-12.5-12.1-11.6-11.2-11.4-11.6
36.9-62.1-34.2     0.4   0.4
ただ、この場合、前半がスローからの加速戦。
ダービーのときも同じパターンで、
12.5-10.9-12.1-12.1-12.3-12.3-12.3-12.1-12.2-11.9-11.0-11.6
ディープが突き抜けてはいるため、0.9加速もあるが、
基本は緩まぬ持続性の高いラップを刻むことができる馬。
やや遅めに流れるパターンならチャンスあり。

◎バトルバニヤン
ここのところの成績はひどいものだが、
新潟記念で復調気配。
関門橋S
12.4-11.6-11.9-11.9-11.7-12.0-11.9-11.7-12.1
35.9-59.5-35.7
2-2-2-1 35.7
では2着に5馬身差をつける1:47.2でぶっちぎり。
平坦小回り快速勝負は本来得意。
新潟大賞典
12.6-11.4-11.5-12.3-12.9-12.9-12.0-11.1-10.7-11.1
35.5-60.7-32.9       0.9 0.9 0.4
完全にスローから、極端な後半加速戦になった新潟大賞典。
7-7 32.7と、差しで使った脚は上がり3番時計。
オースミグラスワンの異常な脚を除けば、あとは基本前が
きれいに残った競馬だけに、この位置からでは仕方ないところ。
小倉2勝、京都2000で勝ち切っているだけにこの条件は向く。

―マチカネオーラ
どちらかといえば府中巧者の印象だが、中京も走る。
スローからの切れ勝負では脚はかなわないが、
淀みなくながれ、急な加速にならない流れでいけば、
それなりに走れるタイプ。条件は合うし、屋根もいい。
前で競馬ができれば穴か。取捨に迷う一頭。

★スウィフトカレント
新潟大賞典は、位置を考えればよく走っている。
ひとつ叩いて、今度は得意条件の左回り中京。
天皇賞、昨年の金鯱賞と、淀まぬ厳しい流れで爆発する末がある馬。

―ナムラマース
休み明けがなくとも微妙なところだが、どっちにせよムズカシイか。

△エイシンデピュティ
強い馬でイーブンラップ適性もあるが、本質は一度弛んでの
ロングスパート馬のような印象がある。金鯱賞はちょっとベストとまでは言い難いが?
まして今回は調教タイムは一杯で54秒の終い12.8は、がっくり落としてきた印象はぬぐえないうえ、テンから押さざるをえない12番枠。
どうも強く押し切れない印象。

―アドマイヤオーラ
古馬とあたるようになっても通用してはいるものの、
典型的な切れるタイプ。京都外回りの金杯のような
スローからの加速戦、鳴尾記念も同様の競馬、京都記念も
そう。
反面、皐月賞4着、弥生賞の内容を考えれば、
道中押し上げての競馬や、前が弛ませずにいききるタイプのときに、
しっかり残してしまっていたり、ギリギリになったりする印象もあり、いかにも中京2000は不向きの印象。
そこへもってドバイ帰りで。

―アサカディフィート
04年中山金杯
12.5-11.6-12.5-12.1-11.9-11.7-11.7-11.4-11.7-12.1
小倉大賞典
12.4-11.4-11.7-11.9-11.5-11.9-12.3-11.9-11.8
12.2-11.4-12.2-11.9-12.1-12.0-11.8-11.9-12.2
など、イーブンラップの小回りで末を伸ばすと無類に強い。
とにかく勝ち鞍が京都2000、中山2000、小倉1800と、
コーナーからどんどん速くなる傾向のある内回りコースに集中。
ただし一息はいったのがちょっとひっかかる。結局は運否天賦か。

―マンハッタンスカイ
新潟大賞典は、勝ち馬以外は前残り。
HCの味方もあってのもの。 メルボルンT等、1600万のレース
をみても、とくにここがよいと思えるほどの理由はなし。

△エリモハリアー
よくもあり悪くもあり。地力はあるタイプだし、
小回りでの末も持っているし、左回り実績もあるし、重賞実績もある。なにより雨重馬場が武器か。悪いところは休み明けでやる気なさそうなところがすべて。重くは買いづらい。

△ローゼンクロイツ
基本的に、人気どおりに走る馬だと思うが…
中京2000は得意条件だが、いい条件は揃っていない。
ポン駆けはきくタイプで、心配はしていないが、雨は心配。
----------------------------------------

◎バトルバニヤン
○インティライミ
▲スウィフトカレント
×カネトシツヨシオー
△タスカータソルテ
△エイシンデピュティ

----------------------------------------
そんなわけで結論。
一発狙って
◎バトルバニヤン
もともと勝つ時は恐ろしく派手に勝つ馬で、
復調気配ならこのメンバーでも一発の魅力あり。
脚質的にも、枠的にも恵まれたうえ、
ライバルに雨に疑問の馬も多いなか、
あえていえば実績的に持ちタイム不足があるこの馬には
雨も味方と考える。
関門橋Sの競馬ができれば、ここでも勝負になるだろう。
ヴィクトリーとの選択になるため、当然逃げはヴィクトリーと
思って買われているため、人気の盲点になっているが、
前走内容は雲泥の差。新潟記念での6着は一皮むけた印象。

○インティライミ
▲スウィフトカレント
地力上位、適性上位とみる。
×カネトシツヨシオー
前々で運べば怖い。
△タスカータソルテ
△エイシンデピュティ
脚質、地力、適性考えれば押さえは必要。

posted by たま at 12:38| Comment(2) | TrackBack(2) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

理想のキスのタイミング♪[優駿牝馬]

あー、タイトルなんでもいいや、もう眠いんだ。
---------------------------------
◎アロマキャンドル
○レッドアゲート
▲オディール
×レジネッタ
△カレイジャスミン
△リトルアマポーラ
△スペルバインド
---------------------------------
印はこうです。詳しくは下で。
まずは毎度毎度のお約束から入ります。はっきりいってつまんないすね。ええ、つまんないですとも。ふーんだ。
毎度毎度よく距離不安の馬と逃げ馬から勝負しますね〜うちも(笑)
桜のルルパンブルー◎、まったく懲りてない証拠に、マイルCではダノンゴーゴー◎。
そういえば先週のヴィクトリアマイルは、直線最後の最後に、◎のヤマニンメルベイユが粘り倒していて、一応押さえで◎から人気馬マルチを持ってたので、かなり熱かったんですが、最後の最後で、ちょこっと差されてジエンド。このパターンは皐月賞の▲レッツゴーキリシマと同じ感じで。どーもなかなかうまくいきませんな。あー、このへんは距離不安じゃありませんが。

しかしですよ!去年のローブデコルテだって、今や陣営は「マイラーだし、えへっ」って言ってんすから。オークスも引き続き、いつもの印って感じですよ。
阪神JF、フローラSと軸の一頭で買ってきたアロマキャンドル。◎はこれにします。で、ファンタジーS、阪神JFで軸の一頭のオディールと、
阪神JF、FRで軸のレジネッタ。同じく阪神JFで軸の一頭のカレイジャスミン。ずっと評価してきた馬を素直に買いますわ。
結局のとこ。このへんが強いともう思っちゃってるからねー。
オディールだって、距離不安って言われてるけど。
屋根不安の馬よりゃ距離は持つさ(おい)

2007
12.6-11.0-11.6-11.8-12.1-12.8-12.7-12.5-12.4-11.8-11.4-12.6
35.2-59.1-35.8 0.6 0.4
7-8-9-9 34.7
6-6-6-5 35.0
14-13-11-12 34.6
2006
12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-12.4-12.8-13.5-13.2-11.6-12.2-12.4
34.7-58.1-36.2 1.6
8-7-5-5 35.5
5-7-8-7 35.4
2-2-2-2 36.3
2005
12.6-11.3-13.2-13.1-12.9-13.4-13.1-12.6-12.2-11.5-10.9-12.0
37.1-63.1-34.4 0.5 0.4 0.7 0.6
15-16-13-12 33.3
9-8-7-6 33.8
12-12-11-9 33.7
2004稍
12.6-11.4-12.6-13.1-12.3-12.7-12.9-12.5-12.1-11.2-11.4-12.4
36.6-62.0-35.0 0.4 0.4 0.9
2-2-1-1 35.0
9-12-11-10 34.2
17-15-14-14 34.5
2003
12.6-11.1-12.3-12.6-12.6-12.7-13.1-13.4-12.7-11.5-11.1-11.8
36.0-61.2-34.4             0.7 1.2 0.4
9-9-9-9 33.5
6-6-5-5 34.1
13-15-17-13 33.5

基本は前半緩く、弛んでの3ハロン競馬だが、
前半緩すぎると、後半は4ハロンみっちり加速戦。
加速のポイントが4ハロン目から入る場合は、基本終い1ハロンはかかる。前半スローだけに、先行馬が最後止まっても粘りこむ。
昨年は傾向からややはずれて、前半のペースが速く、弛みの小さい競馬。そのぶん急な加速にはならなかったが、それでも0.6-0.4の加速があるように、原則としては瞬発力が何より大事。
位置は大きくこだわる必要がないが、遅くなればなるだけ末の絶対値の高い脚のある差し・追い込み勢に有利に働く。
速く流れれば逆に前前で抜け出してくる脚の速い組に有利に働く。
仕掛けどころ次第のところで、過去傾向から決め打ちは厳しい。
ただし、以下2点はいうことができるだろう。

・3ハロン競馬で「滅多におめにかかれない」クラスの末を発揮していること
・4ハロンみっちり追われつつ、0.5前後の加速をこなしてきたこと

また、位置取りには拘らなくてもよいが、雨を考えれば、あまり極端な後方一気はどうか?
そのへんは念頭においておきたい。

[桜花賞]1:34.4
12.4-10.9-11.3-11.8-12.1-11.7-11.6-12.6
34.6-58.5-35.9     0.4
-------------------------
前半、そこそこ速いペースになり、弛まずいったぶん、
急な加速のない平たいラップから、最後は時計のかかる展開になったのが桜花賞。
前々にいった組はほぼ壊滅。粘りこんだのが、6番手からのエフティマイア。
あとは中団以降から、上位はコンマ2秒のなかに6頭がひしめく大接戦。
結果的に戦績からこの手のマイルの流れに嵌るタイプが1-3位を占めたが、上位ほとんど差のない競馬といっていいだろう。
前走により適性を感じるソーマジック、どうもよくわからないが、瞬発力戦は本来歓迎できないハートオブクイーンを除いて、レジネッタ、エフティマイア、リトルアマポーラの3頭は互角と考えていいだろう。うちエフティマイアは、雨重はすでに前科があり、
ちょっとこの天候では買いづらい。京王杯2歳Sでは2人気で敗因は明らかに馬場にあった。
となると、桜花賞好走組からはまずレジネッタ、リトルアマポーラだが?

レジネッタはもとより、阪神JFの時から高い評価をしているが、
基本マイルの流れはぴったりくるタイプだということは間違いないし、一方で、
500万下
12.6-12.6-11.9-12.2-12.1-11.6-11.2-11.2
37.1-61.4-34.0
のように、レースラップで終い34.0のなかを33.7で抜け出して勝ち切るように、終いの脚の絶対値もかなり高いものがある。
当然ここでも中心視できる一頭だ。桜花賞で12人気だったことがむしろおかしい。
知ってたらもっと買ったのに…としかいいようがないが、
私のなかでは穴人気にはなっていると思っていたのも確かで、
勝っても勝っても人気にならないタイプ。こういうタイプは長く応援したら必ずいいことがあると信じるしかない。

むしろ問題はリトルアマポーラ。
確かに京成杯で強い競馬をしたのは認めざるをえない。桜も僅差の勝負。
この馬も世代トップクラスにいることは否定はできない。

[デイリー杯クイーンC]
12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2
35.3-60.2-35.3     1.2
弛んでの府中マイルで、60秒台の前半からしっかり 10-10 34.4で突き抜けた脚は文句はつけられない。

ただ、この馬の場合。それ以上に気になるのが、桜にいたる過程で、
年末のデビューから、順調に使い続けての4戦目がクイーンC。
あそこから桜でピークを迎えて、今が5月。お釣りと上がり目で考えたときに、維持はできても、上がりはないと考えるべき。

平たくいえば、陣営は「オークス向きと考えて距離の長い京成杯に…」と、
ちんぷんかんぷんな理由を述べているが、結果的に京成杯が余計なローテーションに見えて仕方がない。2勝後、冬場に牡馬相手で、中山で一発使うことがオークスに向かううえでどこがどうプラスなのか、さっぱりわからん?と思うのは私だけではないだろう。
クイーンCにしても、負かした相手のその後はぱっとしないと言っていいし、この馬は桜組だとはいえ、原則別路線組だといっていい実績だ。

確かに、外外ぶんまわして、あれでは届かない!という競馬。
力はるし距離も持つ。馬には何も消す要素はないのだが、
ローテーションと屋根のコーシロー、この2つはどうしても
勝ち切るイメージがわかないのもホントのところ。


また、完敗組から気になるのが、トールポピー、ブラックエンブレム、オディール、エアパスカルの4頭。

[阪神ジュベナイルF]
12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7
34.4-58.1-35.7     0.4

阪神JFと桜花賞は、今年の場合、まったく同じペースの速いマイラー競馬。
ここを勝ち切ったのがトールポピー、4着がオディール。
両者とも、スローになったチューリップ賞では抜群の脚、とくにオディールは凄まじい脚をみせたが、桜本番は体調維持にミスったくち。

[フラワーカップ]1:49.5
12.8-12.0-13.0-11.9-11.7-12.0-12.0-11.8-12.3
37.8-61.4-36.1
1-1-1-1 36.1
前半スロー目から、持続性で押し切ったレースで、レッドアゲートとシングライクバードを
押さえこんだのだから、この馬も弱くはない。
ただ、これはいかにも中山1800の競馬。府中2400にはどう考えても直結しない。
きんせんか賞にしても、12.4-11.0-11.2-11.6-12.1-12.3-11.9-12.6
と、ほとんど弛まぬラップでの7-5-3 36.5からの圧勝で、
唯一葉牡丹賞だけが、この馬の瞬発力を測るレースだが、
12.5-11.4-12.2-13.8-13.3-12.6-12.5-12.2-11.3-11.4
36.1-63.2-34.9            0.9
それでも1ハロン最大で11.3、加速で0.9。負けた相手は弱くはないとはいえ、それできっちり置かれて逃げたミステリアスライトを捉え損ねたのが実際のところ。
能力の高さは認めざるをえないが、この馬の本質は、平坦小回りの印象は否めず、
ここでかうより、夏のラジオたんぱ杯…えーと、
今はラジオNIKKEI賞だっけ?めんどくせーな。とにかくそっちのほうが色濃い印象がある。
陣営、長距離向きとのことだが、あまりステイヤーとしての資質があるとは思い難い。

残るのがトールポピーとオディール。
[チューリップ賞]
12.6-11.2-12.3-12.6-12.6-12.0-10.7-11.8
36.1-61.3-34.5     0.6 1.3
実は、ことオークスという舞台を考えれば、2頭の比較をするなら最適なのは、桜よりむしろこのトライアル。ペース的にもそれは間違いないだろう。
エアパスカルの作った、スーパースローから弛んで弛んでの瞬発力勝負。もちろん、使ってきた馬との差もあろう。
ここで2頭は休み明けという不利もあるが、前を残してしまっているのも事実。
とくにピリッとしないのがトールポピー。
34.1の終いは及第点で、こと桜に向かうなら、最高のステップだったと思われるが、6-5から前を捉えきれなかったのと、13-11から前を残したのとでは多少意味合いは違う。
正直、これは交わせたレースということもできるのだ。
ここで上がり1番時計が、オディールの13-11 33.5、次が9-8 34.0のスペルバインド。
むしろ注目は、この3-4着の2頭だろう。
これも陣営はオークス向きと早い段階から言ってきているが、
それを担保するだけの成績はあげていない印象は否めない。
そのオディールだが、距離不安が囁かれているのも確かだが、
ことみせてきた能力でいえば、世代トップクラスであることはチューリップをみてもファンタジーSを見ても、阪神JFを見ても、ほぼ間違いないだろう。
ここにきて人気には嫌われているが、ここ数戦、折り合いはついているし、桜の結果は調整失敗と2走ぼけとするなら、ここは絶好の狙い目になる。
また、チューリップ賞で決め手で劣ったスペルバインドですら、
その後しっかり立て直して、スイートピーSで2着しているように、
改めてチューリップ賞組の強さは光る。

さて。桜花賞組からは、
レジネッタ、リトルアマポーラ、オディール、トールポピー、スペルバインドあたり。

次にトライアル組をみていきたい。
[フローラS]
12.7-11.7-11.7-12.3-12.7-12.2-12.1-11.3-11.3-12.5
36.1-61.1-35.1     0.5   0.8
-------------------------------
今年の牝馬3歳戦で、恐ろしく目を惹くラップは間違いなくこれ。
唯一無二の異端のレース。
前半はスローから弛んで、61.1。一方後半、下りに入る3コーナーで、
0.5の急加速から一気にペースアップ。さらに直線入り口のコーナー出口で0.8の加速と、おそろしく仕掛けの速いラップになっての1000mスパート競馬。
これを逃げたのがカレイジャスミン。
この馬も2歳のころからずっとうちは「強い強い」と評価してきた一頭だが、しっかりオークスに顔を出してきた。
これも一部距離不安を言われているが、赤松賞ではスローでもきっちり折り合いついて
12.7-11.7-12.8-12.4-12.3-11.5-11.0-12.1
37.2-61.9-34.6
のなかを、4-4 34.4で抜けてきた実績があり、クイーンCは休み明けで+10K、
フラワーCでもそのまま増減なしで敗北したあと、ようやく-2K絞れて、フローラSでの復活だが、地力を考えればこれも当然の結果だろう。札幌2S4着以来のこの馬の良さが出た競馬だった。

問題は、最後の1ハロンの失速が、はたして距離不安からくるものかどうかという点。
ラップだけみるなら、答えはNoだ。
確かに前走は最後止まったものの、よくよく見れば、この逃げを打って最後止まらない3歳牝馬はとんでもない怪物。
5ハロンずっとスピードに乗った上に、0.8加速から2ハロン連続で11.3で逃げて、府中の直線で最後の1ハロンが止まらないほうがヘンなのだ。
距離は持つほうに一票。瞬発力も先手を取れるタイプだけに十分及第点だろう。

さらに、それを追いかけて最後交わし切ったレッドアゲート。
上がり最速こそ16-18-18のメイショウベルーガに譲ったものの、
5-4-3から3番手の脚で抜けられては、これは他の馬からみればなんとも仕方のない結果。
シングライクバード、メイショウベルーガの追い込み勢はいずれも能力馬ですでに2勝はあげている。タイミングがいつもより早く加速したぶん、追い込みに苦しく、先行差しに有利な流れになったこともあって、完全に抜け出し切る結果になった。
この組の2頭はいずれも要注意と思われる。
特にレッドアゲートは府中2400も牡馬相手に経験済み、エンジンのかかりの差で、追い込みきれなかったとはいえ、フラワーCではブラックエンブレムを頭まで追い詰めた
ことからも、期待は大きい。
フローラS単体を評価するなら、勝ち馬に匹敵するとみられるのが2着馬で、
さらに上を言ったのがレッドアゲートと言っていいだろう。
ただし、これもピークの話をするなら、レッドアゲートはリトルアマポーラ同様、順調に使って使ってのもので、これも維持はあれどもトライアルからの上がり目はない。
違いは、輸送が無い点がひとつ。経験させたレースが、府中2400と中山2000の差がある。
力はともかく、この2点では、リトルアマポーラを上回ると考えてよいだろう。
カレイジャスミンは休みを挟んでの4戦目だが、休み明けは力を出したレースではない
ため、ようやっと上がってきたとみるのが正解だろう。

[スイートピーS ]
12.6-11.2-11.7-12.9-12.9-12.5-11.5-11.2-11.8
35.5-61.3-34.5       1.0 0.3
テンも緩く、中間さらに弛んで、1.0の加速から最大11.2だから、
スローからの後半加速戦は間違いないところ。
厳しい競馬ではないし、これなら先行差しであっさり決まるはず…
15-15-14 33.5
13-11-9 34.0
そこで連対したのがこの2頭。
正直、このレース、アルダントヌイ、あえていえば、
もう少し弛ませずにいってしまうほうがよりよいだろうが、北村の競馬は悪くない。
ここから34.6を使ってくれれば文句はないところ。
差し切ったアロマキャンドルは、いちょうSで既に同程度の瞬発力はみせているし、2着のスペルバインドも、スローからの決め脚比べではトップクラスのレースになっている
チューリップ賞で4着した馬。ヌイにとってはちょっと相手が悪かった。
1.0の加速といい、11.2の最大値といい、このレース自体の示す加速力はかなりのものだ。
チューリップ賞よりやや落ちるものの、このレースも牝馬らしい強い馬が勝ちやすい流れだと言っていいだろう。
スペルバインドは極端にスロー競馬のみの実績に偏りがあるが、アロマキャンドルは平たいラップでの好走歴もあり、早い段階で上でやれる器であることは見せていたうえ、フラワーCは芝休み明け、間にNZTを挟んでいるが、これもまったく体重が落ちていないままの芝調教。
スイートピーは今季初めての本気の競馬。これもあの結果は至極当然であって、意外でもなんでもないうえに、まだフレッシュな状態は保てているだろう。

トライアル組からは、
アロマキャンドル、レッドアゲート、カレイジャスミンといったところを狙ってみたい。

ここから落とすとするなら、前走で大きく体重を減らして、今回は回復に手間取った感のあるトールポピー。これは桜でのオディールと同じような状態とみて、力はあると思うが、ここでは買いづらい。

これで7頭。
レジネッタ、リトルアマポーラ、オディール、スペルバインド、
アロマキャンドル、レッドアゲート、カレイジャスミン。

印を打つなら、
---------------------------------
◎アロマキャンドル
○レッドアゲート
▲オディール
×レジネッタ
△カレイジャスミン
△リトルアマポーラ
△スペルバインド
---------------------------------
ペースは読めないが、先行馬をきちんと見ながら競馬できる田中勝、安藤勝の勝勝屋根2人の単重視。地力でレッドアゲートときっちり先行することもできる
レジネッタだが、輸送のぶんやや割引。
仕掛けどころ次第。有力馬が後ろに拘るようなら好走の目は十分なカレイジャスミン。
フローラSより1ハロン遅れれば、勝ち負けになる。ここ5頭まで。
スペルバインドはやや落ちる印象だが、雨も味方で激走ありか?
リトルアマポーラは幸四郎の大外が不安で勝ちの目は薄そうで△印。
120点を目安に。
posted by たま at 03:03| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

いつかみた〜あ〜の〜馬〜[京都新聞杯・新潟大賞典]

なんか東に好メンバーを全部吸い取られたっぽい京都新聞杯。
これはもう、何も考えずに末のある馬を買うべきレース。
内に入った差し勢がミダースタッチにホワイトピルグリム。
終いかかる展開で先行して押し切ってきた武の馬ブラストダッシュや
ヒルノラディアン。みた瞬間にこのへんは叩き落としてOK。

しかし今ひとつひっどいメンバーだが…
ここ向きの末を持っていそうなのがメイショウクオリア。
ただし、基本スローからじんわり伸びてくるタイプ。
人気になるならあまり積極的に買いたくはない。
とはいえねぇ…

うーん。
--------------------------
◎ヨドノヒーロー
○グロリーシーズ
▲マイネルローゼン
×フィッツロイ
△リッカロイヤル
△ポーラーライツ
△メイショウクオリア
--------------------------

◎ヨドノヒーロー
カリズマ産駒期待の星!
よくみるとPOGでさんざん悩んだあげく指名しなかった
イナズマクロス05ちゃんではあーりませんか。
ん…それだけ。何か?(w;)
いや、あまりに強そうな馬がいないもんで…。
いや。一応。ネタでなく。
このレースはいいレースだと思うっす。
芝1800京都1:48.4
12.7-11.2-11.6-12.5-12.5-12.1-11.9-12.0-11.9
35.5-60.5-35.8
6-3 34.9
まず、坂できっちり減速に対応。前半緩めに出て、
60秒そこそこの前半。そのあと4ハロンで12.1-11.9-12.0-11.9
もう少し末は伸ばしてほしいところだけれども、
ペース的には悪くないから、タイムもそこそこで収まって
1:48.4。
長い長い京都の直線は向くと思いますね。こういうジリジリ
落ちないラップの馬は。
しかもしっかり古馬1000万級とあわせて先着。
未勝利勝ったばかりですが、十分狙えるでしょう。
このメンバーなら。

○グロリーシーズ
芝1800中京
12.5-11.4-12.9-12.8-12.6-11.6-11.9-11.6-11.9
36.8-62.2-35.4    1.0
3-3-4-4 34.9
弛み狂ったドスロー競馬だが、一応11秒台を4つ
並べたラップで先行して終いまでしっかり伸びたこの馬。
スローからの末較べでも、もう少し本来は爆発力が
欲しいところだが。可能性はありそうで。

▲マイネルローゼン
芝2200は連対を外したことがない!勝ったのは阪神だけど。
3歳未勝利京都2200
12.5-11.5-13.1-12.8-13.4-13.6-13.9-13.0-11.7-11.5-11.6
37.1-63.3-34.8            1.3
1-1-1-1 34.9
スローでぶっ弛んだレースだけれど、そのぶん最後の脚は
なかなかのもの。もちろん普通ならこんなの再現できるとは
思えないが…逃げらしい逃げもいないなか、単騎逃げで
すいすいいけそう。一方で阪神2200では終いのかかる展開でも
勝ち切っているように、とにかく2200mの逃げなら結果的に
信頼できる成績になっている。
調子も絶好。ここは狙える。

×リッカロイヤル
ぜんぜん切れる印象はないけど、コースは向きそう。
芝1800京都1:48.0
12.2-10.5-10.9-12.5-13.0-12.6-11.8-12.4-12.1
33.6-59.1-36.3       0.8
7-5 34.9
テン速く、大きく緩んで一気に加速。
でも前半の無理でお釣りなく、終いかかる展開のなか、
5番手からなんとか34.9。
レースっぷり自体はヨドノヒーロー並ではあるし、
むしろより向いていそう。気合の連闘で注意。

△フィッツロイ
芝1600阪神
12.8-11.2-11.8-12.4-12.1-11.4-11.7-12.4
35.8-60.3-35.5
13-11 34.8
基本はスローに流れたマイル戦。ただ道中
大きく脚を溜めるポイントがないので、終い34.8は
上出来でしょう。結局はじりじりと12.1-11.4-11.7のなか、
最後までじとーーっと伸びたってところ。
2着カラメルマキアートとは僅差ですが、3着は3馬身ほど
ちぎれており、そこそこの競馬。
距離伸びていい血筋だけに、マイルでこの競馬が
できたことは、容易に落ちてこないスタミナがある可能性あり。

△ポーラーライツ
結構安定していい脚を使う。
Mでも好走歴があり、極端なスローから幅広く経験値を持っている。

基本は脚を長く使えそうで、なるべくスロー実績のある馬で。

---------------------------
その他予想
---------------------------
晩春S…アップルサイダーが出てきた。前走買い忘れの恨みくらいは
ちょっと賭けておく。
新潟記念…悩ましいレースだが、
ワンダースティーヴがひっぱる流れなら、
かなりこっぱやい可能性あり。
ただ、その程度で末を垂らす馬ではなさそうだが、
どの馬も有力どころは基本57K以上。
なら、それらと遜色ない勝負ができそうで、かつ恵まれたのが、
マンハッタンスカイ。
ネクサスよりも豊富なスタミナと-3Kの斤量が、
ぴったりハマりそう。日々成長で登り調子。
明け4歳に期待する。
相手の本線は、ここは得意のブライトトゥモローと、
使い始めが危険なカンファー。ダービー卿はちぐはぐな
競馬になっていて、何がしたいのかわからないレースっぷりで5着。
新潟は走る。
----------------------
◎マンハッタンスカイ
○ブライトトゥモロー
▲カンファーベスト
×スウィフトカレント
△グラスボンバー
△ピースオブラヴ
----------------------
posted by たま at 09:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まっすぐ走れ強行突破[プリンシパルS]

まず間違いなく今週最も楽しみなレースのひとつ。
メンバーも京都とのW登録で割れるかと思っていたら、
想像以上にこちらに偏る結果になった。

さて。まず最初はお約束の過去5年。
2007 1:59.6
12.7-11.6-11.8-11.5-12.7-12.6-12.1-11.2-11.5-11.9
36.1-60.3-34.6       0.5 0.8
2006 2:00.2
12.6-11.2-11.5-12.4-12.3-12.3-12.4-11.5-11.9-12.1
35.3-60.0-35.5          0.9
2005 2:01.2
12.9-11.7-12.1-12.5-13.0-12.4-12.2-11.4-11.2-11.8
36.7-62.2-34.4          0.8
2004 2:00.2
12.7-11.7-11.9-12.1-12.6-12.6-12.5-11.6-11.0-11.5
36.3-61.0-34.1         0.9 0.6
2003 2:01.2
13.1-11.3-11.8-12.5-12.8-12.4-12.4-11.3-11.8-11.8
36.2-61.5-34.9         1.1
-------------------------------------------------
ほとんどは中間、とくに前半が緩んで後半スパートの競馬になる。
スパートは大きな加速から連続して3ハロン11秒台。
大きく緩めばそのぶん早めにダッシュがかかっての4ハロン競馬の目もあるし、逆に緩まずにイーブンに流れても持続力のいる流れになる。

終い4ハロン目は、12.1・12.4・12.2・12.5・12.4から考えても、
基本は800mからスピードに乗っているケースのほうが多い。
04年のみが、スローから弛んで弛んでの2ハロン11.0が出ている瞬発力偏重レース。この年は掲示板全馬が33秒台。

すべての年で0.8-0.9の急加速はあり、一気に抜けてくる脚のある馬が有利。前半のペースは60-61秒前後で例外なく、これもやや遅めに流れるものの、条件戦よりはペースは速い。
あまりスロー経験しかない馬も厳しい。イーブンラップに近くなるか大きく緩むかはメンバー次第だが、仕掛けどころは速いレースで、基本的にはいい脚を長く使うタイプである必要があるだろう。

また、舞台の東京2000は典型的な内枠先行が嵌るコース。
過去5年すべて例外なく4枠より内が必ず突っ込んできているし、
先行馬が残るケースが非常に多く、およその場合で5-6番手には
つけて直線に向かいたいところ。
例外的に差しの決まっている2004年は遅すぎるペースで
決め手の差が如実に出ての差し有利。
2006年は中間弛まぬ厳しいペースになって、先行が崩れての差し。
それ以外はいずれも先行ですんなり決まっている。
これらを考えると、このレースでの外枠の不利はかなり大きい
と考えざるをえない。

また、ペースをどう捉えるかはポイントになる。
実際登録馬の人気どころは極端にスロー実績に寄っている
傾向があり、ここまで長距離戦を使ってきた馬も多い。
しかし、舞台である府中2000は、一歩間違えれば、マイルの
如き根性全開になりかねない危険もあり、
あまり道中大きく緩み過ぎる競馬に特化したステイヤー色の強い馬
よりは、やや少ない弛みでも脚を使えるタイプを選択したい。

逃げて勝ってきた馬も複数いるし、
もしかすると思ったより今年は淀まぬ流れでいくのかもしれない。
鍵を握るのがオースミスパークとその隣、アグネススターチだろう。
この2頭、タイプが全く違うが、共通点はあげた2勝がともに逃げ。
オースミスパークは中間弛ませぬスピードタイプの逃げ。
それに対してアグネススターチは早々に前半緩ませるため逃げ。
そのため、どちらがペースを作るかでレースは大きく変わるだろう。
どちらも抜けてくる脚は十分持っている。
はなみずき賞芝1800阪神 1:46.5
12.6-11.1-12.1-12.2-11.7-11.4-11.1-11.6-12.7
35.8-59.7-35.4
1-1 35.4
テンはすんなり出て、オースミスパークが
落とさず離し逃げに持ち込んだのがはなみずき賞。
秀逸なのは、11.4-11.1-11.6の3ハロン。
途中11.1を挟んでいるのは、逃げというよりも、
前で持続する末脚をフルに使った競馬で、仕掛けどころを速めに
もってきたようなもの。
残り1000mから11秒台を4連発すれば、最後は止まっても
仕方のないところ。
3歳500万下ダ1800京都
12.4-11.3-13.2-13.4-13.5-12.5-12.1-12.1-12.5
36.9-63.8-36.7     1.0 0.4
1-1-1-1 36.7
一方こちらがアグネススターチの逃げ。
京都Dで前半63.8から、13秒台を3連発。
後半1000-800mで1.0の加速から、残り800mを12.5-12.1-12.1-12.5
でまとめている。典型的な後半持続のレースだが、ギアチェンジ自体
は1.0の急激なスピードアップで、抜けてくる脚の速さと持続力が
武器になる。

ここでどっちがハナを主張するかだが、
オースミスパークは無理にいくより、番手なら番手でよい
と考える可能性が高い。
アーリントンCでは
12.8-11.0-11.4-11.5-11.7-11.7-11.3-13.2
のなかをマイネルスターリー的な位置取りから12-12 34.0。
逆に先に抜け出した馬の後塵を拝しての7着。
続く毎日杯も
12.7-11.0-11.3-12.1-11.9-11.7-11.8-11.3-12.2
と、ゆったりしたテンから弛まずそのままロングスパート競馬。
35.0-35.3のなか、11-11 35.2で流れこんだのみの6着。
かなり極端で届いてはいないが、
追いこんでの実績も持っているし、
先ほど書いたように、1ハロンなら11.1で逃げ、
アーリントンでスローで溜めての34.0も持っている。
こうなると、無理にハナを奪わずとも…というオプションが
ついてしまうし、何より一本調子であるがゆえに、
距離が不安で2000mのプリンシパルに遠征してきた馬なのだから、
ここで屋根の吉田豊が思い切って、玉砕覚悟で
得意のイーブンラップでの競馬に持ち込むだろうか。
競り合えばその時点でロングスパートの域を越える底力戦に
早変わり。それならば、瞬発力にも対応できるだけに、
無理なく譲る可能性が高い。
一方で、アグネススターチは芝でも問題はないと言ってはいるが、
瞬間の脚では不安があるのも事実。ならば少しでも前から
競馬をして、できればペースも自分で作って、
スローに流してかつ、仕掛けの早い競馬に持ち込みたいところ。
よって仕掛けの主導権を握るのは、圧倒的にアグネススターチ
のほうだと考える。
そしてそれはおそらく、例年並みかまたはやや早いタイミング
であろう1000-800m付近。
読みとしては、例年のプリンシパルSをベースにするなら、
スタート後やや弛めての後半800mの競馬になると読んでいいと
思われる。

さて。実はこの流れによって、非常に厄介なことになるのが、
人気の一角となるであろう3頭。
まずはテラノファントム。
3歳500万下芝1800中山 1:48.9
12.6-11.6-12.2-11.9-12.0-12.6-12.6-11.6-11.8
36.4-60.3-36.0          1.0
6-6-3-2 34.4
前半ミドルでいき、後半一気に弛む。
その弛んだところで押し上げて、終い2ハロンで
急加速のある瞬発力一手の競馬。
爆発力、切れは一級。ペース的にも上で通用する器
とみていいだろうが、問題は終い2ハロン競馬だという点。
少なくとも府中2000で同じ流れの競馬にはならない。
最も評価できる勝ち鞍が、今回は適性外になってしまう。
----------------------
報知杯弥生賞 2:02.25着
12.2-11.5-12.4-12.8-12.9-12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
36.1-61.8-35.2    0.4  0.2 0.6
7-7-7-9 34.9
3歳新馬 芝1800東京
13.1-11.0-11.8-12.7-12.8-12.7-12.1-11.7-12.4
35.9-61.4-36.2       0.6 0.4
4-4-4 35.8
----------------------
今回のレースに最も近いのが弥生賞なのは間違いない。
そこではペースのあがる4ハロン目、すなわちコーナーで、
7-7-7-9とついていけない一面をみせての5着。
逆に4ハロン目が大きく緩んだ新馬では、きっちり
勝ち切っている。前半のペースはいずれも61秒そこそこで、
ペース適性と末脚の切れは問題ないのだが、
府中向きの長く伸ばせる脚を持っている可能性は
さほど高くないだろう。

もう一頭がサイレントフォース。
新馬1600府中
13.0-11.3-12.4-12.9-12.7-11.7-11.4-11.7
36.7-62.3-34.8     1.0
4-4 34.5
ドスローのマイルで4番手から上がり2番手。最高11.4、急加速が1.0では、正直素質馬というには物足りない内容。
それでも勝ちは勝ちで、530K近い大型馬なだけに、
絞れてこれば変わってくるか?とも思えるが、ペースが60.7まであがった黄梅賞で6-7-8 36.0では食指は動かず。
当然4ハロン目の速い競馬に対応できるかは全くの未知数である。

内枠先行有利ではあるが、くるべき馬は他にいる。
そういう印象は否めない。
てな感じで、印先だし。
---------------------------------
◎ピサノエミレーツ
○ヤマニンキングリー
▲ダイワライトニング
---------------------------------
△ミヤビベガ
△コパノジングー
△テラノファントム
△オースミスパーク
---------------------------------

本命はピサノエミレーツ。

新緑賞 芝2300府中 2:21.2
7.0-11.0-11.9-12.3-12.1-12.3-13.2-12.5-12.6-11.9-11.7-12.0
29.9-66.6-35.6              0.7 0.2
そこでの脚が5-5-5-4 34.3。勝ち馬には完敗といったところだが、
前半比較的速い流れから、後半一気に緩急が出て、
最後は前が止まるなか、先行から差して見せた。
その新緑賞は休み明け。
逃げたドリームノクターンは交わして見せたし、
ひとつ叩いて上昇すれば、勝ち馬よりむしろこちらのほうが有望
とみていいだろう。
2歳未勝利 1800府中 1:49.2
13.1-11.1-11.8-12.7-12.6-12.7-11.7-11.6-11.9
36.0-61.3-35.2       1.0
3-5-6 34.7
テンも緩く、道中もゆるんで、4ハロン目にスパートかかって
1.0の加速。そこから11.7-11.6-11.9と3つ11秒を並べたレース。
2着ディープスカイとは位置取りの差もあっての1着勝ち上がりだが、
それでも前半は61.3なら、そこそこのペースではあるし、
最後は61秒台から11秒を3つ重ねたレース。
瞬間最大風速では物足りないが、長くよい脚を使っている印象で、
じわっと伸びてくるタイプにみえる。
極端な3ハロン競馬では厳しい印象だが、
4ハロンフルに脚を伸ばせと言われれば、得意とみていい。

もう一頭が最内のダイワライトニング

3歳未勝利芝1600府中1:35.7 
12.3-11.1-12.0-12.0-12.2-12.0-11.8-12.3
35.4-59.6-36.1
8-8 34.9

マイルらしい終いに力のいる展開で。
前半さほど速くはないが、弛み小さく最後まで
止まらずにいく馬が残るレース。これなら淀みなく流れても
対応は可能だが、位置取りはやや後ろから。
とはいえ、それで3馬身ちぎったのだから、タフな馬。
新馬、未勝利と好走どまりだったが、
ここで478(-12)Kと絞れて一変。
根性のいる厳しい流れで、末脚はレースラップに比べて1.2差。
34.9は優秀といっていい。並以上は固い。今回は連闘で要注意で、
もとより美浦坂道で49秒台で走る馬。
極端な3ハロン競馬は苦手の可能性も高いが、
このペースから最後踏ん張れるなら、ロングスパート競馬なら、
位置次第でぴったり嵌りそう。
されに、今回は距離延長で、前前で競馬しやすい枠を引いた。

もう一頭。可能性ならヤマニンキングリー。
黄菊賞や毎日杯をみても、少々前が速くなっても追走で末脚
は失わない馬。
弛んだ流れでの絶対的な末脚は不安だが、
流れが速くなっても突っ込んでこれる。前半60.8のきさらぎ賞で、
34.6と上がり2位をマークしているように、後半
持続力のいる流れになれば、厳しい流れでも長く脚は使える馬。

12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
36.1-60.8-35.9
11-11 34.6

以下、適性の高そうな馬を並べる。

△ミヤビベガ
新緑賞 芝2300府中 2:21.2
7.0-11.0-11.9-12.3-12.1-12.3-13.2-12.5-12.6-11.9-11.7-12.0
29.9-66.6-35.6              0.7 0.2
9-8-8-8 34.3
前半、そこそこから、まんなかで大きく緩む。
終い3ハロン競馬で0.7-0.2加速。前半脚を使ったこともあり、
最後は辛くなっているレース。
とはいえ、このレース。逃げたドリームノクターンの離し逃げ。
3番手以上の馬は、前半も遅くスローからの末脚比べ。
上2頭がダイワワイルドボアにピサノエミレーツ。
この馬も末は互角も、位置取りの差での4着まで。

山吹賞 芝2200中山
12.4-11.1-11.7-12.5-13.0-13.3-12.7-12.3-11.5-11.8-11.8
35.2-60.7-35.1       0.6 0.4 0.8
9-9-9-8 34.8
前半そこそこのペースから弛んで4ハロン競馬。
1000mからぐんぐん連続的に加速し、最後まで落ちなかった。
そのなかで3ハロンタイム差は0.3差だが、中団からあがり一番時計。
着順上位ニシノエモーション、トリビュートソングが強い競馬をしたレース。ドスロー競馬よりは、やや早めに流れて末を失わないタイプ。いちょうSやセントポーリア賞で抜けてこれないところをみると、
終いの脚に限界がある印象だが、長く持続的に脚を使うのは
水仙賞をみても明白。
前々で競馬できれば面白い馬。

△コパノジングー
ムーニーバレーRC賞 芝2400京都
12.5-11.2-11.8-13.7-13.5-12.9-13.4-12.9-11.5-11.5-11.8-11.8
35.5-62.7-35.1            1.4
6-6-6-5 34.8
テン3ハロンはそこそこだが、坂で一気に13.7までペースが落ち、
一向にあがらぬまま4ハロンスパート。長距離然としたレースで、
長距離距離適性は高そうだが…距離短縮でどうか?
ちょっとゆったりしすぎる印象ではある。
1.4の急加速から11秒台を4つ並べたロングスパート競馬。
3ハロンタイムが目立たないため、パっと見みえづらいが、
これも異端の競馬で可能性はある。

△テラノファントム
弥生賞5着なら、ここでも通用の可能性はある。押さえには。

△オースミスパーク
最後の1ハロン止まったのは距離なのかただの息切れか?
微妙だが、府中2000は昔からマイラーの好走があるコース。
ただ3歳戦向きではないよな…そのパターンは。
ってことで押さえまで。

マイネルスターリーはどうも押せ押せローテと
調教がぴりっとしないのがひっかかる。押さえて3着のみか?
ダイワワイルドボアは枠順がキツイ。
力は互角もベルクハイルも大外では。
終いのかかる展開にもなるとは思えず。
ベンチャーナインともども消しで。
posted by たま at 07:44| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

奇麗な花には毒がある[スイートピーS]

春天のまえに、府中メインのスイートピーSから。
青葉賞にしろ、フローラSにしろ、皐月賞にせよ、
ほぼ完璧に予想が嵌っているにも関わらず、
「およそ馬単・三複でやってりゃ的中」のパターン続きで、
ちょっとばかり運に見放されたようなものを感じるのが
非常に嫌な気配だが。懲りずに3単勝負を続けましょうかね。
とりあえず結論先だし。
-------------------
◎メイショウマリア
○アロマキャンドル
▲ハイカックウ
-------------------
×ラヴドシャンクシー
△ビービーモデナ
△ライムキャンディ
-------------------
△ブライダルフェア
△ココシュニック
-------------------

---------------------------------
2007
12.5-11.0-11.6-12.2-12.6-12.4-11.2-11.7-11.9
35.1-59.9-34.8       1.2
2006
12.7-11.5-11.6-12.5-12.4-12.6-11.6-11.5-12.0
35.8-60.7-35.1       1.0
2005
13.0-11.1-11.6-11.8-12.0-12.1-11.5-11.9-12.0
35.7-59.5-35.4       0.5
2004
12.7-10.9-11.1-11.7-12.0-11.7-11.8-12.5-12.1
34.7-58.4-36.4    0.3
2003
12.9-11.0-11.4-12.1-12.3-12.3-11.6-11.5-12.0
35.3-59.7-35.1       0.7 0.1
---------------------------------
まずはお約束のここ5年のラップなのだけれど、
基本的な府中1800のイメージと少し差がある感じ。
特に、下級条件的な、府中1800=弛み狂っての直線よーいドン勝負
ではなく、比較的淀みなく流れていく競馬が目立つ。
牝馬戦ということもあり、つい末脚偏重で考えがちだが、
傾向としては大きく2つあるといえるだろう。青葉賞よりは難しい条件だ。
また、全体的に、前半1000mのペースがこの条件にしては
比較的速いのがあげられる。
これはここ5年共通しており、けっしてハイペースではないものの、
常に緊張感のある前半が繰り広げられる傾向にある。
基本スタート位置がポケット+下りのコースだけに、向こう正面から
3コーナーへの4ハロン目に緩められるかがペースのカギになる。
ここが緩むと、自然と3ハロンスパートになり、
特徴としては、凄まじいまでの瞬発力が発揮されてくることにつきるだろう。馬場もあるのだろうが、終い3ハロンは、弛みの有無に関わらず、安定している傾向にあり、勝ち切るには3ハロン34秒台に加えて、絶対的な切れが必要になる。

・ペース問わず、基本は瞬発力のいる流れで、極端な戦績を重視
・イーブンラップ適性があれば安定性ありとみて、なおOK
・前半60秒程度の流れの経験から、34秒台を出せる末脚

あたりが、取捨選択のポイントになる。

さて。まず問題の今年のペース。
青葉賞では、ここを「例年並み」としたことで、ややスローでなら、
もっと重視されてくるクリスタルウイングを3紐までに留めてしまい、そこが大きなミスだったわけだが、スイートピーSはどうだろう?
イーブンラップでいく可能性、もしくはレースが壊れる
可能性はいかほどなのか?
3枠4番ナッシュビルの前走は、確かにバタバタの競馬になって
はいるものの、実際テンが恐ろしく速い競馬ではない。
未勝利のどのレースをみても、きっちり4ハロン目からは
弛む競馬に持ち込んでの逃げで、この馬がペースを握るなら、
すんなりここ2年の傾向に沿ったレースになりそうで、
弛みぎみに流れるほうをイメージしたいところだが…

まずは1人気のライムキャンディはどうだろう。

クイーンC 芝1600府中
12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2
35.3-60.2-35.3     1.2
7-6 34.9
テンそこそこ、そこから弛んだマイル戦。
距離伸びても通用するどっかんスパート競馬。
そこで7番手から34秒台は及第点。
ただ、勝ち馬ほど抜けた印象もないのが本当のところ。
終いの脚のラップ差は0.4。

3歳新馬 芝1600京都
12.5-11.6-11.7-12.6-12.7-12.5-11.9-12.0
35.8-61.1-36.4       1.6
2-1 36.4
やや緩みぎみの前半から弛んで一瞬の脚で抜けきったレース。

ギアチェンジの鋭さはたいしたものだが、
全体的に終い3ハロンの内容が少しさみしい。
ペース的にここへの適性は感じられるので、
たとえ人気でも無視はできない印象だ。
クイーンCの内容も、むしろここ向きを感じさせる。
しかし、このラップからは抜けた力までは感じない。
頭まではどうだろう?というのが正直な印象。
瞬発力偏重になれば向くと思うが、それだけなら他にも匹敵する
馬はいるうえに、今回、7枠13番と、やや外を引いたこともある。
肝心のクイーンCにしても、勝ち馬に比べれば、
小粒もいいところ。
可能性は低いとはいえ、ライムキャンディはキャリアの問題もあるが、イーブンラップへの適性もまったく担保されていない。
前走、リトルアマポーラとの差は大きい。直線だけで0.5
突き放されており、あの流れで34.9<しか>使えなかったの?
という印象はどうしてもぬぐいきれないのだ。
勝っても不思議ないが、僅差で消えても不思議ない。

では狙いはどこにもっていくべきか?
正直、ほとんど上にあげた条件で合致するラップが過去戦績にない。
これは意外だったが、メンバーの力量が非常に接近している。

ただ、そのなかで光る戦績を持っているのが1-1メイショウマリア。
ここまでのレースで、いずれもここで勝負になる戦績を残せている。

アネモネS 芝1600 稍重 中山
12.5-11.2-11.6-11.9-12.1-12.1-11.8-12.8
35.3-59.3-36.7       0.3
6-10-8 36.4
外からの1着、2着に比べて最内からロスのない競馬で、
やや評価は落ちるものの、マイルのイーブンラップでも、
しっかり脚を使えたことはポイント。
芝1600府中での3歳未勝利では、道中は緩みが出てから0.9の急加速。
前半59.4から、終い35.6と、終いのかかる展開でも
きっちり抜けてくる脚を失っていない。
これを考えても、イーブンラップへの適性は担保されている。
そのうえで、注目は芝1800府中の新馬戦。
13.1-11.3-11.7-12.5-12.4-13.0-12.0-11.3-11.2
36.1-61.0-34.5       1.0 0.7
4-6-5 34.7
前半スローから前半はやや緩いが61秒。
新馬なら十分。コーナーから大きく緩んで緩急ラップになり、
1ハロンの加速1.0秒から0.7秒の究極の加速戦。
そこであがり2番をマークしての34.7。1着は牡馬の
レッドシューターで、本質は中山でじりじり持続性をやるより、
一気に伸びてくる府中向きの脚が売りとみる。
しかも終い2ハロン11.3は、メンバー中トップクラスの
自慢の切れ味。
調教が芝追いなのは非常に嫌な感じだが、
◎はここしかない印象だ。

また、近走の着順から人気を落としているが、
明らかに復調気配が出てきた3-5アロマキャンドル。
いちょうS 芝1600府中
12.1-11.5-12.2-12.6-13.1-11.3-11.3-12.1
35.8-61.5-34.7    1.7
2-2 34.2
府中マイルだが、むしろ1800をイメージさせるレース。
道中は12.6-13.1と弛んでの1.7秒の急加速。
そこからやはり11.3を連発したのは強いとしかいいようがない。
2番手からだが、レースラップとは0.5差と、スローからの
瞬発力戦への適性は高いうえ、堅実に先行してくる。
一方で、
2歳未勝利  中山1600
12.7-10.9-11.8-12.0-12.2-12.0-11.8-12.2
35.4-59.6-36.0
1-1-1 36.0
未勝利勝ちの中山マイルでは、一転して弛みが小さく、
持続力の競馬。きっちり12.0を続けての逃げきりはお見事。
勝ち切ったレースからはココ向きの適性は十分すぎるほど。
阪神JFは初輸送、フラワーCは休み明け、太め解消のために、
捨石で出走のNZT。
近走成績は逆に調子が原因なのは明らか。
叩き3戦、実績のある府中と、
照準はこことみて間違いないだろう。
調教は大きく変わってきたようには思えないが、
それでも良化の気配は十二分。

正直、大きなギアチェンジに対応しつつかつ、
前半60秒そこそこから、弛んでも弛まずとも
ラップでも力を出せると確信できる馬はこの2頭だけなのが実情だ。

一方で、片手落ちになるものの、なかなかの素質を
感じさせるグループもいる。
筆頭が4-6ラヴドシャンクシー。

2歳新馬 芝1800府中
12.8-11.5-13.5-13.9-13.8-13.4-12.2-11.0-11.7
37.8-65.5-34.9       1.2 1.2
11-6-3 34.5
テンも遅いが、恐ろしく緩んでからの瞬発力一手の競馬。
そのなかでのまくりあげての1着はそれなりに評価できる競馬。
それにしてもペースが遅いのはどうにもこうにもだが、
注目はまず1.2-1.2というとんでもない急加速。
続いて11.0という終い2ハロン。
ドスロー競馬とはいえ、この瞬間の切れ味は
メンバー中唯一無二のもの。
その後、ホープフルSで惨敗。
この時点で、4-4-3-6で37.5-36.9の終いのかかる
展開のなかとはいえ、38.3と、全くやる気のない競馬。
これで休養に入り、放牧明けのクイーンCも
35.3-35.3のなかを16-16 36.1。全体のラップが35.3なら、
上位は34秒そこそこのマイル戦。
ならば36.1の終いはこれも全く走っていないといっていい。
ペースがあがったことで脚の落ち幅が大きいとするなら、
それはそれで上で通用するのは難しいが、
ここまで負けていると、そういう理屈よりは、
むしろなんらかの理由で実力が発揮できていない…
いや、「やる気なし」としか考えようもない。
さて。前走。中山に代わって、フラワーC。
37.8-36.1のペースで最後方から。
注目はここで使った脚が16-16-16-16 35.1だということ。
前2戦の惨敗と違い、きっちりやる気の片鱗をみせて、
スローに泣いての12着。
完全にペースについていけていないいきっぷりの悪さは
到底ここで買えるレベルではないのだが、
問題はここで屋根に江田照を配して、おそらくホーププル以来の
先行を試してくる可能性。
ホーププルと違うのは、一応レース経験を積んでいること。
スロー目に流れるようなら、
思わぬ粘り込みがありうるとみて、要警戒。

それと8-14ハイカックウ。
ミモザ賞 芝2000中山
12.1-10.6-11.9-13.0-12.6-12.6-12.8-12.3-11.9-12.4
34.6-60.2-36.6          0.6 0.4
10-9-8-10 35.4
先週すっとんだユキチャンの2着だが、
ペース的にはそこそこいいペースでいっている。
また、テン2ハロン22.7と、先手争いが厳しく、
テンで楽をしたこともあり、過大評価はできないが、
そこから大きく緩んでの持続的に加速するレースになっており、
バランスよく能力が問われる競馬になっている。

2歳未勝利 芝1600府中
12.8-11.6-11.8-12.6-12.8-12.0-11.2-11.7
36.2-61.6-34.9     0.8 0.8
11-12 34.4
ややスローから、弛んで、0.8づつの大きな加速をこなし、
瞬間で11.2が要求されたレース。
これで11番手からの競馬では差し切れないのは仕方ない。

2歳未勝利 芝1600府中
12.5-11.2-12.1-11.9-12.2-11.6-11.7-12.1
35.8-59.9-35.4
8-6 34.9
平板に流れて、ややスロー。
中団から脚を伸ばしてあがり最速34.9で2着。

実績を見る限り、ギアチェンジが極端に大きい競馬よりは、
ややイーブンラップから、シブトイ脚を伸ばすタイプのようで、
末脚は持続する。府中は向く印象だが、やや瞬間の脚ではやや
劣る印象。後方待機策に拘ると終わりそうだが、
積極的な競馬をするなら、食いこんでくる力はありそうだ。

もう一頭、面白いのが5-8ビービーモデナ。
3歳未勝利 芝1600府中
12.6-11.2-11.9-12.4-12.6-11.8-11.6-12.3
35.7-60.7-35.7     0.8 0.2
6-5 35.3 2着
弛んだ芝マイル戦。テンも遅いが、極端なスローではない。
そこから0.8、0.2の加速が要求されており、この馬自身はラップから0.4差で35.3。やや足りない印象もあるが、
レースのパターン的にはここの競馬のイメージに近い。
このレースで一応上がり一番時計をマークしている。
3歳未勝利 芝1800府中
13.0-10.8-11.9-13.4-12.7-12.5-11.5-11.4-12.1
35.7-61.8-35.0       1.0 0.1
3-3-3 34.8
テン遅く、前半がやや緩すぎるものの、そのぶんどっかんスパートは
きいているレース。これで3番手から34.8は悪くない競馬だが、
逆にいえば展開で恵まれたともいえ、強調するほどでもない。
ただし、今の馬場ですんなり先行ができる点は確実に恵まれる。
全体的に適性は十分。
「やや足りない」印象はつきまとうものの、
2月に帰厩してからは好調。走り慣れた府中に戻ってもう一度
狙う価値はありそう。


また、前走-10Kが響いたか、見所のなかった7-12スペルバインド。
これはラヴドジャンクシーとタイプが似ているものの、
チューリップ賞、セントポーリア賞、未勝利をみても、
弛んでギアチェンジの大きい競馬に対応はできるし、
末脚はいいものがあるものの、調整微妙のうえ、
やはり外枠先行となったことで、今回は魅力が少ない。

まとめると、
-------------------
◎メイショウマリア
○アロマキャンドル
▲ハイカックウ
-------------------
×ラヴドシャンクシー
△ビービーモデナ
△ライムキャンディ
-------------------
△ブライダルフェア
△ココシュニック
-------------------
となるのだが、このうち弛み目に流れたときだけ
好い印象の馬が、ラヴドシャンクシーとライムキャンディ。
逆に、可能性は薄そうなのだが、イーブンめに流れたときの
穴が4-7ココシュニックや5-9ブライダルフェア。
このへんは多少押さえておきたい。
posted by たま at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

雨は嫌だが…[青葉賞]

うーん、雨がなぁ…どうも雨降ると困るな。
とくに青葉賞は基本的に上がりの速い競馬になるのが常で、
しかも今年は混戦模様なだけに、なんとも雨は難しい。
まあ、わからんものを考えても仕方ないので、いつもの手順で
いくしかないね。そろそろ当たり番もきそうで、今週は勝負っす!
てなわけで長いので結論先だしで。
結論を言えば、もっとも重視するのは山吹賞の競馬。
ローテーション、調子を考えても中心はニシノエモーション。
------------------------
◎ニシノエモーション
○モンテクリスエス
▲アドマイヤコマンド
×アルカザン
△トレノクリスエス
------------------------
△フジヤマラムセス
△クリスタルウイング
------------------------
2007
12.6-10.6-11.7-12.6-12.5-12.4-13.0-13.0-12.4-11.5-11.9-12.1
34.9-60.0-35.5            0.6 0.9
2006
12.6-11.1-12.0-12.4-12.3-12.1-12.5-13.0-12.0-11.5-11.6-12.2
35.7-60.4-35.3            1.0 0.5
2005
12.9-11.1-12.2-13.0-12.7-12.8-13.0-12.3-12.2-11.3-11.5-11.9
36.2-61.9-34.7          0.7 0.1 0.9
2004
12.5-10.7-11.8-12.4-12.8-12.7-12.7-12.2-12.2-11.3-11.4-11.4
35.0-60.2-34.1          0.5   0.9
2003
12.9-11.4-11.6-11.6-12.2-13.3-13.6-12.6-12.6-11.3-11.4-11.8
35.9-59.7-34.5              1.3
------------------------
まずはお約束の過去5年ラップ。
ぱっとみて気がつくポイントがいくつか。
1・前半はおよそ60秒前後で流れる。ペース経験の有無は
  ポイントのひとつとみていいだろう。
2・基本2003年を除いて、4ハロン加速する競馬になる。
  終い4ハロン目が12.5よりも弛むような流れにはほとんど
  ならず、早めのスパートから、終い落ちずに流れこんでくる。
3・大きく加速するポイントはほとんどの場合で1秒近い
  巨大な加速があり、瞬発力を問われる流れになる。
4・道中は前半は比較的弛まないが、後半は大きく緩む傾向にある。

→基本は末を長く使いかつ、絶対値の高い高素質馬

ということになるわけだ。位置取りはあまり関係ないとみていい。
むしろ、きっちり長く速い脚を使いつつかつ、猛烈なギアチェンジ
にきっちり対応できることが重要だろう。

では、イメージに近いレース経験を持つ馬が今回いるだろうか。

まずはぐりぐり1人気のマゼラン。
この馬の場合、確実に前走実績で人気になっている。その前走だが。
12.8-10.9-11.9-12.3-12.3-12.4-12.8-12.4-12.6-11.8-11.8-11.7
35.6-60.2-35.3               0.8
7-7-7-5 34.5
確かに、全体の2:25.7というタイムは例年の青葉賞並の好タイム
だといえる。だが、レース展開はといえばどうだろう?
前半の60.2はよい。このペースでひっぱられた経験があるうえ、
これで終いを34.5使ったのだから、基本的には消す理由には
ならないだろう。
問題は、加速のポイント。このレース、確かに終いは例年の
青葉賞並なのだが、その前の加速がトロい。
また、青葉のラップは総じて、前半は速いとはいえ、
きっちり減速してペースの落ちる競馬に例外なくなってきている。
それに対して、このレースでは、やや前のペースの速さが
5ハロンフルに残ってしまっての60.2であり、そのぶん、
仕掛けどころが遅くなって、3ハロン競馬になっている。
過去の青葉賞で、終い3ハロンでドカンと加速する競馬に
なったパターンは5年前に一度あるだけで、ここのところの
傾向と合致したレースとは少々言い難いものがある。

さらに、マゼランの場合、前走実績にあまりに買える要素が
集中しており、そのレースにない経験はいずれも青葉賞レベルに
無いため、これまで終い4ハロンをフルに伸び続ける競馬に
関しては経験が一切ない。

もちろん前走の強さを過小に評価するつもりはないが、
青葉賞とこの500万下が直結するかどうかは、結構微妙な線
ではないだろうか。

今回マゼランの調教は悪くはないのだが、絶好調
という印象も持たない、あまりに良い前走だけに、
休み明けの今回、530Kもある馬がポン駆けできるかの不安もある。
とても◎は打ち切れないというほうが、むしろ自然と考える。
むしろ魅力のある馬はてんこもりにおり、けっしてこの馬、
軸一頭ではなく、混戦模様というのが正解だろう。

逆に。展開的に例年の青葉賞を最もイメージさせる競馬を
してきた馬がいる。
3歳500万下阪神 芝2400阪神
12.7-10.8-11.7-12.4-13.0-13.2-13.0-12.9-12.2-11.4-11.5-12.1
35.2-60.6-35.0            0.7 0.8
3-3-3-3 34.5
前半60秒から、いったん大きく緩んで、5ハロン目に0.7、
4ハロン目に0.8の早いタイミングでのスパートから、終いは
底力勝負と坂で12.1。
このレースが最も青葉賞に近い流れをしているのは間違いない
だろう。
勝ったのはモンテクリスエス。
前走は十分強い競馬で、負かした相手も、ミッキーチアフルや、
スリーオリオンとかなりのメンバー。
若葉S芝2000阪神
12.7-11.5-12.4-12.4-12.4-12.4-12.1-11.8-11.7-12.2
36.6-61.4-35.7
8-8-6-4 35.8
ワンペースで道中弛まぬなか、中団から押し上げる。
持続性のいる流れになっており、そのなかでのまくりあげはかなり辛いレース。最後は脚色おとり4着までだが、すみれSをみても
終い偏重競馬で常に結果を出してきた馬。ここに印を持っていく。
坂路で51.8と調教もかなり良く、今回は絞ってメイチの勝負。

だがレースっぷりを言えば、もっとも素質と大物感を
感じるのが山吹賞。ニシノエモーションを評価したい。
水仙賞はあまり褒められない競馬だが、そこは休み明け。
度外視できる。
2歳未勝利 府中2000m
13.2-11.9-12.1-12.3-12.4-12.4-12.2-11.3-11.6-12.3
37.2-61.9-35.2          0.8
1-1-1 35.2
前半スローから入り、道中ほとんど弛ませずに0.8の加速。
最後は完全に抜け出したため、
ペースが落ちているが、大物感のある競馬。
抜け出し切っていなければ、まだ終いは伸びている。
この競馬ができる馬が弱いわけがない。

さらにもう一頭。アドマイヤコマンド。
歳新馬 阪神1800 1:48.8
12.8-11.2-11.3-12.5-12.8-12.5-12.2-11.6-11.9
35.3-60.6-35.7       0.3 0.6
前半ややスローから、弛んで2ハロン目抜け出す脚で
勝負が決まったレース。7馬身ぶっちぎりは、相手に
恵まれた感じがするものの、追えばまだ伸びていたし、
新馬で前半60秒から、実質34秒台の競馬を経験済みとみていい。

毎日杯 芝1800阪神 1:46.0
12.7-11.0-11.3-12.1-11.9-11.7-11.8-11.3-12.2
35.0-59.0-35.3          0.5
6-7 35.4 2着
前半はさほど早くはないが、そこから弛まずいって、
3ハロン目に急加速。追い込みは嵌ったが、
これで前前で頑張れる馬の能力は確か。
新馬でしっかり緩急のあるラップから
持続性のある脚で抜けてきており、
瞬発力も標準以上のものはある。距離は未知数だが、
能力でいえば、確実に上でやれる器とみていいだろう。
坂路で51.3もいいタイム。

メンバー中で、素質で重賞でもやれそうと感じるラップを
みせてきた馬は基本上の3頭。

つぐ位置にいると考えられるのがアルカザン。
道中61.8から36.9-36.4で比較的弛まぬ4ハロンスパートになった新馬戦でメンバー最速の上がりをマークしているうえに、
ドスローから終い3ハロンだけの競馬になった京都2Sで37.1-34.9、7-7-5-6 34.4をマーク。
スプリングS、きさらぎ賞で前半60秒台の競馬は経験済みで、一応青葉賞パターンへの対応の可能性は極めて高い。
ただし、中途半端に着順は届いていない時ほどペースは早めに流れており、極端にスローから専門の可能性もあるぶん、やや評価は下がる。

次にマゼランを置くのが妥当な地力順と考える。

あとは穴の可能性のありそうな馬だが、
筆頭はトレノクリスエス。次がフジヤマラムセス、ファビラスボーイ
あたりと考える。

クリスタルウイングは末は及第だが、前半のペースに
戸惑う可能性がある。スロー競馬しか経験なく、先行して切れる
脚を使ってきただけに、ペースがあがることが直結する可能性がある。もちろんないとは言わないが、不安はある。
オリエンタルヨークの水仙賞は仕掛けどころが早く、終いのかかる展開の4ハロン競馬で、それは悪くないが、全体の内容は不満。仕上がり絶好とのことだが、あまりそうも見えない。押さえるかどうかはどちらもかなり微妙な線だ。怖いことは怖いが。
重でおっかないのはドットコムだが、ダービーでは覚束無いと思えるだけに、きていただかなくて結構。
前売りでは3〜6人気の4頭、フジヤマ、トレノの食い込みがあれば結構な穴になる

マゼランは…きたら諦める(笑)
↑一応キャロットの会員なのにね、
ほとんどキャロ馬に◎打ったことがない(苦笑)
余裕があればすこーしだけ3着あたりで印上位馬だけ押さえておくか。
posted by たま at 05:31| Comment(0) | TrackBack(8) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

思いっきりだね、このレース[メトロポリタンS]

菊花賞2着馬がここから始動?57.5Kはラッキーといえばラッキー。
で、なんか重め残り?ポン駆け実績はあるとはいえ、500Kを越す大型馬。ここは見捨てて次で買うのが勝負の鉄則…
一方でココパンが叩き2戦目?かわってきたとか言われてるわりには、動きはぱっとせず。
あやしぃ匂いがプンプンするこのレース。
半端に人気を買ってもおもしろくないが、ならば軸はただ一頭。
スピカS
12.4-11.5-11.5-11.2-11.4-11.8-12.4-12.7-12.5
35.4-58.0-37.6
完全に終いの厳しいハイペースパターンの中山で、
4-3-3-2 35.3で2馬身ちぎったのは強い競馬。
2着アップルサイダーは、うちがずっと◎で推してきた馬。
力はゆうにOP級。正直、このレースほど出走気がつかなかった
のを悔やんだことは近年ない。
出てるなら教えてくれよ…アップルサイダー。
立て直しての休み明け、絶好の買い目じゃねぇか。
中京での実績もあり、左回り・開幕週は絶好の条件。
府中2400はどうかとは思うが、未勝利でスローからの
競馬も経験しており、弛んでのロングスパート競馬も
中京でこなしている。
ここをこなせれば
今年の秋の天皇賞でも有力視できる一頭。
◎は4ヒカリシャトルにもっていく。

○2ドリームフライト
この馬、ぜんぜん人気も実績もないが、
厩舎の期待馬になっているとみる。
確かに、500万でうろうろしていた良血馬が、
昨年いきなりの小倉2連勝。
その気になるのはわからいでもない。
ゆえに、その後は格上格上で使ってきており、ここでも
ヨコノリを確保してきたとみる。
陣営の自信に乗ってみる。
皿倉山特別
12.6-11.9-12.8-12.4-13.0-13.3-13.2-12.4-12.1-12.0-
12.3-11.9-12.1
37.3-62.7-36.3
まんなか大きく緩んで、後半1000mぐあーーーっとスパートした
競馬。これで最後まで止まらないのだから、開幕府中は
ぴったりだろう。

▲3ピサノパテック
この条件なら堅実。

×13メジロトンキニーズ
オクトーバーSでも買ったが、府中2400は鬼のように
走る馬。とにかく弛んでからのロングスパート競馬は得意で、
このHCならいつでもウェルカム。まぐれで前目にもってこれば…。

△6リキアイサイレンス
ハンデ53K据え置きなら狙える。府中は走る。

△14ゴーウィズウィンド
この条件は意外と合う馬。
平坦でロングスパートになれば力を出す。ハンデ51Kはいかにも軽い。

△12アルナスライン
まあ…地力考えればはずすまではいかないか…押さえ程度に。

センカクはロングスパート競馬は得意のくちだが、
今回は妙に人気になりすぎで気持ち悪い。
脚質を考えても、そこまで買えるとも思えず軽視。
これでココパンも突っ込んできたら、そのときは諦める。
posted by たま at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬予想<1800-2400m> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。